HAYASHI-NO-KO

皆生海岸からの大山

クレマチス・インテグリフォリア 篭口(ロウグチ)

2020-09-01 | 夏 紫色系
花色はもっと濃かったと思うから花期の終わり。クレマチス・インテグリフォリア 篭口(ロウグチ)キンポウゲ科センニンソウ属 Clematis integrifolia ’Rouguchi’インテグリフォリア系(新枝咲き・強剪定タイプ)の交配されたクレマチスC.integrifolia × C.reticulataを日本人が交配し作り出した。(2020.08.30 林 . . . 本文を読む
コメント

カリガネソウ(雁草)

2020-08-30 | 夏 紫色系
花姿も名前も良いのだろうけれど、匂いで嫌われる事の多い花。近寄って花を見ない方が良いかも知れない。カリガネソウ(雁草) シソ(←クマツヅラ)科カリガネソウ属  Caryopteris divaricateカリガネソウ属(Caryopteris)はクマツヅラ科に分類されていたが、APG体系ではシソ科へ編入されている。ムラサキシキブ属(Callicarpa)、ハマゴウ属( . . . 本文を読む
コメント

ルエリア・ツベローサ

2020-08-29 | 夏 紫色系
葉の幅が広い。花壇風の場所に植栽されている。ルエリア・ツベローサ キツネノマゴ科ルエリア属 Ruellia tuberosaヤナギバルイラソウ(Ruellia tweediana、= Ruellia brittoniana)は名前どおり、葉が細い。(2020.08.26 貴崎町)☆▲ ヤナギバルイラソウ------------------------------------------------ . . . 本文を読む
コメント

ヤナギバルイラソウ(柳葉るいら草 ムラサキイセハナビ) 

2020-08-28 | 夏 紫色系
蕾が多かったけれど、花は次々と咲き続け果実が幾つも出来、既に周囲に弾き飛ばされている。晴れ間が続いているから果実の乾燥も早いのだろう。撮っている間にもパチンと音が聞こえる程に、かなりの勢いで種子は弾き飛ばされる。(2020.08.14  林崎町)☆▲ 種子は薄い皮膜に覆われている。▼ヤナギバルイラソウ(柳葉るいら草 ムラサキイセハナビ)  キツネノマゴ科リュエリア(ルエリア ルイラソウ) . . . 本文を読む
コメント

ハマゴウ(浜栲)

2020-08-25 | 夏 紫色系
雨続きだった先月、今月になってひとつき近く雨の気配は殆どなし。草木は息絶え絶えだろうなぁ~と心配している人間の方も心配。さほど良い環境では無いけれどここでは放置されたニワウルシやハマゴウが気儘に緑を広げている。ハマゴウ(浜栲) シソ(←クマツヅラ)科ハマゴウ属 Vitex rotundifoliaAPG分類体系ではハマゴウ属はクマツヅラ科からシソ科に移動している。(2020.08.24  . . . 本文を読む
コメント

ペパーミント(Peppermint)→ ペニーロイヤルミント

2020-08-25 | 夏 紫色系
太寺の高家寺の南に、家庭菜園がある。高校時代、この前の道が通学路だった昔は周囲は殆どが田畑だった。ふっと浮かぶ顔が幾つもある場所だ。何十年経って家が立ち並んだけれどそのまま残されていた畑が幾つかある。たぶんその一つがこの場所だろう。そこにこの草が生き残っている。50年以上も昔、大騒ぎしていた同窓たちの顔が浮かんで消えた。ペニーロイヤルミント Mentha pulegium 和名はメグサハッカペパー . . . 本文を読む
コメント

ムラサキサルスベリ(紫百日紅)

2020-08-22 | 夏 紫色系
鳥が運んできたと思しきムラサキサルスベリ。(2020.08.04  林)☆▲ 花期の終盤にはやはり紫が抜ける。▼(2020.08.11  林)☆(2020.08.14  林)☆これは明石西公園のムラサキサルスベリの花後。ムラサキサルスベリ(紫百日紅)  ミソハギ科サルスベリ属 Lagerstroemia × amabilisサルスベリとシマサルス . . . 本文を読む
コメント

アレチハナガサ(荒地花笠)

2020-08-22 | 夏 紫色系
やはりここまで来ないと見つからなくなってきた。ダキバアレチハナガサの方が目立つ。見た目でも、花数は少なくて貧相なのがアレチハナガサ。アレチハナガサ(荒地花笠) クマツヅラ科クマツヅラ属 Verbena brasiliensis(2020.08.18 伊川)☆ ▲ ダキバアレチハナガサの対生する葉は茎を抱き込むように付く。右はアレチハナガサの葉。▲--------------------- . . . 本文を読む
コメント

ホテイアオイ(布袋葵)

2020-08-20 | 夏 紫色系
学校の池にブルーギルとミシシッピアカミミガメ、ホテイアオイ。何を教えようというのだろうか。そんな学校が幾つもあったそうだし、メダカが大事だ…と広まったとたん輸入されたものが池で繁殖し始めた。生徒が勝手に持ち込んだものだ…と言う事だった。自然観察だとか、動物愛護だ、生態系の保護だ…とかの前に、何が良くて何が悪いの話があり何故そうなのかが理解されないと、この種 . . . 本文を読む
コメント

ヒナギキョウ(雛桔梗)

2020-08-19 | 夏 紫色系
草刈りの後にもまだまだ咲き続けている。刈り取られる事の無かった草丈の低い根生葉から細い茎を立ち上げて咲き続ける。シロツメクサもチチコグサも絶えてしまった場所でヒナギキョウだけが咲いている。ヒナギキョウ(雛桔梗) キキョウ科ヒナギキョウ属 Wahlenbergia marginata (2020.08.17  明石西公園)----------------------------- . . . 本文を読む
コメント