僕らはみんな生きている♪

生きているから顔がある。森の葉っぱ、なんちゃって小説みたいなもの…

プールサイドストーリー…徘徊

2017年10月31日 | ケータイ小説「パトスと…」

イラスト:Samantha French

 

 

 

 

鬼コーチは苦々しい顔で話し出した

 

「あの後な、そっとつけてったんだよ。心配だし」

「雨も降ってましたよね」

 

「小雨だったから濡れてもいいやと思ってさ、いい加減濡れれば止めるかなとも思ったんだけどね」

「そうだったんですかぁ、小雨って言ってもまだ結構降ってましたよ」

 

「そんでさ、風邪でもひかれたら後が困るからさ、一応傘持って追いかけたよ、しょうがねぇから」

「はぁ」

 

「もう帰ろうって言うとな、そこの角曲がるとアタシの生まれた家があるからそこに行くんだって言ってな」

「あるんですか?」

 

「そんなものあるわけない、車で2時間くらいのところにあることはあるけどな」

「そんでどんどん行っちゃうんですか?」

 

「あきれたもんだよ、ほっとけば防災無線のお世話になるってことだな」

「大丈夫でまずは良かったですよ」

 

 

「平はやってるの?」

「はい、蛙じゃないブレストストローク目指してます」

 

「いいね、んじゃまたストリームラインとかだなぁ」

「はい、あと手でかいた後、足を蹴るってやってます」

 

「ほうほう、ストイックだねぇ」

「え、ストイック?」

 

「まじめだねぇって事だよ」

「いやいやそれが全然、前に進まないんですよ、どうしたらいいですか?」

 

「練習練習」笑いながらそう言って鬼コーチは行ってしまった。

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

プールサイドストーリー…蛙じゃない

2017年10月29日 | ケータイ小説「パトスと…」

 

 

 

「向こうのコースで泳いでるお兄ちゃんがやってるのが本物だ」

「オリンピックの北島みたいな泳ぎですよね」

 

「あんなにうねらなくてもいいけど、やっぱり基本は基本だからな」

「記録よりなんかゆっくりスマートに泳ぎたいです」

 

「ゆっくりでも泳ぎ方は最初にきちんとしたのを覚えといた方が絶対にいいと思うよ」

「はき、研究して頑張ります」

 

「偉いねぇ、パソコンで勉強するの」

「クロールもそれで覚えたし、でもここで教えて下さいよ」

 

「そうしたいんだけど、オレは蛙で覚えちゃったから今更できねぇな」

「え~そうなんですか」

 

「昔と全然違うもんな今のヒラは」

「そう言えば、こないだ鬼コーチの家に行ったんですよ」

 

「何?俺んとこ来たの、いつ?」

「ほら先週の雨の降った金曜日、鬼コーチ来なかったでしょプールに」

 

「ん?あぁそうだ、来るつもりだったんだけどな」

「ユキさんの車で行ったんですけど、なんか取り込み中だったみたいで…」

 

「ユキさんも一緒だったのかぁ、なら声かければ良かったのに」

「ちょっとかけにくいってゆーか…」

 

「ひょっとして婆さんが出てった時かい」

「そうそう、そうです」

 

「あっちゃーあん時か、まずい時きたねぇ」

「はい、すみません、あの後どうなりました?」

 

「ったくよぅ…」

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

プールサイドストーリー…ブレストストローク

2017年10月28日 | ケータイ小説「パトスと…」

 

 

 

「よう、だいぶ速くなったなぁ」

クロールでたどり着いた対岸で鬼コーチが声をかけてきた

 

「こんにちは、少しは上達してますか?」

「あぁしてるしてる、やっぱり若いと上達するの早いな」

 

「いやいやぁ、まぁだダメですよ」

と謙遜しながらもやはりほめられると嬉しい

今時、学生の部活だって根性根性ではうまくならない

自分はやっぱほめられて伸びるタイプなのだと実感する

 

「んじゃ今度はブレストだな」

「何ですかそれ、背泳ぎですか?」

 

「背泳ぎはバック、ブレストはヒラだな」

「ヒラって平泳ぎ?ブレストって言うんですか」

 

「ちゃんというならブレストストローク、まぁカッコつけずに平でいいか」

「僕にもできますか?平」

 

「ほらあそこ、あんな婆さんも泳いでるんだからできるさ」

「息継ぎとかは楽そうですよね」

 

「まぁな、で今のクロールみたいにちゃんと泳ぎたいならアレじゃぁダメだな」

「ダメって何がダメなんですか?」

 

「ああやって顔出しっ放しでやってるのは昔の、要するに蛙泳ぎだ」

「蛙泳ぎが平泳ぎのことじゃないんですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

文句婆

2017年10月27日 | 介護

 

 

 

今日は朝は寒いけど昼間はすこし暖かくなるよ

そうかい

 

これ着ていこうか

もう着ちゃったよ

 

それじゃぁ着すぎだからさ、こっちに着替えようか

いいよ(否定)

 

いいよじゃなくて向こうで着替えるのたいへんだからさ

いいよ(否定)

 

(ここで強制執行)もう時間無いからこれにして

こんな赤いの嫌だよ

 

その青いのはレースだから寒いんだよ

んじゃいいよ(肯定)

 

首にタオルマフラーしとこうか

いいよ(否定)

 

んじゃもう好きなの着な

(青レースを着る)ごそごそ

 

はいはい、んじゃ出掛けよう

なんだか変だ、ごそごそ

 

 

と言うわけでデイサービスに出掛けていきました。。

朝から疲れる…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ぼっくり?

2017年10月26日 | その辺の木や花です

 

 

 

 

夏に見つけたヒマラヤスギの 松ぼっくり

いや、杉ぼっくり が

乾燥して一気に崩れた

 

何枚あるのか数えてないが

松ぼっくちと違い、笠がバラバラになってほどけてしまう

 

一枚一枚の中心に種がくっついている

これ、食えるのかな?

 

さてこれをどうしたものか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

コキアの丘

2017年10月25日 | その辺の木や花です

 

 

 

森の坂道を下っていくと

薄明るく光っている広場に出る

 

 

メルヘンちっくなパステルカラーが一面に広がる

 

 

コキア、それはほうき草

近づいて見るともこもこ感はツンツン感に変わる

 

 

もっと近くで見ると

つぶつぶ感が混じっている

これは「とんぶり」

 

ピンクの色鉛筆を何度も重ねて描いたような景色

 

 

寒くなるにつれ、もっと赤く染まるはずと聞いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

柿は干してもうまいのだ

2017年10月24日 | 作ってみた

 

 

 

 

農産物直売所に シブがき隊 渋柿が出ていた

ひと袋200円、こんなモノ原価はタダみたいなモノだろうに…

なんて思いながらも購入

 

市田柿とかあんぽ柿とかとても高価なものになってしまったけど

マイムが子どもの頃は柿なんて季節になるとそこいら中になっていて

学校帰りに適当にもいで食べたりしたものだし

干し柿(吊し柿とよんでいた)もいつもあったが

軒にぶら下がっているモノにハエがたかっているのを目撃してから

何となく食べづらくなった…

 

それは忘れて、今はまたうまいと思うようになった

 

渋柿はヘタにTが付いていることが大切ヨ

 

ここに紐を引っかけるからね

 

早速皮をむいて、焼酎を振りかけて消毒し

吊す準備だ

 

傷んでるところはどうなるかナ、ちょっと心配だけど…

 

ベランダに洗濯物と一緒に干したのでR

どうなるかね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

プールサイドストーリー…進歩は模倣から

2017年10月23日 | ケータイ小説「パトスと…」

イラスト:Samantha French

 

 

 

 

 

25メートル泳ぐ間に何回か息継ぎをする

しなくても死ぬ気になって頑張ればできないことは無いのではあるが

実際、高校時代のテストで泳げないと赤点だぞ、というのがあって

その時は息継ぎとかバタ足とかそんなのカンケーネーって感じで泳いだことはあった

今思い出しても笑える

 

まぁ息継ぎはしておかないと進歩も何もないのでとりあえずする

顔を天井に向けて口をあけるのだ

イルカや鯨は頭の上に鼻があるから息継ぎは楽だね

と思いながら空気を吸う

 

一度に沢山は吸えないので、あっという間に息苦しくなる

傍目には溺れているように見えるかも知れないのだが…

 

家に帰ってまたYouTubeを見、プールでは歩きながら

上手に泳ぐ人をじっと観察して真似るように心がける

 

同じ屋根の下で同じ釜の飯を食って生活していると

顔や表情が似てくると言う

アフリカの奥地の部落を取材したTVでは、女性の生理の日が皆同じだと言う

バッタは数が増え、ある程度の密度になると個体の色が変化し

集団で飛翔するようになると言う(これは多分ちょっと違うね)

 

話が飛躍してしまったが、要するに生き物は

いつもじっと見ていると次第に様子が揃ってくる習性を持っているのではないかと思う

毎日映像を見て、上手に泳ぐ人をじっと見ることで

いつの間にか少しずつ近づいていく訳なのだ

 

ホントかどうか分からないが、そんなわけでユキオも進化をとげ

対岸にたどり着く日を迎えることができたのだ。

 

つづく…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

プールサイドストーリー…ツービート

2017年10月22日 | ケータイ小説「パトスと…」

イラスト:Samantha French

 

 

 

 

ビートきよしは今頃どうしているのかな…

って、その話じゃあ~りません。

 

 

一般にクロールは手で2かきする間に足は6回バタバタする

なるべく膝を曲げずに股からキックすると言うのだが

泳ぎ始めて10メートルも進まないうちに疲れ果ててしまう

 

ツービートキックはそれが2回なのだ

 

つまり、ひとかきで足もひとつ

足のタイミングと揃えて手を強くかけばよい

 

TIスイムとは別のサイトだが

クロールの推進力は手のかき7割、バタ足3割だと説明があったのも納得する

 

遊泳時間のぎりぎりで人が少なくなった頃を見計らい

向こう岸を目指して泳ぐ。

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

プールサイドストーリー(水泳教室編)クロール

2017年10月21日 | ケータイ小説「パトスと…」

 

 

 

毎日YouTubeを見てイメージトレーニングを繰り返していたユキオは

プールで泳ぎ始めて半年でクロールをマスターした

マスターというといかにもすごいことのようだが

ユキオの中ではプールの向こう岸まで

つまり25メートルを泳ぎ切ることができる、と言う意味だ

 

ネットには様々な泳法のハウトゥ映像が数え切れないほどUPされている

どれも似たようなモノなのだが、

その中でTIスイム(トータルイマージョン)というサイトが

ユキオに合っているような気がして、お気に入りに登録した

 

初めの映像で「ストリームライン」という言葉を聞いた

水中でできるだけ抵抗の少ない姿勢を保ちましょう、という意味だった

 

バタ足をいくら激しく頑張っても

さして推進力にはなっていないなと思っていたユキオに

TIスイムは「ツービートキック」が基本だというのも新鮮だった。

 

 

つづく

(イラスト:Samantha French)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

開けとけ、閉めとけ

2017年10月19日 | 介護

 

 

 

本格的に寒くなってきました

ついこないだまでクーラーだったのに

あっという間にストーブかよ

 

部屋にこもった加齢臭を少しでもなくすため

極力部屋のドアと窓は開けておきました

 

出掛ける度に

「ドア開けとこうね」と言って

せっかく閉めたドアをわざわざ開けさせて…

 

あぁそれなのにそれなのに

今度は閉めとけよ、なのだ

 

数度声を荒げて言い合った末

こりゃ無理だと気がついた(遅せーよ)

んで、張り紙

 

閉めといてね。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

柿は堅いのが好き

2017年10月18日 | その辺の木や花です

 

 

 

 

柿が大好きです

 

でも、ここ2年続けて「へたむし」にやられてほとんど食べられませんでした

ヘタ虫は冬を越して翌年も活動するらしいので

実がならないのを覚悟して、枝をかなり切り詰めてしまいました

 

樹木の生命力はものすごいもので

ほとんど丸坊主にしたにもかかわらず

夏の間に枝がびっしり生えてきました

 

ふるい枝が残っていたのか

一角だけ実が付き、ヘタ虫にもカナブンにも負けず

5個だけ成長してくれました

 

おお、いいかんじ~

 

早く取って渋いとヤだなと思って

いい色になるまでほっておいたのです…が

 

今日見てみると、

ちょっといい色過ぎるかも

慌てて収穫する

 

あっちゃ~1週間遅すぎたカンジだねぇ

 

2つだけ完璧な甘がっき~でした

(柿の葉っぱの紅葉も好きです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

伊予灘ものがたり

2017年10月17日 | 何でも掲示板
お題「乗ってみたいリゾート列車は?」に参加中!

 

 

 

九州の「ななつぼし」はとても(費用も予約も)無理なので

四国のこれに乗ろうと計画し

資金も準備しました。

 

季節的にはいつがいいかなぁと考え中に

諸事情により実行できなくなってしまいました。(T_T)

 

四国はまだ行ったことがないので

瀬戸内アートの島「直島」なんかをみたり

ちょっとお遍路さんしたりして

いつか行くよ、お姉さん待っててね。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント   トラックバック (1)

何度言っても分からない時間

2017年10月15日 | 介護

 

 

 

 

文字を読むのだ

 

電話をする時に気がつくように

手首に書き込みをする人もいる

メモを書いて服にピン留めする人もいる

体に直接Tatooを入れてしまう人もいる

 

どちらも映画の世界だが

記憶が続かない認知症の人は

実際にそうしている人もいるらしい(TVでやっていた)

 

うちの老人はショートステイの帰りの時間が分からなくなり

数時間前から居室を出てロビーで、まだかまだかそろそろ帰る、歩いて帰る

などと訴え始めスタッフを困らせているらしい

 

自分の部屋やトイレに張り紙をしてもらっているが

帰りの時間もそうしてくれるように頼みました

それでも忘れる時は首から提げたカードを見るようにしてみた

 

丁度いい紐が無かったので

久しぶりに毛糸の指編みで作ってみた

30分ほどかかったが

マイム自身のリハビリになったぞ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

川越祭り なう

2017年10月14日 | ウォッチング

 

 

 

 

心配された天候も何とかぎりぎりセーフで

お囃子の音が絶え間なく聞こえてきます

今年は、出し行事が世界遺産に登録されたこともあって

一段と張り切っているのかな?

 

メインの通りは、広くした車道を見物客と隔離して

山車がスムーズに通るようにしてあります

 

山車が出会った時にお囃子合戦をする

「ひっかわせ」がやりやすくなっているのです

 

ま、それはそれ

こっちも大繁盛なのだ

 

マイム的に一番はこれ「シャーピン」

 

いくつか同じものを売ってる店もあるのですが、ここが一番だよ

客もちゃんと知っていて長蛇の列になってる

 

養殖物だけど、温泉地でも無いけど、何故か人気のAYU

 

お姉さんの笑顔で売ってる店

 

食べ物屋なのにくわえタバコが許せんトルコアイス

 

すごく美味しそうなのに客が寄ってこないのは上品な演出の故か

 

今年の流行は電球が光るドリンク…

 

でも、言っちゃ何だが

このテのものは若い子がやってる方がいいよね

 

何だかんだで盛り上がってるお祭りの1日目なのでR。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)