馬鹿も一心!

表題を変えました。
人生要領良く生きられず、騙されても騙されも
懸命に働いています。

激暑の遊歩道をジョギング。

2018-08-14 16:11:12 | 日記

8月13日(月)

盆入り。

桜上水事務所行は止めた。

朝9時 室内で入念に柔軟体操、筋トレをして

遊歩道に向かう。

照り付ける陽射しが、首筋と腕に差し込んでくる。

IMG 5851

今日はウオーキングではなく、ジョギングしようと

走り出すが、足の動きは速まらない。

前立腺癌リハビリには、速歩が良いと聞いた。

遊歩道には、人も自転車も通らない。

全国の競艇場 舟券が買える建物入口で

真っ黒な爺さん警備員が

耐えがたい表情でいるだけ。

ご苦労様です。 

時折、東京湾最奥の海岸から

海風が吹き抜ける。

ざわざわと遊歩道の木々が揺れ、汗ばんだ体を拭き取る。

 

IMG 5851

ずっと古い出来事だが熱砂の海岸沿いを、重いリュックを背負い

ひたすら歩いた。

日韓国交が結ばれてまもない昭和43年夏

韓国済州島に屹立する韓国最高峰の山に登頂するため

 

ひたすら、樹林がない焼け野原ごとき平原を歩いた。

まだ、観光地化されていない島では、小学校に宿泊した。

 

ディープブルーの海とスカイブルーの空。

小石とそこにへばり付く雑草は緑も絶え絶えに黄色く焼け

ひたすら、地面を見詰めて尚も近づかない山の梺を見上げた。

 

前方に、白い大きな帽子と鮮やかな色彩の衣裳を纏った

女性がこちらに向かってきた。

 

これこそ、チマチョゴリだ。

 

熱暑をものともせず、優雅に歩む姿に看取れた。

 

でも、暑さで朦朧とした脳が蜃気楼を見たのだろうか?

 

本日の遊歩道には、徘徊老人の如き

私がヨタヨタ歩いているだけ。

帰途、ただでは帰れぬと、新鮮市場へより

冷たいフルーツゼリーをイッパイ買って

リュックに詰め込み自宅に戻った。

 

自宅の女房を見てチマチョゴリの女には見えなかった。

50年前の済州島の女は幻想だったかな。

だってね、当時夏山登山を一か月すれば、女性の艶姿を見ること出来なかった。

 

シャワーを浴び体重測定すると、2.5キロ減った。

 

コメント

トランスコア挿入機不具合。

2018-08-11 17:00:57 | 日記

8月10日(金)

日中の暑さに負けじと短パン、ジョギングシューズ

帽子は、汗が吹き上げるので被らず駅まで

3.8キロ歩く。

船橋駅多機能トイレで排尿。

馬喰町駅下車して柳橋事務所で片付け。

冷蔵庫にある2リットル入りウーロン茶をリュックに詰める。

事務所ないトイレで排尿。

都営新宿線経由京王線に乗り

桜上水駅にて再び多機能トイレで排尿。

13時半事務所着。

トランス電圧検査をする。

電圧が基準値を下回る。

原因を探る。

 

営業部長が、トランスコア挿入機を調べる。

コアが、途中で引っかかり回転しない。

トランスコア挿入機不具合!

整列して挿入されていない可能戦もある。

それとも コア(鉄芯)の品質が悪いのか?

制作を中断して、横浜工場にて再度検証することにした。

やれやれ!

トランスコア挿入機不具合2

お盆で発注先も休みなので

その間に究明する。

 

18時 再び柳橋事務所に向かう。

冷蔵庫に残った、缶ビール、ワイン、炭酸飲料等を

リュックに詰める。

冷蔵庫の電源を切る。

これにて、柳橋事務所は再び空き家となる。

早く借り手が見つかれば。

 

19時 混んだ総武快速に乗り

船橋駅の下り、汗だくで

19時40分自宅着。

 

ああああああああ!

しんどい!

トランス製造

(株) タカセ産業

 

 

コメント

山根明馬鹿にしてはいけないが、馬鹿かもしれない?

2018-08-09 21:07:53 | 日記

 

と思ったが?

連日のマスコミ報道により

本当の馬鹿であると確信した。

 

馬鹿である私でも

この爺さんは、馬鹿なんだと納得。

理由を説明することもない。

追放されたら

街場を徘徊する単なるボケ老人にしか見られないだろう。

コメント

おじいちゃんとバーミヤンいって食べるんだ。

2018-08-07 17:18:13 | 日記

8月6日(月)

急遽、東西線葛西駅に向かった。

息子が他の用事で外出出来ず

正午駅前で書類を受け取る。

日本橋で都営浅草線に乗り換え

東銀座駅で下りる。

オフイス街は、ビルからのクーラー廃棄と熱射で

頭がグラグラする。

用事の会社は、1時受付。

15分程待ち時間がある。

時事通信社隣に公園があり

木陰なので待つとことにした。

木陰には、男衆が群れている。

何だろう?

 

喫煙場所なのだ。

銀座オフィスタワーは、全て禁煙なのだろう。

公園の半分程のスペースはロープで仕切られていて

思い思いの格好で昼時の憩をしているのだ。

喫煙場所を設けなければ、見えない影に捨てるだろう。

 

1時丁度に書類を交換して、都営浅草線に乗り

東日本橋駅で都営新宿線に乗り換える。

桜上水駅下車。

甲州街道沿いの信号を渡る。

 

先週 土曜日の同期会で、元警察幹部の同期が

ビックリすることを言った。

「おい!金曜日午後3時ごろ

桜上水の信号を短パンで渡っていただろう」

 

「え~何で知ってる」

丁度、信号が赤になり停車したが、車が2番目だったので声かけられなかった」。

直ぐに信号が変わったので発車した」

「何で桜上水にいるのか分からず不思議だった」

こんな偶然があるのだ。

事務所でトランス検査を少しして16時事務所を出る。

柳橋事務所に向かった。

土曜日の柳橋会の片付けをして

余った酒類をどうするか思案?

ここに置いて置いても冷蔵庫の電気を無駄にするだけ。

息子に連絡して持って行くことにした。

リュックに一升瓶3本と保冷ケースにビールを詰め

再び東西線に乗る。

東西線の夕方ラッシュが凄い。

その前に乗車しないと難儀だ。

17時半 葛西駅からタクシーで息子宅へ。

息子は保育園に孫娘を迎えに行く。

私は、近くには幼児が入れる飲食店は一軒しかない。

そこで待つことにした。

6時前、入店すると生ビールが@250円であると言う。

では、先に息子の分も注文。

 

暫くして、息子と孫がやって来た。

孫は大はしゃぎ。

息子が笑いながら言った。

「保育園で、娘が、おじいちゃんとバーミヤンで食べるんだ」

園児の仲間に大声で喋った。

息子と孫が帰るのを、窓から園児達が

ガラスに顔を貼り付けて見ている。

「早く、お母さんがお迎えに来ないかな」

 

孫娘は、おっ喋りが止まらない。

私がトイレにいくのまで付いて来る。

午後8時 店を出る。

帰りの電車は京葉線葛西臨海公園駅。

長い横断歩道前まで見送り。

信号途中で振り返ると抱っこされた孫が手を振る。

午後9時帰宅。

入浴後、しんどくてぐったり

息子からラインが

「娘は、はしゃぎすぎたのか、38度の熱出して、もう寝た」

10時には寝床へ。

翌朝、娘が 再びヘルパンギーナが罹病。

保育園で流行っているから移されたようだ。

 

やれやれ!

日中の激暑

歩いたな!

コメント

隅田川 川風に吹かれて同期会。

2018-08-05 17:55:51 | 日記

8月4日(土)

語呂合わせで 箸の日です。

 

本日柳橋に集まった昭和42年大学入学同期であり

山岳部同期が昭和48年8月4日に

北アルプス遭難滑落死した命日です。

45年の歳月が過ぎました。

今日 集まった9人は体育会同期です。

生きていれば70歳。

 生きていれば、スカイツリーを眺め、

隅田川と神田川の合流点を行き来する

屋形船を見て語り合あえた。

 

皆で彼を忍ぶ。

 

隅田川両国橋下 テラス

集まった中で3組が、大学同期の女性と結婚。

二人の夫人がやって来た。

嫌な人間関係もなく

学生時代の想い出は尽きない。

社会に出て、娑婆での人間関係に翻弄され

濁流に抗い最下部の橋の下を抜け

緩やかな河口へ辿り着いたのだ。

 

男は、髪薄く、白くなり

それなりの苦労の風格を漂わせる。

女性陣は、実年齢より

ずっと若く輝いている。

 

19時 墨田テラスに降り立ち

川沿いのビルの明かりが隅田川を照らし川面は小さな三角波が

白く輝く。

 

程よく 酔いの体に川風が通り過ぎる。

 

後、何年続けられるだろうか。

 

早くに旅立った同期は3人。

 

私はその3人の命が最後を看取った。

 

年年歳歳花相似たり

歳歳年年 人同じからず。

 

呪文の如く、私に纏わりつく。

しかし 酒 食べ物が残ってしまった。

加齢で食欲も、食い尽くすと言う貪欲さがなくなった。

 

コメント (2)