馬鹿も一心!

表題を変えました。
人生要領良く生きられず、騙されても騙されも
懸命に働いています。

佐渡島の新米コシヒカリを食べる。

2013-09-30 17:02:11 | 日記

9月30日(月) 本日は弊社の第30期決算最終日。

振り返れば光陰矢の如し。

独立するなどの夢があった訳でもなかったが

妻と幼子二人を抱えて失業してしまった。

致し方なく初めた仕事。

妻から「2年やって駄目だったら会社勤めして」の厳命。

実際の創業は個人で1年間なので31年間になる。

 

橋の下、激流、泥流、洪水に翻弄されながらも

緩やかな河口に辿りついたが

不況風に押し戻されて波間を漂っている。

 

土曜日に佐渡島から新米コシヒカリが10キロ届いた。

毎年、10月初めに炊きたての佐渡の米を食べるのを

待ち焦がれている。

 

柳橋事務所でも、油の乗った新秋刀魚、納豆、冷奴

煮干昆布出汁、白菜入り赤味噌汁。

 

贅沢だ!

女房は小さい頃

母親が新潟小千谷出身なので、美味しいご飯を食べていた。

 

昨夜 「オカズ無しで、ご飯だけでも食べられる」と喜んだ。

 

銀座の鮨屋で高値銀シャリ食べたとて

稲作農家は新米コシヒカリは出さない。

鮨屋に値切られて販売するより、一般消費者に

高くても買ってくれる。

消費者は高級料理店で食べる御飯より旨い飯食べる。

 

まあ! お金持ちはそんなチマチマしたけち臭いことはしないが?

 

コメント

半沢直樹 倍返しの店。

2013-09-29 17:38:29 | 日記

9月27日(金) 17時 銀行ATMで小額引き出す。

その道沿いに居酒屋の宣伝看板が出ている。

半沢直樹特別メニュー

半沢セット

 

この飲み屋は倍返しでの居酒屋ロケで使われた店。

以前からテレビでも紹介される有名な店。

私は入った事は無い。

 

素通りして神田川沿いにある日本酒飲み放題の居酒屋に向かった。

八海山、久保田をゆっくり味わいたい。

 

半沢直樹 倍返しのドラマは見ていない。

見なくてもマスコミ情報で内容は知った。

サラリーマン社会を映し出し大人気。

 

社内争いのやり切れなさをみんな実感しているのだな!

誰もが、こうありたいとの願望。

原作者も言うように本気で反乱を起こさないのが良い。

 

26歳で上司の不正を糾す戦いに挑んだが

4年間、屈辱と我慢を強いられた。

助け、協力してくれる社員は100%いない。

触らぬ神に祟り無しがごとく傍に寄り付かない。

内部での自浄作用などありえない。

役員間の権力闘争に利用される。

私の場合も退社する後輩が事実関係を社長に直訴。

その後、不正を利用して役員同士で潰しあいに利用。

 

喧嘩両成敗で終わった。

上司はグループ会社出向

私は銀座で最初、商品知識もない販売員に移動。

最終的には会社を放り出された。

その後、辛酸な人生が待っていた。

 

渦中に巻き込まれないようにすること。

能力はないと自覚して出世は諦めること。

嫌な上司に当たったら、素早く人事異動工作すること。

全て知らんふりすること。

粋がらないこと。

おべんちゃらは言わない。

 

どうしても切り抜けられない状況になったら

退社覚悟で葉隠れ精神で相討ち捨て身で立ち向かうこと。

http://blog.goo.ne.jp/kikuchimasaji/e/d7e8bd3fdb1b5ac46173ecb55ebfcc52

 

私のブログで検索すると、愚かなことした顛末が書かれている。

自戒を込めて後戻り出来ない人生を振り返る。

 

検索

西瓜的老板 権力を持った無知

西瓜的老板 異端者

西瓜的老板 監禁の体験

 

倍返しした相手のその後

課長はは夜逃げ

部長はまもなく死去

その他関係した者、懲戒免職

 

でも逃げ切った者は多数。

 

現在 大企業幹部の不祥事が多く報道されるが

当然のこと。

自らが安全圏にいて、泥を被らないで上に上がった。

 

辛い立場のご同輩 我慢して定年迎えましょう。

 

嫌な奴には、相手が亡くなったら

墓に小便かけてやることにしましょう。

 

 

コメント

前立腺検査。嫉妬。

2013-09-28 17:45:19 | 日記

9月26日(木) 昨夜は八海山、久保田、その他の地酒を飲みすぎた。

0時前には寝てしまった。

8時に管理事務所へ猫がベランダ伝いに6軒の仕切りを乗り越え

網戸を開けて侵入を報告。

管理事務所は困惑だ。

話に時間が割かれ、病院到着は9時半。

受付に予約票を提出。

受付で「我慢の少し前に連絡ください」の紙を貰う。

 

待合室に座り、起床から排尿は我慢していた。

しかし、お腹は膨らんでいて限界だった。

致し方ない、トイレに駆け込んだ。

大便を排出と同時に尿も出てしまった。

トイレ個室で「やり直しか」と溜息。

前立腺検査で、本日は小便の勢いを調べるのだ。

院内売店でペットのお茶2本を買った。

老人達で泌尿器化の待合室長椅子は席が埋まっている。

隣の眼科待合室でお茶を飲み、先日ブックオフで買った

 

「憎しみの孤島から」下巻を読み出す。

プロットが実に意外な組み立てで、ストーリが二つ

同時進行して読み手は引き込まれる。

主題の通底は「嫉妬」の限りない人間関係の憎悪だ。

 

大学で作家を目指す親友同士がルームメイトになる。

卒業後もキーウエストのボロアパートで一緒に

文学の道を目指す。

しかし、二人の若者には豊かな才能が芽生え

教授の信頼も篤い一人。

相棒は才能がない限界に気付き

教授からも見離される。

 

相手に嫉妬する若者は憎悪の果てに

親友を殺人者に仕立て、車椅子生活という

地獄に突き落とす。

それから、14年の歳月が過ぎて行く。

 

夢中で読んでいたら時刻は10時半だ。

尿意感も忘れていた。

受付に「我慢の少し前に連絡ください」の紙を出した。

 

昔ホテルフロアにあったような金属性灰皿型の小便器が

カーテンを開けるとあった。

カーテンの裏から看護士さんが

「はい!どうぞ」

我ながら往年の勢いはない」と溜息。

 

その後、ベッド横たわり下腹部に冷たい軟膏を塗られる。

医師の診察、診断が始まる。

パソコン、ディスプレイを見詰める医師の一言

「前立腺肥大か前立腺癌かの見分けがつかない」

三ヶ月に一度の検査で数値は高値安定だ?

 

辛いようだったら手術しましょうか?

まだ60代から大丈夫。

70代80代で発症する老人は多いと医師は言った。

 

小便する時だけにしか使う必要性がなくなってしまった部分?

深夜 2~3回起きるのはしんどいが

手術しないでいきますと医師に告げた。

 

会計清算のため、待合室で小説を読み出す。

 

友情の裏腹、善意の裏腹には

全て嫉妬の芽生えがあるのだ。

 

私も記憶を辿る。

大学山岳部一年の時、二年生の一人から

体罰、シゴキでもない異常な虐めを受けた。

私が浪人したので年齢は同じだった。

 

重いリュックで登山中、バテもせず、遅れもしないのに

丸タンボウで倒させ、泣かせ失神させようと執拗に

餅を捏ねるがごとく打ち下ろした。

それでも弱音をはかなかった。

ライバル心と歪んだ嫉妬の果ての行為だった。

http://blog.goo.ne.jp/kikuchimasaji/e/d09fb12fdc1fd704256e7d8298085d83

 

26歳の時、上司の不正を追及した。

きっかけは上司の嫉妬から始まった。

33歳の上司は、妻に逃げられていた。

隣の席には24歳の秋田美人がいた。

二人は不倫関係だった。

事実を知らぬ私はチョットしたことで

罵倒され憎悪の目を向けられた。

若くハンサムな青年?が侵入してきたことに耐えられなかったのだ。

 

あげくに私は軽食喫茶で皿洗いをすることになった。

 

30代半ば 労組書記長だった。

華々しい活躍をする?私に執行部役員は

嫉妬と憎悪で激しい論理の通じない屁理屈で

攻撃した。

その男は私が書記長をしていた時

書記をしていた聡明な女性と結婚したが

程なく、新妻は嫉妬深い根暗な亭主に疲れ出て行った。

 

会社側が私に貼ったレッテル。

思想的問題あり、破壊者の烙印よりも

嫉妬に疲れ果てた。

退社原因の一つだった。

http://blog.goo.ne.jp/kikuchimasaji/e/5466916ea7c7419a7c8159f51d6d1bc6

 

その後、独立して応援して頂ける方々にも恵まれたが

順調に会社経営軌道に乗り出すと、傍観していた

知り合いが仕事の妨害をし始めた。

「あいつは以前いた会社で悪いことして辞めさせられた」

嫉妬だ!

 

2年前、「お前に苦言を呈す、バカヤロウ」とメールしてきた

http://blog.goo.ne.jp/kikuchimasaji/e/3c310294fc6bf5b29c483ec451807cdf

 

知り合いも嫉妬からだ。

周囲が信頼してくれない口惜しさで

私へ憎悪の言葉を発した。

 

助けた九段スズキ本店長野利男、美保子夫婦も

息子に向かって「お前の親父が死んだら、後は知らね~」

言い放った。

http://blog.goo.ne.jp/kikuchimasaji/e/6a5ed057814c3a72e2047ba89ba09bf0

 

全て心の奥底に潜む歪んだ嫉妬の発露なのだ。

 

誰もが嫉妬、妬み、羨望は持っているが

グッと押さえて自制するのだが。

共通するのは世間知らず偏狭で狭量で

大人になっても無知のままだ。

 

夢中で「憎しみの孤島から」を読んでいたら

会計窓口で名前を呼んでいるのを気付かなかった。

 

柳橋事務所には午後1時到着。

ランチはマグロ丼だ。

 

名言

人から嫉妬されてこそ、本物である。

金庸

 

コメント

ガラスペン、羽ペン 長い空路?

2013-09-26 17:47:06 | 日記

9月25日(水) 13時51分

イタリアから商品が届いた。

 

イタリア、ダライッティーの羽ペン、ガラスペン、万年筆

ボールペン類だ。

 

ガラスペンはニュータイプ。

これまでのガラスペンはペン立てが無かったが

木製ペン立てがセットになった。

   

ボールペン 万年筆は早速、関西メンズショップに送り出す。

秋商戦の始まりだ。

 

イタリアに発注したのは9月初旬。

 

インボイスを見ると

19日イタリア中央トスカーナからローマの飛行場に運ばれ

ドイツで他の荷物集荷

香港で荷下ろしと集荷

24日 成田に到着

24日午前10時に弊社に荷物内容の調査連絡が入る。 

21時32分 通関許可

 

25日 13時51分 柳橋事務所到着。

 

長い旅路でした。

 

現在 ユーロー安なんだが販売価格は上げられない。

阿部さん!消費税上げると、益々売れなくて

税収上がらないよ?

その時 どうしてくれる?

 アマゾンショップ

弊社WEB

 

 

 

 

運送状: 2306814101 受領確認: MR KIKUCHI

Wednesday, September 25, 2013 at 13:51

発送都市/:  ROME - TUSCANIA - ITALY
受取都市/:  TOKYO - TOKYO - JAPAN

 

 

Wednesday, September 25, 2013

取り扱いセンター

時間

 

25

配達完了: MR KIKUCHI

TOKYO

13:51

 

24

配送中

TOKYO - JAPAN

12:16

 

23

DHL施設へ到着 TOKYO - JAPAN

TOKYO - JAPAN

07:55

 

22

DHL施設から出発 TOKYO - JAPAN

TOKYO - JAPAN

02:09

 

21

DHL施設にて搬送処理中 TOKYO - JAPAN

TOKYO - JAPAN

01:26

 

 

Tuesday, September 24, 2013

取り扱いセンター

時間

 

20

通関許可 TOKYO - JAPAN

TOKYO - JAPAN

21:32

 

19

-

TOKYO - JAPAN

16:02

 

 

Monday, September 23, 2013

取り扱いセンター

時間

 

18

通関手続き中

TOKYO - JAPAN

19:32

 

 

Sunday, September 22, 2013

取り扱いセンター

時間

 

17

通関手続き中

TOKYO - JAPAN

20:59

 

 

Saturday, September 21, 2013

取り扱いセンター

時間

 

16

通関手続き中

TOKYO - JAPAN

23:07

 

15

通関手続き中

TOKYO - JAPAN

10:49

 

14

通関手続きの準備中 TOKYO - JAPAN

TOKYO - JAPAN

10:49

 

13

DHL施設へ到着 TOKYO - JAPAN

TOKYO - JAPAN

10:46

 

12

転送中 TOKYO - JAPAN

TOKYO - JAPAN

09:28

 

11

-

TOKYO - JAPAN

04:42

 

10

DHL施設から出発 HONG KONG - HONG KONG

HONG KONG - HONG KONG

02:57

 

9

DHL施設にて搬送処理中 HONG KONG - HONG KONG

HONG KONG - HONG KONG

02:57

 

8

通関許可 HONG KONG - HONG KONG

HONG KONG - HONG KONG

00:01

 

 

Friday, September 20, 2013

取り扱いセンター

時間

 

7

DHL施設へ到着 HONG KONG - HONG KONG

HONG KONG - HONG KONG

23:38

 

6

-

HONG KONG - HONG KONG

19:21

 

5

DHL施設から出発 LEIPZIG - GERMANY

LEIPZIG - GERMANY

06:30

 

4

DHL施設にて搬送処理中 LEIPZIG - GERMANY

LEIPZIG - GERMANY

03:44

 

 

Thursday, September 19, 2013

取り扱いセンター

時間

 

3

DHL施設から出発 ROME - ITALY

ROME - ITALY

22:20

 

2

DHL施設にて搬送処理中 ROME - ITALY

ROME - ITALY

20:18

 

1

荷物集荷

ROME - ITALY

17:30

 

 

コメント

猫が好きな部屋?

2013-09-26 17:07:46 | 日記

9月26日(木)

24日ランチ 私が作った酸ラータンメン。

味付けはかなり上達した。 活けるぞ。

 

25日 漁港の魚屋で油の乗った新鯖を買った。

秋 最初の鯖だ。これも良かった。

前日 酸ラータンメンを作った残りの豚肉でトン汁も。

   

26日 マグロ丼、炊きたてのご飯にマグロ乗せて

旨いな~!

 

ところで、魚好きの夫婦だからだろうか?

魚の匂いに釣られて

25日深夜 猫が侵入、網戸が開き、フローリンに猫の足跡、

又ベランダ隣の仕切り板にも飛びつきの跡がくっきり。

  

7月にも猫が侵入 

飼い主へマンションペットクラブ会長が注意喚起した。

 

飼い主は恐縮して今後、ベランダ側から出さないようにすることで

落着した。

 

約2ヶ月後、昨夜は台風で大雨。

濡れた猫足で徘徊したので室内はベタベタ。

 

25日管理事務所に事実を報告。

その夜、飼い主親子が妻に謝りに来た。

「今後ベランダに出させません」と言った。

 

26日朝 網戸が開いていて、又猫が侵入した。

朝8時 管理事務所へ連絡する。

警備責任者は既に状況を把握していた。

 

警備責任者に抗議した。

前回の侵入時には、何処の部屋の名前宅に侵入したかは

同じ階の住人なので互いに気まずい思いをするので

ペットクラブ会長は飼い主に教えなかった。

今回 当日警備担当が部屋と名前を教えた。

 

さて困った。

私の息子夫婦も猫を飼っているが

躾をして玄関 窓は必ず出られないようにする。

以前住んでいた集合住宅にも、猫を飼っている奥さんが

いたがキチンと躾したので、近隣に迷惑はなかった。

 

飼い主は恐らく6月頃に猫を飼ったのだろうが

深夜 玄関扉を猫が出入りできるように少し開けていた。

深夜 廊下に猫が徘徊しているので驚いた。

 

警備員も見回りで深夜、猫探しをしている親子を見たという。

 

集合住宅生活のマナーが理解できない

だから今後も侵入はあるだろう。

早めに 対処しないと500世帯のマンションでの

ペット同居の可否まで発展する。

 

同階では他の人のベランダには侵入するが

部屋までは入らないらしい。

 

我が家は魚の匂いが滲み付いていて

猫は魚を探し回るのだろうか?

コメント