HAYASHI-NO-KO

皆生海岸からの大山

ポンポンアザミ

2020-10-04 | 夏 赤・桃色系
園芸上ではポンポンアザミ、カオリアザミ、桃色花火、プレイリー何とか。日本人のいい加減さを感じるネーミングの一つだ。英名Pompom Weedの直訳でポンポンアザミとされているけれど、アザミとは無関係。ここは松江の古い畑。幾つもの露地が入り組む古い村落。そこにこの花が咲いている。植えられてもの…としか思えない姿で咲いている。(2020.08.14 松江)☆ポンポンアザミ キク科カンプロ . . . 本文を読む
コメント

ミゾソバ(溝蕎麦)-1

2020-09-25 | 夏 赤・桃色系
もう咲き始めている。夏の間次々と咲き続ける。去年は同じ場所のサデクサを探した折にもまだ咲いていた。(2020.07.02  伊川)☆伊川で今年初撮りしたのは二ヶ月前。公園のミゾソバは葉だけがどんどんと広がっている。花はまだチラホラ咲き。ミゾソバ(溝蕎麦) タデ科イヌタデ属 Persicaria thunbergii(=Persicaria thunbergii var. stolonif . . . 本文を読む
コメント

ウスベニツメクサ(薄紅爪草) 

2020-09-21 | 夏 赤・桃色系
この公園にも草刈りが入って、5月21日現在花は消えた。ところがひとつき経ってやはり予想通りの展開。草丈の低いヒナギキョウやウスベニツメクサはすっかり元通りに復活。▲ ヒナギキョウも同じように砂礫地でも根付いている。ウスベニツメクサは、このような乾燥した場所に広がっている事が多い。▼▲ まだ暫くは咲き続けるようだ。▼(2020.06.24 大道町)☆草刈りなど一度もされることのない海辺の空き地。咲き . . . 本文を読む
コメント

ヒメマツバボタン(姫松葉牡丹)

2020-09-17 | 夏 赤・桃色系
2020.09.10 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

アメリカフヨウ(亜米利加芙蓉)→ タイタンビカス

2020-09-17 | 夏 赤・桃色系
2020.09.15 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ワレモコウ(吾亦紅 吾木香)

2020-09-08 | 夏 赤・桃色系
ワレモコウの花穂が色付いて花が咲き始めている。花は上から順に咲いて行くから、下には蕾が控えている。 一つの花は4枚の萼片、中央に目立つ稜があり開き初めは白、やがて赤紫。おしべの葯は黒、開くと黄橙の花粉が飛び散り白っぽくなり終わる。中央にめしべ、柱頭は赤紫。咲き終わるとみんな赤紫、見慣れたワレモコウは赤紫。(2020.08.10 大道町)☆(2020.08.11 大道町)☆ワレモコウ(吾亦紅 吾木香 . . . 本文を読む
コメント

カンナ

2020-09-04 | 夏 赤・桃色系
2020.09.04 原種系カンナ画像追加 . . . 本文を読む
コメント

アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)

2020-09-02 | 夏 赤・桃色系
花の咲き始めはまだまだおとなしいし花の一つ一つは憎めない顔をしている。撮るなら今の内。アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)マメ科ヌスビトハギ属 Desmodium paniculatum(2020.09.01 上の丸)☆▲ そろそろ伸び始めた。▲ ▲ 果実の頃、最初は緑やがて枯れ色 ▲----------------------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

ハナトラノオ(花虎の尾)

2020-09-01 | 夏 赤・桃色系
2020.08.30 画像追加 . . . 本文を読む
コメント (2)

アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)

2020-08-30 | 夏 赤・桃色系
慌てることもあるまい。季節の雑草は少しくらいの前後は普通だし花期は長い。早く咲いたからとて、喜ぶこともあるまい。勝手にこれから咲き続けて、秋になるとまた嫌がられる。で、いつも思うのだけれど、嫌なら近寄らなければ済む。アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)マメ科ヌスビトハギ属 Desmodium paniculatum(2020.08.27 北王子町)☆ ▲ 少し前 枯れ色の頃 ▲------------ . . . 本文を読む
コメント