HAYASHI-NO-KO

南アルプス 塩見岳東峰からの北望
(仙丈、甲斐駒、北岳、間ノ岳、農鳥岳 手前は仙塩尾根)

明石の初日の出

2022-01-01 | 番外編 風景など
何度目だろう…と考えるまでもない。2022年も朝6時半に起きて、自転車で5分の望海浜。明石海峡大橋が目障りだ…等と言う人も多いそうだけれど慣れてしまえばそれも点景。今年も生駒の山には雲がかかってはいたけれどいつもと同じ太陽が昇った。2022.01.01 07.13.582022.01.01 07.21.202022.01.01 07.22.402022.01.01.07 . . . 本文を読む
コメント (2)

今日の番外

2021-11-28 | 番外編 風景など
何度か上げた「番外」だけれど、大半が花に集まる昆虫。確かに花を撮っていると煩わしいから花画像とは別に番外にしてしまう。別枠にしてしまうと撮りすぎる懸念はあるけれど少しは気楽になる。ほぼ皆既月食……、どこそこの何々が見頃、などなどの新聞情報に踊らされることはなくなったから相変わらず近場の同じ花性懲りも無く撮り続けている。そこに至るのは殆ど自転車だから気ままにどこにでも停め . . . 本文を読む
コメント

大和三山ハイク

2021-11-25 | 番外編 風景など
番外編が増え始めた。時折「花」が欠けているのは、番外が増えているからだ。かといって、どこそこへ行ってきました……などの旅日記はない。別ブログに設定している「おじんハイク」の中で、時折見つける花をここにあげようとしている。パソコントラブルの影響からか、別ブログの編集が出来ていないのでここに一部分を上げておこうと思う。耳成山140メートル 天香具山152メートル 畝傍山19 . . . 本文を読む
コメント

北摂・大船山

2021-11-13 | 番外編 風景など
学生時代に入っていたワンダーフォーゲル部は体育系。山岳部の亜流とか、ハイキングに毛の生えた程度の山歩き…と揶揄された事もあったけれど中身は濃密、半端ないトレーニングに明け暮れていた。入部当時、社会問題にもなった、農大ワンゲルしごき事件の尾は引いていたけれどそれでも、厳しいけれど山歩きは開放的だった。その50年以上前の山仲間がゴルフコンペを続け、まだまだ元気な人たちは10年来ハイキング . . . 本文を読む
コメント

おじんハイク 奈良・榛原 額井岳~戒場山縦走

2021-11-02 | 番外編 風景など
番外編扱いだけれど、別ブログにはここ数年の記録は残している。コロナ禍?で、殊勝に自粛していたのだけれど去年秋には4度、今年も10月に臨時?を含めて4度。ワクチン打ったから、緊急事態宣言が解除されたから、なんてことは無い。何が何処でどうなっていることやら、さっぱり分からない世の中になってしまっている。奇妙な数字のマジックでもあるまいが、コロナ感染者の全国状況などは「ん??」の極みに感じてしまう。JR . . . 本文を読む
コメント

加西アルプス 善防山~笠松山

2021-10-11 | 番外編 風景など
夏の暑さの中を歩くのは後期高齢者にとっては無謀なことだと覚っている。頭の中に「過去の栄光」が残る人たちは、どこそこに行ってきた…などと自慢をしたいのだろうが、この一年は、それとても許されないご時世。夏を過ぎて秋になったと言っても、まだ30度越えの日が続いたりしている。それでも、おじんハイクは10月になって1年振りに再開した。飲兵衛揃い、集まってしまうとアルコール自粛はどこか遠くに追い . . . 本文を読む
コメント

番外 明石公園周辺

2021-08-08 | 番外編 風景など
2021.08.08 石垣刻印画像追加  . . . 本文を読む
コメント

孵化したメダカ

2021-05-29 | 番外編 風景など
多産系のメダカなのだろうか。次々と卵をぶら下げて泳いでいたから、別の容器に移した。10日くらいは経ったろうか。花器の中に点々と孵化したメダカ。どこまで大きくなるかは分からない。(2021.05 林)-------------------------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

第16回Kobe植物画会ボタニカルアート展

2021-04-25 | 番外編 風景など
二年に一度の、神戸・三宮でのボタニカルアート展。こんな時期だけどやります…と案内はがきが届いた。どのような状況か、全く予測もつかないのだけれど楽しみにしている部分の方が大きい。会場で会えるかも知れない人たちの笑顔も楽しみになっている。(2021.04.25)-------------------------------------------------------------第15 . . . 本文を読む
コメント

須磨アルプス 東山~塩屋

2021-04-24 | 番外編 風景など
旗振山から須磨浦公園ではなく、以前の六甲全山縦走の起点だった塩屋に下る。ところが住宅地に入ってから携帯電話の道路ナビを使ったからとんでもない遠回り。ナビが間違ったわけでは無く「車」の指定をそのままにした人的ミスに他ならない。間違っても遭難の懸念など無いところで良かったねぇ~と山陽電車塩屋駅に、予定より15分遅れただけ??で着いた。  ▲ 「三百段の階段」は上りでは何度もウンザリしたけれど、今回は . . . 本文を読む
コメント