HAYASHI-NO-KO

北岳からの甲斐駒ヶ岳

ノリウツギ(糊空木)

2018-11-07 | 夏 白色系
2018.11.01 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ゲンペイコギク(源平小菊 ペラペラヨメナ)

2018-10-02 | 夏 白色系
2018.10.01 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

イヌホオズキ(犬酸漿)

2018-09-22 | 夏 白色系
2018.09.20 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

クルマバザクロソウ(車葉石榴草)

2018-09-15 | 夏 白色系
2018.09.14  画像追加 . . . 本文を読む
コメント (2)

センニンソウ(仙人草)

2018-09-15 | 夏 白色系
ヤマノイモとノブドウの蔓に絡まれていたセンニンソウ。広がるにつれてその二つを押しのけ始めたけれど蔓性植物はやはり撮りにくい。センニンソウ(仙人草) キンポウゲ科センニンソウ属 Clematis terniflora(2018.08.29 和坂)☆▲ 果実 この状態になって「仙人」の意味が知れる。---------------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

シロバナサクラタデ(白花桜蓼)

2018-09-13 | 夏 白色系
2018.09.12 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

タマスダレ(玉簾、珠簾)

2018-09-12 | 夏 白色系
2018.09.11 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ヒメギンバイカ(姫銀梅花 ドワーフ・マートル)

2018-09-07 | 夏 白色系
これは枝葉の細かい矮性種のギンバイカ。だからヒメギンバイカと呼びたいのだけれど少し気取った人たちはドワーフ・マートルと呼ぶ。▲ おしべの本数が多いから、花の終盤には乱れて美しくはなくなる。おしべがすっかり落ちきると、めしべが目立ってくるけれど、ギンバイカらしさは失せる。▼ヒメギンバイカ(ドワーフ・マートル) フトモモ科ギンバイカ属 Myrtus communis ssp. tarenti . . . 本文を読む
コメント

ミズタマソウ(水玉草)

2018-09-02 | 夏 白色系
月曜日に一週間の入院から開放された。普通には病み上がりと言うのだろうけれど、東京から藤本がやってきて高校時代の同窓が何人か集まって夕餉。多忙な生活を送っている人たちだから一月以上前には日程調整は終わって退院四日目の木曜日の夜は動かしがたかった。世話人の幸ちゃんからは、食事の内容を変えようか…と細かな気配りも貰っていた。それでもみんなと同じで良いよと答えた水曜夜に、何と何と博多のメーさ . . . 本文を読む
コメント (4)

シロバナヒガンバナ(白花彼岸花)

2018-09-02 | 夏 白色系
【赤+黄=白の謎】は、毎年のことだけれど何度調べても解は闇の中。「リコリス・アルビフロラ」なる学名からは、交雑種の意味になるし種子の出来る二種の交雑…と解釈するのが妥当だと思う。それでも、人為的なものも含めて幾つもの「リコリス・なんとか」が登場するとどこに正解があるのか…といつも闇の中になる。▲ 黄色っぽい白、時折赤が混じっている。▼▲ 花弁の一部、しべの一部に混じる赤 . . . 本文を読む
コメント