幸彩学習塾 オフィシャルブログ

埼玉県久喜市にある幸彩学習塾のオフィシャルブログです。
日々の塾での出来事を綴ります。

道具は手に入れてからが勝負でしょ!

2021年10月08日 23時55分00秒 | 日記・エッセイ・コラム
「先生、もう覚えたから大丈夫です!」
テスト前などによく生徒さんから聞く言葉です。
本人は覚えたことで満足をしているようですが…



勉強で大切なのは、まずは物事を覚えていくことです。これは間違いないし、正しいことだと思います。
ただこれは学習の入り口でしかなく、これが終わりではない、そこに気がついていない人が多くいます。

例えば、数学ならば公式を覚えただけで問題が解けるようになるかどうかです。
簡単なものはもしかしたらできるようになるかもしれませんが、複雑なものなどは、公式を丸暗記しただけでは解けないものも出てくると思います。

公式を暗記したとしても、それを使いこなせなくては意味がありません。
どんなに高性能のパソコンを持っていても、それを使いこなせなかったら意味がない、それと一緒だと思います。

覚えるとは、道具を手に入れることでしかありません。手に入れた道具を使いこなして活用して、はじめてその効果や成果が出てきます。

ところが、実際の皆さんの勉強を見ていると、暗記だけで勉強を終えたと勘違いしている人が多くいます。
とても残なことだと思います。

受験が近くなってきた生徒さんたちは、そのあたりにはだんだんと敏感になってきて、覚えるだけでなく"活用する"ということを意識し始めてきています。
そういう行動をし始めた生徒さんは、だんだんと良い結果が成績にも反映されてきています。


単語や用語のような単純な暗記も、覚えたことだけで満足してはいけません。それを思い出すまでをワンセットにしていかないと、効果がありません。
受験生の皆さんには英単語帳をお渡しして、「暗記と思い出す」のワンセット、それを実践してもらいました。
実践した生徒の皆さんは、単語帳活用の効果を実感できたようで、単純な暗記は単語帳を活用して学習を進め、暗記だけの学習から抜け出してきたように思います。

こうやって「道具を手に入れるだけでなく、それを活用していく」ところまで学習を広げるように生徒さんに声がけをしていますが、まだまだ「覚えました!」で終わってしまう生徒さんが多いのも事実です。

そういった生徒さんを見かけるたびに声がけをしていきますが、いろんな理由をつけて、なかなか改善に踏み出せない人もいるので、私も粘り強く指導をしていきたいと思います。

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« なんだかんだ言っても、数学... | トップ | 塾からのお知らせ【10/10版】 »