馬鹿も一心!

表題を変えました。
人生要領良く生きられず、騙されても騙されも
懸命に働いています。

山岳写真家 田淵行男さんのこと。

2015-11-30 18:11:20 | 日記

11月29日(日)

22時 BSで山岳写真家 田淵行男さんの

夫人との慎ましい愛のドラマを見た。

お会いしたのは昭和42年7月初旬の北アルプス。

私は大学山岳部一年生。

8月の南アルプス縦走の体力増強鍛錬のため

北アルプスの某山小屋で歩荷(ボッカ)のアルバイトをした。

 

 

早朝5時3千メートル近い山小屋から2時間半で

麓まで駆け下り、食料等を背負子に担ぎ

5時間半かけて山小屋に運ぶ。

ある日、山小屋の親父が鄭重に

「先生、先生」と呼ぶ年配の男性が弟子を連れて登ってきた。

午前1時を過ぎると、弟子とカメラを数台ハイ松の間に立てかけ

月光に浮き出る穂高槍峰々を撮影していた。

その方の名前が田淵行男さんでした。

端正で温厚な人柄でした。

3日間 宿泊していました。

周囲の方々の接し対応で有名な山岳写真家らしいと感じていました。

 

下山後、高名な山岳写真家であること知った。

当時は62歳。

 

本日のTVで山岳写真だけでなく、高山蝶の研究者であったことも知った。

田淵行男記念館

 

NHK連続TV小説 水色の時の主人公でもある。

 

 

今の山好きの方でも殆どの方が知らない

50年前のことだ。

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

東京湾最奥から雪富士遠望。

2015-11-29 17:41:04 | 日記

11月29日(日)今日も快晴

茜浜までウオーキング。

東京湾最奥から雪富士を遠望。

 

スマホで撮るからはっきりしない。

11月21日 高松山で直近で眺めた。

 

 

中学生時代、横浜の外れの高台に住んでいた。

朝 中学校に通うには一旦谷を下り川を渡り

雑木林の坂を上ると

眼前に緑畑が広がり地平線の切れ目に

青黒く山々が連なっていた。

その背後に雪富士が見下ろしている。

当時は、新聞で雪山遭難が報じられ

何て、危ない危険な事するのだろう思った。

その連なりが丹沢山塊であることを後に知るのだ。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妻の骨折 補償は?

2015-11-29 17:00:10 | 日記

11月28日(土)

マンション通路の街路灯の取替え工事。

  

10年経過 住まいもメンテナンス。

私の身体もメンテナンスのため、ウオーキング。

 

11月18日に妻はスポーツジム内で転倒骨折。

 

昨日、三ヶ月休会をした。

会員規約に

ジム内での事故には一切責任は負わないと明記。

ジム内の狭い通路で柔軟体操している人を避けるため

マシンの台に足がかかり転倒したのだが

事故を見ていた方々は、明らかな

マシンの安全管理ミスだと言った。

しかし、クレームで争っても仕方ない。

それだけ、健康のため、中高年がジム通いするが

返って健康を害する。

私と娘も入会していたが、5年前退会。

スポーツジムの経営も会社が変わった。

インストラクターは全員解雇

受付の女子社員だけが閑そうにしている。

マシンも故障中が多い。

経営は苦しいのだろう。

 

妻に掛け捨て安い保険の規約も見たが

65歳以上は通院での治療費は無し。

それだけ、65歳以上の事故率が高いのだから

通院されたら保険会社たまらん。

高齢で高い保険支払いも辛い。

団塊世代以上は行き難い。

 

夕方、息子が尋ねてきた。

優しい息子は、母親の料理の手伝いをした。

私が手伝ったのは、ベランダに布団干しとしまいこみだけ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

92歳のお袋が算数の勉強。

2015-11-28 17:30:51 | 日記

11月27日(金)17時 渋谷スクランブル交差点前。

 

喧騒の交差点をセンター街に渡り

センター通りを抜けて

総理、副総理お住まいの邸宅街のなだらかな坂を上り下りして

 

山手通りを左折して、介護病院に入った。

3階の部屋に入った。

真向かいのベッドのお婆ちゃんの娘さんが

お袋の後ろ立って、お袋がテーブルに書いているのを見詰めていた。

お袋は顔を上げずに一心に紙を見詰めてからエンピツで書いた。

算数の勉強をしている。

娘さんが、「凄いですね、間違っていませんよ、スピードもあります」

足し算引き算は間違いはないが、掛け算、割り算間違う。

4年近く、ベッドで動けない92歳の婆さんの頭脳は衰えていないのだ。

昔の人なので、電卓、パソコン操作は出来ない。

むしろ、中高年は電卓で計算するのが手っ取り早いので

頭を回転させずに指を動かす。

 

お袋も軽度の認知症ではあるが、幼い頃に学習した能力は衰えていないのだ。

那須の寒村の貧しい農家の次女だが、優秀だったらしい。

息子達3人は学業はダメだった。

 

弟が18時にやって来た。

19時 こじゃれたカフェが並ぶ道玄坂を下る。

109はクリスマスの装い。

  

21時半 自宅着。

 

24時 寝ようと思ったが、BSチャンネルを回すと

映画をやっている。

ブラッドビッド主演、

はてしなき想い。

 

を見てしまい午前0時だった。

1995年製作

父と3人の息子との愛憎ストーリー。

ブラッドビッドは、無頼奔放な次男を演じる。

私も男兄弟3人の次男だから

ブラッド演じる次男の生き場と立場が

兄弟三人の中で揺れ動くのが共感する。

夜半に涙目で見ていた。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

季節外れだが、桜スワロスキーボールペン製作。

2015-11-28 16:32:00 | 日記

11月27日(金)

午後から、桜のスワロスキーボールペンを製作。

  

季節外れに感じられるが、春入学の記念品プレゼントイメージがあるが

年間通して注文が入る。

日本を象徴する桜は、あらゆる商品にデフォルメされる。

 

推測だが、個人購入もあるが、法人関係も多い

外国人へのお土産、或いは海外出張でのプレゼントのようだ。

 

真田幸村十文字槍シルバーネックレス

これは外国人が購入された。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加