馬鹿も一心!

表題を変えました。
人生要領良く生きられず、騙されても騙されも
懸命に働いています。

ギフトショー、準備、青ざめる大きな間違い!

2011-01-31 20:18:40 | 日記

131日(月)東京インターナショナルギフトショー準備

久しぶりの京葉線に乗る。東京方面向かう、左に富士山

右にスカイツリーが見える。

ビッグサイトに9時半着、全てのゲートが開けられて

各ブースの荷物車が荷捌きする。寒い!

11時、電話が入る。展示会用カタログが午前中までに

届けられないと連絡してきた。

夕方、こちらで引き取りに行くことにする。

展示品ダンボールを出したところで昼飯にする。

レストラン街に向かう途中、今回開催の大看板が見えた。

息子が言う「あの看板おかしい?間違っている」

じっと目を凝らすが分からない。

指摘され、やっと、分かった。

でも、まさか、そんなことあるわけない。

ラーメン食べながら、主催者に言うべきか思案した。

トイレに行くので通路に出た。

ついでに主催者事務局に行き、受付女性に「看板がおかしいと思う」と告げた。

暫くして男性が出て来た。

「看板は毎年使い回しなので、後から張替えます」と言う。

しかし、私が怪訝な表情をしたので一応確認ということで

正面入り口まで一緒に向かった。

担当者は気楽な調子だった。

私も不安になり「私の勘違いだったらごめんなさい」と言った。

担当者は鷹揚に「いいですよ」と頷いた。

正面玄関の大看板の下に」来た。

担当者は見上げた。

顔が歪んだ、目が動かない、目蓋が閉じない、一言も発しない。

「大変な間違いです」「関係者誰も気付いていません」

突然、私に名刺をうやうやしく差し出す

明日、9時半この看板の下で開催式典が行われ

社長、海外大使館、マスコミ、他の重要関係者が列席

10時にはテープカットが来賓により行われる。

もし、気付かずに式典が進み、記念写真が撮影され

関係雑誌に掲載されたらどうなったか?

その事を担当者に言うと、泣きそうな表情になったので

それ以上は言わなかった。

こんなこと、よくあることだ。

弊社のカタログは誤字脱字が多く

「また、やっちゃった」と開き直っている。

ブログでの誤字脱字は当然で訂正などしない。

ところで、皆様 間違いが分かりましたか

投稿した時点から13時間以内に分かった方には

弊社の高級ボールペンをプレゼント!

コメント

浮世

2011-01-30 23:27:53 | 日記

130日(日)17時妻は通夜に行った。

私の会社で15年以上前パート仕事をしていた女性。

私が以前住んでいたマンションの住人だった。

ご主人も一流大学出たが、脱サラ

奥さんと一緒にスナックを始めた。

深夜まで二人懸命に働いたが

うまくいかず借金だけが残った。

夫婦喧嘩が絶えなかった。

警察まで呼んだことがあった。

夫は再び勤め人になった。

美しかった奥さんは化粧もせず

服装も無頓着になった。

顔色も日増しに悪くなった。

腎臓も悪く、糖尿にもなった。

27日夜、夫が帰宅すると妻は死んでいた。

5月には61歳になるところだった。

妻は通夜から帰ると

心筋梗塞だったと言った。

「あの人は幸せな人生だったのかしら」と呟いた。

やはり前の住まいの住人男性で

一昨年までスポーツクラブで一緒だった方が

去年3月、就寝中に心筋梗塞で亡くなった。

1年間の定年延長終了してからスポーツクラブにも

来なくなっていた。

自宅に篭もり鬱状態だったらしい。

62歳だった。

去年625日 大学時代の友人が食道癌で死んだ。

仕事はしていなかった。

62歳だった。

人間を60年間生き続けるには容易くない。

毎日が明日がどうなるか?

無常という言葉が重い。

日常は無いのだと。

唯、活きようとする事で生きていかなければ

心身が萎えてしまうのだと身近に感じる。

60歳過ぎると浮世の煩悩から逃れたいと思う。

ある医者が言っていた。

何でもいいから死ぬまで働け、人と接触しろ!

コメント

幕張メッセからスカイツリー遠望

2011-01-30 18:08:24 | 日記

          

130日(日)午前、マンションの20階まで階段で上がる。

少し息が上がり、体が温まる。

スカイツリーが見える。

幕張メッセまで散歩。速歩にしないと体が冷え込む。

東京湾最奥からスカイツリーと富士が見える。

携帯電話のカメラなのでぼんやりしか写らない。

次はデジカメで撮るか!

昨日、妻と娘で横浜アリーナまでイベントを見に行ったが

20時前に帰宅、やはり妻の体力では長時間行動は無理だった。

明日はビッグサイトでギフトショーの準備。

      

コメント

天国からの返信メール

2011-01-29 19:38:24 | 日記

129日(土)午後、柳橋事務所行く。

展示会準備の整理をするため向かった。

妻は徐々に体調が回復している。

娘が母親を誘って横浜アリーナで開催しているイベントに出かけた。

オンタマカーニバル2011というイベントで Perfumeが出演

娘はPerfumeの大ファンで髪型ファッションまでトレースしている。

妻が家に閉じこもるより、娘と気分転換に外出するのは安心だ。

17時、船橋に戻り、飲み屋 一平

に入る。生ビールと煮込みと大根煮を注文

          

昨年の今頃はあいつと飲んでいたんだ

昨年の2月の展示会を手伝ってくれた。

それが、あいつの元気に仕事をしていた最後だった。

ふと、思い立ち

急に呼び出したくなり、あいつにメールした。

「今、一平にいるぞ」!

折り返し、携帯に音がする。

開いて見る。 エラーメッセージだ。

又メールした。

明後日はは展示会の準備しようぜ!

しかし、エラーメッセージが返るだけ。

18時店を出て海老川沿いに歩き、あいつのマンションが見える場所で

マーキング(小便)を川に向かってした。

帰って洗濯物をベランダから取り込まないと

最愛の妻?に睨まれる。

        

コメント

伊豆城ヶ崎海岸からの来客

2011-01-29 14:44:24 | 日記

 

                     

128()午後からギフトショー

出展準備をした。展示商品を一つ一つ磨き確認、看板確認

イタリア製大テーブルを二つ持っていかなければならない。

これが非常に重い。19時は運送会社が引き取りに来る。

15時半、来客がある。久しぶりにお会いした。

伊豆からの訪問客。

2年前の4月、春の陽光浴びた桜並木の美しい伊豆城ヶ崎海岸の邸宅に

お邪魔して以来の再会だ。

東京に用あって来られた。

私の妻が病であることをブログで知り時間を割いて

柳橋事務所に来てくれた。

人間国宝が作ったカステラを妻の滋養のために頂いた。

 

 

私とは既に30年間に及ぶ交流がある。

優しき紳士だ。

私が34歳サラリーマンだった。

労組の書記長として春闘を指揮してストライキを敢行に

決意した時の会社側の労務課長だった。

その後

私は退社して波乱の道を辿り、今も苦闘に喘いでいる。

紳士は順調に昇進して関連会社の社長になり

数年前退任した。

その後、都心のマンションから、伊豆に転居され

奥様と二人ゆったりとした時間、緑と海と温泉に囲まれた

地で過ごされている。

労使交渉は互いに本音で激突する、互いの立場を越えて

個人的理解しあい友情が生まれる。

酒豪であったが乱れることなく淡々と飲み

辛い時にあって酒酌み交わすのは楽しく、気持ちが和んだ。

伊豆に転居されて寂しい限りだ。

貧しい私にはまだまだ働かねばならない。

死ぬ時が仕事辞める時だ。

                                                

                  本日の昼飯 坦々鍋

コメント