HAYASHI-NO-KO

立山・大汝山からの黒部湖・スバリ・針ノ木岳

林のたこつぼ

2018-07-09 | 番外編 
最近の市の広報は何故か目立ちたがり屋のブログのようだ。あれもこれも次々と上げられて、挙げ句に幾つもの場所からあらぬ苦情。それでも意に介さずに続けているところが「ご立派」だ。誰も気がつかないわけではないだろうけれど、善し悪しの判定は個人の勝手と似たようにことが次々起こってもいつの間にか慣らされてしまう。騒動はあちこちで起こった筈なのに昨日のつかの間の晴れ間には濁った水の中でさえも嬌声が響いていた。人 . . . 本文を読む
コメント

KUCWV8期会 竹野

2018-06-19 | 番外編 
もう何年になるだろう。50年以上前に同じ大学に入り、縁あってワンダーフォーゲル部に所属しあちこちを歩き回った山仲間との同期会が続いている。今年は車三台に分乗して竹野海岸。一応の予定コースは設定されていたけれど、途中、適当に寄り道を繰り返した。今回は卒業から50年、歩くことがままならなくなった人や軽いハイキング程度でも少し難行になってしまうお歳。それでも幹事はやはり山に拘った訪問地を選び初日に植村直 . . . 本文を読む
コメント (8)

宇治のササユリ

2018-06-04 | 番外編 
幼稚園から小・中学まで一緒だった「米屋のみっちゃん」中学校は違ったけれど、昭和26年3月の卒園写真に一緒に映っている順ちゃんとご主人も帯同、嫁ぎ先の裏庭にササユリが咲くと言うので出掛けた。宇治までは、女房どのの愛車・miniで1時間半程度。先週、同じ小学校の同窓の絵画展に足を運んだのだけれど、電車の遅れで彼女には会わなかったから、何と52年ぶりの再会だった。胡粉と言う、余り馴染みのない貝を砕いて作 . . . 本文を読む
コメント

明石川の鯉

2018-02-26 | 番外編 
河床が浅くなっているからこんな画像も撮れる。河川敷の歩道と川筋までの高低差がどこまでになるのかがも浚渫工事次第だけれどここに棲んでいる鯉がいなくなることはあるまい。特に二つの鉄道橋の橋脚辺りはかなりの深さがあるために今では格好の住処になっている位だ。 . . . 本文を読む
コメント

明石川の浚渫工事

2018-02-26 | 番外編 
やっと河床の堆積土砂撤去工事が始まった。その前に土砂だまりに育っていた草や木の撤去があった。雨の度に川筋が変わるという事も無くなりきれいな河川にはなるだろう。幾つかの懸念は残るようだけれど、河川敷の歩道も少しは整備される事だろう。▲ 嘉永橋を挟んで上が南側、下が北側の土砂搬出現場。▼(2018.02.22 明石川)------------------------------------------ . . . 本文を読む
コメント

明石公園 薄氷

2018-02-08 | 番外編 
大雪が降っている。いつもの冬より大雪になっている。雪が少ない場所では、雪の多い地方の人たちに申し訳ない…と言いながら降った雪の画像を上げて密かに楽しんでいたりもする。何でもありなのだし、それも楽しみの一つなのかも知れない。気温零度近くが続くと、温暖な地でも薄氷。日射しがあればすぐに消える。日陰では昼過ぎまで残っている。☆☆(2018.02.06 明石公園)--------------------- . . . 本文を読む
コメント

明石の海苔

2018-01-18 | 番外編 
明石の名産の一つ。鯛や蛸、玉筋魚、穴子は知られているのだけれど意外に知られていないのが海峡の海苔。港の拡張で養殖海苔の刈り取り用の大型の船が出入りしやすくなったこともあって海峡の海苔はかなり名が通っている。松江から藤江にかけての海では寒い時期、海苔の刈り取り作業が盛んだ。(2018.01.18 松江)------------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

一眞坊で蕎麦を食べる

2017-12-13 | 番外編 
半年遅れで義母の米寿祝い。有馬投宿予定だったから、三田・篠山を巡った。早い昼食…だったが、さすがに有名な「一眞坊」開店半時間も前、一番乗りの到着だったけれど、暖簾が掛かっていた。温かいざる蕎麦、スモークされた鴨、竹の葉に包まれた大きな粽。茹で上がる前の時間、何処から何処までが敷地かわからない広い場所を歩いた。自然の中の古民家、そんな風情も良かった。(2017.12.09 篠山・今田)☆篠山・今田の . . . 本文を読む
コメント

ヨモギ(蓬)

2017-12-07 | 番外編 
すっかり枯れてしまったヨモギ。茎に出来ていた「虫コブ」の残骸だけが白く目立っていた。☆以下は以前掲出したヨモギに出来る虫コブ 左 ヨモギクキマルズイフシ  右 ヨモギハエボシフシ 左 ヨモギクキワタフシ  右 ヨモギハシロケタマフシ不思議なのはこのヨモギに絡みついているアメリカネナシカズラにも虫コブがある。ところが寄生主は別物、やはり昆虫たちも好き嫌いがあるのだ。ヨモギ(蓬) キク科ヨモギ属 Ar . . . 本文を読む
コメント

何年振りかの小石川、また。

2017-11-28 | 番外編 
何年かぶりの小石川から三ヶ月経った。すっかり様子は変わっていた。夏は終わっていたから、汗はかかなかった。オオベニガシワとコクサギばかり撮っていた気がする。▲ ナンブアザミ▲ トネアザミ(タイアザミ)▲ イソギク▲ イタヤカエデ▲ エビスグサ▲ オビトケノコンギク(筒咲き野紺菊)▲ カラスウリ▲ カワラケツメイ▲ クサギ▲ グランサム・ツバキ Camellia granthamiana▲  . . . 本文を読む
コメント