HAYASHI-NO-KO

八ヶ岳(赤岳)からの権現岳、南アルプス遠望

アメリカギク

2018-07-05 | 冬 紫色系
二年前の冬に撮った花。雨が降り続いている日はこんな作業も一興かと最初はホソバコンギクとした花を調べていた。どうも葉の様子が違っているのでもう一度調べ直した。アメリカギクの他に、チョウセンシオン、チョウセンヨメナ、 シュッコンアスターの名前も持つ。アメリカギク キク科ボルトニア属 Boltonia asteroides☆ホソバコンギク(細葉紺菊)キク科シオン属 Aster microcep . . . 本文を読む
コメント

スミレ(菫)

2016-12-30 | 冬 紫色系
2015.12.30 新規 . . . 本文を読む
コメント

デンタータ・ラベンダー

2016-12-20 | 冬 紫色系
2016.12.19 追加更新 . . . 本文を読む
コメント

不明の花 → アメリカギク(ボルトニア)

2016-12-15 | 冬 紫色系
2016.12.02 「不明の花」に収録2016.12.15 追加更新 . . . 本文を読む
コメント

カンアヤメ

2016-03-23 | 冬 紫色系
ここでも何となく居心地は悪そうだ。(2016.03.16 北山緑化植物園)☆ヒメリュウキンカが植えられている。その横にカンアヤメ。どことなく居心地が悪そうだ。(2016.02.22 上ヶ池公園)☆去年もこの場所で撮っている。花は幾つも咲いているのだけれど花茎が余り伸びないから葉に埋もれてしまっている。カンアヤメ(寒菖蒲) アヤメ科アヤメ属 Iris unguicularis(2016.01.26  . . . 本文を読む
コメント

ムスカリ

2016-02-22 | 冬 紫色系
ムスカリが畑と用水路の間を南北に貫く農道に沿って点々と咲く。片側は少し深い用水路、柵は無い。畦道にも点々と咲いている。誰かが捨てられたのだろうか。ムスカリ キジカクシ(←ヒアシンス、←ユリ)科ムスカリ属 Muscari armeniacum英名はGrape hyacinthAPG分類体系では従来、ヒアシンス科、ユリ科だった植物の多くがキジカクシ科に移されている。スズラン、ギボウ . . . 本文を読む
コメント

ムラサキサギゴケ

2016-02-17 | 冬 紫色系
トキワハゼと間違えられるし、田んぼの畦などに群れていると踏みつけられたり泥を被ったりしている。サギゴケは白、その紫版だからムラサキサギゴケ。「苔」と名付けられているから好まれることも無い。芽生えはかなり早く広がっていたのだろう、葉が寒さに負けている。重なり合っていた葉は、下の方は緑を残している。新しく緑葉も広がりはじめ、花も咲いている。ここは剛ノ池に向かった緩やかな傾斜地、湿気の残る場所に群れてい . . . 本文を読む
コメント

ヒヤシンス(ヒアシンス/ダッチヒアシンス)

2016-02-11 | 冬 紫色系
春の花壇の定番だろうけれど浜の道路に面した加工場の前に咲いている。暖かさに浮かれ出てきたのだろうか。花茎は殆ど伸びずに花を咲かせはじめている。一番咲き上がっていたのでもこの程度。ヒヤシンス(ヒアシンス/ダッチヒアシンス)キジカクシ(←ヒアシンス、←ユリ)科ヒヤシンス属 Hyacinthus orientalisローマンヒヤシンス(Hyacinthus orientalis va . . . 本文を読む
コメント

ストック

2016-02-05 | 冬 紫色系
黄色ではない菜の花…には見えないだろうか。(2016.02.03 立石)☆英名ガーデン・ストック、略してストック。和名は紫羅欄花と書く。アラセイトウと読むのだそうだ。ストックには、一重と八重咲きがある。ほぼ半々の確立で混じるのだが、八重咲きには生殖能力は無い。増やすためには、一重の種子を確保する必要がある。ストック アブラナ科アラセイトウ属 Mathiola incana英名&nbs . . . 本文を読む
コメント

デンタータ・ラベンダー

2016-02-01 | 冬 紫色系
震災あった年に建て直した実家。20年も経つとあちこちに不具合が出て来ている。幾つかのメンテナンス、リフォームが続いている。季節はまだ冬。(2016.02.01 林)☆夏を越して秋にも咲いていたから撮った。その時こう書いた。一年中は咲いていないけれど間違いなく春にも秋にも咲いている。春から夏にかけては咲いていたような気がするからやはり一年中咲いているように感じる。沖縄にも雪が降った今年の真 . . . 本文を読む
コメント