ライア-(竪琴)大好き!~Tomoko Leier Salon へようこそ♪~

ライアー(竪琴)奏者の三野友子です。ライア-や日常生活のこと、あれこれを気ままに綴ってます♪

お葉書でいただいたご注文♪

2022年05月17日 | ライア-日記
つい先日のこと
Mさんという見知らぬ方から達筆なお葉書をいただきました。
「友人から、あなたのライアーの楽譜集見せてもらいました。ライアーの花束の1と2を送ってください」という旨が書かれていました。

楽譜のご注文のほとんどは、私のHP経由のメール、もしくはメールアドレスからいただくので、はがきでのご注文は初めてのことでした。
「私の住所をなんでご存じ???」という素朴な疑問が(笑)
はがきの送り主の住所のところにご自宅の電話番号も書き添えてあったので
Mさんとお話ししてみようと、さっそく電話をかけてみました。

するとMさんのお知り合いがライアーを弾いていて、そのお知り合いに私の楽譜を見せてもらった。
そのお知り合いは以前に私のほうへ楽譜をご注文いただいたので、私の住所を持っていた。
そういう経緯で私の住所へはがきを出して注文をしたということでした。

Mさんのご年齢を伺ってびっくり!82歳でした。
以前はバイオリンを楽しんでいらしたとか。
でも、年齢を重ねてなかなかバイオリンが弾けなくなってきたところに、
お知り合いがやっているライアーを見せてもらって
「私もライアーを弾いてみよう!」と、軽量のアウリスライアーを購入して
なんと!独学で楽しんでいらっしゃるとのこと。

電話でお話しをしたのは、本当に短い時間でしたが
Mさんはとっても柔軟な方なのだな~と感じました。
なにしろ、80歳を過ぎても、初めての楽器に挑戦なさっているのですから。
ともすれば、この年齢になったらどうしても後ろ向きな考え方になってしまいがちですが(汗)
Mさんのお声から、清々しい軽やかさを感じることができて
電話を切った後、なんだか「うふふ」とうれしくなりました。

ライアーのつながりが、水面の波紋のように
少しづつ広がっていく様を実感した出来事でありました♪
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ライアー用のスタンド

2022年05月13日 | ライア-日記
ライアーを立てて置くことができるスタンドがあると、とっても便利です。
自宅でもスタンドがあると、練習の合間にちょい置きができます。
また、ライアーの講座とか、合同の練習とかで複数のライアーが集う場合、
ライアースタンドで立てて置くことができると本当に助かります。

私が1年くらい前から使っているのが上記の写真のスタンドです。
生徒さんから教えてもらったのですが、
このスタンドは、ウクレレ用のスタンドなのです(笑)
ライアーを実際に乗せるとこんな風になります。


写真のライアーは39弦のザーレムのソロソプラノライアーです。
どの工房のものでも、ソプラノライアーだと大丈夫だと思います。
27弦の小型ソプラノや、アウリスライアーもOKです。
ただ、アルトライアーは大きいので
このウクレレスタンドでは無理です。
支えきれません。。。

2つのパーツからできていて、簡単組み立てです。


Amazonでとてもお手頃価格で販売されています。
私はAmazonの回し者でもなんでもありませんが(笑)
このスタンドは、持ち運びに便利で使いやすいので
スタンドを探している方にはおすすめいたします~♪

Amazonで、「CAHAYA ウクレレスタンド 木製 」と検索すると出てきます。
今日の時点で、お値段は1690円でした。
(Amazonって、お値段が結構流動的なんですよね~。私が買った時は1480円でした)

ということで、ライアー用の携帯スタンドをお探しの方がいらしたら、
おすすめ商品ですよ~♪
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あたりまえのことですが・・・

2022年05月11日 | 日々思うこと・・・
よくよく考えてみたら、当たり前のことなのですが
私は、私の人生しか生きられないのですよね~。
そう、生まれたときから今まで
そして、これからもずっと
私は、私であり続ける。

粛々と私の人生のストーリーが展開していく
誰のストーリーでもなく、私のストーリーが。
ビバ!人生♪
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

15年が過ぎました!

2022年05月08日 | 日々思うこと・・・
今年の連休も今日で終わりですね~。
私はなんやかんやと用事が入ったり、
レッスンしたり、
ライアー・音楽関係の講座を受講したり、
演奏会を見に行ったりであっという間に過ぎ去ってしまいました。

当初は家のそうじとか、片付けとかやりたいな~と思っていましたが
あらら~、まっいいか!(笑)

HPも更新いたしました~。
http://www.dolphin-harmony.com/

このブログを書き始めたのは、ちょうど15年前の5月6日の事でした。
ひゃ~~! 
もう、15年もの月日が流れてしまったのかと感じ入っております(笑)

やっていることは、15年とほとんど変わっていないのも我ながら逆に驚いています(笑)
しかし、中身の私自身は、15年前の自分とはまるで別人のように感じます(笑)

本当に、本当に亀の歩みなのですが、
ライアーや音楽に関しての知識・経験は少しずつ増えてきました。
とはいえ、まだまだ万年素人の感はぬぐえませんので
これからも、一歩、一歩です。

このブログの訪問してくださる方々には本当に感謝の気持ちがいっぱいです。
ある一時期は、ブログで文章をつづることが楽しくて
結構頻繁に更新したり、文章を書きながら自分の気持ちを整理していたりしていました。
今はその頃よりは少し忙しくなったので、
なかなかブログをアップする頻度が減っておりますが(汗)
15年間も書き続けてきたブログなので、
goo ブログさんに感謝しつつ、これからも大切に育てていきたいなと思います。

記念すべき! 2007年5月6日の第一回目の投稿はこちらです♪
写真の私、若い~!

https://blog.goo.ne.jp/leier-tomoko/e/06ac2cf87a02695b5698b1ec0a756037
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ケルト市!

2022年05月03日 | おんがく日記
5月になりましたね~♪
新緑が本当にまぶしくて、
フレッシュな若葉に元気をもらっています。

今日は北区王子で開催された「春のケルト市」に行ってきました。
たまたまた、アイルランド音楽系のメルマガで情報が回ってきて
アイルランドの歌や、アイリッシュダンスのワークショップもあるということで
このケルト市に行ってきました。

会場は、CDや楽譜、手作り品ののフリーマーケットで盛りだくさん!
アイリッシュハープのお店も出店していて、試し弾きもしました♪

アイルランドの歌のワークショップは盛況で参加者が30人くらい?
奈加靖子さんの優しい歌声のリードで、サリーガーデンを歌いました♪
途中、奈加さんのアイリッシュハープでの弾き語りミニ演奏会も!
奈加さんは、元タカラジェンヌということで、たたずまいやお声が素敵でした。

続いて、アイリッシュダンスの講座も受けました。
初心者にはステップを覚えるのは至難の業ですが、
見よう見まねながら、生演奏と共に軽やかにステップを踏むのは愉快でした(笑)

そして、会場で久しぶりに知り合いにばったり!会いました(笑)
それも2人!
マスクをしているので、お互いに「もしかしたら・・・?」とさぐりながら近づき、
「きゃ~! やっぱり○○さんだ!」と。
マスクで顔が認識しずらい今時のリアクションでした(笑)

アイルランドやスコットランドの音楽には、ライアーを弾き始めてから出会いました。
ライアーを弾き始めた初期の頃に出会ったアイルランド民謡を
たどたどしく、ライアーで弾いてうれしがっていたことなどを
懐かしく思い出してしまいました。

今日出会った知り合いも
お1人は知り合い歴、ほぼ20年
もうひとかたは、知り合い歴ほぼ15年?くらい
あ~、いつの間にかそんなに時がたってしまったのですね。

ということで、旧交を温めることもでき
アイルランドの音楽に触れることができた楽しい一日でありました♪
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

それぞれのストーリーの中で

2022年04月28日 | 日々思うこと・・・
ライアーという楽器はこの世に誕生したのは
1926年10月8日で、今年で96年になるわけですが、
まだまだ知名度がほとんどない楽器です。

21年前にジブリ映画「千と千尋の神隠し」のエンディングテーマを
木村弓さんが弾き語りでライアーを使われて、
その当時、その影響はあったと思いますが、
まだまだ、他の楽器からすると知名度は低いですよね~(汗)

ですから、ライアーを弾いている方や
ライアーレッスンをご希望の方に出会うと
「どのようにしてライアーに出会われたのですか?
 どうしてライアーを弾きたいと思われたのですか??」と、
ついつい根ほり葉ほり聞きたくなってしまうのです~(笑)

それぞれの方が、それぞれの人生のストーリーの中で
ライアーという珍しい楽器に出会い、
そしてこの楽器を弾きたいな~という思いに至るのです。

人生のストーリーは、本当に人それぞれで同じストーリーはないわけです。
当たり前ですが・・・
と、同時にそれぞれのライアーとの出会いの物語も同じストーリーはなく
それぞれの物語が、唯一無二です。

そう思うと、人生という長い旅路の中で
その時、その時で
人やものに出会っていくという過程は本当に不思議です。
だって、この世の中の可能性というものは無限大なのですから

そう、こうしてつたない私のブログをお読みいただいているあなたも
「ライアー」というキーワードできっとこのブログがちょろりと引っかかってきたはずです(笑)

無限大の可能性の中で出会ったライアー
それぞれの人生の旅路の途中で現れたライアー

素敵な音を
素敵な空間を
素敵な夢を紡ぎましょう♪
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

エリスマン邸でのスプリングコンサート♪

2022年04月24日 | 演奏のあとさき
昨日、2022年5月23日は
横浜西洋館 エリスマン邸での
「ライアー・スプリングコンサート」でした。

今回は、松葉智穂さんとご一緒のジョイントコンサートで
私のライアーと同じ製作者のマリー・ライトさん製作の2台のティアドロップライアーの共演でした。

プログラムの前半はそれぞれのソロ演奏
後半は松葉さんと2人でのアンサンブル演奏(6曲)でした。



いつもはソロで好き勝手に弾いているので、
私にとっての非日常のアンサンブル演奏は本当にドキドキでした(笑)
練習も結構大変でした~(汗)
いつもは通らない道を勇気を出して通ってみた気分で(笑)
新鮮な発見と学びがありました。

本当にたくさんの方々にお越しいただき感激!でした。
お越しいただいたお客様方
そして、ご一緒していただいた松葉さんありがとうございました♪
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Tomokoライアーサロン ワークショップ♪ 満席となりました。

2022年04月16日 | ライア-演奏予定
***満席となりました***

今年の4月は、急に暑くなったり、冬に戻ったみたいになったりで
ちょうどいい心地よい春の日がないまま、あっという間に4月も半分過ぎまし~驚!

先日お知らせいたしました、
2022年5月28日に開催する
Tomokoライアーサロン ワークショップは、残席が3名様となりました。

ライアーの1音の中にはすべてが含まれています♪
あなたのライアーの新しい音色を発見してみませんか?
今まで出会ったことがない響きに出会えるかもしれません!

ライアーの誕生は「人智学」というルドルフ・シュタイナーの思想が大きくかかわっています。
ライアーを弾くうえでは、別にライアーの誕生の経緯などを知る必要はありませんが
もしも、もしもライアーがどんなふうに生まれた楽器なのかを少しでも知ることができると、
もっともっとライアーの事が好きになれると思います♪

ライアーの魅力の一つは、その音色の優しい、深い響きにあります。
ご自分の持つライアーの素敵な1音探しをしてみませんか?
ライアーの音の出し方もお伝えしたいと思います。
1音の響きを大切に、1音に耳をすませて聴いてみましょう。
ライアーが人生の伴侶となるような新たな発見がありますように♪

ワークショップは3部構成の予定です。
1.ライアー誕生物語のお話し

2.ライアーの素敵な音探し
  参加者の皆さんの間でそれぞれの音を聞きあったり、音を重ねたりして、ライアーの音色の新しい発見をしましょう。

3.1音の響きを大切にしながら、簡単なアンサンブルを楽しみましょう
 主に人智学系の方々の作品ですが、ライアー用に作曲された素敵な曲はたくさんあります。
普段なかなか触れる機会がないライアーのための曲、中世やケルトのシンプルな美しいメロディなどを参加のみなさんとご一緒に弾いてみましょう。

日時:2022年5月28日(土)13:30~16:40(開場13:10)
場所:杉並公会堂 地下一階 Dスタジオ (東京都杉並区荻窪)
講師:三野友子
参加費:6000円(事前にお振込みをいただいて、お申込み完了になります)
募集人数:12名 残席は3名となりました。
チューニング:432Hz
簡単な楽譜を使いますので、ある程度楽譜が読める方対象となります。
*後日使用楽譜を郵送いたします。(4月下旬~5月上旬に発送予定です)
*譜面台をお持ちの方はご持参ください。
(お持ちでない場合はスタジオのものを使用できます。)

お申し込みはこちらのフォームからどうぞ!
http://www.dolphin-harmony.com/mailform.htm
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いろいろな音色を試してみよう!

2022年04月12日 | ライア-日記
ライアーの音色は他の楽器に比べると
とても、とても小さな音です。

でも、指のはらで弦を押す圧のかけ方や
指のどの面が弦に当たっているか
どの方向で弦を押しているか などなどで音色が全く違うものになります。
と同時に、音の大きさもいろいろ変えることができます。

自分の持っているライアーのとっても、とってもおっきな音を試してみたことありますか?
同じく、ちっさな音を試してみたことありますか?

いつも弾いて、慣れ親しんだ音ではない音が聞こえてきて
ライアーの新しい発見につながるかもしれません♪

ずいぶん、ずいぶん前に
イギリスのライアー奏者(それも大御所!)のジョン・ビリングさんのレッスンを受けた時に
「自分のライアーがどんな色を持っているのかを知ることは大事だよ~。
 どんな色がライアーというパレットにあるのか、試してみよう!」みたいなアドバイスを受けたことを思い出します。

いつも弾いている弾き方とはちょっと違う弾き方もたまには試してみると楽しいですね!
私たちって、ついつい「先入観」にとらわれてしまいがちですから♪
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スコットランドの調べ

2022年04月10日 | おんがく日記
つい先日、上野の東京都美術館でのケルテックハープとフィドルのコンサートに行きました。
その美術館でスコットランドの美術館からの絵画の展示があるので、プレイベントでした。

ハープ演奏は松岡りこさん
フィドルは中藤有花さん

中藤さんのフィドルはとっても素敵で、演奏するお姿もとっても素敵で♪
ごくたまにですが、ライブを拝見しています。
松岡りこさんの演奏は初めてでしたが、
日本人で初めてハープで修士号を取得なさったそうです。
若くてフレッシュでした。

演奏曲はもちろん、全てスコットランドの曲!
知っている曲も、知らない曲もどれもこれもいいな~と思いながら聞いていました。

今回特に印象に残った曲は、100年少し前のスコットランドの曲
Hector the Hero という曲でした。
作曲はジェームズ・スキナーさんで、たくさんの曲を残しているとか。
私は勉強不足で初耳でしたが、
とにかく・・・この曲が素敵すぎて・・・
帰宅後、you tubeでいろんな人の演奏を聞きました。

この曲は、作曲したジェームスさんのお友達のHector(ヘクターさん)が亡くなった時の追悼の曲とのことで、切ないメロディなのですが、同時に前に進む力強さも感じました。

特にこのアコーディオンの演奏が素敵だったので
ぜひぜひクリックして聞いてみてくださいませ♪

Hector the Hero
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする