クニ舛田のパシフィックコーストライフ

還暦を過ぎた海好きオジさんのいきいき生活!
人生を楽しむコツが絵日記を中心に!

みんな一生懸命!

2012-11-30 20:47:00 | Weblog

僕の近くにある海岸に通じる道

太平洋まで100m

そこの、ちょっとした樹木を

観察してみると

この豆みたいなやつ

赤ーい実

海岸部独特の木と実

「しゃしゃぶ」・・・インク色の実がなる。めじろなどの

野鳥の好物

 

木々をちょっと観察すれば、こんな植物たちの

頑張ってる姿を見ることが出来るのです。

「種を落として種族を残す!」

声も出さない植物のほうが、僕らよりエライかも

知れんです。

 

 

コメント (2)

どろーり!つくね芋、どうやって食べようかな。

2012-11-29 17:44:43 | Weblog

長男の嫁が実家からもらってきた「つくね芋」

畑で作っているのかな

どひゃー、大きいなあ!

ずしりと重たいぞ!

片手では落としそうになる。

計量器で測ると、なんと5,5kgもあった。

これどうやって料理しようかね、「とろろ汁」などにしたら

軽く50人分ぐらいはいけそうだ。

ネバネバドローリは滋養にいいしね

たこ焼きやお好み焼きの生地にも使える・・・・

 

でも、保存もかなり効くというから、あわてないあわてない。

 

コメント (2)

あの知事さんと一緒に!

2012-11-28 21:05:41 | Weblog

今をときめく、あの知事さんといっしょ!

ちょうど一年前の出来事、ツーショットです!

彼女、僕より年上だけど、可愛い・・・・魅力ある女性でした。

前から気になってましたが、今も気になる人ですね!

 

コメント

日本にも空母と言ってたら、中国が先に作ってしまった!

2012-11-27 17:46:14 | Weblog

ちょうど2年前のぼくのブログ(2010.11.25)に

 北朝鮮からの砲撃事件。朝鮮半島のほうでは

物騒な、どころか一つ間違えば戦争状態にも

成りかねん問題が発生しておる。

お隣の国ですぞ!

また、日本では尖閣列島の領有を、遥か遠い遠い大海原で

守っている人達がいる。大変なことだ。


日本はアメリカと安全保障条約によりおんぶにだっこ

その庇護のもと、安心と繁栄を享受してきた(まあ、繁栄

という言葉は過去のものとなったが)

どうだろう、日本ももうちょっと積極的に防衛のことを

考えてみては

空母を2隻建造!

日本海と東シナ海方面に配備する。

不測の事態に対処せんといかんし、アメリカ軍だけのたよりに

するのはもうこんな時代やし、思い切って・・

中国海軍だって原子力空母を必ず作るだろうし(今、あるのかな?)

でも、でも・・こんな過激な構想はゆめまぼろしであってほしいのだ!

ずっと、平和でおりたいけんね。

と書いておった。

あれから2年、中国は空母を作って艦載機の離発着訓練まで

やってるらしい。なんで空母が要るんだ?

これから特に、東シナ海にある我が国の領土「尖閣」などが心配だ。

周辺海域は船で守れても、島の上空を他国の戦闘機が飛び回ったりしては

大変なことになるからな。

 

コメント (4)

あのポルシェにトラクターがあった。

2012-11-26 17:42:50 | Weblog

今は知らないが、スポーツカーで有名なポルシェに

トラクターを作っていたことがあった。

50年以上も前のことだが、そのポルシェトラクターを

取り寄せて研究して、日本向きのトラクターにした

メーカーが「イセキ」トラクターだった。

うちのトラクターは「イセキ」

そうか、パクリとはいえポルシェの技術が生きていたのか!

 

コメント (6)

禁煙から7年目、味は覚えてる・・のだが。

2012-11-25 18:26:14 | Weblog

7年前の誕生日を境に、ピッタリと止めた。

何十年も一日20本~30本ぐらい吸っていたのに、

よく止めれたもんだ。

煙草吸いの者は「止めれんのは意思が強いからだ!」と

面白くおっしゃるが、まあ禁煙は大変なものだ。

今でも酒場での紫煙に懐かしいあの味を思い出すときがある。

吸うつもりになれば躊躇無く吸えるだろう。

が、それを制御できたり、煙草のことを思わなくできるのは

それが禁煙が達成できた喜びでもある。

 

 

コメント (2)

いっちゃぼし(一夜干し)はこれがベター

2012-11-24 17:00:18 | Weblog

アオリイカは美味いねえ。

刺身、そして一夜干し(僕のパソコン、漢字変換したら一夜星になる)だな!

とくに一夜干しはいつどうやって食べるかが問題、

僕はちょうど一日干したやつを、こうやってキツネ色になるまで焼いて

ほんで、こんな「からしマヨネーズ」をムニュムニュと搾り出して

醤油と混ぜ合わせて、身を裂いて食す。

だいたいこの食べ方が主流ですわな。

ただのマヨネーズに100円のねりからしを混ぜてもいい

だが、このごろのわしは歳のせいか歯が浮いて(痛い!)

噛み噛みしてその味を楽しむことが大変なのだ。

 

 

コメント (4)

この前は餅投げで拾ったが、本日は銭を投げた!

2012-11-23 19:32:17 | Weblog

古くから続く奇習、「投げ銭供養」

亡くなった人の名前をお坊さんが読み上げると、

一円玉を、お坊さんを囲んでいる戸板にぶつけます。

音が騒がしいほど亡くなった方が喜ぶと言いますから

もう何千円、何万円分と投げつけます。

お金を粗末にしてはいかん・・・・・・そんなしつけも

ここでは通用しませんわね。

もう足元にも

子供は一円玉で遊んでます。

まあこんな法事(供養)の習慣があるおかげで

お寺さんはかなり潤うというわけで・・・・・

こんな仕組みを考え出した方に敬服をいたします。

で、僕としたら本日、4回目の「投げ銭」に向いますが

帰るの夜10時になりそうです。それでは!

 

 

コメント (4)

おいおい、早くも田植えの準備ってか!これから冬なんだぞ!

2012-11-22 17:12:09 | Weblog

今日、地元のJAさんからこんな郵便がきた。

来年の水稲苗やらその農薬、肥料などの予約注文表が入ってる。

4月に植える「コシヒカリ」「キヌヒカリ」などの種苗を先行予約するわけだ。

おいおい、せわしないなあ

このあいだのことなんゾ、ようやく秋の収穫が終わって

くつろいでおったのに

ちょびっと春の田植えモードに切り替わって

ちょびっと気分がシンドク暗~くなったのである。

 

稲作は素人さんが考えるよりも、3倍から10倍は大変なんだからな・・・・

 

 

コメント (3)

近所の若いもんが家を建てた!お餅を投げた。

2012-11-21 22:06:59 | Weblog

隣村で建前があった。

建前とは上棟式のこと、

そこで

お餅投げがあるというのを聞いて

妻から、おばあちゃんまでが行ってみた。

このまだ骨組みだけの新家は、若いご夫婦さんの住居になる。

午後4時半ごろ、

お餅投げ開始!・・・・すごいですね!

皆さん必死ですわ!

 これだけ拾いました。

昔はあっちこっちであった「餅投げ」

今は珍しいもんです。

このお餅投げ、みなさんこれぐらいお餅を拾って

施主さんも建築屋さんも、そして近所の方も

楽しくて、気合の入ったひと時でありました。

 

 

コメント (2)