HAYASHI-NO-KO

南アルプス 塩見岳東峰からの北望
(仙丈、甲斐駒、北岳、間ノ岳、農鳥岳 手前は仙塩尾根)

スミレ ノジスミレ(野路菫)

2021-12-20 | 冬 紫色系
今年春、同じ場所で撮ったノジスミレが咲き始めている。閉鎖花からなのか、咲いた花からなのか分からないけれど種子もこぼれている。▲ スミレ似だけれど、側弁は無毛 ▲(2021.12.16 田町)☆ノジスミレ(野路菫)スミレ科スミレ属 Viola yedoensis(2021.12.19 田町)☆ ▲ スミレと言う名前のスミレ 側弁は有毛 ▲------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

タツナミソウ コバノタツナミ(小葉の立浪)

2021-12-16 | 冬 紫色系
2021.12.15 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ムラサキホウキギク(紫箒菊)

2021-12-08 | 冬 紫色系
2021.12.08 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

スミレ タチツボスミレ(立坪菫)

2021-02-23 | 冬 紫色系
2021.02.22 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

カンアヤメ(寒菖蒲・カンザキアヤメ)

2021-02-06 | 冬 紫色系
この色は、大昔の事だけれど藤沢時代に足繁く通った鎌倉の鶴ヶ岡八幡宮にほど近い場所にあった「大佛茶寮」を思い出す花。不定期の営業だったけれど、下駄履きで出た庭に咲いていたから冬だっただろう。寒に咲く菖蒲、寒咲き菖蒲。寒に咲く花菜、寒咲き花菜。立春を過ぎたけれどやっと咲き始めた梅に「冬至」の名前がついている。カンアヤメ(寒菖蒲) アヤメ科アヤメ属 Iris unguicularis(2021 . . . 本文を読む
コメント

スミレ ノジスミレ(野路菫)

2021-02-05 | 冬 紫色系
雑草扱いするのは忍びない気もする。さりとて「野草」などと区別はしたくない。ましてや「山野草」などと取り立てて区別するほどのモノでも無い。オオイヌノフグリなどと同じ雑草だと思う。駐車場のブロックに沿って吹きだまりが出来、そこに並んでいるだけで、花壇に植えて貰えないのだから。ノジスミレ(野路菫)スミレ科スミレ属 Viola yedoensis(2021.02.03 松江)☆ ▲ スミレと言う名前のスミ . . . 本文を読む
コメント

スミレ ノジスミレ(野路菫)

2021-01-28 | 冬 紫色系
2021.01.26 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ヒロハホウキギク(広葉箒菊)

2021-01-03 | 冬 紫色系
花期の終わりのヒロハホウキギクを撮った。整然としていた花弁もかなり乱れていたしヒロハホウキギクでは無い??そう感じる咲き方だった。今日は公園の石垣の下。綿毛が一杯のヒロハホウキギク。(2020.12.08 明石公園)☆終章。ヒロハホウキギク(広葉箒菊)キク科シムフィヨトリクム(←シオン)属Symphyotrichum subulatum var. sandwicensis(=A . . . 本文を読む
コメント

スミレ ノジスミレ(野路菫)

2020-12-03 | 冬 紫色系
スミレと言う名前のスミレや、このノジスミレは野辺には普通。普通に咲いているスミレだから珍しくも無い。珍しくも無いけれど、あっスミレが咲いている…と気付いて貰える。ノジスミレ(野路菫)スミレ科スミレ属 Viola yedoensis(2020.12.01 人丸町)☆ ▲ スミレと言う名前のスミレ ▲-------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

ヒロハホウキギク(広葉箒菊)ムラサキホウキギク(紫箒菊)??

2020-12-02 | 冬 紫色系
花期の終わりにはこんな状態にもなる。葉はとっくに枯れ果てたように枝に残るだけだ。小さな花と大きな花は実物を見ていないと区別がつけにくい。画像だけを見てあれこれ論評する人にあれこれ文字で説明しても詮無いことだ。知らないのなら知らないで済ませる方が気が楽だ。興味の無いことまであれこれと聞いたところで役には立たない。ムラサキホウキギク(紫箒菊) キク科シオン属 Aster subulatus  . . . 本文を読む
コメント