HAYASHI-NO-KO

皆生海岸からの大山

ヤグルマギク(矢車菊)

2020-06-24 | 春 青色系
2020.06.22 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

オオニワゼキショウ(大庭石菖)

2020-06-10 | 春 青色系
2020.06.05 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

スカエヴォラ・アエムラ ブルーファンフラワー

2020-06-03 | 春 青色系
冬の花を撮ったけれど、寒さに縮んでいた。春に同じ場所で撮った。 (2020.05.29 須磨離宮公園)☆名前にはブルーと付くけれど、赤色もある。さりとて、学名で呼ぶ事はないだろう。 ブルーファンフラワー(Blue fan flower) クサトベラ科クサトベラ属 Scaevola aemula (2020.01.06 須磨離宮公園)別名にスエヒロソウ(末広草)、fairy f . . . 本文を読む
コメント

ツユクサ(露草)

2020-06-01 | 春 青色系
トラディスカンチア類に続いて、もう一つのツユクサ、コメリナ類が咲き始めた。中でもこのツユクサがたぶん一番長く咲くのだろう。ツユクサ(露草) ツユクサ科ツユクサ属 Commelina communis(2020.05.27  明石公園)☆ ▲ 二段に咲いていた花の果実・種子 ▲露草の種子☆▲ トラディスカンチア属の花 どちらもツユクサ科--------------------------- . . . 本文を読む
コメント

オオニワゼキショウ(大庭石菖)交雑種 

2020-05-25 | 春 青色系
まだまだ咲き続けている。果実が出来ないから去年の株がそのまま残って新しい花を咲かせている。撮り続けていると際限がない。▲ 画面中ほどの小さな花がオオニワゼキショウ、左右の花は交雑種。▲ 交雑種には果実が出来ないので、花後には特徴的な真ん丸は見えない。▼▲ 果実が出来ないから、果柄だけを残している。▼▲ 果実を付けている普通?のオオニワゼキショウがすぐ近くに広がっている。▼オオニワゼキショウ(大庭石 . . . 本文を読む
コメント

ノハラムラサキ(野原紫)

2020-05-22 | 春 青色系
2020.05.17 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

オオニワゼキショウ(大庭石菖)交雑種 

2020-05-17 | 春 青色系
大きな塊になっている二群。唐突と目の前に現れたから少し興奮?した。確かに交雑の可能性が充分あるような咲き方だ。普通には点々と咲いているのがニワゼキショウだけれど果実が出来ないからだろうか、去年の株がそのまま大きくなって花を咲かせている。▲ 赤系 ▲☆▼ 青系 ▼▲ 赤系と青系 ▼☆▲ オオニワゼキショウオオニワゼキショウ(大庭石菖) アヤメ科ニワゼキショウ属 Sisyrinchium sp.(20 . . . 本文を読む
コメント

オオニワゼキショウ(大庭石菖)交雑種 

2020-05-16 | 春 青色系
ここには二群の交雑種。種子繁殖出来ないけれど、去年も咲いたのだろう、大きな株になっている。一つは赤系、初見。見慣れたとは言えないけれど、オオニワゼキショウに似た青っぽい交雑種も大株だ。▲ 交雑種群に混じっているオオニワゼキショウ。▼▲ 二群の交雑種の境目辺り。いずれも果実は出来ていない。▲▲ 果実は不稔。▼▲ 左上に、もう一群、赤味のある交雑種が群れている。☆▲ 典型的なオオニワゼキショウ、大きな . . . 本文を読む
コメント

オオニワゼキショウ(大庭石菖)

2020-05-11 | 春 青色系
2020.05.04 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ダッチアイリス(球根アイリス・イリス)

2020-05-06 | 春 青色系
ダッチアイリスのダッチはオランダ、アイリス(イリス)はアヤメ。もう一つの洋物アヤメ、ジャーマンアイリスがある。国産アヤメの仲間は似た形をしているけれど派手さでは洋物には叶わないけれどこのダッチアイリスには勝てるかも知れない。▲ めしべの下に隠れているおしべは去年撮った。▼ダッチアイリス(球根アイリス・イリス) アヤメ科アヤメ(アイリス・イリス)属 Iris hollandica(2020.05.0 . . . 本文を読む
コメント