HAYASHI-NO-KO

唐松岳からの五竜岳

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)

2021-01-29 | 【独り言】

酷い名前が付けられている…そうだ。
明治の学者が付けた名前だからと、後生大事にすることもない…そうだ。
口に出すのも憚られるから、名前を変えて欲しいのだそうだ。
誰がそんな話をし始めたのだろう。
かわいい花なのに、春を彩ってくれる花なのに…と、またまたうるさい声が聞こえ始める。
日だまりで一つ二つと咲き始めると俄然煩くなる。
好き嫌いを平気で口にする人たちなのだろうけれど
酷い名前を口にしたくなければ黙って見ているだけにすれば済む。
名前を文字にしたくなければ書かなければ済む。












(2021.01.02 大道町)














(2021.01.14 小久保)












オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)
 オオバコ科クワガタソウ属 Veronica persica
(2021.01.26 太寺)

 
▲ 花・めしべ  果実・種子 ▲
-----------------------------------------------------------
オオイヌノフグリ2020 20200208 20200201 20200129 20200118 20200114 20200229 20200304    
 フラサバソウ イヌノフグリ コゴメイヌノフグリ タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢) ムシクサ(虫草)


コメント   この記事についてブログを書く
« サザンカ カンツバキ(寒椿... | トップ | カンサイタンポポ(関西蒲公英) »

コメントを投稿

【独り言】」カテゴリの最新記事