HAYASHI-NO-KO

後立山 針ノ木・スバリ岳
    爺が岳南峰から

アカバナマンサク(赤花満作)表記

2023-03-06 | 夏 橙色系
表記はアカバナマンサクだけれど年々花弁は橙色が増えてきている。だから、やはりこれも種間交雑??と思えてしまう色になった。アカバナマンサク(赤花満作)マンサク科マンサク属 Hamamelis japonica var. obtusata f. incarnata(2023.03.03 須磨離宮公園)☆ ▲ 去年咲いていた花  ㊧シナマンサク表記    . . . 本文を読む

ダンドク(檀特、曇華)

2022-08-27 | 夏 橙色系
原種系のカンナだと覚えたのは、もう10年近くも前のことだ。育ちの悪いカンナ、そう言われていた気がする。ダンドク(檀特、曇華) カンナ科カンナ属 Canna indica(2022.08.26 松江)☆▲ カンナ・グラウカ ▲--------------------------------------------------------------ダンドク2021 -2017 -2013 カンナ・グ . . . 本文を読む

チトニア・ロツンディフォリア(メキシコヒマワリ)

2022-08-13 | 夏 橙色系
チトニアは、ニトベギクと訳されている。ニトベは、これを持ち帰り広めたとされる明治の農学者・教育学者の新渡戸稲造に因んだ命名。チトニア・ディバーシフォリア Titonia diversifolia コウテイ(テイオウ)ダリア・ブームの頃ニトベギク、テイオウヒマワリ、キダチヒマワリ、ガリバーヒマワリ、等などの名前で植物園などに盛んに植栽されたといわれている種類。三年前の夏、大船で撮った花。最初はヒャク . . . 本文を読む

ノウゼンカズラ(凌霄花)

2022-08-06 | 夏 橙色系
▲ たぶん撮ったのは初めて… ▲☆アメリカノウゼンカズラが先に咲いていた。今年は幾つもの花が早く咲き始めている気がするのだけれどノウゼンカズラは、今になってやっと咲き始めたと感じる。(2022.07.06 硯町)☆花は殆ど終わっていたのだけれどたぶんノウゼンカズラの果実を撮ったのは初めてだ。ノウゼンカズラ(凌霄花) ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属 Campsis grandiflo . . . 本文を読む

オニユリ(鬼百合)

2022-08-03 | 夏 橙色系
これはオニユリの蕾。葉腋のムカゴを確認する。(2022.06.27 林)☆(2022.07.20 林崎町)☆オニユリ(鬼百合) ユリ科ユリ属 Lilium lancifoliumコオニユリ(小鬼百合) Lilium leichtlinii(2022.07.31 明石公園)☆▲ 上の画像は茎に付くムカゴ、去年採取したもの。▲-------------------------------------- . . . 本文を読む

フシグロセンノウ(節黒仙翁)

2022-07-13 | 夏 橙色系
この花を撮ったのはもう10年も前、真夏の京都だ。花は華奢な茎頂に集まるし、途中で分枝するから余計にアンバランスになる。節が黒紫だから、節黒。フシグロセンノウ(節黒仙翁)ナデシコ科センノウ属 Lychnis miqueliana(2022.07.11 明石公園)--------------------------------------------------------------フシグロセンノウ . . . 本文を読む