クニ舛田のパシフィックコーストライフ

還暦を過ぎた海好きオジさんのいきいき生活!
人生を楽しむコツが絵日記を中心に!

2019年もよろしく!明けましておめでとう。

2018-12-31 18:24:36 | Weblog

まだ見ぬ新年の夜明け、

年も変わっていないのに、本年もよろしくお願いしますの

メッセージです。

皆様方にとって

いい年でありますように・・・・・・

 

 

コメント

クライミングが隠れた人気!

2018-12-30 18:58:47 | Weblog

いつものイカ釣り公園は、

海沿いには、アオリイカ釣りのお客さんと、

そして、山沿いには「クライミング」の

お客さんの車が並ぶ。

波のある日はずっと手前に、

サーファーの車が並ぶことになるが、

冬場には、この辺の磯場がとんでもない

西日本屈指のクライミングポイントであることを

知るべきだね。

まあ、いずれにしても

私の村周辺で、色々な趣味の人達が

集うのはいい。

ただ、事故やトラブルだけは勘弁願いたい!

 

 

 

 

コメント (3)

わしのGT-R、ディーラーに預けて2か月、年も越えそう!

2018-12-29 18:41:22 | Weblog

ちょっとした不調を、あのゴーンさんの

ディーラーに持ち込んでいた。

秋も深まる頃だったが、年末になっても

まだ帰ってくることはない。

大がかりなメンテナンスとなることを、

担当者から連絡はたびたびあった。

まあ、自分の車だけを優先するわけにいかない。

専門誌にまで載ったワシのGT-Rも、

あくまでもっと乗り続けたい為だけの

GT-R愛によるもの。

なので、遅くなることも快諾、

こんなオーナーとディーラーの関係は

ちょっと稀有だと思いますが・・・・

 

 

 

コメント

大きな男も数ミリのトゲで!

2018-12-28 18:59:42 | Weblog

家の裏山で木々の整備をしておった。

長靴の中で、我慢できない痛みが・・・

脱いで、よーく確認すると、

バラが刺さっておった。

あかんね!

大の男が5mmほどのトゲに、

歩けんように

なるもん!

 

コメント

はちみつレモンなのだ!

2018-12-27 20:20:53 | Weblog

自分ちで育てた「レモン」

今年はよく生ったが、皮の斑点が凄くて

自家用オンリー!

猿にも獲られないぐらい酸っぱいのかな。

でもな、

それをカバーするくらいの「ハチミツ」

何年か前のやつやな!

粘度も甘味も!?やけど、

これも自分ち製!

100パーセント「はちみつレモン」とかが

作れますわな。

 

 

コメント

そこそこの運転能力が必要!

2018-12-26 19:50:54 | Weblog

まちの中心部なのに、

左に電柱、右に門柱

そんなんを物ともせず、

事故なく、うまくやってるな。

実際、かなり狭いのである。

 

 

 

 

 

コメント

「千両」に「万両」

2018-12-25 19:36:32 | Weblog

お正月用の縁起の

いい木である。

葉の下に真っ赤な美を

付けるのは「万両」

葉の上に実を付けるのが

「千両」

これだ。

上向き(縁起がいいね)なので、

特にお正月には重宝される。

 

 

コメント

「玉厨子山」町民のシンボル的な山!

2018-12-24 18:15:55 | Weblog

高さ540m、驚く高さではないが、

まちの人ならみんなが知っている。

「たまずっさん」と呼ぶ。

頂上には色んなアンテナ類や施設があって、

この山の重要度が分かるというもの。

信仰としての山でもある。

太平洋の沖合に出ても

目印になるような「たまずっさん」

妻の実家近くにドッシリと

かまえておるね。

 

コメント

「菜の花」が」ようやく!

2018-12-23 17:47:37 | Weblog

昔は出荷してた。今は自家用、

この秋、わずかな面積に植えていた

「菜の花」が花を咲くまでになった。

初めてそれを妻が胡麻和えにしてくれた。

「こりゃ美味い!」

「柔らかく風味バツグンやぞ!」

、とりあえず野菜不足解消なのだ。

 

 

コメント

美しい景観もマイナスなイメージに・・

2018-12-19 17:21:21 | Weblog

ウミガメの上陸する大浜海岸の

ちょっと北側に鎮座する大きな岩、

景色も良く素人カメラマン、お遍路さん

も必ずレンズを向けるスポットであった。

その景色にとんでもない影響力を

持っていた「岩に根を下ろした松」が

数年前から「松くい虫」にやられ、

後は朽ちるのみとなってしまった。

何十年もかかって栄養もない、潮風が吹きすさぶ

岩に根を張った「松」の根性に拍手を送りたい。

残念ではある。残った松に影響がない事を祈る。

コメント