水耕栽培による家庭菜園日誌

屋上での水耕栽培・人工光源を使った室内水耕栽培および屋外での有機水耕栽培に取り組んでいます。

海水淡水化装置のよる節水水耕栽培11 (H28.6.25~)

2016年08月23日 | 屋外水耕栽培
■番外 BOPビジネスを少し勉強
8月24日 先生からお借りした「世界一大きな問題のシンプルな解き方」を読了。IDE創業者ポール・ポラック氏が30年をかけて貧農国の農民に足ふみポンプやドリップ灌漑設備を紹介し彼らが自らの農業を通して少しずつ富の拡大を図り豊かになっていった過程が詳細に紹介されているがその知恵と努力には感服いたしました。金銭的物質的な支援ではなく現地民の目線に立って自立を促し起業精神を鼓舞して彼らの収入に見合う価格で購入可能な設備を提供する努力を怠らずまた農産品の販売マーケットの開拓もサポートして正に「貧困からの脱出方法」のバイブル書といえる著作です。

翻って私たちが取り組んでいる海水淡水化装置を熱帯砂漠地に持ち込んでその普及を図ることの難しさも痛感しました。私たちの装置では命をつなぐ水は作れますが農業を行うほどの豊かな水量は作りえないからです。この書物によれば10×10×2m=20万リットルの灌漑用水を作り出すことで10aの農地に100日間灌水できるそうです。収入を得れるほどの農業を行うにはやはりそれなりの灌漑用水が不可欠です。水のないところで水を作るのではなくあるところの水をいかに効率よくコスト安く集めて農業に役立てるかが重要であることがポラック氏の体験は物語っています。

私たちの海水淡水化装置はもっと環境の厳しい熱帯塩害地帯で飲料水を提供し余分な水で農業を支援していこうというものですがそれなりの農業を考えると造水能力の低さは致命傷ですので例えば10㍑の水で最大限の農産物を得る手法としてストーンマルチなど節水農法を研究することが必要かと思います。

昨日から「ネクストマーケット」の増補改訂版を読み始めました。BOP市場開拓のバイブルといわれる書籍です。

●枝豆が実りかけています
8月22日 毎日の猛暑で40mlの給水では萎れるのでないかと心配しておりましたが本日観察すると少しですが枝豆が実りかけています。
 

■参考:パナソニックの撥水砂「パナサンド」
8月12日 少し古い新聞記事ですがパナソニックが砂漠を農場にする「夢の砂」を開発し16年度には実用化するという記事がありました。記事はここからご覧になれます。確かに超撥水剤を土壌に敷くと水は土には浸透せずたまります。私も超撥水剤を使って実験しましたがビーカーの下の紙は全く濡れませんでした。ただこの場合でもせっかくの水をどう蒸発させないのかが必要かと思います。写真は超撥水剤をつかった実験の様子。下に入れたテイッシュやハイドロトンは全く濡れていない。


●給水も焼け石に水状態
8月10日 8月に入り連日35度越えの猛暑が続いていますので20mlの給水では給水不足で枝豆も枯れ始めました。本日より朝夕2回20mlを給水できるようにタイマーをセットし直し何とか枯れるのを防止したいと思います。培養土は完全に乾燥しきっていますので20mlの水をかけてもほとんど焼け石に水状態で少し土の塊ができる程度です。
 

先日も記載した通り土中からの水分蒸発を防止するには透水シートではなく単純にビニールシート(通常のマルチシート)を敷き詰めて苗定植部分のみ1~2㎝の穴を開け太陽熱を遮蔽しマルチの飛散を防止する為にストーンを置くということの方が良いのでなかろうか。透水性があるということは土中水分が蒸発するということですから。

●問題は給水装置と蒸散防止・土壌浸透防止
7月29日 究極の節水農法とはいえストンマルチ栽培で問題になるのは給水装置をいかに安く作るかです。1株づつ少量の給水を自動的に行う装置が安く作れるかという問題です。給水ノズルを自動走行させて給水を行う装置を作ることは技術的にはなんら難しくないですが問題はコストです。ピンポイントでの給水は節水にはなりますが装置を考えるとどうも現実的ではなさそうです。ストンマルチ方式が野菜栽培ではなく大きな灌木や防砂林を育てるのに利用されているのはこの点の問題があるからではないかと思います。通常の滴下灌漑は給水効率が悪いといっても大規模農業に幅広く活用されているわけで少し位水の無駄があっても現実的な手法といえます。想定モデルとしては最低でも10アールの農地に豆類を栽培するとして株数は3万から5万株(30株/㎡×100㎡)になるわけでこれらにピンポイントでコスト安く給水する方法はなかなか思いつくません。インターネットで調べるとイチゴやトマト向けの灌水システムが市販されているのでこられを活用することも考えられる。(例:サンホープのドリップ灌水システムなど。詳しくはここからご覧になれます。

表面は土壌からの水分蒸発を完全にシャットアウトできるマルチ材で覆い、土中には水分を土壌に吸収されるのを防ぐ断水シート(ブルーシートが最適か)を敷くことが必要ですがそのためには重機を使って土壌を掘り起しブルーシートを敷いてから土壌を盛り返すという作業が伴います。ただしこのように土壌をサンドイッチにすることが露地栽培では問題がないのか(通気性のなさによる酸素不足などで野菜の成長が阻害されるなど)どうか露地栽培の経験が乏しいのでよくわかりませんが。


●1日2秒給水
7月29日 今朝の様子です。24日から1日1回20mlの給水になっています。1株当たり20mlですからこれでも多いのかもしれません。育っていないチンゲン菜は撤去しその後に枝豆を種まきしています。こちらは給水装置がないので発芽するまで水やりを行っています。
 

●朝夕5秒間の給水から朝2秒の給水へ
7月23日 給水量をコントロールできるようにタイマーで朝夕5秒間ずつ給水できるようにしました。ただ5秒でも50~60mlほど給水されていますのでこれでは多すぎます。1日1回2秒に設定しなおして給水量を1日20mlほどにして栽培を継続していきたいと思います。給水量が完全にコントロールできるようになれば再度枝豆の種まきからやってみようと思います。
  

●本日の様子
7月19日 ここ数日の暑さで土壌は可なり乾燥してきています。

ここ1週間で2回プランターに100mlの水やりを行いました。まだ比較できる状態ではありません。
 
 

●雨水がビニールシートに溜ります。
7月12日 昨夜からの雨でビニールシートが垂れないように庇を入れているのですがそれでも雨水がたまって垂れ下がっています。


●チンゲン菜・枝豆発芽
7月12日 チンゲン菜と枝豆が発芽してきました。ここ数日は雨もありましたので順調に発芽しています。
 
 

●チンゲン菜と枝豆を播種
7月5日 チンゲン菜と枝豆の種まきをしました。午後は猛暑で並べた石も灼熱状態になっています。このような状態で果たして苗が成長するのか少し不安です。今朝も最低気温が26度ですから並べた石によって蒸散した水分が土壌に戻るなどは期待できないのではないかと思われます。種まきでの使用水量は測定せず。滴下水量は発芽以降測定の予定。
 

●スタンバイです
7月2日 不足していた培養土もいれまたビニールシートの天井は雨水がたまり破れることがありますので発泡スチロールの桟を入れて雨水が流れ落ちるようにこう配をつけました。一応栽培装置は完成ですので後は種まきです。
 


■ストーンマルチ農法
6月28日 究極の節水農法としてのストーンマルチ農法を対照実験をしながら農作物の栽培テストを行ってみます。
①ストーンはホームセンターで販売されていた溶岩石です。
②防根シートも2種類準備しました。
③プランターを4個準備し葉物野菜と豆類を栽培。生育と養液量の関係を調べることにします。
④雨水の侵入を避けるためビニールシートで被います。温室サイズは180W×120H×60D です。
⑤土壌は市販の培養土を利用しました
 
 

●節水農法
6月25日 海水淡水化装置を使ってできる真水は量的に限られていますのでできるだけ節水できる農法の開発が必要です。エスロン管水耕栽培は塩害砂漠地帯を対象にした農法ですがこれは可なりの養液を使用しますので実用的ではありませんでした。現状では砂漠乾燥地帯では滴下灌漑が主流ですがこれでも節水率は高くない。理由としては土壌表面からの蒸発と地下への浸透です。表面からの蒸発をマルチ剤を使用することで防止しストーンマルチでは結露による水分の補給も期待できます。このストーンマルチ農法の現状では砂漠緑化に有効な方法として採用されているが石の隙間から雑草や灌木が生えるため農作物の育成には適さないとされています。そこで透水性の防根シートを敷いてその上にストーンを載せ農液を滴下しながら野菜類が育たないか調べることにいたしました。またストーンのあるなしでどれだけ節水できるかも調べてみることにします。ストーンマルチの長所は石を敷き詰めることで①地面からの水が蒸発しにくい、夜間も蒸発した水が石にあたって結露しまた地面に戻る②地温上昇の抑制③幼苗の保護④害獣からの保護などいい点があげられます。写真は東京農業大学のストーンマルチ実践風景


>人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

コメント

屋上菜園90 (H28.7.10~8.8)

2016年08月08日 | 屋外水耕栽培
■番外 なにわ淀川花火大会
8月7日 昨夜は西日本最大といわれる「なにわ淀川花火大会」がありました。水耕栽培をしている弊社の屋上からは花火が真上に見えるので毎年友人を呼んで楽しんでいます。近年は水耕栽培設備が増えて観覧場所の確保が難しくなってきておりますので昔ほど多くの方を呼べなくなりました。
 
 
花火の様子はYouTubeで「なにわ淀川花火大会」で検索すると素晴らしいビデオをたくさんご覧になれます。

●ほぼ収穫完了のピーマン・しし唐その他
8月1日 ピーマン・しし唐もやや萎れけています。これらもほぼ収穫完了です。今年は株数が少なかったにもかかわらず相当な収穫量がありました。

モロヘイヤは茂りすぎて葉に木の香がするので美味しくありません。近日中に撤去します。またセロリは暑さで葉が日焼けしています。

今週土曜日の花火大会に合わせて枝豆を育てていましたがどうも今週末の収穫は難しそうです。1週間ほど遅れそうな感じです。


●トマト収穫完了
8月1日 昨日残っていたトマトをすべて収穫しました。昨日だけで4㎏余り。29日の収穫が3㎏。以前からの収穫を合わせると10㎏ほどになりましたので今朝ご近所に半分以上お配りする。トマトはいずれも甘くておいしかったと好評でしたし今年は豊作でしたので栽培にはほぼ成功しました。来年の課題は大玉トマトをもっと収穫できるように育てることです。


●最近の野菜料理
7月28日 最近作ってもらった野菜料理です。ピーマンのサラダとモロヘイヤ
 
ピーマンの肉詰めととーモロコシのサラダ
 
やっこのモロヘイアかけと食害にあったミニ白菜の豚肉との炊き合わせ 
 
トマトのきくらげ和えとピーマンしし唐の炒め物 
 

●かぼちゃ「雪化粧」のフライはおいしかった
7月28日 夕食にかぼちゃ「雪化粧」の天ぷらをいただく。大変甘くてサツマイモのフライの感じ。遊びに来ていた娘たちにも好評でした。収獲するのが早すぎたのでほぼ1月ほど寝かせていました。
 

●サツマイモ
7月28日 サツマイモの様子です。保冷箱で水耕栽培しているサツマイモはやや葉の茂り具合が例年より少ない感じ。土耕栽培のサツマイモは正に雑草との戦いです。土壌が少なく畑としての深さがありませんので大きなサツマイモができません。撤去してもいいのですが冬場の玉ねぎ栽培に重宝しますので捨てがたいところです。
 

●屋上の清掃2
7月28日 昨日に続いて本日も屋上の片づけを行う。栽培中を除きトロ舟の清掃が完了しました。今からしばらくは秋冬野菜の定植まで休憩です。写真は清掃の完了したトロ舟です。
  
  
 

●屋上の清掃
7月27日 今日はゴルフの予定が入っておりましたがキャンセルして屋上の片づけと雑草取りを行う。昨日撤去したオクラ・しし唐・トマトの茎や根などと今日引き抜いた雑草を併せるとゴミ袋10杯分にもなりそうです。
 

●夏物野菜も終了 後片付け
7月26日 トマト・ピーマンなど夏物野菜もいよいよ終了です。収穫の完了したオクラやしし唐・トマトなどの片づけを行う。すっかり空間が大きく広がった屋上になりました。次は廃棄物を処分しトロ舟を清掃して淀川花火大会の準備です。わずかに残っているトマトとピーマンの様子です。3度目の枝豆は花火の時に丁度収穫できそうです。
 
 


●人参は意外に育っていました
7月21日 葉が日焼けしているので成長が心配だった人参ですが数本抜いてみると意外にも人参自体はそだっていました。
 

●なすもやや心配
7月19日 ナスもどうもしっくりしません。一番花が咲き始めましたがうまくそだってくれるかどうか心配です。新しく定植したナスも暑さで弱っています。
 

7月21日 やはり根腐れ病に罹っているようです。全体にどの株も元気がありません。またしても失敗に終わりそうです。
 

●ミニ白菜は日焼けと害虫でアウト
7月19日 やはりこの暑さではミニ白菜の栽培は無理でした。葉は日焼けしていますし害虫の食害にあって収穫できる状態には育っていません。外葉をはがすとほとんど食する部分がありません。
 

◎今週のアクセス数
H28.6.19~6.25 IP数 1639 PV数 4178
H28.6.26~7.2  IP数 1326 PV数 2963 
H28.7.3~7.9  IP数 1327 PV数 3076
H28.7.10~7.16 IP数 1367 PV数 3956
H28.7.17~7.23 IP数 1183 PV数 2904
H28.7.24~7.30 IP数 1193 PV数 2862

●番外 自宅のコロタン
7月13日 自宅のゴーヤ・コロタン・サツマイモの様子です。今年はコロタンは2株ですが今のところ6個実っています。
 

●やはり大玉はおいしい
7月12日 先日収穫した大玉トマトを夕食にいただく。ミニや中玉にくらべトマトらしいし味も良い。来年はもっと株数を増やして栽培したい。ピーマンも夕食でいただく。
 

●本日の収穫
7月11日 夕方の収穫です。トマトが100個 オクラ20本 ピーマンしし唐など50個です。大玉トマトは数は少ないですが本日も3個収穫。
 


●枝豆第3弾は順調に育っています。
7月11日 枝豆第2弾(サカタの「夏の装い」)も残り少なくなってきましたが第3弾(サカタの「おつな姫」)は順調に育っています。
 

●サツマイモ露地栽培は雑草だらけ
7月11日 サツマイモの様子です。培養土で育てているサツマイモは雑草に覆われています。先日ゴミ袋一杯の雑草を引き抜きました。
 

●水耕栽培のメリット痛感
7月11日 塩害地での野菜栽培実験のためにエスロン管を使った水耕栽培を行ってきましたがその際エスロン管の温度上昇を抑えるために人工培土や培養土で覆いましたがせっかく入れたその土壌を遊ばしておくのはもったいないと空いた所に昨年に続いて今年もサツマイモを栽培しています。実際屋上に土壌を持ち込むと雨が降ると土壌が流れますし雑草がやたらと繁茂するのでそれを引き抜くだけでも大変な作業です。その点水耕栽培では雑草が生えるということがないし養液で屋上が汚れることもありませんので最も労力の要らない栽培法といえます。雑草抜きも大変なのでこの秋には実験に必要な最小限の装置を残して後は人工培土も含め撤去したいと考えています。(産廃で廃棄するにもお金がかかりますが)

●トマトは4房~5房まで実っています。
7月10日 今年は1.8mの支柱を使ったことでトマトは4房から6房まで実らせることができました。来年は定植板の定植苗数を4本にすればもっとすっきりするし味もよくなるのでないかと思います。今年は36株(定植板6枚×6本)育てていますのでどう見ても混みすぎです。最近は毎日50~100個の収穫が続いています。
 

●ナスは大丈夫か
7月10日 ナスに相変わらず元気がありません。暑さのせいでしょうかそれとも根腐れ病が始まっているのでしょうか。とりあえず遮光ネットを張り新しくオクトクロスを半枚循環タンクに浸しました。
 
7月11日 今朝の状態をみるとやはり暑さで弱っていたようです。今朝はいずれの苗もしっかりと立ち上がっています。
 

>人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
コメント