水耕栽培による家庭菜園日誌

屋上での水耕栽培・人工光源を使った室内水耕栽培および屋外での有機水耕栽培に取り組んでいます。

かぶらの水耕栽培2 (H22.,10.18 ~12.30)

2010年12月30日 | 屋外水耕栽培
■聖護院かぶを使った料理
10月18日 聖護院かぶを使って夕食のおかずを作ってもらいました。茎をごま油でベーコンと一緒に炒めオイスターソースで味付けした炒め物、ダイコンの代わりに使った釜揚げちりめんのおろし和え、揚げと一緒に炊いておでん風に仕上げた煮物。
 


10月19日 昨日の聖護院かぶを今日も料理してもらいました。
イカのげそとかぶらの葉をカラシ酢味噌で和えていただきました。葉は漬物にしてもらいました。


■聖護院かぶ
10月26日 聖護院かぶはかなり大きくなりました。そろそろ収穫しないと栽培ポットから抜けなくなりそうです。27日に2本だけ収穫しましたが葉もいれて1.2kgありました。
 


10月27日 新たに定植している「聖護院かぶ」も順調に育ってきてかぶらも実っています。
 

●聖護院かぶを使った料理2 かぶら蒸しと味噌田楽
10月28日 かぶら蒸しをするのにもう1本収穫。400g強で直径9.5cmありました。聖護院かぶとしてはまだまだの大きさですが満足できる状態です、夕食のかぶら蒸しです。
 

10月31日 本日収穫した聖護院かぶらを使って夕食にかぶらの味噌田楽を作ってもらう。


●金町小かぶの成長
10月27日 トロ舟に定植した「金町小かぶ」は今の所は順調です。今回は発泡のマルチを重ねずに黒のPP板を使っています。


11月1日 金町小かぶの様子です。まだかぶらは出来ていません。


11月10日 かぶらが出来かけています。


11月16日 葉も大きく成長しかぶらの状態が確認できないほどです。


11月24日 金町小かぶもかなり大きくなってきました。1個だけ発泡スチロール板から抜けないのがあります。


11月30日 うまく育っています。


●大きく育った聖護院かぶ
11月1日 栽培ポットに代えて発泡スチロールのおわんを使っている聖護院かぶは以前より少し大きくなっています。待望の直径10cmに育ってくれるのを楽しみにしています。


11月10日 聖護院かぶは大きくなり直径10cmの発泡スチロールのおわんが割れています。


5本収穫しましたが栽培ポットが割れるほど大きくなっていましたので大根同様保冷箱の蓋をカッターで切り取っての収穫です。形は栽培ポットで締め付けられていびつになっています。今後はある程度大きくなった段階で発泡容器に入れ替える必要があります。


11月12日 先日おわんを割った聖護院かぶを収穫しましたが直径が12cmほど重さも800gを越えていました。水耕栽培の出来としては十分でないかと思います。この2本は千枚漬けにしてもらいます。
 

●かぶら料理3 カニあんかけ・千枚漬け・かぶら蒸し
11月11日 収穫したかぶらでかにあんかけを作ってもらいました。


12日に収穫したかぶらで千枚漬を作ってもらいました。


11月16日 昨日来かなり夜は冷えるので今晩はかぶら蒸しや大根のみぞれなべなどをつくってもらいました。


●最後の聖護院かぶ
11月24日 聖護院かぶを2株収穫。2個で1kgでした。まずまずの大きさでしょうか。


11月30日 保冷箱で育てている聖護院かぶの残った2本を収穫しました。1本はかなり大きく育ち栽培ポットが割れてしまっていました。重さを量ると1kg越えで正確には測定不能。これまでの最重量級です。葉を洗っているとヨトウムシが4匹でてきました。それほど葉は食べられていないのですがやはり居るものです。
 

残っている聖護院かぶも保冷箱5箱に15本ほどです。中には1kg越えの大物もあります。聖護院かぶは水耕栽培で直径10cm以上の大きさにまで成長するかどうか不安でしたが結果的には期待以上の成果を収めました。ただ大きくなりすげているかぶは中に筋ができて硬くなっていることがあるのでやはり適切な時期に収穫すべきです。


12月8日 残っている聖護院かぶの内、3本を収穫して白菜などと一緒に親戚に送ってあげることにしました。大きいのはやはり1kg越えでした。
 

12月14日 残っている聖護院かぶを4株収穫。10日にも4株収穫したので後残っているかぶらもわずかになり今年の聖護院かぶはいよいよ終りです。
 

●残るは金町小かぶのみ
12月13日 大きい金町小かぶはそろそろ収穫が可能です。


12月14日 早速5個収穫し聖護院かぶとあわせて友人Mさんに送る


12月15日 残っているのは聖護院かぶも収穫したので後は金町小かぶのみとなりました。今までを振り返ってかぶら栽培のポイントをまとめておきたいと思います。

●かぶらの栽培ノウハウ
■聖護院かぶの栽培ポイント
①播種は8月中旬から10月中旬まで10日乃至2週間毎に行い計画的に育てること。
②栽培ポットに定植後はある程度大きくなると発泡スチロールのおわんに入れ替えるか、栽培ポットをそのまま使用する場合はかぶらが栽培ポットの下で育つように管理すること。(下のイラスト参照)
③栽培ポットに直射日光が当たらないように日よけを掛けておくこと。
④養液はかぶらが浸されない量で維持すると共にEC値で肥料の管理を行うこと。
⑤定植時から防虫ネットを張って害虫の侵入を阻止すること。
⑥中が硬くなる前の適切な時期(葉が元気な間)に収穫すること。
来年はもう少し姿形のよい聖護院かぶを作りたいと思います。

 

■金町小かぶの栽培ポイント
金町小かぶについては最初からうまく育っていたので特に注意するほどの所はないがポイントをまとめてみると

①播種は聖護院かぶ同様、8月中旬から10月中旬まで10日乃至2週間毎に行い計画的に育てること。
②栽培ポットに定植して育てるか、マルチ板に定植して2重構造の間で育てるか、どちらの方法でも栽培できる(下のイラスト参照)
③栽培ポットの場合は直射日光が当たらないように日よけを掛けておくこと。
④定植時から防虫ネットを張って害虫の侵入を阻止すること。
といった所で金町小かぶは聖護院かぶに比べて栽培は簡単でした。
 

●残る金町小かぶの収穫
12月27日 残っている金町小かぶを9株収穫、あと1回分収穫すれば本年度のかぶら栽培は終了します。
 

●かぶらを使った料理
12月29日 先日収穫した金町小かぶを使って料理してもらいました。かぶらとシーチキンのオリーブオイル炒めとかぶらとかしわのクリームシチューです。
 

12月30日 残っていた金町小かぶを収穫しこれて今年のかぶらの栽培は終了しました。


人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
コメント

大根の水耕栽培2 (H22.10.30~12.22)

2010年12月24日 | 屋外水耕栽培
●大根収穫
10月31日 本日2本大根を収穫しました。形はよくありませんが食するには十分な大きさです。葉の周りに糞があるので覗いてみるとヨトウ虫が2匹いました。昨日は1本収穫しご近所の方に味見をしてもらいました。


●大根料理1 大根おろし

10月31日 夕食のおかずに収穫した大根や白菜・かぶらを使った料理をつくってもらいました。かぶらの味噌田楽、白菜と豚肉のゆず風味煮込み、大根のちりめん雑魚おろし、大根葉のカラシ酢味噌和え、大根茎のキンピラ風炒めです。


●青虫退治が続きます
11月1日 先日から大根についた青虫を取り除いているのですがなかなか完全には駆除できません。今日も葉をゆすりながら青虫を落として10数匹駆除しました。いたちごっこの状態です。


●聖護院大根と三太郎
11月1日 定植している聖護院大根と三太郎の様子です。少し寒くなってきたので期待通り成長してくれるか疑問ですが。先日の台風で吹き飛ばされた聖護院大根は5本の内3本は回復しそうです。
  


●新たに聖護院大根を定植
11月4日 播種していた聖護院大根「冬どり聖護院」が発芽してきたので白菜を収穫した後の空いている保冷箱に15株ほど定植する。今朝もかなり寒く時期的には遅すぎますから成長は期待できませんが間違ってうまく成長してくれればラッキーということです。


●虐待された大根を収穫
11月4日 大根「三太郎」を3本収穫する。保冷箱の蓋の穴が小さいために大根を抜くことも出来ずやぬ無く蓋をカッターで切り取っての収穫です。大根は蓋の部分で圧迫されたためか2本は下の部分で割れていました。前にも書いたとおり成長にあわせて広がっていくような栽培ポットが必要なわけです。今回の大根はほとんどが首を締められても元気に育ったたくましい大根ですが今後はこのような虐待をせず、すくすくと育つように工夫してあげたいものです。


大根は生長しすぎて割れがでていますので11月6日に2本、11月7日には10本収穫する。形の悪い大根もかなりありますが来年はこのような形の大根ができないようにしたいと思います。形の悪い大根も割れの出ている大根も切ってみると中は真っ白で問題はありません。



●大根料理2 おでん
11月7日 収穫した大根はおでんにしていただきました。結構甘みがあっておいしかった。


11月10日 おでん用に本日も大根を4本収穫しました。これで最初に植えた大根「三太郎」はほぼ半分近くを収穫したことになります。


●三太郎と聖護院大根
11月10日 新方式で定植している大根「三太郎」と聖護院大根「冬どり聖護院」の本日の様子です。寒くはなってきていますが何とか収穫できる大きさにまで成長してくれることを願っています。
 

●大根葉はジュースに
11月12日 本日も形の悪い大根を4本収穫する。残っている大根はほとんどが成長しきっているので収穫してもいいのですが漬け物以外の料理で食べたいので一度に取るわけにもいかず数日おきに数本ずつ収穫しています。形のよいものはご近所にあげ悪いのは自家消費に回しています。大根の葉はひねて硬くなっていますが朝の野菜ジュースに使っています。14日にも形の悪い大根ややや小さい大根など8本を収穫しました。
 

●大根料理3 ぶり大根とみぞれ鍋
大根を使った料理として「ぶり大根」と大根おろしを使った「白菜豚肉のみぞれ鍋」を作ってもらいました。



●播種後1ヶ月の「三太郎」と「冬どり聖護院」
11月16日 大根の様子です。寒さに負けず大根葉がかなり大きく成長してきました。
 

播種後約1ヶ月の大根「三太郎」も予定通りに育っています。今日ウレタンの培地を取り外して大根が育ちやすくなるようにしました。播種後70日位での収穫ですので後40日はかかりますが今回の方法でうまく収穫まで持っていければ大根栽培法としては合格となりますが。
 

●大根料理4
11月17日 大根を使った料理として「大根とこんにゃくの味噌田楽」および「大根とかしわのクリームシチュー」を作ってもらいました。
 

●大根収穫
11月19日 大根5本を収穫。これで40本ほど収穫したことになり残すところは15本になりました。相変わらず形の悪い大根が混ざっています。


11月20日 今日も大根を3本収穫しました。保冷箱8箱の内6箱の大根は収穫しましたので清掃して新たに水を入れ風で飛ばないようにしておきました。まだ最初の大根が15本ほど残っていますがすでに成長しきっていますので早く収穫してしまう必要があります。それ以外に新たに植えた三太郎が16本、聖護院大根が15本ほど育っています。

●大根料理5
11月22日 昨日のTV番組「うちごはん」で紹介された大根とかしわのカレー風味煮込みを作ってもらいました。


●未収穫の三太郎
11月24日 最初に栽培した60本(55本が成長)の三太郎の内残っているのは12本ですがその中の8本です。これ以上置いておくとひねてしまいそうです。
 

11月27日 未収穫のうち3本(上の写真の右側)を収穫する。大根の成長力で発泡スチロール板が割れていました。深いプランターに移していたので太く大きく成長し一番大きい大根は長さも40cm近くあります。


11月30日 残っている大根も後9本となり最初に植えていた保冷箱8箱はは完全に空になりましたので来春まで清掃保管です。残った9本も近々収穫です。
 

12月3日 小さいものもありますが残りを全部収穫して最初に植えた三太郎は収穫完了です。


◆大根栽培のテーマは「いかにして形の良い大根を育てるか」ということ。
今年は大根ができたということで満足していますが欲をいえば市販品と同じようにきれいな形の大根を育てたいと思います。いろいろ試行錯誤をしていますがこれならうまくいくというノウハウはまだわかりません。

●新規栽培中の三太郎
11月24日 改良栽培ポットで栽培中の「三太郎」も予定通りに成長しています。


11月30日 栽培中の三太郎と聖護院大根です。
 

12月4日 ベランダストッカーで育てている三太郎は大きくなりかけています。播種後ほぼ50日です。まだ収穫までに20日ほどかかります。形は少し丸みをおびています。  

12月13日 これも三太郎と思うのですが大根はかなり丸みを帯びています。少し大きくなっていますが保冷箱では底が浅いのですっきりと伸びれないようです。
 

●緑藻発生で養液入れ替え
12月18日 12月4日の写真でもわかるように三太郎を定植しているベランダストッカーに緑藻が発生していてこれが大根の成長の妨げになっているのでないかと思われるので本日養液を全面的に入れ替えました。残っているのは保冷箱3箱とベランダストッカーに定植している「三太郎」と「聖護院大根」だけです。寒さ厳しいですが葉がしっかりと育っているので大根も大きくなってくれるだろうと期待しています。
 

●三太郎を収穫
12月22日 一番端の保冷箱で育てている三太郎?を2本収穫する。保冷箱の底が浅いためか太く短い大根になっています。でも形は前ほどいびつではなくなりました。


●寒さで成長しない大根
残っている大根を収穫しておでんに使いたいのですがここ数週間の寒さで大根は一向に成長していない。このまま寒さが続くと現在栽培中の大根は収穫できるかどうか分からない状態です。

コメント

屋上菜園12 (H22.11.1~12.14)

2010年12月15日 | 屋外水耕栽培
●収穫野菜の料理
10月31日 夕食のおかずに収穫野菜を使った料理をしてもらいました。かぶらの田楽、白菜と豚肉のゆず風味煮込み、大根のちりめん雑魚おろし、大根葉のカラシ酢味噌和え、茎のキンピラ風炒めです。


●チンゲン菜料理
11月2日 9月中旬に定植したチンゲン菜の残りを収穫しました。チンゲン菜は薄揚げと中華風にいためてもらいました。
 
10月初旬に定植したチンゲン菜もかなり成長してきています。


●人参はまだまだです
11月4日 にんじんは葉が茂ってきましたがまだにんじんはできていません。
 

●レタスは肥料不足か
11月4日 先月半ばに定植したレタスが一向に成長しないので調べてみるとEC値が0.3で肥料不足で成長が止まっているようです。まだ寒いといってもレタスが成長できないほど寒くはないのでなぜかなと思っていたのですが原因は肥料投入忘れです。
11月10日の写真も並べてみます。肥料効果か少しは大きくなったみたい。
 

11月19日の様子です。


●ミズナを定植
11月4日 播種していたミズナが発芽してきたので本日屋上の空いたトロ舟に定植しました。10月10日に定植したミズナと今回のミズナの様子です。
 

●小松菜を収穫
11月5日 残っている小松菜を収穫しました。成長しきって大きくなりすぎていますのでジュースにしていただくことにします。時期的には少し遅いのですが改めて小松菜を播種しておきました。


●ごぼうを移植
11月5日 ごぼうの根もかなり伸びてきたので専用のゴミ箱プランターに移植しました。15cm位に伸びるまでは通常の栽培方法で育てそれから以後は養液の管理をしながら特許に載っていた方法を参考にさせてもらって育ててみたいと思います。


●ミズナとつみれ鍋
11月9日 定植後1ヶ月での収穫です。秋口ですので期間としては妥当かと思います。今年は防虫ネットのお陰で虫に食われることも無くミズナは大きく成長しました。本日はこれを使って「いわしのつみれ鍋」を作ってもらいました。


●今年最後か? 小松菜を定植
11月10日 小松菜を80株ほど定植しました。屋上は防寒対策が無いので先日のミズナとこの小松菜が今年屋上菜園で育てられる最後の葉菜物になると思います。


●ごぼうのその後
11月16日 ごぼうの葉は少し大きくなってきていますがごぼうの方はまだまだという感じです。
 

●キヌサヤエンドウを定植
11月24日 キヌサヤエンドウ(タキイシードの成駒三十日)が発芽してきたので先週の3株に続いて18株定植しました。昨年は寒さに負けずおいしいエンドウが取れるまでに成長しましたので今年も期待しています。


●大阪しろ菜を収穫
11月27日 大阪しろ菜を収穫する。かなり大きくなっているので全量収穫できる状態になっています。
 

●人参栽培に手抜き
11月30日 ニンジンは葉も根もよく茂ってきていますがまだニンジンはあまり大きくなっていません。また完全に間引きができていなかったので2株が一緒になっていたり、人参が生長しているが栽培マルチの穴が小さくて成長できないものがあったりで面倒見が悪かったことによる弊害が出ています。今回はどうも小生の不注意と手抜きで順調には育ちにくそうです。
 

●ようやくレタスらしく
11月30日 本日の状態です。少しずつですがレタスらしく大きくなってきています。


12月8日 どうにか収穫できそうな大きさになってきました。寒さのせいか葉っぱが少し硬そう。


●ミズナは順調?
11月30日 今月4日に定植したミズナです。ミズナは寒さに強いようで順調に育っています。


12月8日 定植後一ヶ月が経過していますがまだ収穫できる状態ではありません。やはり寒さで葉の生長が弱いようです。


●寒さに弱い小松菜
11月30日 定植後20日ほど経ちますがやはり寒さのせいかあまり大きくなっていませんし、かなりの苗が枯れています。


●ごぼうのその後2
12月1日 前回から2週間ほど経ちごぼうはかなり大きく伸びてきていますがまだひょろひょろです。そろそろ水中ポンプを動かし水を循環させて育ててみようと思います。
 

●突風襲来
12月3日 昼前から突風が吹きすさび保冷箱の蓋は飛ぶし、椅子テーブルも飛びちっていました。栽培している野菜ではキヌサヤエンドウを定植している保冷箱の蓋が飛んでキヌサヤエンドウの苗が栽培ポットごと屋上に散乱していました。急いで保冷箱に戻しましたが風で根が乾燥してしまっているので果たして回復してくれるかどうか心配です。

12月4日 心配していましたが大丈夫なようです。
 

●生長難しい小松菜
12月8日 小松菜の本日の状態です。小松菜は結構寒さに弱いようであまり成長していません。収穫できるまでの成長は無理のようです。


●役目を終えた保冷箱
12月8日 大根・かぶら・白菜などを育てるのに使っていた保冷箱です。今年の役割を終え来春トマト・きゅうり・なすびなどを植えつけるまで一休みです。屋上も大分片付いてきました。
 

●人参は絶望か
12月8日 人参の様子ですがやはり2株、3株が一緒になっているのがあって素直に大きくなれなり状態になっています。これでは健全な成長は望めません。
 

●ごぼうのその後3
12月8日 本日の状態です。食べれる大きさになるにはかなりの日数がかかりそうです。


●残り野菜の収穫
12月11日 屋上の残り野菜を収穫する。ミズナは最初に植えた最後の2株ですが少し大きくなりすぎ茎が硬くなってきています。重さは1株で500gもありました。大阪しろ菜も80株ほど栽培していましたが収穫量が少なかったためにかなり成長しすぎです。小松菜に至ってはやや灯立ちしかけています。ベーコンなどと一緒に炒めて食べるようにするから大丈夫と家内のなぐさめ。レタスもやっと収穫しましたがやはり定植後あまりにも日にちが経ちすぎておりますので葉は少し硬そうです。
 
 

今年は秋冬野菜はいずれも順調に育ってくれましたが現状で屋上に残っている野菜は
①「大阪しろ菜」はまだ20株ほど残っていますが早々に収穫しなければなりません。
②「レタス」はやっと収穫できるようになりました。
③後から植えた「ミズナ」ももうしばらくで収穫できると思うのですが寒さで葉の成長がやや遅れています。
④後から植えた「小松菜」は寒さで成長が期待できません。
⑤「白菜」は後から植えた「きらぼし65」が何とか1月に入って収穫できればいいのですが。
⑥栽培中の大根「三太郎」は大きくなりかけているので年末年始に収穫できるでしょう。
⑦かぶらが聖護院はほぼ終わり後は「金町小かぶ」が残っています。これは問題ありません。
⑧最近定植した「キヌサヤエンドウ」これは2月に入ってからの収穫になります。
⑨後は「ごぼう」と「人参」ですがこれからの寒さでごぼうが太くなってくれるかどうか不安です。
といった所でいずれにしても今後は寒さとの戦いです。すでに最低気温が5,6度ですから屋上では水温も10度以下になり低温限界温度になりつつあります。また年末にかけてかなり厳しい寒波の襲来が予想されているだけに心配です。

■低温限界温度
野菜が生長できる最低温度のことです。ほとんどの野菜の好適根温度は15度から28度位で低温限界温度が8度になっています。実際の根の温度はこの栽培床の水温より1~2度低くなるようですので水温が10度を切るようになると通常の野菜は栽培が不可能になるといわれています。



にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へにほんブログ村
コメント