馬鹿も一心!

表題を変えました。
人生要領良く生きられず、騙されても騙されも
懸命に働いています。

久しぶりに森下 魚三へ。

2013-08-31 15:20:15 | 日記

8月30日(金)8月も終わりだ。

今月も乗り切った。

やれやれ!

 

17時半、両国橋から隅田テラスを歩く。

新大橋を渡って森下町まで来た。

久しぶりに魚三で飲みたいからだ。

 

18時、店内U字型カウンターは満席だ。

近くの三徳も覗いた。

躊躇していると、三徳の並び対面に

古風な木造造りで屋根瓦の下に

多聞の看板がある酒屋を見た。

明治20年創業 田口屋本店

店前にビールサーバーがあり

酒樽の椅子が置かれている。

 

残暑の隅田テラスを歩き、汗を拭いながら

ビールの看板を読んでいた。

店主が出て来て、生ビールがここで飲めますと言う。

グラスに注いでもらい400円を払う。

夏限定で飲ませる。つまみはなく

店内で乾きもを買うだけ。

門仲の角打ち折原商店とは友達だそうだ。

 

樽椅子に座り飲み始めると、イケメンから電話。

「魚三の前に着いた」。

クロスバイクで柳橋から森下まで5分程で着いてしまう。

魚三に向かう。

早速、瓶ビール、中トロ、アジサシ、頼む。

日本酒常温、大根煮、かき揚げ、ホヤ酢

安くて活気があっていいな。

二人で2千700円だった。

   

19時半 門仲に向かう。

門仲名店屋台ラーメンを食べようかと思ったが

気になっていたビルの谷間路地にある中華店にした。

三勝菜館 店内には個室に数人の客だけで

テーブル席は客無し。

愛想の良いオバサンがいた。

 

メニューを見たが決められない

お上さんがが、ここのお勧めは

チャシュー麺だと言う。

イケメンはチャシュー麺、私は酸ラータンメン頼む。

瓶ビールにワンタンのから揚げをつまみにする。

  

お上さんが本を見せる。

「100年食堂」のタイトル。

三勝菜館は明治20年創業と書かれている。

 

芸能人に色紙が多数貼られ写真入りもある。

私が腰掛けたテーブルはテニスの伊達公子の指定席。

あの錦織を食べに来ると女将さんは話した。

  

味はその店だけが出せる風味は無く普通の中華でした。

 

本日の歩数計

17429歩

12548m

2時間32分

805カロリー

異常でした。

コメント

柳橋のランチ?

2013-08-31 11:11:08 | 日記

8月29日(木) ランチは新秋刀魚

 

漁港の魚屋で買ったが一尾400円

たけー!

通常年だったら100円以下で買えるのだが。

横須賀で船所有する知人が言ってた。

水温が高くて魚が上がってこない。

不漁だ。

 

だが、旨かった。

街中の食堂では当分 新秋刀魚焼き定食は無理だな。

 

そんなんで、30日ランチはオリジナルシチューにした。

前夕、から仕込んだ。

ニンニク5個を刻み、人参一つ

ジャガイモメークイーンを3個、玉葱1個

鶏ムネ肉、エリンギ2本、

以上を圧力鍋で15分

翌日、ホールトマトを一缶入れる。

ローレルを二枚。

弱火で1時間煮込む

 

最後に 赤味噌、白味噌をスプーンで同量入れて

味加減を試しながら調整。

 

パンとシチューとリキュール入りサイダーの

ランチは良いな!

   

コメント

再リフォーム?ギリギリ間に合った。

2013-08-28 17:24:14 | 日記

8月28日(水)

午前8時半 リフォーム中の賃貸用4LDKの

レンジフード清掃を依頼していた業者から

「今 部屋の前にいます」と電話が入った。

9時の約束だった。

朝食を中断して向かう。

 

かなり年配のオジサンが玄関前にいた。

早速、レンジフードを外し、9年近く

油まみれになったフードに油落としスプレーをした。

  

清掃するオジサンは、黒い油の塊を

焼きソバを炒め返すようなコテを使って

そぎ落とす。

 

「いゃ~すごい溜め込みですね」と苦笑い。

一度たりとも前の賃借人は清掃しなかったようだ。

 

キッチンに立つと、焦げ油の匂いが漂うが

旦那と子供3人は気にしなかったのだろうか?

 

風呂場の流し口の網を外すと

中から毛の塊、握り拳二つ分が引きずり出てきた。

 

オジサンも吃驚!

これでは、スムーズに水は流れなかったでしょう。

終了は12時45分。

 

13時にはカーテンレール取り付け業者がやって来る。

近くの食堂で昼食する。

 

昼食の最中に取り付け業者から電話が入る。

慌てて、チャーハンセットを胃袋に流しこむ。

 

前回、部屋のアコーデオンカーテン、ロールスクリーンを

取り付けてくれた業者だ。

 

業者が言った。

「リフォームを任せた不動産会社は手抜きが酷い」

「100万位抜きましたね」

私は言った、その不動産会社、電話も出ない

FAXも通じない。シャッターも閉まっている。

 

再リフォーム業者に知れ渡り、評判落とすだろう。

管理人も室内を見た、ここに住む妻の知り合いの奥さん達も

現状を見た。

退去した賃借人は対面別棟に中古を買ったが

リフォームせず住んでいる。

 

不動産会社、前賃借人はその悪評に気付かずにいるが

今後の地域社会で営み、生活するには冷たい視線と

対応が待っている。

 

心が荒んでいるな!

 

8月25日夕方、窓の拭き掃除をしていた。

窓辺から漁港が見え、真向かいの水門側で

若い男女がハゼ釣りしていた。

 

私の息子、娘が小学生の頃、ハゼ釣りした。

徒歩0分でハゼ釣り、生きたまま持ち帰り

天麩羅にした。

懐かしい。

 

明日29日 賃借人家族が引っ越して来る。

ギリギリ間に合った。

  

一番恐れたのは賃貸人である私が

手抜きの雑多なリフォームしたと思われることだ。

気付いたことがあった。

ガラス窓修理した人。

レンジフード清掃した人。

カーテンレール取り付けた人。

皆年齢が70歳を過ぎていた。

若者はこのような仕事をしたがらない。

又、直ぐに辞めてしまう。

老人達は溜息ついた。

不況でこれからは、手直し業が伸びていくと言われるのだが

ITはあくまでも、仮想の世界

食べることも、住むことも出来ない。

コメント

夏の終わり。蝉の鳴き声は読経のようだ。

2013-08-27 16:42:35 | 日記

8月26日(月) 

駅前不動産会社 営業時間に合わせ、遅めに自宅を出た。

漁港の橋を渡らず、何となく避けているあいつのマンション前の

道路を歩いた。

 

あいつが住んでいたマンションを見た。

 

長らく建物が工事用ネットで覆われていた。

昨年7月13日深夜 隣の釣具店から出火

マンションも延焼した。

 

マンションの壁は黒焦げ、ベランダ鉄柵は

高熱でねじれ溶けた。

 

2010年6月25日に大学同期だったあいつは食道癌で逝った。

生涯一人身だった住まいは人手に渡ったが

霊魂が室内とベランダ前の船溜まりにいるような気がする。

 

ネットは外され、壁は白く塗られ

鉄柵も取り替えられていた。

 

午前の日盛りが白壁を照りつけ

あいつとハゼ釣りした船溜まりの林で

蝉が鳴き始めた。

 

私は麦帽子を取り、住まいと海面に手を合わせた。

蝉の鳴き声は読経ように聞こえた。

コメント

こんな道路でデモ行進?

2013-08-26 00:30:10 | 日記

8月24日(土)

午前中 賃貸用マンションのカーテンレールが腐食しているとの

指摘を受けた。

急遽 調べる。

確かに劣化は酷い。

今更、リフォーム会社に苦情を言っても

入居が29日なので間に合わない。

 

お盆にアコーデオンカーテンとロールスクリーンを

取り付けてもらった会社に行く。

28日に取り付けてもらうことにした。

 

午後ホームセンターに不足の戸当たり部品を買いに行く。

住まいのマンション中庭では夏祭りが開かれ

親子が楽しんでいる。

 

走り回る子供達を見て

息子、娘が小学生の頃を想い浮かべる。

いいなあ~

 

道路に出ると、パトカーに先導されたデモ行進が通る。

え!何でこんな道路でするのだろう。

  

若い男女が声高に叫んでいる。

全員がリポビタンDのネーミングTシャツだ。

行進を誘導する係員の名札には、大正製薬と書かれ

大正製薬のバスもある。

   

行進する若者の胸章には、日本薬学生連盟

東南アジア系の男女もいる。

警備する警察官の表情も和やかで

デモ隊と笑いながら会話している。

 

何の目的のデモか分からないが

リポビタンDの宣伝だけは分かった。

新しい宣伝手法なのかな?

 

中国では毎日暴動が起き、年間数万件も起きているらしい。

日本国内は平和なのか、それとも国難を感じ取れない

人々が多数なのか?

コメント