水耕栽培による家庭菜園日誌

屋上での水耕栽培・人工光源を使った室内水耕栽培および屋外での有機水耕栽培に取り組んでいます。

屋上菜園107 (H30.5.18~5.31)

2018年05月31日 | 屋外水耕栽培
■現在育苗中はキュウリとミニ白菜
5月31日 現在育苗中の苗は問題のキュウリとミニ白菜と定植する場所がなくて残っているナスです。ミニ白菜はキャベツの後に定植する予定です。キュウリは15株ほど育苗中です。今度こそうまく育ってほしいものです。ナスもかなり大きくなってきていますので早い段階で定植する必要がありそうです。
 

現在定植中のキュウリは6株ほどが何とか育っている状態です
 

■青シソも少し定植する
5月31日 それほど多くはいらないのですが青シソをトマト定植板のあいたところに植えつけておきました。


■ジャンボトロ舟にチシャ定植
5月31日 一昨日ピーマンを定植していたジャンボトロ舟のピーマンを移植しその後にチシャを定植しました。
 

■枝豆の第2弾を定植する
5月31日 枝豆の第2回目の定植を行う。

1回目の枝豆もようやく実り始めました。
 

■トマトとなすの様子
5月31日 ミニトマトと中玉トマトの第一房が実ってきました。
 
ナスの花も咲き始めています。
 

■キャベツ収穫
5月29日 キャベツはハダニの猛攻を受けています。水道水で追っ払っていますが完全駆除はできていません。そこそこ結球してきましたが時期的に遅いためか完全な円形キャベツにはなっていません。とりあえず本日分1個を収穫する。


■本日の様子
5月28日 今朝の様子です。かぼちゃもかなり大きくなってきました。今朝久しぶりに雌花が2輪咲いていたので受粉させました。
 
新しく定植した2回目のかぼちゃ8株です。品種は同じタキイの「夢味」です。

トマトの様子です。毎日芽掻きを行っています。
 
なすびの様子です。数株かがやや問題ありです。しばらく様子見です。
 
トウモロコシの様子です。雄花の穂がかなり出てきました。
 
ブロッコリーとカリフラワーです。
 
ジャンボトロ舟のピーマンです。しっかりとしてきました。

サツマイモの様子です。先日新しく「なると金時」の苗を購入し補充しました。
 
枝豆も葉が生い茂ってきています。もうしばらくすると枝豆が実ってくるでしょう。
 
オクラの状態です。
 
きゅうりはやはりダメのようです。現在4回目の苗を育苗中ですので近々定植したいと思います。

育苗中のシシトウを昨日定植しました。シシトウの苗が少なかったので残ったところにピーマンを移植しました。唐辛子の市販苗も一昨日購入したので土を落として別のところに定植しています。
 

◎今週のアクセス数
H30.5.20~5.26 IP数 2248  PV数 4501

■シシトウはまだ定植できる大きさではありません
5月23日 育苗中のシシトウです。そろそろ定植したいのですがまだその大きさには育っておりません。


■キャベツがやっと結球しかけました
5月23日 例年に比べかなり遅れていますが春キャベツがやっと結球し始めました。
 

■悩み多い「なす」と「キュウリ」
5月23日 毎年なすびの栽培には悩まされていますがキュウリは定植から収穫するまでうどん粉病以外はほとんど問題がなかったのですが今年は育苗段階で3度も失敗しています。種まきから育苗の過程で問題があるのではないかとか養液中に細菌がのこっているのではないかなどいろいろ思案しそれなりに対策を採ってきたのですが問題が解決されていません。過去3年間のブログを読み直したり参考書籍を見たりしながら対応策がないか思案しています。現在も第4回目の種まきをしていますが。
 
なすびについては今のところ順調ですがこれが昨年もそうですが日差しが強くなってっくると暑さのせいか途中から根腐れ病に侵されはじめます。すでにオクトクロスを浸しておりますのでこれ以上の対策を施すことができないのでこれまた困ったものです。毎日根の状態を確認して少しでも茶色に変色しはじめるとすぐに撤去廃棄するほかなさそうです。
 

■トマトとなすびの様子です
5月21日 今朝のトマトとナスの様子です。
 

■きゅうりはまだ安心できません
5月21日 3回目のきゅうりもまだひ弱でうまく育ってくれるかどうかわかりません。


■キャベツにハダニ繁殖
5月20日 防虫ネットを張っていたのにキャベツはハダニの猛攻に襲われています。水洗いだけでは全面的にで駆除できませんがとにかくネットを外しひどいキャベツは撤去して全体に水洗いをしておきました。ハダニだけなかなかよい防虫対策がありません。残念ながらいつもやられっぱなしです。
 

◎今週のアクセス数
H30.5.13~5.19 IP数 2060  PV数 4503

■サツマイモ苗定植
5月19日 篠山のコメリでサツマイモの苗を買ってきたので早速定植する。品種は鳴門金時・べにはるか・べにアズマの4種で価格は4株498円でした。
 

■絹さやえんどうの収穫完了
5月18日 日にちをおくと豆になっていきますので残っている絹サヤエンドウをすべて収穫しました。かなりの量になりました。絹サヤの後にはシシトウを定植する予定です。


■玉レタスも残り少なくなってきました
5月18日 後10株残っていましたが本日5株収穫。葉が少し硬くなっていること以外うまく結球して育ってくれています。玉レタスはやはり屋上に限ります。室内ではこのような形に育ってくれません。


■きゅうりは大丈夫かな
5月18日 きゅうりはいまひとつの感じです。何とか成長してほしいのですが気がかりなので改めて「フリーダム」の種まきをする。


■かぼちゃは順調です
5月18日 今朝の様子です。うまく受粉できなかったこともあって数は20個足らずですが今のところ順調に育っています。先日2回目の種まきをしています。
 

■トマトの様子です
5月18日 トマトの様子です。今のところ問題はなさそうです。
 

■なすびはやや不安です
5月18日 そろそろ支柱立てが必要になってきたのでなすびにかけていた防虫ネットを外しました。育ち具合は今のところ順調に見えますが毎年のことながら病気が気がかりです。
  

■2回目のピーマンも定植しました
5月18日 大根を収穫した後のジャンボトロ舟に2回目のピーマンを定植しました。苗としてはまだ小さいので早めに定植になりました。1回目のピーマンも何とか元気になってきています。
  

■トウモロコシの様子です
5月18日 今朝のトウモロコシの様子です。
 

■枝豆も葉が大きくなってきました
5月18日 枝豆は成長が遅れているようで気になっていましたがようやく葉が成長して来ました。



>人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

わさび栽培7 (H29.6.10~H30.4.30)

2018年05月23日 | 室内水耕栽培

■わさび収穫
4月17日 前回から20日以上経過しました。葉はかなり大きくなってきましたので期待して収穫しましたがわさびとしてはかなり小さい。
 
わさびの花が咲いています。
 

■わさび収穫
3月23日 本日は夕食に鯛のお刺身を買ったというのでわさびを収穫しましたやはり思った以上に小さいです。
 
夕食にいただいたが今回はかなり辛味が増していてわさびらしくなっていました。


■やはり辛味不足
2月21日 昨日収穫したわさびを使いましたがやはり辛味に欠けていました。刺身に結構のせましたがこれでやっとわさびです。
 

■小さなわさび収穫
2月20日 その後1ヶ月が経過しましたがあまり大きく成長していません。本日1本収穫しましたがまだまだ小粒です。


■1株試し掘り
1月14日 わさびを1株試し掘りしましたがわさびのサイズも小さく辛味も強くありませんでしたが刺身に多めに乗せていただきました。
 

■本日の様子
12月26日 前回から1ヶ月が経過していますが葉が少し大きくなった程度で大きな変化はありません。お正月には収穫できるでしょうか。


■本日の様子
11月21日 前回から1ヶ月あまり経過し葉も少し多くなり大きくなりました。ただ葉先が少し黄色くなっているのが気がかりです。
 

■本日の様子
10月16日 前回から10日以上経過しましたが葉が少し大きくなったこと以外に大きな変化はありません。葉の様子を見ると「べと病」の懸念は残っています。養液の入れ替えだけで対処できるかどうかというところです。
 

■本日の様子
10月4日 今朝の様子です。すべての苗に若葉がでてきましたし葉も少し大きくなってきましたがべと病の懸念は残っています。
 

■再移植したワサビは若葉が出てきました
9月19日 再移植したワサビから若葉が出てきました。ただべと病再発の危険性がありますので安心はできませんが。
 

■再移植
9月7日 ワサビ田のワサビは葉をすべて切り落として元気そうな株のみ再度移植しました。養液を完全に入れ替えていないのでべと病は水を媒介して伝染する病気なので養液を入れ替えていないため再発しこの作業は無駄に終わるかもしれません。水耕栽培のワサビはすべて撤去廃棄しました。


■病気はべと病か
9月7日 現状から判断して病名としてはべと病のように思われる。(べと病とはべと病菌によって起こる病害で、ツユカビ科の数種の属の糸状菌(かび)によって発生する伝染性(空気および水媒伝染)の病気である。)伝染性があるのですべての株に蔓延しているようです。残念ですがすべて撤去するほかなさそうです。全株撤去後殺菌消毒して一から再出発です。

■わさびは暑さと病気で枯れる
9月7日 今まで2か月間冷却器で養液の冷却を試みてきたが夏場の暑さで養液温度が20度を超す日も多くやはり暑さが原因なのか途中から葉が枯れ始め9月に入り完全に枯葉が蔓延する状態になってしまいました。詳しくは分からないがとにかく暑さと病気で栽培を断念せざるを得ない状況になってしまいました。本日の様子です。同じ病気が原因と思われるがいずれの株も葉が周囲から茶色く枯れています。全滅状態といってもよいかと思います。
 
 

■わさびの株分け
6月26日 子株が育っているワサビ3株の株分けを行う。ワサビ田のワサビも大きいのが無くなってきましたので改めて市販苗を購入する代わりに株分けで増やしてみようと思います。株数も増えて25株ほどになりました。うまく育ってくれるようであれば新しいワサビ田を作って移植しようと思います。
 

■わさび収獲
6月25日 わさび2株を収穫。夕食のさしみに使用。


■養液の交換と清掃
6月23日 辛味成分が養液に溶け込んで成長を妨げるのでできれば2か月に1回は養液の入れ替えをしたいと思いながら無精をしておりましたので気がかりなので本日ワサビ田も水耕栽培槽も養液の入れ替えと清掃をしました。
水耕栽培ベッドです。養液を2/3入れ替え。また葉も少し収穫。
 
ワサビ田の方は本来砂地も洗う必要がありますがそこまではできていません。とりあえずタンクなどを清掃し養液を全量入れ替える。
 

■ワサビ田にすべきか思案中
6月23日 現在使用していないジャンボトロ舟2台の栽培ベッドをどのように使用するかで思案しています。冷水器をもう1台購入する余裕はないので現在ワサビ田で使用している冷水器をこのトロ舟2台に使用したいのですが水耕栽培方式でいくか砂地をいれてワサビ田にするかで迷っています。とりあえず砂を入れるか入れないかは別として清掃しどちらの方式でも行けるようにしておきました。また清掃が楽にできるようにドレンを設置。

パイプに透水防根シートを巻いてその上に荒砂を入れればワサビ田になります。外せば水耕栽培槽として使えます。
 
  



人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
コメント

屋上菜園106 (H30.5.1~5.17)

2018年05月16日 | 屋外水耕栽培
■トマトの第一房が開花
5月16日 トマトの第一房が開花してきました。毎日側枝を摘み取らないとすぐに伸びてきます。
 

■ピーマンに支柱
5月16日 ジャンボトロ舟に定植したピーマンは苗としてかなり成長していたので移植後大雨もあってやや弱っています。本日支柱を立て茎を支えるようにしました。暑いので遮光ネットも張っております。
 

■絹サヤ収穫
5月15日 夕方絹サヤを100鞘ほど収穫する。まずまずの出来である。


■現在育苗中の苗
5月15日 現在育苗中で定植できていない苗として残っているのは地這きゅうり、有機栽培用のトマト、2回目のピーマン、シシトウ、青シソ、チシャです。


絹さやエンドウの後にシシトウを、玉レタスの後にチシャを、有機栽培トロ舟にはトマトを、大根の後には2回目のピーマンを、スイカかぼちゃのトロ舟に地這きゅうりを定植する予定にしています。

■3度目の正直なるか? きゅうりの定植
5月15日 これまで2回きゅうりの苗の定植に失敗しています。原因は根が茶色に変色していましたので根腐れ病と思えるのですが対策としてオクトクロスを投入していたのですが。あるいは急激な環境変化による病気かもしれません。いずれにしろ2回失敗しておりましたので昨日はすべての養液を入れ替えトロ舟も天日で乾燥させてから再度水を張り肥料も加えておきました。夕方日が落ちてから移植定植しました。太陽光もきついので遮光ネットを張りネ苗をいためないようにしております。うまく育ってくれるといいのですが。今年は地這きゅうりも定植しています。
 

■トウモロコシは順調に育っています。
5月14日 トウモロコシは順調に育っています。予備の苗は廃棄しました。
 

■枝豆とオクラ
5月14日 今年の枝豆とオクラは成長が遅い感じです。
 

■キャベツはまた結球し始めていません
5月14日 キャベツの様子です。まだ結球しそうにありません。
 

■カリフラワーとブロッコリー
5月14日 カリフラワーとブロッコリーの様子です。
 

■ジャンボトロ舟に定植したピーマンの苗
5月14日 昨日あいているジャンボトロ舟にピーマンの苗を定植しました。
 

■絹さやエンドウもそろそろ収穫できそうです
5月14日 つるなしエンドウも実り始めそろそろ収穫できそうです。
 

■トマトとなすびの様子
5月14日 トマトは新芽を取り除いており今のところ順調に育っています。なすびも同じです。先日も追加の苗を定植しました。
 


■かぼちゃが少し大きくなってきました
5月14日 最近はタイミングよく雄花と雌花が開花しているので受粉がうまくできています。受粉したかぼちゃも少し大きくなり始めました。
 

◎今週のアクセス数
H30.5.06~5.12 IP数 1778  PV数 4624
total IP数 560020 PV数 1263930

◎番外 鳴門観潮
5月12日 家内と鳴門観潮に出かける。天候もよく大潮時間に乗船できたので迫力のある鳴門の渦潮を堪能しました。鳴門観潮の後大塚国際美術館を訪ねましたがそのスケールの大きさと技術の精巧さに感嘆しました。高速道路のレストランは大混雑で待ち時間2時間ほどでしたので諦めてお昼は帰路3時過ぎに北淡SAでいただきました。
 

■大根は少し大きくなっていますが相変わらずです
5月9日 大根を4本収穫しましたが前回よりは少し大きいですがうまく育っているとはいえません。


■玉レタス収穫
5月9日 玉レタスを収穫する。少し小ぶりですがチップバーンもなく順当に育っていました。


■トマト・トウモロコシの様子
5月7日 今朝のトマト・トウモロコシの様子です。
 
 

■キャベツの様子
5月7日 キャベツは大きく育ってきていますがここからうまく結球してくれるか。
 

■なす・枝豆の様子
5月7日 ナスと枝豆の様子です。枝豆の成長が遅れている感じです。
 
  

■自動給水できるようフロートバルブを清掃
5月7日 昨日自動給水ができるようにフロートバルブを清掃し給水タンクに水を張っておきました。今朝見るとタンクは満水状態になっています。中には満水なのに給水停止できていないバルブもあるのでチェックが必要。


■春大根はやはり難しい
5月7日 昨日収穫しましたが春大根は葉のみ大きく成長していますが肝心の大根は小さく裂根も多く見た目の見すばらしい状態です。収穫した大根は夜大根おろしにして食用。


■つるなしエンドウは実り始めました
5月7日 つるなしエンドウは早く開花したものから順に実り始めています。
 

■玉レタスは収穫できる大きさに
5月7日 心配していた玉レタスですが病気を克服して収穫できる大きさに成長してきました。
 

■かぼちゃ受粉のタイミングが合わない
5月7日 先日からかぼちゃの雌花が咲いているが受粉させる雄花が咲いておらず受粉させることができません。毎年のことですがタイミングが合いません。どのようにすれば両者が同時に咲くようになるのでしょうか。

咲いている雌花と咲いていない雄花 
 
栗坊の方はどうも成長がよくない。根腐れは起こしていないのですが。


◎今週のアクセス数
H30.4.29~5.05 IP数 1895 PV数 4124

■サツマイモは今年も保冷箱栽培にするか
5月2日 今年はサツマイモ栽培はトロ舟を使い養液を循環させて栽培しようと思っておりましたがいざ保冷箱を廃棄するとなるとまだ使用できそうなのでもったいない気がして躊躇しています。苗の植え付けまでにはまだ1ヶ月ほどありますのでその間思案します。


■今年も有機水耕に取り組む予定
5月2日 今年も有機水耕でトマトを育てる予定ですのでそろそろ耕水作りをはじめる必要があります。
 
とりあえずマニュアルに従い「40㍑の水に土太郎200g、鰹煮汁20g、粒状セルカ40gを入れエアポンプで爆気させて」耕水作りを始めました。3週間ほどで水作りが完了しますのでその頃には先日種まきしたトマトも育ってくるので定植可能になる予定。

■エスロン管に透水防根シートを挿入する
5月2日 トウモロコシを栽培するエスロン管ベッドに透水防根シートを挿入して根が配管内に充満しないようにしました。


最後にハイドロコーンをポットに入れて苗が倒れないようにしています。
 

■スイカを定植
5月1日 育苗中のスイカの苗7株を屋上に移しました。
 

>人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
コメント