水耕栽培による家庭菜園日誌

屋上での水耕栽培・人工光源を使った室内水耕栽培および屋外での有機水耕栽培に取り組んでいます。

室内水耕栽培28 (H24.7.27~9.12)

2012年09月11日 | 室内水耕栽培
<水温が下がりかけています>
9月11日 取り付けたドーズトロニックの表示を見ると空調効果か野菜工房の水温も下がってきています。設定温度20度に対して19度になってきています。今の所水温を上げるヒーターを取り付けていませんが15度を切るようになれば必要かもしれません。


<電力消費量>
9月11日 野菜工房の空調費用ですが7月23日に取り付けて今日で50日になります。最初の10日間では34.64KWでしたが本日までの累計をみると187KWになっていました。最も暑い8月を乗り換えていますので空調費として1日当り3.74KW、金額にして約90円を見ていればいいということになります。もちろん電気代としてはこれ以外に照明費用が掛かりますがこれは月約6000円、その他も併せ電気代としては月1万円弱というところです。


<結球しかけ?の玉レタス>
9月10日 LEDで育てている2回目の玉レタスですが結球しかけているとはいえ中を割ってみるとまだまだです。完全に結球させるにはまだまだスペースと光量が必要なのでしょうね。
 

<二十日大根・ミニ人参播種>
9月10日 室内でも根菜類を育てるべく二十日大根「アイシクル」とミニ人参「ピッコロ」の種まきをする。いずれも種が古いのでうまく発芽するかどうかわかりませんが発芽すればLEDで育つかどうか試してみようと思います。金町小カブも植えてみようと思います。

<絹かわナスは結実しない>
9月9日 茎の高さは結構高くなった絹かわナスですが人工授粉をしたにもかかわらず一向に結実してくれません。
 

<第3回目のレタス類>
9月9日 2回目の玉レタスを残して他は収穫済みです。3回目に播種したレタス類の本日の様子です。リーフレタス・サラダ菜・玉レタスです。
 


<岡山サラダ菜>
8月31日 LEDで育てている2回目播種の岡山サラダ菜です。重さは約100gでまずまずというところです。
 

<玉レタスは難しそう>
8月31日 3回目に播いたレタス類の苗も育ってきているので定植しなければなりませんがリーフレタスやサラダ菜は収穫した後に半分ほど定植できていますが玉レタスは未だに収穫できる状態には程遠いので当分様子を見るほかありません。結球するかどうかも分かりませんしそれにはまだかなりに日数がかかりそうです。LEDと蛍光灯で育てている玉レタス。
 

<水耕栽培での土づくり?栽培技術>
8月23日 水耕栽培を始めて4年目ですが今年はいろいろな面で壁にぶち当たっています。葉菜類は別としてトマトやなすびなど果菜類はこの程度でいいのかというのがまず最初の反省点です。先日、四国に住む友人から今年も自作の「西条絹かわナス」を初め長なす・ナンキンなどを送ってきてくれましたが流石に兼業農家とはいえ長年農業に携わっているだけあってすべての野菜の出来が素晴らしい。長ナスはこれが長ナスだといわんばかりで大きさ・色艶・柔らかさなど申し分ないし、まして西条絹かわナスなすは一度食べるとほかのナスが食べられなくなるほどのおいしさです。野菜作りは「土づくり」に始めり「土づくり」で終わるといわれるほど肥えた土を作るのとその管理に苦労しながら野菜を育てているのでしょうが私などは養液作りは水道水に大塚肥料3種を規定量配合するだけで栽培当初はいいとしても養液が減少しだすと水道水を補給するのみですから栽培中の肥料管理はかなりずさんなものになっています。当然その結果は野菜の成長にも影響してきますからも実る野菜の品質も低下してきます。1本の苗木から何グラムの大きさのなすびが何個できるとまず合格と言えるのかなど栽培技術の評価基準みたいなものが必要です。また市販可能性から言えば農協の品質検査基準に照らして市場へ出荷可能な商品であるか等級は何等該当かを知ることも必要です。この基準に達する商品を水耕栽培ではどのようにすれば効率よく栽培できるのか、そこに技術があると思えるのです。この点を明確にしないと技術進歩がありません。栽培技術という点に立ち返って再度水耕栽培を見直したいといいうのが今年の反省です。

■プログ公開3周年
8月21日 3年前の5月から自分なりの水耕栽培日記としてプログの作成を開始し8月21日に公開して本日で丁度3年になります。その間ご訪問いただいた方は延167178名、ご閲覧いただいた回数は335401回(8月21日現在)になっております。この一年間の増加数はIP数で71183、PV数で143403になっています。かくも多くの方に見ていただき有難うございました。ご覧いただいておられる方に少しでもお役に立っているのであれば幸いです。

<3回目のレタス播種>
8月21日 3回目の播種を行う。今回も玉レタス・岡山サラダ菜・リーフレタスグリーンの3種です。

<水ナスの様子>
8月20日 室内に残っている6本の水ナスです。今の所順調です。1枚に3本を大きくなるように2本に減らす。


<EC値が少し高い程度>
8月20日 今朝の値を見るとEC値が少し高いだけでpHは設定値に収まっています。Dosetronicの機能はまずまずです。


<リーフレタスにチップバーン>
8月20日 毎日塩化カルシウムを塗布しているが即効的な効果はまだ現れていない。

サラダ菜の様子です。
 

<リーフレタスにチップバーン>
8月17日 今朝栽培工房を覗くとLEDで育てているリーフレタスにチップバーンが発生しているの発見。(LEDの赤色で発見しにくかった?) 室温は20度とかなり低い温度設定ですし肥料は夏用の「大塚ハウスS1号」を使っているにも関わらずチップバーンが発生しているのでこれはもうお手上げです。何か良い対策はないのでしょうか。
 

インターネットで調べてみると次のような記載がありました。「玉レタスは・・・・・カルシウム不足によってふち腐れ(チップバーン)が発生することがあります。対策としては土壌を乾燥させない。および塩化カルシウムまたはリン酸第1カルシウムの0.3~0.5%水溶液を葉面散布する。」とありました。そこで効果を期待して塩化カルシウム溶液を散布することにします。たまたま弊社で販売している化学実験キット「指示薬と酸・塩基」で塩化カルシウムを使っているのでそれを使うことに。


<2回目のレタスの様子>
8月15日 本日現在の様子です。それほど徒長しているとは言えないものの蛍光灯の岡山サラダ菜の葉はかなり面長。LEDで育てているサラダ菜・リーフレタスは問題なし。後10日でどのように育つか楽しみです。
 


<室内栽培中の水ナス>
8月15日 屋上で育てていた水ナスがすべて根腐れで枯れてしまいましたので室内で残っている6株はこのまま室内で育ててみようと思います。


<1回目の残ったサラダ菜を収穫>
8月11日 残っていたサラダ菜6株を収獲しこれで1回目に栽培したレタス・サラダ菜の収穫が完了。少し日にちが立っていますが重さを計るとほとんどが100gでした。


<コントローラーは設置値通りに>
8月11日 今朝見るとコントローラーの測定値は設定値になっていました。


<BlueLab社のコントローラーを設置>
8月9日 EC値、pH、水温の管理ができるBlueLab社のDosetronicを設置。これでSodatecの炭酸ガスコントローラーやクーラーと併せて炭酸ガス濃度・室温・EC値・pH値・水温の調整ができますので一般の植物工場並みの制御ができるようになりました。設定値は炭酸ガス濃度900ppm・室温20度・EC値2.0・pH値6.5・水温22度です。もちろん照射時間はタイマーで設定しています。(但し水温はヒーターでの温度上昇だけですので現在は使っていません)



3種のセンサー(EC・pH・温度)で養液をチェック

肥料の大塚ハウス1号2号、pHダウン剤(表示はアップ剤になっていますが)の供給タンク、供給は電磁弁の開閉で行う。
 
左が測定値、右が設定値。上よりEC値・水温・pH値。EC値は少しオーバー、pHはあと一息。

<2回目は徒長せず育っています>
8月9日 2回目のレタス類は蛍光灯でも徒長せずに育っています。恐らく室温が22度程度なのが徒長を抑制しているものと思われる。大きさでは蛍光灯の方がLEDより大きく育っています。蛍光灯で育っている岡山サラダ菜。

LEDで育てているリーフレタス類ももちろん問題なしです。
 

<エアコンの電力消費量>
8月1日 室温20度に設定して終日エアコンをかけていますので電気代が気になりますが昼間稼働している状態で電気消費量は270wを示しています。断熱効果も高いので夜間は停止もしていますので全体ではそれほと電気を使用していないはずです。
 
8月2日の朝に7月23日の取付日以来昨日までの10日間の累計電力消費量をエコメーターで見ると右のように34.64KWになっており1日平均で3.5KW、電気代にして90円ほどです。月額にして3000円になります。

この栽培室で概ね100株栽培できますが光源用電灯(LEDや蛍光灯)の消費電力が全部で680Wなので電気代としては月に680W×12H×30D÷1000×24円=5900円程かかりますから空調費をいれて1か月ほぼ1万円、完全なレタスが100株育てることができても電気代だけでも1株当り100円つくということです。

<LEDおよび蛍光灯の光量子束>
8月1日 第2回目のレタス定植後のUFO-LED,Lumigrow-LED、Panasonicの光量子束密度ですがUFOは239μmol、Lumigrowは260μmol、Panasonic蛍光灯は147μmolで蛍光灯はLEDに比べ100μmolほど劣ります。この差が徒長の原因なのか今回も調べてみます。
 
 

<絹かわ水ナスはそろそろ定植可能か>
7月31日 メタルハライドで育てている水ナスの苗がかなり大きく成長してきました。今回が初めての試みなのでどの段階で定植すればいいのか分かりませんが種袋には育苗60日と書かれていますのでしっかりと育苗してから定植しなさいということなのでしょう。

8月1日 屋上に6株をひとまず移しました。葉が大きく蒸散量が多いのでしおれないかと心配しましたが大丈夫でした。


<蛍光灯よりLED>
7月31日 最初に植えたサラダ菜を収穫していますがやはりLEDで育てたサラダ菜は徒長もなく重さも100gを超えています。
 
徒長していたサラダ菜もLEDに移して健全に成長しました。


<第2回目のレタスを定植>
7月31日 育苗していた岡山サラダ菜とリーフレタスをサラダ菜を収穫した後に定植しました。
 
今の段階では苗は徒長していません。蛍光灯とLEDとに分けて定植して比較することに。





人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
コメント

屋上菜園32 (H24.7.27~9.12)

2012年09月10日 | 屋外水耕栽培
<四角豆が実らない>
9月10日 よく花が咲いていたし今も咲いているのに一向に実ってくれません。蜂などがいないので受粉ができていないためでしょうか。時期的にも少し遅くなってしまったので残念ですが撤去しようかと考えております。


<春菊・チンゲン菜を播種>
9月9日 屋上に定植できるように春菊とチンゲン菜の種をまく。ミズ菜・小松菜・春菊・チンゲン菜などはこれからの必須葉もの野菜。今年はこれに何とか「ほうれん草」を上乗せさせたい。例年ほうれん草は発芽からして失敗していますので。

<キャベツは断念>
9月9日 残っているキャベツ10株ほどもほぼ全滅です。どの苗にも害虫が侵入しているようで次から次と新芽が侵されています。今年は断念するほかなさそうです。念のため新たに種を播いて苗を育てているのですが時期的に少し遅れてしまったのではないかと懸念されます。
 

<青藻対策 循環槽に蓋付工具箱使用>
9月9日 従来プランターを使って循環槽にしていましたが青藻の発生がひどいので蓋付の工具箱に取り替えて給水・排水管もサイドから入れるようにして直接養液に太陽光が当たらないようにしました。また定植パネルの上にも黒のプラダンを載せて苗を定植するところだけ穴をあけるようにして同じく不要に太陽光が養液に当たらないようにしたいと思います。
 

<かぶらの定植>
9月9日 金町小かぶと聖護院かぶを定植。例年通り発泡パネルの上にプラスチックダンボールに穴を空けたものを載せて定植パネルとプラダンの間に蕪が成長するように栽培していく予定です。
 

<サツマイモの花が>
9月9日 珍しくこの時期にサツマイモの花が咲いています。今の所サツマイモは順調です。
 
*昨年も10月に入ってから花が咲いていたのですが季節の変わり目に起こる一種の「狂い咲き」でしょうか。

<大根の様子>
9月9日 大根の様子です。虫の侵入を阻止するために防虫ネットをひとまず張っておきました。


<大根定植>
9月3日 月末に播いた大根・ミズ菜が発芽しているので屋上に定植する。発泡パネルに定植すると大根の成長に合わせて穴を大きくしないといけないので今年は短冊に切ったパネルをゴムひもでつないで大根の成長に合わせて穴が広がるようにして定植しようと思います。このことで定植後苗をいじらなくて済みますので大根も素直に成長してくれるのではないかと期待しています。


<根菜類の種まき>
8月31日 8月が終わるとはいえ今年はまだまだ猛暑が続いていますがダイコンなどの種まきをする時期になりましたので本日大根・白菜・キャベツ・ミズナの種をまく。

<キャベツに害虫が>
8月31日 全部で30株ほど植えていましたが半分近くが新芽を虫に食われ枯れ掛けていたので撤去破棄する。本日現在残っているのは18株だけ。害虫による被害のようなので調べる必要があります。
 
インターネットで調べると害虫「ハイマダラノメイガ」の被害は「中心葉の基部が幼虫の潜入・食害により変色し,その後,中心葉の枯れ上がりがある」とあるので症状がこの記載に近いのでこの害虫によるのかもしれない。また数株は根が切られていたので「根切り虫」もいるようです。防虫ネットでは防ぎきれないので殺虫剤が必要なようです。

9月1日 またキャベツが食べられているので引き抜いて調べると幼虫を発見。こいつが新芽を食べつくしているようです。オルトランを散布する。
 

<屋上の片づけ清掃>
8月19日 昨日に続いて本日も屋上の片づけと整理を行う。キュウリも完全に撤去。キャベツも清掃した4連のトロ舟に移植。成長の悪いキャベツは撤去するが少し根腐れ病に罹っている感じのする苗もありました。6連のトロ舟は白菜用に使用できるようにすべて清掃する。夏物で残っているのはオクラと四角豆程度。
 

<白菜・大根の種まき準備とキャベツの成長>
8月17日 昨年のブログを見ると8月17日に第1回の白菜の種まきをしています。まだ屋上に太陽がさんさんと照り付け真夏真っ最中ですのでそんな気はしませんが播種時期が到来しつつあるようなので準備をしたいと思います。また8月26日のブログにはキャベツの記載がありますが今年のキャベツは10日前とはいえ昨年ほど大きく育っていません。1枚に5~6株全部で30株余りを育てていますが何とか昨年並みに育ってほしいものです。


*参考 昨年のブログ<白菜・大根を播種>
8月17日 まだ少し早いのですが昨年購入した種が残っていたので白菜の「きらぼし65」を播種する。昨年のブログに記載があったように今年は計画的に3回に分けて播種育苗していきたいと思います。8月20日(11月初旬収穫)・9月10日(11月下旬収穫)・10月10日(12月下旬収穫)の3回で1回に30株定植・20株収穫の予定。

*参考 昨年のブログ<元気に育っているキャベツ>
8月26日 今年初めての挑戦ですが種から育てているキャベツの「彩峰」は順調に育っています。定植板1枚に6株定植していますがこれではどうも多すぎるようなので4株にして2株は他へ移植する必要がありそうです。とりあえず4株を移植。うまく育ってくれるかどうか心配ですが。
 

<残念ながら水ナスはすべてしおれる>
8月15日 やはり根腐れ病にかかってしまったのかすべての水ナスがしおれてしまいました。屋上での栽培を断念し残っている6本はそのまま1階の室内で栽培していくことに。
 

<オクラを撤去>
8月15日 先に植えていたオクラを撤去。トロ舟から取り出すと何時ものように根がしっかりと張っています。後から植えたオクラはまだまだ収穫できそうです。
 

<四角豆の花が咲いています>
8月9日 後から植えた四角豆の花が咲いています。旺盛に育っていないので大きな実がなるかどうかわかりませんが少しでも
実ってくれたらと願っています。
 

<夏野菜は終わりかけ?>
8月9日 ここ数日も従来同様に収穫していますがトマトがいよいよ終わりかけていますしなすびも大きさが小さくなってきています。キュウリもせいぜい2,3本です。取れすぎるのはオクラぐらいです。昨年のブログを見ると盆明けには秋野菜の植え付けをしていますので今年もそろそろ秋野菜の準備時期になってきました。

<絹かわ水ナスがしおれる>
8月9日 期待の水ナスが3本しおれかけています。取り出してみるとどうも根腐れ病なのようです。根腐れ病が気になっていたのでオクトクロスを入れているのですがそれでもダメなようです。
 

■番外 なにわ淀川花火大会
8月4日 今年は水耕栽培で場所が狭くなっていることもあって例年と異なり少人数での花火鑑賞にしました。テーブル数6脚20人余りでの鑑賞で例年の40人~50人規模の半分ですが準備・後片付けが大変なので手抜きさせてもらった次第。
夕方6時過ぎから焼肉を食べ始め7時45分の開演を待ちます。
 

7時45分から打ち上げ開始、1時間余りのショーの始まりです。
 
 

<昨日の収穫>
8月4日 昨日3日の収穫です。キュウリが3本収穫できましたが形がよくない。トマトも1個に裂果があります。


<水ナスは順調に育っています>
8月3日 屋上に移植した水ナスは順調に育っています。葉の色もなすびらしく少し濃くなってきました。昨日残っている5本の苗も屋上に移す。このまま暑さが続いて9月末に水ナスが収穫できればいいのですが。


<キュウリはほぼ終了?>
8月3日 毎日のように収穫していたキュウリも終わりかけ昨日は収穫できませんでした。昨日の収穫です。

ピーマンとしし唐の栽培に失敗しこの場に無いのを除けばほぼ昨年並みの収穫でした。

<トマトの裂果>
8月2日 今年は大玉のトマトも順調に収穫しており昨日も6個収穫しましたが1個に裂果が生じています。原因について「養液栽培のすべて」の175Pにトマトやメロンの裂果について「トマトやメロンは収穫期まで果実肥大が続くので途中での水分の過不足は裂果の一因となる。」とかかれているが湛液水耕栽培で水分の過不足はどうしておこるのかよく分かりませんがいずれにしろこの状態では売り物にならないので裂果防止策を調べる必要があります。
 

<絹かわ水ナスを屋上に移す>
8月1日 屋上に移した水ナスです。葉が大きくて蒸散量が多いのでしおれるのではないかと心配しましたが今朝屋上をのぞくと大丈夫のようでした。


<花火大会に向けて屋上の片づけ>
8月1日 今週の土曜日は関西では有名な淀川花火大会です。観覧席を作るために屋上の片づけをしました。

台風の影響で夕方少し時雨れましたがそのあと虹が出ていました。


<オクラは元気になりました>
8月1日 オクラもこのところ順調に成長し昨年並みに大きくなってくれています。花が咲いてからすぐに大きくなので収穫する際に見落として大きくなりすぎたオクラが今年も沢山あります。
 
左の大きさでは湯がいても硬さが残り食用になりません。長さ5,6㎝が限度です。

<キャベツを屋上に移植>
7月30日 室内で育てていたキャベツの苗を屋上に移植しました。少し葉がLEDで焼けているので少し早いですが植え替えました。
 

<やっとらしきかぼちゃを収穫>
7月29日 やっとカボチャらしきカボチャが収穫できました。



人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
コメント