変化を受け入れることと経緯を大切にすること。バランスとアンバランスの境界線。仕事と趣味と社会と個人。
あいつとおいらはジョージとレニー



巡りあわせの問題か何かで、
未だに行っていなかった名店、
スマトラカレー 共栄堂

本日、初参戦。3人でお邪魔したので、
 ・ビーフカレー(1350円)
 ・タンカレー (1700円)
 ・ポークカレー (950円)
を食べ比べてみました。

うん、旨いです。
良い香辛料を使っているのではないでしょうか。

ただ、個人的な趣味とのマッチングの問題で
次回お邪魔することはないと思う。

そういえば、随分前にお邪魔した荻窪で
話題のカレー店
欧風カレー トマト
も、それ以来お邪魔していない。

他にも幾つかのお店に行きましたが、
今のとこと、ロイヤルホストの
ビーフジャワカレーを超える
ものには殆ど出会えていません。

記憶の中にはある。
圧倒的に好きだったカレーが。

阪神大震災で被災し、
復興することなく消えたお店で
食べさせてくれた「内地ビーフカレー」。

どこかで、
あの味に出会ないものか。

ボクがカレー屋さんを巡る理由は
きっとそこにあるのだと思う。

まだまだ彷徨う必要がありそうだ。


清荒神クリック
   ↓
にほんブログ村 芸能ブログ T-ARAへ
にほんブログ村 小説ブログへ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




去年の暮の頃に話は戻るが。

かれこれ10年以上乗っていたきた愛車、
そろそろ買い替えようと物色した結果、

ミニに決めた。
クラブマンのクーパーSD。


納車されて半年。

改めて思う。

この車、大好きだわ。

その前は、2代続けてフォルクスワーゲンを
乗り継いだ。
パサートワゴンとパサートセダン。
いずれも質実剛健を具現化した車で、
遊び心なんて微塵もなく、
機能の追求と、
その結果から醸される機能美、
そして、高められた完成度からのみ
享受できるバランス、
そういうものに満足していたし、
その価値観は今も否定しない。

ミニという車は、
対局にあるのだと思う。

勿論、BMW製なのだから、
モノ作りのそれはドイツ車なのだけれど、
各所に散りばめられた遊びたち。

走りそのものや、
安全性とか、
車の機能性とは直接的に関係しないモノ達。

これらに味があり、
飽きることもなく、
愛着が沸いて来たりするから面白い。

ボンネットのバルジは、
穴が開いていません!(笑)

エアインテークという機能ではなく、
クーパーSというグレードの主張だった!!

コクピットに乗り込んだ時、
液晶画面に写し出されたミニ顔が
ウインクします。
毎度、今日もよろしく、と
声を掛けたくなります。

まだまだあるけれど、、
とにもかくにも
大切に乗っていこうと思っています。


擬人化クリック
   ↓
にほんブログ村 芸能ブログ T-ARAへ
にほんブログ村 小説ブログへ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




羨ましいにも程がある。


ボクに作ってもらえないでしょうか。

あお、それ、ボクにお願いします。


全てが大好物になるに違いない。


スパイスクリック
   ↓
にほんブログ村 芸能ブログ T-ARAへ
にほんブログ村 小説ブログへ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ボクが知る限り、ソヨンさんは
特に芸能活動をしていないと思う。

それなのに、どうですか、これ。


抜群のスタイルぢゃないですか!

アイドルの素養は色々あると思うが、

歌唱力、ダンス力、フォト力、スタイル

は必須ですかね。

それぞれ固有のプラスαも必要なのだと思う。

もちろん、ジヨンさんは完璧ですが。

メインボーカルという意味では、
少女時代のテヨンさんが抜き出ているかしら。

好みの問題が大きいとはいえ、
ソヨンさんがスタイルを磨いちゃったら

無敵ぢゃないですか!!

人に見られる事が減ったのに
体系を維持する(維持以上?)精神力の強さ、
心から尊敬します。

そして、そして、
以前にも増して、
あの素敵な歌声、
独特のオトボケ、

また会いたくなりました。


待望のクリック
   ↓
にほんブログ村 芸能ブログ T-ARAへ
にほんブログ村 小説ブログへ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




普段使い用のモバイルノートPC、
ASUSの普及版を使っていたのだが、
我慢の限界を超えた。

CPUがセレロンだからなのか、
メモリが4GByteしかないからなのか、
ドライブがEMMCだからなのか、

動かねぇ。

ウルトラブック系にしては
ディスプレイが大きいのが
気に入っていたんだけど、

動かないんじゃお話にならんわな。

何年か前、デスクトップPCで
動かずにイライラしていた時期があった。

その時、もはや妥協すまい、と決めて、
当時としては、
ボクなりに、
最強スペックを求めた。

その結果、動画編集もヘッチャラで、
とても快適なPC生活になった。

よし、
モバイルからも妥協を排除しよう。

そう決めて、
DELL INSPIRONに変えてみた。
ゲーミングPCを除けば、
相当なスペック。

快適です。

やりたい事がやれる。
やりたい事を始める前の儀式が最小。

改めて思う。
何年かは使うものなんだし、
ここでケチってはいけないんだと。

全方位的に満足レベルの投資ができる程の
経済力は無いけれど、

いや、だからこそ、

稼働率や価値観を軸に、
投資対象を選定すべきですね。

CPU:Core™ i7-8565U
Memory:DDR4 2400MHz 16GB
Storage:M.2 PCIe SSD 512GB


陳腐化上等クリック
   ↓
にほんブログ村 芸能ブログ T-ARAへ
にほんブログ村 小説ブログへ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さて、ウンジョンさんが日本で
ファンクラブを開設したとのこと。


ま、入りますわな。
ファンミーティングの先行予約権も
得られるそうだし。

そうこうしている内に、
ヒョミンさんも開設するとのこと。


これも入りますわな。

で、運営側からメールが送られて来て
気付いたのだが、

ワタクシ、ウンジョンさんのファンクラブに
2回入会していますね。

ヒョミンさんのファンミーティングとか、
TWICEコンサートのライブビューイングとか、

他にも色々と買い物して
訳分かんなくなって

ダブって登録してしまったようです。

名前もメアドも住所も同じなのに、
運営は気付いてくれませんでした。

いや、ボクのミスですから
別にいいんですけど、
現在の一般的なサービスレベルからは
考えられない品質だとは思いますけどね。

6月のウンジョンさんファンミ、
羽田の会場のスケジュールには
未だ記載されていませんが、
これだけは頼んますよ、
マジで。


prayer click
   ↓
にほんブログ村 芸能ブログ T-ARAへ
にほんブログ村 小説ブログへ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




J_flaさんがアルバムを出すってことで
日本向けのモノらしいとのこともあって
当然のように買った訳です。




新たに録ったものではなく
ウレ線を集めたものらしい。

ヤバいです。
素敵過ぎます。

インスタにメッセージ書いたら、
まさかの返答があったりして、

それが妙に嬉しかったりして、

おじさんは
幸せ者なのだと思います。

さておき、
中森明菜さんのデザイアーを
カバーしてくれないかなぁ。

日本の曲は、
版権とか難しいのかなぁ。


get up click
   ↓
にほんブログ村 芸能ブログ T-ARAへ
にほんブログ村 小説ブログへ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ボクは食べることが大好きだ。
幾つかのアレルギーを除くと、
嫌いなものもほぼ無い。

美味しいものが好きです。

何でも大好きです。

しかし、
こんなにボク好みなお店があるとは!!


マヌエル マリシュケラ

ポルトガル料理ってことで
よく知らないんだけど、
兎に角、美味しい!!!
パクチー多め。


いい金目鯛が入ったとのことだったので、
ブイヤベース的な料理にしてもらった。


確かに、魚介は大好きだけど、
味も香りも全てが大好きだった。

お値段もまぁまぁな感じで、
ボク的満点でした。

美味しいものを食べると、
幸せな気分になりますね。

食材と神様に感謝。

ご馳走様でした。


パスタ無しクリック
   ↓
にほんブログ村 芸能ブログ T-ARAへ
にほんブログ村 小説ブログへ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




行ってきましたよ。
ヒョミンさんのファンミーティング@新宿
その名も「君がいてよかった」。


開演前の独特の興奮。
好きです。


強制購入のドリンク券はビールにも有効♪


昼の部は3割くらいの空席があって、
ヤバい感満載だったが、
夜の部は概ね満席だった。

開演1曲目後のフォイトタイム@夜の部。


どんだけ可愛いんですか。

講演後に全員とハイタッチがあって、

その後に用意されていたプレゼント、
僕が当たったのは2つ。

サイン色紙。


ヒョミンですよ、ヒョミソに見えるけど。

ツーショット写真2枚。


最強です、ヒョミンさん。
間近で拝む顔、表情は
女神としか言いようがない。

という訳で、
とても楽しいイベントだったんだが、
ちょっと気になることが。

老婆心と言うか、
ネガティブな勘繰りなのだろうけど。

今年の夏に開催されるアジアツアーに
日本が入っていないという事実。
それも関係していたのかもしれない。

ハイタッチの時、
いつものヒョミンさんじゃなかったんだ。

輝くような笑顔はいつも通りだったんだけど、
「また会いましょう!」
という雰囲気が、感じられなかったと言うか、
いつもとは違う距離感。
物理的な間隔ではなく、
心理的な感覚の距離が遠かった。

もう、日本に来ないの?

そんな疑問が生まれた瞬間だった。

単なる妄想でありますように。


pretty click
   ↓
にほんブログ村 芸能ブログ T-ARAへ
にほんブログ村 小説ブログへ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日のこと、Twiceの名古屋ドームのコンサートが
各地の映画館でライブビューイングされていて、
特に興味は無かったのだが、何となくチケットを
申し込んだら当選したので、見に行った。

ボクは、K-POPが好きと言う訳ではなく、T-ARAが
好きな人間なので、時間を持て余すかもしれないと
思いながら、開演を迎えた。

そしたら、概ねは聞いたことがある曲ばかりだし、
べシャリも日本語に統一されていたし、何よりも

勢い

を感じるコンサートだった。

もう、キラキラですよ。
輝いちゃって、輝いちゃって、
眩しいったらありゃしない。



若い人が頑張っている姿は、只それだけで見る者を
魅了するのに、厳選されたメンバーが最大限にその
魅力を発揮するのだから、当り前と言えば当り前か。

ともあれ、
楽しい時間でした。

そして、途中からボクの脳裏に現れた感慨。
もう6年も前の話だ。

当時、絶好調だったT-ARA。
武道館のステージ上でソヨンさんが、
次はドームツアーをやりたい、
と目を輝かせていた。

T-ARAのメンバーが、あれだけ夢見たドームツアー。
その夢は、ほんのちょっとだけ手を伸ばせば掴める
距離にあったのだ。
それが、現実という巡り合わせで霧散し、恐らくは
二度と適うことはあるまい。少なくとも、当時の
T-ARAの延長線では、考え難いと思う。

諸行無常は世の常とは言え、
何とも儚いものだ。

同時に、ボク達ファンが如何に無力かを思い知る。

そんな思いを持って、映画館を後にしました。

しかしながら、
当時とは違った形で、違った内容で、違った姿で、
T-ARAのメンバーを応援し続けたいと強く思った
次第です。

今一度、ボクの前に女神が降臨されんことを。


remenber click
   ↓
にほんブログ村 芸能ブログ T-ARAへ
にほんブログ村 小説ブログへ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




便利に使っていたWestonのBluetoothケーブルが、
どうやら断線した模様。

右が全く鳴らなくなった。

以前にも左が鳴らなかったことがあり、
その時は、MMCXコネクタの接続部を
磨いたら復活したのだけれど、
今回はダメだった。

ということで、ShureのBT2を購入。
BT1は評判がイマイチだったが、
BT2はなかなか評判な模様だったので
迷わなかった。

有線で
Re:cord Palette 8 MX-A Sapphire Blue
にリケーブルして使っていたSE426と繋いで
みたところ、

音、いいです。



個人的な好みでは、
リケーブル有線の方が好きだが、
オリジナルの有線ケーブルと比較すると
ボクの耳では差が分からなかった。

しかし、だ。

Shureのケーブルは、Bluetoothでも固い。
長さも微妙。
大きさも立派で、

要はですね、

無線化したメリットが極小化されている。

無線にしては音質が良いのだろうけれど、
どうして無線にするのか、
その目的の多くが失われているように思う。

ま、いいんだけど。


本末転倒クリック
   ↓
にほんブログ村 芸能ブログ T-ARAへ
にほんブログ村 小説ブログへ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




水平線の向こうには、何あるのだろう?

トリトンならずとも、
古の時代から、
人は想像を膨らませて来た。

例えば、
女神が住まわれておわっしゃるかも。

こんな風に。





金銀斧クリック
   ↓
にほんブログ村 芸能ブログ T-ARAへ
にほんブログ村 小説ブログへ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





youtubeでとあるアーチストを掘ってたら
出会ってしまった。

神様、ありがとう。

ボクは知りませんでした。

こんな素敵なボーカリストがいたなんて。

その優しい声色は、
サラのそれと色は違えど
力量は匹敵し、

力強さは
アリアナの如く、

アイドルっぽいお茶目さもあり、

カバー曲ばかりで
元が名曲揃いなこともあって

いくらでも
いつまででも聞いていられる。

The Greatest Showman - This Is Me ( cover by J.Fla )


いやぁ、
音楽って
ホントに素敵ですね♡


真歌姫クリック
   ↓
にほんブログ村 芸能ブログ T-ARAへ
にほんブログ村 小説ブログへ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ワタクシ、受験生の親です。
次男が大学を受験しています。
納得のいく学校を選んで欲しいものです。

そういう訳で、受験生の親として、
自らのスタンスを記録しておこうと思います。
ま、スタンスと言っても、
あくまで私が見て経験した範囲に立脚したものなので、
転職の経験もなく、重役にまで上り詰めた訳でもなく、
何とか30年間勤めて、中間管理職に甘んじて、
齢50を過ぎてもはや上を目指すこともなくなった
おじさんの偏見とも言えますが、
恐らく、標準から大きくは外れない、
多くの大人にとって腹落ちする内容と思います。

まずは、進学の目的です。
多くの各論が存在するでしょうから
どうしても総論になってしまいますが、
就職を考えて進学する人が多いでしょう。
それも、具体的な職種や企業を設定しているのではなく、
少しでも就職を有利に進める手段
と考えている人が多数なのだと思います。

現在の日本では、これまでの長い間と同様に、
大学を卒業した人から多くの人材を採用します。
これは事実ですね。
他の国のことを知っている訳ではないので、
この先も日本に限って話を進めていきますが、
大卒以外を選択した人達との比較は
ここでは話題にしません。

閑話休題。
では、就職を考えた時、
出身大学はどのように機能するのでしょうか。
良し悪しは述べませんが、
特に大手企業にとって、恐らくは、2ケタ後半以上の
社員数を抱える中小企業にとっても、
『採用対象者のフィルター』として機能します。
例外はありますが、これは事実ですし、
そうなる理由も明確です。

人員も時間も限られた企業にとって、
あらゆる応募者にリソースを割く訳にはいかないのです。
ですから、何等かの基準で、ふるいに掛ける必要が生じ、
『大卒』という基準ができあがったのです。
更にその先には、卒業した大学の『ランク』が
基準になります。
企業毎に設定した基準を満たさない学生は、
就職に挑戦する機会すら与えられないのです。

不公平な側面は否めませんが、
企業人の端くれとして言えることは、
受験という『目標』にどんな『結果』を出したか、
これが『努力』する力や意思、
『達成力』を表わすと考えることは、
そんなに間違っていないと感じています。

長い社会人人生において、
『目標』に向かって『努力』することは
求められ続ける要素であり、
結果を出す『達成力』が
人を評価する基準になるからです。

この考えでは、上位ランクの大学を出てきた人は、
高い目標を達成さしめた人、と評価される訳です。
こうなると『ランク』は、入学の難易度を示さないと
意味がありません。

難易度には様々な指標があるのでしょうが、
学生本人の力を量る基準として、
『偏差値』というのは非常に便利な指標なのです。

だから、
より高い偏差値の大学を目指すことが就職活動に利する、
というのは間違っていないのです。
少なくとも、そういう側面は実在するのです。

再び脱線しますし、少々繰り返しにもなりますが、
学歴や偏差値に関係なく、優れた人はいます。

出身大学のランクでフィルタリングされ、
機会さえも得られない学生の中に、
本来なら採用したいような人がいる、
ということです。

これは、企業にとって学歴フィルタが損失方向に
働いていることを意味します。

しかしながら、
全ての希望する学生に会う訳にはいかないのです。
『実績』は過去のもので、これからも同様に『結果』を
出せるのかは未知数なのですが、
やはり、実績の有無は説得力が違います。
マラソン選手に例えると、
予選のタイムを本選で出せる保証はなくても、予選の
上位者から本選への出場者が決められるのと似ています。

そして、上位ランクの大卒者の中には、
一定数の優れた人が必ずいるもので、
企業としては、それで良いのです。
また、実績を持つ人達から、大きく裏切られることも
少ないのだと思います。
フィルタ基準を満たさなかった学生中の優れた人は、
中小企業であったり、
個別の事業であったり、
何等かの世界で頭角を現すでしょうから、
本人が希望すれば、
その時に中途という形で採用すれば良く、
中途採用に積極的な企業が増えている一つの側面として
捉えることができるのでえす。

改めて閑話休題。
上述の通り、
企業は採用にあたって大学フィルタを設けたりするので、
少しでも上位の大学を目指しておいて、損はありません。
そして、頑張って入学した大学のランクを、
冷静冷徹に評価しましょう。それには、自分の置かれた
『立ち位置』を正確に把握する能力が求められます。
この能力は、生涯を通じて重要なものなのです。

どのように立ち位置を把握しますか?
どこかの予備校のランキングですか?

正直に言うと、予備校が示すランキングで構いません。
企業側も、全ての大学に精通している訳ではありません。
少々の卒業生が社員にいたとしても、
それだけで大学の個性を固定化する程、人事部門は楽観的で
ではありませんが、では何処に根拠を求めるかと言うと、
所詮は、広く周知されている情報に頼らざるを得ないのです。
むしろ、そのランクをどのように理解するか、が大切なのです。

一つの可視化例として『学生の数』を下表に整理してみました。
ネット上から拾った情報ですし、
特に中堅未満の大学のランクは正確性を欠くかもしれませんので、
概観として捉えてください。

日本には、762の大学があり、2,606,531人の学生がいます。
この数字に、短大は含んでいません。
因みに、『学生』とは大学生と短大生の呼称であって、
高校生や予備校生は含みません。
それはさておき。
国公立大学だけで、58万人以上の学生がいて、
医療系専門を除く私立大学だけで、200万人弱の学生がいます。
凄い数ですね・・・。

例えば、あなたが早稲田、慶応、上智、東京理科のいずれかに
合格したとします。
即ち、Sランクの私立大に入った、ということになりますが、
それはどういう立ち位置になったということでしょうか?

学生数を基準に考えると、
Sランク大学の学生は10万人弱ですから、
私立大学生200万人弱の上位5%に入った、
ということを意味します。

誇りを持っていいですね。

Aランクで見てみると、学生数は27万人弱。
Sランクと合わせると37万人弱ですから、
私立大学生の上位19%弱に仲間入りしたことになります。

このように考えると、本当に優秀な結果ですね。

一つ罠があるとすれば、最下段のグラフに明らかですが、
『大学数』と『学生数』の関係です。
イワユル上位大学は、学生数も多いのです。
Fランクの大学数は60%弱(456大学)を占めますが、
学生数は36%強しかいません。
Aランク以上だけで、40%弱の学生がいるのです。
気を付けましょう。

改めて企業の採用目線で見ると、
大学のランクはフィルタですから、
上位何割の学生をターゲットにするか、
ということになります。

例えば、
半分以下の学生には会う必要無し、
と判断する企業があれば、D若しくはEランク未満は
切り捨てられます。

大学フィルタとは、こういうことなのです。

人手不足の昨今、余程の大企業でもない限り、Sランクだけ、
といったフィルタは設けないでしょうし、
巷ではマーチフィルタなるものがあるやに聞きますが、
それは上位20%程度までで絞りたい、という意思なのです。

ここで重要なのは、大学のランクは、
あくまでフィルタでしかない、
ということです。

フィルタを突破しても、チャンスを得られたに過ぎません。
採用するか否かは、人を見て決める訳ですから、

結局、採用されるか否かを決める要素は、入学してからを
含めて醸成された『人間性と能力』に依存するのです。

ですから、自らが入学した大学のランクは、
チャンスを得る
という意味で重要ですが、就職活動のスタートライン
でしかない訳です。

という訳で、大学入学後は、自分磨きを怠ってはなりません。
知識の専門性でもいいし、
コミュニケーション力の強化でもいいし、
ある程度はその両方が必要ですので、
与えられた期間を能力向上に有効利用してください。

以上が、とある大学に合格した息子に、私が話した内容です。

高校時代まで、受験を強要したことはありません。
可能な範囲で自由に高校生活を送らせました。
それは、こういった話を理解するには、それなりの人間性と
経験が必要と考えたからであり、
受験の為の受験は意味が無い、というスタンスからです。

そして、
自らの意思で進学を選択し、
自らの努力を合格という
成果で示した我が子を誇りに思います。
所詮、親のできることはこの程度であり、
また、これができるのは親だけなのかなとも思います。

彼とみなさんの学生生活が有意義であることを祈っています。
















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




最近のキュリさんのインスタ、
こういうのが多い気がします。

すまし顔からの


ニコッ


かーわーいーーいーーー!!!

すまし顔かーらーのー


ニコッ


すまし顔かーらーのー


ニコッ



静動画クリック
   ↓
にほんブログ村 芸能ブログ T-ARAへ
にほんブログ村 小説ブログへ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ