水耕栽培による家庭菜園日誌

屋上での水耕栽培・人工光源を使った室内水耕栽培および屋外での有機水耕栽培に取り組んでいます。

屋上菜園68 (H26.10.1~10.25)

2014年10月27日 | 屋外水耕栽培
◎今週のアクセス数 10.19~10.25 IP数1032 PV数3261

<サツマイモ収獲>
10月25日 残っているトロ舟で育てているサツマイモを収穫する。定植時期が遅かったのでまだ芋自体は小さいですが2株でかなりの数でした。2本の茎には芋になりかけのものがかなりぶら下がっていました。栽培手法としては以前から行っているトロ舟(保冷箱)を使っての水耕栽培がベストのようです。
 


<キャベツ廃棄>
10月24日 キャベツが青虫に食べられて哀れな状態になっています。これではどうしようもないので定植板1枚分を廃棄する。青虫が100匹位出てきました。防虫ネットのわずかな隙間から蛾が侵入したようなので対策が必要です。


<大根を移植>
10月20日 エスロン管に定植した大根はスポンジが厚すぎたためかうまく大根が成長しませんでしたので改めて昨年と同様の方法で発泡スチロール板に定植する。大根が大きくなれば隣に明けた大きな穴に再度移植する必要がありますがこの方がうまく育ちそうです。
 

<トマト収獲>
10月20日 トマト3個を収穫する。幸い台風もそれほどではなかったので飛ぶことがありませんでした。本日めでたく収穫です。


◎今週のアクセス数 10.12~10.18 IP数1115 PV数3161

<台風で飛ばされないか トマトの様子>
10月13日 台風19号の襲来に備えてトマトはしっかりと支柱に結び付けていますが午後2時ですがそれほどの風もなく嵐の前の静けさ状態です。


<時期が早すぎたか 春菊は徒長>
10月13日 春菊は定植時期が早すぎたのかかなり徒長しています。もう少し寒くなってからの方がよさそうです。


<ゴボウは順調のようです>
10月13日 かなり密生していますので数本間引きましたがゴボウは素直にまっすぐ伸びています。今年はそれなりのゴボウが収穫できそうです。


<エスロン管大根は失敗か>
10月13日 エスロン管で育てている大根を2本抜きましたが裂根状態になっています。これでは栽培失敗といえます。結局昨年通りの栽培方法の方が虫もつかず大根ももっと素直に育っていましたから今年の栽培方法は間違っているといえそうです。


<小カブ「あやめ雪」収穫完了>
10月13日 第1回目の小カブは収穫完了しました。ただ4,5本定植板から抜かないのが残っていますが。現在2回目の苗を育苗中。


◎今週のアクセス数 10.05~10.11 IP数1209 PV数3908

■番外 我が家の二階から見た皆既月食
10月9日 昨夜の皆既月食は我が家の2階から見させていただきました。幸い雲もなくよく見えました。


<昨夜の野菜料理>
10月9日 昨夜いただいた小カブのクリーム煮・ミズ菜の煮物・小カブの葉のお漬物・チンゲン菜と貝柱のオリーブオイル炒めです。
 
 

<春菊・ミズ菜定植>
10月7日 ミズ菜を収穫した後に春菊を、空いていた場所にミズ菜を定植する。食害があるのでどの場所も気がかりです。
 

<小かぶ「あやめ雪」を収穫>
10月6日 大阪では台風18号による被害はほとんどなく昨日もゴルフをしましたが殆ど雨に当たることもなくラウンドできました。今朝がたは可なり強風が吹いておりましたので6時過ぎに屋上に上がり被害がないか確認しましたがエスロン管に植え付けていた大根が数本とんだ以外はほとんど被害はありませんでした。小かぶが風にあおられて定植板よりはみ出していましたので10株ほど収穫する。
 
10月7日 引き続いてあやめ雪を20株ほど収穫する。1本は定植板に挟み込んで抜かないのがありました。ご近所に差し上げる。まだ後20株ほど残っています。

◎今週のアクセス数 9.28~10.04 IP数1069 PV数3456

<やはり白菜に食害>
10月4日 やはり白菜に青虫が巣食っています。防虫ネットの中40株の白菜すべてが侵されていますので大半ショックです。試しに1株抜いてみましたが中に3匹ほど青虫がいました。
 

<エスロン管のサツマイモ>
10月4日 残っているサツマイモも収穫するがやはりあまり実っていませんでした。エスロン管を片付けてその後にトロ舟6連の栽培ベッドを設置し春菊・白菜を栽培する予定です。
 
10月6日 収穫したサツマイモは焼き芋としてまたサラダにしていただきました。
 

<エスロン管の大根>
10月3日 エスロン管に定植した大根三太郎は1本が虫に食われて枯れたが他の大根は今の所順調に育っています。栽培方法として正しいかどうかは今後の成長次第です。
 

<間引きゴボウ>
10月3日 密集しているのでゴボウの間引きを行う。間引いたゴボウの姿を見る限り今回はうまく育ちそうです。
 

<さつまいもの試掘り>
10月2日 エスロン管で育てているサツマイモの試掘りを行う。3株でこれだけですので収穫時期が早かったこともありますがやはり失敗です。


■本日の様子
10月1日 本日の屋上菜園の様子です。秋冬野菜の定番「白菜・キャベツ・ミズ菜・春菊・大根・カブラ」をメインに育てています。大根用の手前のジャンボトロ舟はまだ未使用状態ですが全体に定植場所が不足しているので順次種蒔きして長期にわたって収穫できるような栽培方法がとれないので困っています。屋上菜園は水中ポンプ以外に電気代がかかりませんのでコスト面ではかなりメリットがあるのですが温室でないため栽培期間が限られます。
  

ゴボウと人参です。人工培土「パーライト」「バーミキュライト」を使い滴下灌漑で育てています
 

ミズ菜は昨日初収獲、2回目のミズ菜も定植していますが栽培面積が狭いので多くの収穫が望めません。
 
春菊はまだ少ししか定植していませんが目下育苗中です。これまたどこに定植しようかと迷っています。


キャベツも密集しすぎで移植が必要ですが場所がないので適当に収穫してジュースに使用します。2回目のキャベツも大きくなってきています。
 

ブロッコリーの様子です。これも密集しすぎています。2回目のブロッコリーも定植しています。
 

小かぶです。品種はサカタ交配「あやめ雪」で上面が赤くなるタイプです。今年は黒色のPPシートもかぶせず特に細工もせず定植板に植えた状態で育てています。
 
聖護院カブラの様子です。余り多くは栽培しておりません。


ホーム玉ねぎは葉のみが育ち過ぎてネギになってしまっています。これも昨年のように円形ポットに定植した方が良かったのかもしれません。九条ネギも育てています。
 

白菜は皆元気に育っています。少しだけ虫に食われているところがあるので気になります。
 
  

大根の「三太郎」と「冬自慢」です。いずれもエスロン管に定植していますが防虫ネットを張っていませんので一部葉の先が虫に食われています。三太郎・冬自慢の他に辛み大根も育てています。ジャンボトロ舟用の苗は現在育苗中です。
 

エスロン管が空いているのでダメもとでミニトマトを育てています。


サツマイモです。あと10日もすれば収穫できるでしょうか。
 


人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ



コメント

屋上菜園67 (H26.8.20~9.30)

2014年10月01日 | 屋外水耕栽培
◎今週のアクセス数 9.21~9.27 IP数1023 PV数3677

<白菜の様子>
9月24日 最初の白菜もよく育っていますが2回目の白菜もよく育ち始めています。移植の必要があるのですが問題は移植する場所になくて困っています。
 

<ブロッコリーに虫>
9月24日 ブロッコリーもよく育っていますが端に2,3株の葉に虫に食われている跡があったので撤去し殺虫剤を噴霧。
 

<キャベツ>
9月24日 健全に育っているようです。これもやや過密状態に思えます。


<小かぶとミズ菜>
9月24日 小カブは定植板に直植えしていますが蕪がうまくおおきくなってくれるかどうか。ミズ菜は栽培株数が少ないので2回目の種まきもしています。
 

<ゴボウと人参>
9月24日 ゴボウも人参も滴下灌漑方式で育てています。今回は直播ですので期待しています。
 

◎今週のアクセス数 9.14~9.20 IP数1094 PV数3622

<ミズ菜・春菊の種まき>
9月19日 ミズ菜および春菊の2回目の種まきを行う。いずれも1回目は少し発芽率が低く8割程度でした。ただ収穫時期をずらす意味もあって3,4回に分けて種まきするのがよさそうです。ただ屋上での定植スペースがほとんどなくなりかけていますのであまり多くを播種できない事情もありますが。

<大根用ジャンボトロ舟の準備>
9月19日 大根用に使っているジャンボトロ舟を清掃し水を張って何時でも定植できるように準備する。

先日定植したエスロン管の「三太郎」です。

ジャンボトロ舟に定植予定の「冬自慢」の苗。


<白菜はしっかり育っています>
9月14日 白菜の様子です。3台のトロ舟に分けて定植していますが90株ほどになります。
 


<栽培中の野菜の様子>
9月14日 本日の様子です。キャベツとブロッコリ‐
 
玉ねぎと人参およびゴボウです。
 

まだ移植が終わっていない玉ねぎです。


<大根を一部移植>
9月14日 大根がかなり成長してきています。

40株をトウモロコシを栽培していたエスロン管に定植する。
 

◎今週のアクセス数 9.07~9.13 IP数905 PV数3076

<栽培中の野菜の様子>
9月7日 まだまだ少ないですが秋物野菜の状態です。キャベツとブロッコリー
  
白菜の様子

小カブと大根の様子
 

<トロ舟栽培ベッドを2台清掃>
9月7日 4連と6連のトロ舟栽培ベッドを清掃し4連には大根とミズ菜を6連には白菜を移植して定植しました。
 

<発泡ウレタン>
9月7日 大根は発泡ウレタンシートに切り込みを入れてエスロン管に差し込んで栽培してみようと思いホームセンターに行きました素材としては販売していませんでしたが廉価なマットレスが販売されていたのでこれを切断して使用することにしました。

10㎝角に切ってエスロン管に差し込みペットボトルをその中に差し込みましたがウレタンが収縮して問題なく大根を保持してくれそうです。
 
これでうまくいくようであれば現在3回目のトウモロコシの栽培をしている40株用のエスロン管も大根栽培に使ってみようと思います。


◎今週のアクセス数 8.31~9.06 IP数1022 PV数3322

<人参とゴボウ>
9月2日 直播きした人参とゴボウです。人参は間引きを行いました。
 

<白菜の様子>
9月2日 先日定植した白菜の様子です。


<大根「三太郎」を定植>
9月2日 大根「三太郎」も定植。ある程度大きくなってくると2次移植が必要ですが今年は2度の移植で育てたいのですがどのような定植用具を使うといいのか目下思案中です。

今年はジャンボトロ舟のほかに夏場トウモロコシの栽培に使ったエスロン管も使用してみようと思っています。


*昨年のブログには
「今の栽培法では播種から収穫までに3度移植(育苗苗を定植板に、定植板から大根用定植板へ、より大きな穴の開いた板へ)していますがその都度不要な刺激を与える結果裂根や曲がり根が発生するものと思われる。大根の水耕栽培ではこの問題をうまく解決できれば露地栽培並みの美しい大根が収穫できるようになると思われるのですが1回の定植で収穫まで育てられる定植板を考案する必要があります。・・・・・・・・・
現在使用している発泡ウレタン培地7個を直径10㎝の穴の中にいれてその真ん中に育苗しているウレタン培地を入れるのも一つの方法ですが実際にこの方法で育てると大根や葉の重さで養液中に落ちてしまいそうなので何か工夫が必要です。来年の宿題にしておきます。」と記載していますがこの宿題がまだ完了していません。正解かどうかは分かりませんが15㎝正方厚さ5㎝位の少し硬めの発泡ウレタンがあれば真ん中に十字の切り込みを入れれば大根保持剤として使えるのではないかと思っているのですがホームセンターなどで素材が見つかりません。


9月4日 台所にあるネットスポンジを使って試してみました。サイズは8×15㎝なので少し小さいですが十字の切り込みを入れるとペットボトルの太さぐらいは大丈夫のようです。水を入れて重さを500gにしても滑り落ちることはありませんでした。この方法なら簡単にできるのではないかと思います。
 


<ホーム玉ねぎの定植>
9月2日 ホーム玉ねぎが発芽してきたので抜き取って定植板に定植する。昨年は100㎜ポットに定植しましたが今年は数が多いので定植板に植えました。玉ねぎがむき出しになっているのでうまく育ってくれるかどうか分かりませんが簡便なのでこの方法で試すことにしました。
 

◎今週のアクセス数 8.24~8.30 IP数1137 PV数3902

<キャベツとブロッコリーの様子>
8月29日 本日の様子です。少し大きくなりました。
 

■お陰さまでアクセス数が30万突破
8月29日 今朝のアクセス数を見るとIP数で300032となり30万を突破しました。多くの方にご覧いただきありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。(IP数の推移はH23.9.13に10万、H24.5.26に15万、H25.3.31に20万、H26.1.2に25万、H26.8.29に30万)

<直播きの人参とゴボウ>
8月25日 直播きした人参とごぼうが発芽してきています。
 

◎今週のアクセス数 8.17~8.23 IP数1143 PV数3360

<ニラの豚肉炒め>
8月21日 先日収穫したややひねたニラを豚肉といっしょにいて目ていただく


<キャベツ・ブロッコリーを定植>
8月19日 育苗中のキャベツとブロッコリーを屋上に定植する。昨年のブログを見るとキャベツはかなり早い時期に定植していますが高温対策を考えるとまだ少し早い位かもしれません。遮光ネットを張っておく。







人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
コメント