僕らはみんな生きている♪

生きているから顔がある。森の葉っぱ、なんちゃって小説みたいなもの…

む む む

2007年09月28日 | いろいろな顔たち
むずむずするぅ



くしゃみがでるぅ



ほこりがたまってきたもんな。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドーナッタ?

2007年09月27日 | 何でも掲示板
行列ができる某有名ドーナッツです。

これってうまいんか?

アメリカンって感じね。

うちの近所のパン屋さんで売ってる
あんドーナッツの方がうまいかも…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おじさんの○○

2007年09月26日 | いろいろな顔たち
ひそひそひそ

ふむふむふむ


もにゃもにゃもにゃ

えっえ~~~っ!
あの娘が、そうだっちゃか?


おじさん東京さ出張した時
可愛い娘といっぺぇ仲良くしたって
言ってたっけ、その娘けぇ。。。

遊びに来たって電話あったんけぇ?


んで何か?
農協の仕事ずっと休んでるんけ?

あっちゃ~、そんでもって
こないだあった時にやけてたんかぁ。



えっ?おめも友達紹介してもらったって?
ほんでもって貯金通帳もってきたんか。


(1月6日のコメント参照)
http://blog.goo.ne.jp/maimu_2006/e/466fe494a58afb4ee932370210d4f7b0



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まったくもぅ

2007年09月24日 | いろいろな顔たち
いい加減にしないと怒るよ

もう嫌になっちゃうことばかり

人生できることならやり直したい

目を閉じて幸せを探すけれど

そんなものはどこかに置き忘れてきた



でもそれで君が安心できるなら

ずっと裏から支え続けるよ

僕にはもうそれしかできない

目を開けて大声で笑うこともない



でも僕は君を支え続けるんだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歩く女…③

2007年09月23日 | 何でも掲示板
カラスが2度続けて鳴いた。

真っ直ぐに歩けない?
じゃっじゃっと当たる玉砂利の感覚は靴を通して心地よく感じるのだが、
一歩一歩踏みしめる度に横にずれていく。

強く歩き過ぎね。

女は少し小股になり、なるべく大きな音がしないように歩きを変えてみた。
ヒールが玉砂利にくいこみ沈み込んだ後指圧をされているように足裏が押される。
あれ?そうなんだぁ。滑り台みたいだわ。

女が思い当たったのは、小学生だった頃遠足で行った公園にあったローラー滑り台だった。
お尻をつけて滑るものと違い、滑走面に隙間無くローラーがついていて、
しゃがみ込んだ姿勢で足裏をつけて滑っていく滑り台だ。
女は足裏に伝わるローラーの心地よい刺激に魅せられ、その後何度も父親にねだってその公園に出かけた。

私は歩きながら滑ってる訳ね。

振り返ると、女が歩いた後がはっきりと分かった。
そこだけ玉返しをしたように緑のコケが見えている。

ほぅっと梟が鳴き、境内を浮かび上がらせていた照明が瞬いて消えた。

女の背中に悪寒が走った。

アレが来た!封印していたはずのアレが真っ赤に染まってフラッシュバックした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピーンチ!

2007年09月21日 | いろいろな顔たち
あっちゃー、

捕まっちまったぜ

に、逃げられないぃ~~~!



はなせよぅ、離せー、話せば分かるってばぁ…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

禁煙席かよ

2007年09月19日 | 何でも掲示板
華屋○兵衛で食事をしました。

たばこは吸わないので禁煙席を指定しました。


食事を始めて数分後
煙が漂ってきます。
仕切りを挟んで隣の席の人が
ぷかりぷかりとやっているのです。

テーブルを見ると
禁煙のマークがありません。
喫煙席なのです。


バカじゃねぇの?

ここの店長は完全に勘違いをしています。
禁煙席と言うのは
「たばこを吸っちゃぁいけない席」
だと思ってるんですね。

煙がきて嫌だね、と言いながら食事をしましたが
たばこを吸っているお客さんは全然悪くありません。

席をそのように分けた店がおバカなのです。

「禁煙席なのに煙が来るんだけど…」
と給仕のおばちゃんに言ってみましたが
「はぁそうですか…」です。

一月くらいしてからもう一度行ってみましたが
全く変わっていませんでした。

もう華屋○兵衛には行きません。。。


(画像はここからお借りしました)
http://www.adachi.ne.jp/users/senjusin/obakeentotu.htm
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

だからぁ

2007年09月18日 | いろいろな顔たち
何でこれが顔かって言うと

説明してもしょうがないんですが


3分くらい見てると

だんだんそんな気もしてくるわけで


そんな病気があってもイじゃないか

つーことです。。。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お茶と友達

2007年09月17日 | いろいろな顔たち
頬に傷があったって

似合わないグラサンかけたって

指の先がちょっと欠けてたって

黒スーツのポケットが重そうに膨らんでたって

ばりばりばりってやっとくれ

ぽりぽりは嫌ですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沈黙

2007年09月15日 | いろいろな顔たち
いいかげんに吐いたらどうだ?
ネタは挙がってんだぜ
いつまでもシラ切ってると
情状酌量のお情けも無くなっちまうってことだ

分かってんのか?
返事くらいしろよ
なめとんのか?

さっさとゲロしちまえば楽になるぜぇ
お袋さんも悲しいってよ
さっき係が車出したからよぅ
もうじきここに到着するんだぜ

ニタニタしてんじゃねえよ
あんたのやっちまったことはよ
世間には通用しねぇ

だがよぅ、正直に白状しちまえば
いくら御上だって
鬼みてえな事は言うめぇよ

聞いてんのか?よぅおまえ
ここは潜水艦じゃぁねえんだよ
海江田?
そんな奴ぁいねえよ

そんなことぁ聞いちゃぁいねえんだよ
列車でもねぇよ
スチーブンセガール?
何だぁそりゃぁ

笑ってんじゃねぇって言ってんだろ
黙れコノヤロ
俺の質問に答えるんだ

羊たちだと?
んなものぁ居ねぇって
変なことばかり言ってねぇで
さっさとしゃべれ


そう言えばお前、確かに金色だ
黒でもねぇ
白でもねぇ
だから黙ってるってわけか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハートマン外伝

2007年09月14日 | SF小説ハートマン
当然のことだが
地球から離れるほど空気は希薄になる

だがスペースシャトルが飛んでいる空間は
まだまだ真空とは言えない
実際地上の数億分の1しか空気は存在しないが
星間と比較するとその濃度は明らかに濃い

本当の宇宙と言える銀河間にも
1立方センチに1個か2個の原子が存在している

その原子を利用して宇宙旅行をしようと
開発されたのが
水素イオンエンジンだ

画像は直径約2キロメートルに展開されたアンテナで
水素原子を集めながら宇宙空間を飛ぶスペースシップである

宇宙(ひろし)が操るスペースギアほどのスピードも
機動性もないが
数年かかる星間移動には
消費エネルギーが基本的に必要ないこのシステムが向いている

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歩く女…②

2007年09月11日 | 何でも掲示板
女はわくわくしていた。歩くだけでこんなに気分がいいなんて。
もっと早く決断すれば良かったんだわ。今まで何度店を覗いてみたことか。
履いてみれば、まるで自分を待っていたかのようにぴったりと足に馴染んだ。

足が自然と神社に向かっている。
地元の氏神様が祭ってある、通称浅間(せんげん)様と呼ばれる神社だ。

正月と特別の縁日以外はひっそりとした、これと言っていわれなど聞いたことのない 地味な神社だ。
女は子どもの時からここが好きだった。
夏にはうっそうと茂ったケヤキの森が特別に涼しい木陰を作ってくれたし、
いつもきれいに掃き清められた境内にいると意地悪な姉のことも忘れることができたから。

靴のお礼を言おう。
こんな気分にしてくれたのは氏神様のおかげかも知れないし。
御利益かそうでないかは大した問題ではなく、とにかく誰かに報告したかっただけかも知れない。

ケヤキの森を抜け鳥居をくぐると真っ白な玉砂利が本殿をとり囲むように広がっている。
じゃっじゃっと音を立てて歩いた。
歩く音で氏神様が目を覚ますのだと教えられて事がある。

ほら、早く起きて私を見て。
そう思いながら、大きな音がするように玉砂利を強く踏みしめながら歩いた。

玉砂利は一年に一度大祭の時、氏子やボランティアが手入れをする。
玉返しと言って砂利を裏返す儀式だ。
こうすることで砂利にコケが生えるのを防ぐのだ。

女は子どもの時、親に連れられて何度も参加した。
玉返しの作業は単調ですぐに飽きてしまったが、終了後神主から直接手渡されるラムネ菓子が欲しくていつも最後まで頑張った。

「きれいにしてくれてありがとう。」
神主から額に朱を塗られ菓子を貰うと神様に近づけた気がした。

想い出に浸りながら一人歩いていく。後ろの方でほうっと梟が鳴いた。

女が違和感を感じたのはその時だった。

「私はどこに向かって歩いているの?」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと怒ってるんだぜ

2007年09月09日 | いろいろな顔たち
初めはにこにこなんだけどな

ある線を越すと…

説教が始まるぞ。



あの先輩と飲む時は

気をつけろよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竜宮城へ連れてって

2007年09月06日 | お受験とか幼児教育
最近の画像でお分かりのように
マイムは水族館に行きました。

きれいなお魚たち、かっこいいお魚たち…


  な ご む♪



突然、水槽をばちばちたたく音!

見ると3ー4歳くらいの女の子が
クマノミ(ニモ)に興味を持ったのか
水槽をたたきまくっています。

そばにいる親は別にどうと言うこともなく
ほら、次行くよ。と声をかけました。


マイムの職場にある小型の水槽が同じ被害に遭いました。
小さな水槽なので、お魚は逃げ場がなく
パニックになっています。
付き添いの母親はさすがに声をかけました。

「ほら、お魚さんがびっくりしちゃうから、たたかないのよ。」

それを見て思いました。
びっくりしちゃうからってもんじゃねえぞ!


「魚を虐めるのは止めなさい!!」

の方がいいんじゃないのかな。
もちろん子どもには「虐めてる」という感覚はないと思います
でもそれが「虐め」です。

学校に行くようになる前に
虐めという言葉を教えておいた方がいいと思うのです。



しかーし、
マイムは小さい頃、カエルや昆虫を
思いっきり激しく虐めてたかも…



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お詫びとお知らせ②

2007年09月05日 | お知らせ
こんにちは。

残念なお知らせをしなければなりません。


警告をしたのに…
このブログに不適切なコメントが止みません
煩わしいので、しばらくの間
コメントは拒否する設定をしました。

どうしたもんかと考えていたら
眠れなくなってしまいました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加