AWA@TELL まいにち

愛知教育大学で、日本語教育に携わる人材の養成を行っています。ホームページも是非ご覧ください。

感謝

2012年07月31日 | どーでもいいこと
家族が誕生日のお祝いをしてくれました。 妻は腕によりをかけて、お父ちゃんの大好きなとんかつを。 ぺろりと頂きました。 ケーキもあって、最高に幸せ。 毎日遅く帰って、土日も出勤ということが続いているので、妻には負担をかけっぱなしです。 それでも、こうやって気をつけてもらえてありがたいと思っています。 子どもたちも、元気に過ごしています。 それもありがたいことです。 支えて下さっている . . . 本文を読む
コメント

ぷくは雨男。

2012年07月30日 | はるどん四コマ
さて。 件のぷく。 昨日、プールへ連れて行ってやろうということになり、午後1時過ぎに出かけたわけです。 照りつける太陽、吹き抜ける熱風。どれをとっても最高のコンディション。 うちを出て、エレベーターに乗って、マンションを一歩出たら、 ポツリ 雨が顔に当たりました。 おもわず、お父ちゃんとぷくは顔を見合わせました。 携帯電話に「豪雨情報」のメールが届きます。 13時10分か . . . 本文を読む
コメント

ダンス部 夏の全国大会出場作品お披露目会

2012年07月30日 | どーでもいいこと
金曜日の四時間目、授業を終えると学生さんが教卓のほうへやってきて、標題の催しがあるので顔を出してほしいとのこと。 夜間の大学院の授業がありましたが、時間はありましたので、顔を出しました。 ああいうのは、見るのが初めてなので、コメントのしようもないのですが、全国大会、頑張ってきてください。 体育館、暑かったですね。 . . . 本文を読む
コメント

夏の宿題

2012年07月29日 | どーでもいいこと
子どもたちの夏休みの宿題。 自由研究など、ネタは一緒に考えて、後は実行するだけ、なのですが、材料がなかなかそろわない。 そんな中、セントラル画材さんに行ったら、70%割引のバーゲンを実施中。 何か、衝動買いしました。水彩画セット。油絵は、高校時代にやっていて大学でも甘酸っぱい思い出がありますが(笑)、それっきりになっておりまして、絵が嫌いなわけじゃないのですが、なかなか書く機会がない状態。 . . . 本文を読む
コメント

ありがとう!

2012年07月27日 | どーでもいいこと
リソースルームの皆さんが誕生日をお祝いしてくださいました。 ありがとう。 実際の誕生日は来週の月曜日。 月曜日は授業がないので、いつもなら、土日出勤の代休を取る日に充てているのですが、今回の7月30日月曜日は、取材やら中間報告会での報告やらで、出勤します。 ん~、43歳。 日本人男性の平均寿命が79歳だから、もう半分過ぎてしまっています。 愛教大は、62歳が定年になっているので、あと1 . . . 本文を読む
コメント

昨日は豊田市教育委員会へ

2012年07月27日 | 日本語教育
昨日は、一宮学長補佐と同行して、豊田市教育委員会へ行ってきました。 外国人児童生徒支援の活動ではいつもご協力いただいています。 現場の先生方はもとより、子どもたちにも返せる支援にするよう頑張りたいと思っています。 . . . 本文を読む
コメント

大名古屋ビルヂング

2012年07月27日 | どーでもいいこと
大名古屋ビルヂングも建て替えとか。 屋上のビアホールは、学生時代から一度行ってみたいと思いながら、一度も行ったことがなく、この夏が最後のチャンスだと思案しているところ。 大名古屋ビルヂング、学生時代に英語やワープロの学校に通っていたこともあって、懐かしい思い出がいっぱいです。 当時からあったお店もあれば、入れ替わったお店もあります。 「いろは茶屋」だったかなあ、かつ丼がおいしくて、お弁当に . . . 本文を読む
コメント

相変わらず一穴パンチ

2012年07月25日 | どーでもいいこと
相変わらず、私のブログは「一穴パンチ」での検索が多いのです。 確かにそのキーワードで検索したら、上位の4番目くらいにヒットします。 どうしたものか。 . . . 本文を読む
コメント

週末はオープンキャンパス

2012年07月25日 | 日本語教育
今週末は本学のオープンキャンパスです。 今年は担当ではありません。 多くの方が関心を持ってくださるとうれしいです。 詳しくは、こちら。 日本語教育コースの説明会は、土曜日の午後2回あります。 日曜日にはありませんので、気を付けてください! . . . 本文を読む
コメント

一宮市教育委員会学校教育課のブログに

2012年07月24日 | 日本語教育
一宮市教育委員会のブログに、日本語指導員研修の様子が紹介されました。 こちらです いい機会をいただき、感謝しています。 . . . 本文を読む
コメント