HAYASHI-NO-KO

三ツ頭 権現岳 阿弥陀岳 赤岳 横岳 手前に牛首岳

ナツズイセン(夏水仙)

2018-09-09 | 夏 赤・桃色系
2017.08.17 新規 . . . 本文を読む
コメント

ヒルガオ(昼顔)

2018-08-30 | 夏 赤・桃色系
田んぼが次々失われてしまった立石界隈。電車の高架化で一層拍車がかかったようだ。一部は駐車場に化したけれど奇妙な空き地が幾つも残った。空き地は一面のヒルガオに覆われてしまっている。ヒルガオ(昼顔) ヒルガオ科ヒルガオ属 Calystegia japonica(=Calystegia pubescens)(2018.08.29 立石)☆▲ 白いヒルガオ 薄く桃色が見える程度に白い。---------- . . . 本文を読む
コメント

ハナトラノオ(花虎の尾)

2018-08-28 | 夏 赤・桃色系
種子で増えるのではなく宿根。地植えではどんどん増えるし、半ば雑草化している。ハナトラノオ(花虎の尾) シソ科ハナトラノオ属 Physostegia virginiana(2018.08.28 新明町)--------------------------------------------------------------今年のハナトラノオ . . . 本文を読む
コメント

サルスベリ(ヒャクジツコウ・百日紅)

2018-08-28 | 夏 赤・桃色系
2018.08.28  画像追加 . . . 本文を読む
コメント

サルスベリ(ヒャクジツコウ・百日紅)

2018-08-18 | 夏 赤・桃色系
たぶんここで撮るサルスベリの花色が一番薄い桃色。サルスベリ(ヒャクジツコウ・百日紅)ミソハギ科サルスベリ属 Lagerstroemia indica(2018.08.17  玉津町)☆▲ シマサルスベリ まだもう少し薄い桃色、と言うよりは薄紫色。-------------------------------------------------------------- サルスベリ濃桃 サ . . . 本文を読む
コメント

ハナトラノオ(花虎の尾)

2018-08-13 | 夏 赤・桃色系
赤紫系の花色は撮る場所でも撮る時間帯でも微妙に違う。それを気にし始めるとどうもいけない。スミレなども同じだ。いろいろと設定を変えて撮る術が伝授されているけれど面倒な話だと聞き流している。特にこの花色は嫌いだ。ハナトラノオ(花虎の尾) シソ科ハナトラノオ属 Physostegia virginiana(2018.08.12 新明町)---------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

メキシコハナヤナギ

2018-08-10 | 夏 赤・桃色系
何度も撮ったようだけれど残っていない。七年前、たぶんここで撮ったと思われる画像がある。メキシコハナヤナギ(メキシコ花柳) ミソハギ科クフェア属 Cuphea hyssopifolia(2018.08.07 須磨離宮公園)☆▲ 白花もあった。--------------------------------------------------------------メキシコハナヤナギ . . . 本文を読む
コメント

ミソハギ(禊萩)

2018-07-31 | 夏 赤・桃色系
今年は雑然としすぎているから、花も雑然としている。▲ 以上は短花柱花。☆以下は、中花柱花。▼ミソハギ(禊萩) ミソハギ科ミソハギ属 Lythrum anceps(2018.07.31 須磨離宮公園)☆▲ 新池の長花柱花☆須磨離宮公園・見どころ散歩で使った画像--------------------------------------------------------------今年のミソハギ . . . 本文を読む
コメント

フヨウ(芙蓉)

2018-07-31 | 夏 赤・桃色系
時折、街路の植栽枡にフヨウ。もともと植えられていた街路樹は枯れてしまったのだろうか。その替わりの様な植えられ方だけれどしっかりと花を咲かせている。フヨウ(芙蓉) アオイ科フヨウ属 Hibiscus mutabillis(2018.07.31 南王子町)☆▲ ムクゲの葉痕--------------------------------------------------------------フヨウ . . . 本文を読む
コメント

サルスベリ(ヒャクジツコウ・百日紅)

2018-07-27 | 夏 赤・桃色系
2018.07.27 参考資料・画像追加 . . . 本文を読む
コメント