HAYASHI-NO-KO

三ツ頭 権現岳 阿弥陀岳 赤岳 横岳 手前に牛首岳

ヘラバヒメジョオン(篦葉姫女菀)

2018-04-02 | 草 ロゼット・芽生え
ここにはヘラバヒメジョオンしか出てこない。ハルジオンは見たことが無い。一度だけ、ヒメジョオンと共生していた事があった。ヒメジョオンが紛れ込んできた…ようだった。▲ 一月経ってもまだこの程度の伸び。(2018.03.28 玉津町)☆ヘラバヒメジョオン(篦葉姫女菀) Erigeron strigosus(2018.02.28 玉津町)☆ ------------------------- . . . 本文を読む
コメント

シロバナマンテマ

2018-03-09 | 草 ロゼット・芽生え
オオツメクサが咲いているだろう…と立ち寄った場所に思いがけずシロバナマンテマのロゼットが広がっていた。最初にここでオオツメクサの広がりを見た場所。今はすっかりエノコログサに占有されてしまっている。(2018.03.06 南王子町)☆五本植えられているイチョウ、東から2本目だけが雌株。その下は、スズメノエンドウ、カスマグサ畑になる。その前にはヨモギとセイタカアワダチソウ。雑多な草むらだけれど、今はす . . . 本文を読む
コメント

アツミゲシ(渥美罌粟)

2018-03-08 | 草 ロゼット・芽生え
確かに去年も咲いていた。だから今年も幼苗が見つかる。アツミゲシ(渥美罌粟) ケシ科ケシ属 Papaver setigerum(2018.03.07 林)☆ ▲ 蕾と花の頃--------------------------------------------------------------去年のアツミゲシ アツミゲシ追補 . . . 本文を読む
コメント

ウマノアシガタ(馬の足形、毛茛)

2018-03-07 | 草 ロゼット・芽生え
節操のない咲き方ですねぇ~と言われている。雑草と呼ばれているものはそれで良いのだろうと思う。何という名前ですか?と問われて、ウマノアシガタですと答える。難しくて覚えられませんねぇ~と、返ってくる。春に明石公園で咲いていた黄色い花…で良いんじゃないです?とぶっきらぼうに答える。敢えてこの花をキンポウゲと呼ぶ人もいらっしゃる…そう言いそうになって止した。このロゼットは確かに「ウマノアシガタ」、何故そん . . . 本文を読む
コメント

コマツヨイグサ(小待宵草)

2018-03-03 | 草 ロゼット・芽生え
きれいに草が刈り取られ、花壇風に土が整備された。ところがそのまま放置されたから結局は元通りに?また草が広がっている。そういうことだろう。手抜きでは無いにしても、継続していないとこうなる…という見本。コマツヨイグサ(小待宵草) アカバナ科マツヨイグサ属 Oenothera laciniata☆スズメノエンドウ(雀野豌豆) マメ科ソラマメ属 Vicia hirsuta(2018.02.28 玉津町)☆ . . . 本文を読む
コメント

ヤブジラミ(藪虱)

2018-03-03 | 草 ロゼット・芽生え
2018.02.27 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ツルボ(蔓穂)

2018-03-01 | 草 ロゼット・芽生え
南帯郭にはツルボが何カ所も顔を出す。今は何も無い桜並木に、ヨモギが新しい葉を広げ始めている。その間にツルボもしっかりと葉を伸ばし始めている。ここにはカンサイタンポポがまだまだ健在だ。ツルボ(蔓穂)キジカクシ(←ヒアシンス、ユリ)科シラー(スキラ)属 Scilla scilloides シラー(スキラ)属は、APG植物分類体系ではユリ科からヒアシンス科を経て現在はキジカクシ科。(2018.02.27 . . . 本文を読む
コメント

ムラサキケマン(紫華鬘)

2018-02-21 | 草 ロゼット・芽生え
去年はムラサキケマンもミヤマキケマンも撮り損ねてしまった。花期はさほどには長くない。咲いている場所はあちこちにあるから今年は忘れなければ撮ることになるだろう。ムラサキケマン(紫華鬘)ケシ科キケマン属 Corydalis incisa(2018.02.20 森林植物園)☆花期  果期----------------------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

オニノゲシ(鬼野芥子)

2018-02-15 | 草 ロゼット・芽生え
2018.02.13 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ナガエアオイ(長柄葵 ハイアオイ)

2018-02-13 | 草 ロゼット・芽生え
松江の野菜畑の東側にあった田んぼは無くなりもう家が建ち並んでいる。次々と無くなっていく田んぼや畑。野菜畑の方は次の野菜の植え付け時期まで何も無い。空き地には出荷された白菜の葉殻だけが山積みになっている。その横にナガエアオイ。幼苗では無く、去年の根から新しい茎が伸び出してきている。(2018.02.12 松江)☆いつものことだけれど、ウサギアオイと区別しづらい。空き地で見るものの多くはこちらだと思っ . . . 本文を読む
コメント