パソコン教室きらく館教室日記

教室での出来事や塾長の生活を綴ってみます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原爆記念日、終戦記念日を迎えて思うこと

2018-08-16 14:35:25 | 塾長のまじめな話
原爆の被害、悲惨な敗戦の痛手は、日本人の心に深く刻まれました。
二度とこのような被害は繰り返したくない、平和への悲願はほとんどの日本人が共有していることでしょう。
だから、戦争があったことのために自己そのものに対して否定的(自虐的)に受け止めているように思われます。

中国や韓国など隣国から「日本は侵略戦争をし、アジアに多大な迷惑をかけた」と言われ続け、日本人自身もそのように思い込んできました。
本当にそうでしょうか?

「原爆は落とした方が悪いのか、落とされた方が悪いのか」「日本人は侵略戦争を戦ったのか」考えみたいと思います。

広島平和記念公園の中にある原爆死没者慰霊碑には「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませんから」
主語がないこの文章、一体過ちを犯したのは誰なのでしょうか?
日本人自身に「自分たちが悪かった」と暗示させる言葉です。
しかし、その言葉をただ繰り返すのではなく、アジアの人たちの公平な見方や公平な声に心の眼を向けてみましょう。

タイの戦後初の文民首相で、首相になる前にタイの日刊新聞「サイヤム・ラット」紙の主幹を務めた作家でもあったククリット・プラモード氏が、
1955年に同紙上に載せた「12月8日」と題した詩を紹介します。
 ※12月8日は、日本軍が真珠湾を攻撃し開戦した日

=========

タイ 「東南アジア諸国が欧米と対等に話ができるのは日本のおかげ」

「日本のお陰でアジアの諸国はすべて独立した。
日本というお母さんは難産して母体をそこなったが生まれた子供はすくすくと育っている。
今日、東南アジア諸国民がアメリカやイギリスと対等に話ができるのは一体誰のお陰であるのか。
それは『身を殺して仁をなした』日本というお母さんがあったためである。
12月8日は我々に、この重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して重大決意された日である。
さらに8月15日は我々の大切なお母さんが病の床に伏した日である。
我々はこの二つの日を忘れてはならない」

=========


<私の感想>

大東亜戦争は、日本に大きな惨状をもたらし終結しました。
その結果、欧米諸国はアジア植民地という権益を失い、アジア諸国は独立し、自らの努力と犠牲と苦労を自らのものとすることができるようになりました。
長い歴史から見て、人々はこの結果をどう評価するでしょうか?

大きな犠牲と代償を伴う戦争に「していい戦争」と「してはいけない戦争」があると認めたくはありません。
しかし、振り返って人々の悲惨な戦いの後に人類に貢献できた戦争があったのも事実です。
例えばアメリカの南北戦争は、アメリカ史の上ではもっとも悲惨だったと言われていますが、人を奴隷として扱う「奴隷制度」廃止につながりました。
人類史上の汚点となる「奴隷制度」、でも経済の基盤である制度が話し合いで廃止されることはあり得なかったでしょう。
それをもって「正義の戦争」とは言いません。

平和を愛し、節度をわきまえ、人の道を重んじる日本人の値打ちと誇りは代々受け継がれてきたものです。
大東亜戦争に従軍した世代の方々は少なくなっています。
この世代の日本人が、欧米諸国のような他国を植民地にすることを目的とした戦争をしたわけではありません。
戦争の中で誇り高く生きあるいは死んでいった彼らを、今を生きる日本人が名誉回復せずに、だれがするのでしょうか?
子々孫々に至るまで「悪かった」と言い続けることが正しいとは思えません。



<その他アジア各国の日本を称賛する声を紹介します>

【ビルマ】

ビルマには、イギリスに滅ぼされた王朝最後の王子が残した伝承がありました。

「いつか白馬にまたがった雷帝が東方からやってきて、ビルマを救出し解放する。雷帝の稲妻の進撃は英国軍を追放する(参考図書『雷帝、東方より来る』)」というものです。

日本は、後の首相オンサン、大統領ネウィンを始め、多くの志士を軍事訓練し独立義勇軍を結成して英国軍と戦いました。

英国軍の一個大隊は戦わずして潰走(かいそう:戦いに負けた隊が四分五裂になって逃げること)、英駐留部隊も2日で陣地を放棄するなど、首都ラングーンを陥落させ後に、義勇軍は独立政府を樹立、ビルマはイギリスから解放されたのです。

第15軍司令官・飯田中将はビルマの民衆に向かってラジオから次のような布告を発しました。

「親愛なるビルマ1500万の民衆に告ぐ!日本軍のビルマ進撃の目的は、最近百年間の搾取と圧政を事とせる英国勢力を一掃し、ビルマ民衆を解放して、その宿望たる独立を支援し、もって東亜永遠の安定確保と世界平和に寄与せんとするに外ならぬ。しかして勇敢なるビルマ独立義勇軍兵士よ、今こそは祖国の独立と栄光のために決起すべき秋(とき)なるぞ。必勝不敗の大日本帝国軍は諸士とともに進軍す。進め必勝の信念の下に!」

━━━バー・モウ元首相(自伝『ビルマの夜明け』)

「歴史的に見るならば、日本ほどアジアを白人支配から離脱させることに貢献した国はない。しかし真実のビルマの独立宣言は1948年の1月4日ではなく、1943年8月1日に行われたのであって、真のビルマ解放者はアトリー率いる労働党政府ではなく、東条大将と大日本帝国政府であった。」

━━━ウー・ヌー元外相 (1943年8月1日独立時の演説)

「歴史は、高い理想主義と、目的の高潔さに動かされたある国が、抑圧された民衆の解放と福祉のためにのみ生命と財産を犠牲にした例をひとつくらい見るべきだ。そして日本は人類の歴史上、初めてこの歴史的役割を果たすべく運命づけられているかに見える。」

【インド】

「藤原機関」は、「英国からのインド独立運動の支援」を任務としていました。

同機関の国塚少尉は、「至誠、仁愛、情熱」をもってインド兵に接しました。日本軍はインド兵を殺さないという噂が広まると、英国軍に所属していたインド兵が次々に投降してきたのです。

国塚少尉の「至誠」に心を開いたモン・シン大尉は、インド独立のために立ち上がる決意を固め、インド国民軍は日本軍と同盟関係を結んだのです。

インド国民軍は、英印軍のインド将兵を自軍に引き入れることでインド国民軍は日を追って増えていきました。

「英軍降伏」の報がもたらされ、国塚少尉とモン・シン大尉が外に飛び出すと、いっせいに万歳の声があがりました。

その後のマレー・シンガポール攻略戦は、1200キロの距離を72日で快進撃し、兵力3倍の英軍を降伏させて、10万余を捕虜とした名作戦として世界から賞賛されています。

━━━グラバイ・デサイ弁護士会会長・法学博士(1946年 デリーの軍事裁判に参考人として召還された藤原岩市〈ふじわら・いわいち〉機関長に対する挨拶)

「インドは程なく独立する。その独立の契機を与えたのは日本である。インドの独立は日本のお陰で30年早まった。」

━━━P・N・レイキ最高裁弁護士(靖国神社への書簡より)

 「太陽の光がこの地上を照らすかぎり、月の光がこの大地を潤すかぎり、夜空に星が輝くかぎり、インド国民は日本国民への恩を決して忘れない。」

【インドネシア】

オランダの植民地で大東亜戦争が始まると僅か9日間でオランダ軍を排斥した日本軍は、軍事訓練を指導して4万名のインドネシア人将校を養成。敗戦後も日本に帰らず残留して、インドネシアの独立を支援し共にオランダ軍と戦いました。

━━━サンパス元将軍 復員軍人省長官(1957年来日の際の発言)

「特にインドネシアが感謝することは、戦争が終わってから日本軍人約1000人が帰国せずインドネシア国軍と共にオランダと戦い、独立に貢献してくれたことです。日本の戦死者は、国軍墓地に祀り、功績を讃えて殊勲賞を贈っているが、それだけですむものではありません。」

【マレーシア】

イギリス植民地時代、マハティール首相は、「イギリスの植民地時代には民主主義など存在しなかった。専制的で権威主義的な支配であった」と述べ、マレイ大学副学長ウンクアジズ氏は「日本軍の大東亜戦争があったため、マレーシアの独立は50年早まった」と述べています。

━━━ラジャー・ダト・ノンチェック元上院議員(1988年クアラルンプール邸にて土生良樹氏への言葉)

「私たちアジアの多くの国は、日本があの大東亜戦争を戦ってくれたから独立できたのです。日本軍は、永い間アジア各国を植民地として支配していた西欧の勢力を追い払い、とても白人には勝てないとあきらめていたアジアの民族に、驚異の感動と自信とを与えてくれました。(中略)マレーシアを占領した日本軍は、日本の植民地としないで、将来のそれぞれの国の独立と発展のために、それぞれの民族の国語を普及させ、青少年の教育をおこなってくれたのです。」

━━━ガザリー・シャフィー元外務大臣(1988/7/19 於・赤坂プリンスホテル)※日本政治家の「大戦において貴国に対しご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」との挨拶に対して。

「日本はどんな悪いことをしたというのか?マレー半島で南下したときの日本軍は凄かった。わずか3ヶ月でシンガポールを陥落させ、我々にはとてもかなわないと思っていたイギリスを屈服させたのだ。あの時は神の軍隊がやってきたと思っていた。日本は敗れたが、英軍は再び取り返すことができずマレーシアは独立したのだ。」
コメント

PL花火の思い出

2018-08-12 09:48:56 | 教室情報
今年の花火は、例年より発射本数が少なく、時間も大分短く早々に終わってしまった印象です。
正直に言うと少しがっかりでした。
写真撮影にも身が入らずうまく撮れなかったので、Yさんに写真をお借りしました。

      

<<過去にさかのぼってみます。>>

<2016年PL花火>

45分に凝縮された音と光はやはりいいものだ。
毎年味わい方は変わっても、最後の打ち上げが終わって暗闇が戻った時、
今年も良かったと思える。


<2015年PL花火>
2015年PL花火大会その1


2015年PL花火その2

昨年のクロージングは少しがっかりさせられてしまったので、今年はあまり期待していませんでした。
しかし、今年は8時過ぎ、しとやかに始まり、徐々に盛り上がり、エンディングの前にこれまでみたことのない花火の連続打が出て、しばらくの沈黙の後、フィナーレを迎えました。お見事!!


<2014年PL花火>


数千発もの花火が一瞬で上がるラストは、まばゆい光と腹をつんざく轟音!
真昼のごとき輝きと轟音で、夏の祭りは終わりを告げます。




<2013年PL花火>


今日は、PL花火大会でした。
午後8時から上がり始め、8時45分にクライマックスを迎えました。
毎年、打ち上げている時間が短くなり、物足りなさを感じる反面、
単調な間延びした繰り返しが減った分飽きのない凝縮された充実さも感じられました。


<2012年PL花火大会>

7時55分に始まり、8時45分にクライマックスの歓声とどよめきで終わりました。
台風の接近のため、開始前少し雨が降りました。それがかえって過ごしやすさ招き、風が花火の煙を吹き飛ばし、花火大会として絶好の気候を呼び込んでくれたようです。
コメント (1)

素麺ピザパーティー

2018-04-19 12:51:33 | 教室情報
4月6日(金)午前の授業が終わると、他の曜日のみなさんにも参加していただき、素麺をピザベースにして素麺ピザを作って味わいました。
材料や調理道具を分担して持ち寄り、調理を始めました。
さすがに主婦の皆さん、手っ取り早く私は見ているだけでした。

まず、素麺を一掴みホットプレートで両面を焼き、ピザベースを作ります。
次に、柚子胡椒とマヨネーズを混ぜたピザソースを塗ります。
シラス、大葉、ネギ、ピチトマトをトッピングしてピザ用チーズをふりかけてホットプレートにふたをして焼き上げます。




 
 

素麺の焼き上がりと柚子胡椒のピリッとした辛さとシラスの塩味、ネギの風味が絡み合い、絶妙の味を楽しめました。
指導してくれたKさん、みなさん、ありがとうございました。
コメント (2)

富田林の農産品を賞味

2018-03-26 13:26:59 | 教室情報
昨日は再び寺内町を散策しました。

富田林の歴史をもう少し知りたかったので資料を求めて「寺内町センター」に立ち寄りました。
途中、名物コロッケのお店で、食べてみたかった海老芋コロッケとナスを買いました。



あとで観光マップを見て、ナスやキュウリが府内第1の生産高だったことを知りました。
海老芋は、石川沿いの肥沃な畑で独特な栽培法で作られていることは、少し前のTV報道で知っていましたが、その海老芋で作ったコロッケはまだ食べたことはありませんでした。

 

我が家の得意料理「醤油ベーコンナス」はベーコンがなかったので、「ハムナス」になりましたが肉厚のナスは皮も実も柔らかく最高でした。
海老芋コロッケは、粘りとコクはいままで食べたことのない触感で芋のおいしさを味わうことができました。
コメント (2)

季節の便り

2018-03-17 09:43:12 | 教室情報
寒中見舞い、暑中見舞いを欠かさず、送ってくれる西尾さんから
今回もご自分の陶芸作品の写真を添えて季節の便りをいただきました。


今回はいただいたことに感動を覚えました。
繰り返す習慣の重みは、訴えかけるものがあるように思います。

これまでの作品もご紹介します。
    

それぞれの作品に込めた気持ちが伝わってきます。
はがきにも、教室で習ったことが盛り込まれていることが分かります。

西尾さん、いつもありがとうございます。
コメント

丹波 柏原(かいばら)へ

2018-03-13 10:42:34 | 教室情報
3月11日(土)ある目的があって丹波市柏原に行きました。
篠山口から福知山線のワンマン電車に乗り換え、並行して流れる笹山川と山あいの地形と農地が交互に移り行く車窓の景色を見ながら、やがて開けた平地の広がる柏原駅に着きました。



第1印象は、清楚で落ち着いた趣きが強く感じられる町でした。
市内を歩き回り、地元の方に話を聞いてその理由が分かりました。

 
町の中心に位置する「柏原八幡宮」「三重塔」
国の需要文化財「柏原八幡宮」は平安時代の万寿元年(1024年)京都岩清水八幡宮の別宮として創建されました。



「柏原藩」は前期と後期に分かれます。
前期は、慶長3年(1598年)織田信長の弟信包3万6千石を与えられて始まりました。
柏原八幡宮を中心に町が整備されました。
3代藩主信勝には嫡子がなく、慶安3年(1650年)信勝の死去とともに廃絶しました。


「織田信包像」
地元の人々には前期織田家が慕われているそうです。

後期は、元禄8年(1695年)に信長の次男。信雄の玄孫にあたる織田信休が大和松前藩から栢原(現栢原)に国替えになり、その後10代にわたり明治4年(1871年)の廃藩置県を迎えるまでこの地を治めました。

   
「柏原藩陣屋跡」                  「陣屋内部」      道路の左手が陣屋、右手が歴史民俗資料館
国の史跡「陣屋跡」は、織田信休が移封後正徳4年(1714年)に造営したものです。

その他見所
 
 「たんば黎明館」             「太鼓やぐら」

  
 「田ステ女」         「木の根橋」          「織田神社」

県有形文化財「たんば黎明館」は7、明治18年(1885年)に建設された旧氷上高等小学校。近代初等教育施設の建築物としては、兵庫県下では最古の部類
市指定文化財「太鼓やぐら」は、藩政時代の時報・警報に用いられた櫓。内部は三層で最上層の楼上には「つつじ太鼓」という大太鼓がつるしてあります。
「田ステ女(でんすてじょ)は、柏原が生んだ田(でん)家のステという女流俳人、
    『雪の朝 二の字二の字の 下駄のあと』
県天然記念物「木の根橋」は、樹齢1000ねんとも推定されるケヤキ。巾8mの奥村川をまたいで自然の橋を成しています。

※神社・仏閣のとにかく多い町でした。「自治会ごとに神社がある」と地元の人は言います。
 神様が多い町だからこそ「清楚で落ち着きのある空気」に満ちていたのかな、と思いました。


ここも近年、人口減少と高齢化に頭を痛めているそうです。
それに負けず、まち全体で町の活性化に取り組んでいるようです。


それが「丹波ハピネスマーケット」
丹波ハピネスマーケット
コメント

第102回KPS(関西パソコンスクール)

2018-03-05 08:22:22 | 教室情報
KPSの例会も102回目を迎えました。

今回は、「パソコン箕面教室」で行いました。
第1回目は同じ「パソコン箕面教室」だったので私たちメンバーにとっては思い出の場所でもあります。
もちろん、主催会場はすべてのメンバー教室持ち回りなのでどの教室にも思い出と思い入れが詰まっているのですが、
今年7月で閉塾されるのでひと際感慨深い思いに駆られます。


教室360度写真


今回の議題は、
話題の「スマートAIスピーカー」、
マイクロソフトクラウド「OneDrive」、
「Wifiスピードテスト、無線規格」
でした。

 
代表的な「Google Home」と「Amazon Echo」の紹介です。
主な機能は、話しかけることで「ニュースが聞ける」「音楽が聴ける」「目覚ましタイマー、スリープタイマーとして使える」
「調べものに答えてくれる」「翻訳」「占い」「雑談」「スケジュールを教えてくれる」「買い物リスト作成」「メモ書き」など
どう使うかは、人それぞれ。
これがかわいいロボットの姿なら持ち歩きたくなりますね!!

 
「Amazon echo dot」


家電をリモコンの代わりに「スマートAIスピーカー」で使うための中継器だそうです。

「Wifiスピードテスト、無線規格」講義



新しいメンバーが加わったり、参加できなくなったメンバーがいたり、この10数年で多くの変化はありました。
無我夢中で、みんなのための一人ひとりの努力の積み上げがあって今に至っています。
毎回、変わらぬ熱気を感じます。
みなさん、ご苦労様です。いつもありがとうございます。
コメント

卒寿の祝いと犬鳴山ハイキング

2018-02-16 15:03:39 | 教室情報
2月11日、犬鳴山温泉「不動口館」で私の母の「卒寿(90才)」を祝いました。

 


翌日は「不動口館」を起点に、「犬鳴七宝瀧寺」「行者の滝」を目指して渓谷を往復しました。



ハイキングコースですが、子供たちには結構きつい道のりだったようです。

<
道々には、犬鳴山にまつわる伝説や言い伝えが立札で記されていました。


印象的だったのは「義犬伝説」
狩人が鹿を射ようとした時、つれていた犬が吠え鹿が逃げたため、怒った狩人が犬の首を刎ねました。犬の首は狩人を襲おうとしていた大蛇に噛みつき、ともに息絶えました。危機を救われた狩人は、愛犬に感謝し菩提を弔うため、七宝瀧寺で僧侶になったという伝説があります。この話を聞いた宇多天皇が、犬鳴山の山号を与えたとされています。義犬の像と碑が参道に建てられています。

コメント (2)

2018年新年会

2018-02-15 11:53:30 | 教室情報
休眠が長くなりました。
妻の喪が明け、年も明けたのでそろそろ活動に入ろうと思います。

節分の巻き寿司に追われた寿司職人畠田さんの慰労を兼ねて、2月5日(月)17時から新年会を行いました。
例年地元河内長野で開催していますが、今回は千日前道頓堀「ラウンジちえ」で行いました。

  

程よい広さのフロアで席につくなり、ママさんの韓国料理が振舞れました。
もちろんチラシ寿司や豚汁も嬉しい和食メニューもありました。

  

食事が一段落し、胃袋が満足するやカラオケが始まり、
それぞれに鍛えられた得意の喉が披露されました。





全天球360度カメラはその場の情景が見渡せてよく分かります。

 

楽しい時間は、あっという間に過ぎました。
みなさん、ありがとうございました。
もう2月で新年を迎えたとは言えない時期ですが、今年もよろしくお願いします。
コメント (2)

春のバスツアー 海津大崎クルージング

2017-04-13 12:23:39 | 教室情報
4月11日雨天の中、琵琶湖西北岸の海津大崎を目指してツアーに出ました。
今津港から出る予定のクルーズは風と波のため欠航となったため、東岸の長浜から高速船で海津大崎に向かうことになりました。

海津大崎クルージング


 
昼食は「サンブリッジホテル」で

  
強風のため予定の今津港から出港ができず、湖東の長浜に回り高速船に乗船
海津大崎で上陸

   
海津大崎で記念写真 
海津天神社の桜がきれいでした。

あいにくの天候でしたが、欠航したクルーズ船の代わりも見つかり、ラッキー!!
バスの中の会話も弾んみ楽しい1日を過ごせました。
みなさん、お疲れ様でした。

コメント (2)