HAYASHI-NO-KO

三ツ頭 権現岳 阿弥陀岳 赤岳 横岳 手前に牛首岳

ブタナ(豚菜)

2018-06-08 | 春 黄色系
2018.06.05 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

リシマキア・コンゲスティフロラ

2018-06-04 | 春 黄色系
コナスビと同じような花。コナスビとは違って花壇の花になっている。私は草むらでコナスビを探す方が好きだ。リシマキア・コンゲスティフロラサクラソウ科リシマキア(オカトラノオ)属 Lysimachia congestiflora(2018.05.29 上の丸)☆▲ コナスビ(小茄子) Lysimachia japonica----------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

キリンソウ(麒麟草、黄輪草)

2018-06-03 | 春 黄色系
2018.05.29 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

キバナニワゼキショウ(黄花庭石菖)

2018-06-02 | 春 黄色系
今年の春薔薇は見事だった…そうだけれど私のカメラには殆ど収まっていない。だからその春薔薇の下でひっそりと咲いていた筈のこの花も殆ど収めることは出来ていない。バタフライガーデンにも余り出ていない。▲ 薔薇の下には短い芝が育ち、点々とツメクサが咲いている。▼(2018.05.27 須磨離宮公園)☆ふとした偶然で見つけた春薔薇の頃。もう6年も前の事になる。今年の春薔薇は早い。この黄花も負け . . . 本文を読む
コメント

コナスビ(小茄子)

2018-06-02 | 春 黄色系
果実が茄子に似ているから小茄子。どう見てもそうかなぁ~である。雑草の名前など、付けた人の感性と言うよりも直感が多い。だから余り名前の詮索など意味の無いことはしないことだ。ここでは草むらに咲くから早く見つけておかないと見えなくなる。▲ これが「小さな茄子」、毛が密集している。(2017.05.27 須磨離宮公園)☆コナスビ(小茄子) サクラソウ科オカトラノオ属 Lysimachia japonica . . . 本文を読む
コメント

ミヤコグサ(都草)

2018-05-31 | 春 黄色系
普通には3個か4個が咲く。ここではやっと2個程度。育ちが悪いのか。ミヤコグサ(都草) マメ科ミヤコグサ属 Lotus corniculatus var. japonicus(2018.05.27 須磨離宮公園)☆▲ 玉津のミヤコグサ--------------------------------------------------------------玉津のミヤコグサ 野々池のミヤコグサ 如意寺 . . . 本文を読む
コメント

ヒペリカム・パツルム ヒドコート(ヒデコート、ハイドコート)

2018-05-31 | 春 黄色系
キンシバイですよね、そう聞かれた。そうですね、そう答えた。今日はショウブも見られたし、薔薇も咲いていたし、良い天気だったし…と初老のお二人連れは嬉しそうだった。東門を出る時にこの花をご覧になって、帰路につかれた。月見山までご一緒させて頂いた。(2018.05.27 須磨離宮公園)☆みんなまとめて「キンシバイ」である。それぞれの特徴を滔々と話し始める人がいる。聞いていると全てを聞き終え . . . 本文を読む
コメント (2)

コモチマンネングサ(子持ち万年草)

2018-05-29 | 春 黄色系
2018.05.26 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ヒペリカム・カリシナム

2018-05-27 | 春 黄色系
区別がつきにくい花に「ビヨウヤナギ」名前も覚えにくい。ヒペリカム・カリシナム オトギリソウ科オトギリソウ属 Hypericum calycinumビヨウヤナギ(美容柳/Hypericum monogynum =H. chinense)(2018.05.25 明石西公園)☆【再掲画像】 左 ヒペリカム・ヒドコート(大輪金糸梅)  右 キンシバイ(金糸梅) 左 ヒペリカム・カリシナム(西洋金 . . . 本文を読む
コメント

メノマンネングサ(雌の万年草)或いは オカタイトゴメ(岡大唐米)

2018-05-27 | 春 黄色系
決めきれないでいるマンネングサの仲間。それで良いのだろうと思っている。公園の石垣に辛うじて生き延びているものをメノマンネングサとしているだけでオカタイトゴメとタイトゴメの区別は育つ場所。海浜性だと書かれていても、海岸の岩場だけに育つとも思えない。ハッキリしているのは、誰かが植えたものでは無くここは車道と歩道の間の舗装された場所。わずかな土砂だまりに二群れ広がっていると言うことだけだ。メノマンネング . . . 本文を読む
コメント