HAYASHI-NO-KO

北岳と甲斐駒ヶ岳

ビヨウヤナギ(美容柳、未央柳)

2024-06-10 | 春 黄色系
ビヨウヤナギ、漢字で未央と書くのは中国原産で、古代中国の前漢の都・西安に作られた宮殿の名。のちに唐代の楊貴妃が住んだ長安城未央宮に由来。玄宗・楊貴妃を詠んだ、唐の詩人白居易の「長恨歌」が必ず登場する花。ただビヨウヤナギは日本人が勝手につけた名前で、中国名は金糸桃。つまりは、キンシバイ(金糸梅)と対になった命名だから、二つが違う花だと認識するには、こちらを採用する方が良いのかも知れない。    ビヨ . . . 本文を読む

ヒペリカム・カリシナム

2024-06-10 | 春 黄色系
いよいよ派手なヒペリカム。  (2024.05.24 西新町)☆ ヒペリカム・カリシナム オトギリソウ科オトギリソウ属 Hypericum calycinum(2024.06.04 田町・明石公園)☆キンシバイ(金糸梅) Hypericum patulumビヨウヤナギ(美容柳/Hypericum monogynum =H. chinense)☆ ▲ ㊧ ヒペリカム・ヒドコート(大輪金糸梅 . . . 本文を読む

ヒペリカム・パルツム ヒデコート(ヒドコート、ハイドコート)

2024-06-10 | 春 黄色系
そろそろ賑わって来そうだ。     (2024.05.24 上の丸)☆ ヒペリカム・パルツム ヒデコート(ヒドコート、ハイドコート) オトギリソウ科オトギリソウ属 Hypericum patulum 'Hidcote'(2024.06.04 鷹匠町)☆キンシバイ(金糸梅) Hypericum patulumビヨウヤナギ(美容柳/Hypericum monogynum =H. c . . . 本文を読む

ヤナギハナガサ(柳花笠)

2024-06-09 | 春 黄色系
一面ヤナギハナガサだけが林立?した奇妙な空間だった場所はすっかり宅地化されてしまった。道路を挟んで南側にも広がっていたからそこだけがまだ残っている。何れはこの花が咲き残っている場所も宅地化されるのだろう。かくして世代交代が進み、古い建物に住人が居なくなれば周辺の空き地と併せて宅地化が進む。     ヤナギハナガサ(柳花笠)クマツヅラ科クマツヅラ属 Verbena bonariensis& . . . 本文を読む

コモチマンネングサ(子持ち万年草)

2024-06-05 | 春 黄色系
花が咲く前から茎の葉腋にムカゴが生じる。零余子は零れてそこからまた芽ばえるから、子持ち。花が咲き始める頃には零れ落ちる。       コモチマンネングサ(子持ち万年草) ベンケイソウ科マンネングサ(キリンソウ)属 Sedum bulbiferum(2024.06.02 須磨離宮公園)☆▲ 葉腋のムカゴ ▲------------------------- 以下に過去ログへのリンクを設定(項目をクリ . . . 本文を読む

ヘンルーダ

2024-06-05 | 春 黄色系
久し振りに見かけた。     ヘンルーダ ミカン科ヘンルーダ属 Ruta graveolens(2024.06.02 須磨離宮公園)☆ ▲ ヘンルーダの果実、めしべの子房部分だから花の頃から見える。  右はゴシュユの蕾、どことなく似ているけれどこちらは蕾。果実は熟すと裂開する。 ▲------------------------- 以下に過去ログへのリンクを設定(項目をクリック)--------- . . . 本文を読む

コナスビ(小茄子)

2024-06-03 | 春 黄色系
▲ アジサイが一面に植えられた場所以外でも点々と咲いている。▲☆かつてカラスビシャクが広がっていた場所には今年は一つも出ていない。代わりに?コナスビが点々と咲いている。    (2024.05.17 明石公園)☆いつの間にか少しばかりの傾斜地が整備されてそこに幾つものアジサイが植えられた。そろそろそのアジサイが咲き始める。その法面に点々とコナスビ。  (2024.06.01 須磨離宮公園)☆ コナ . . . 本文を読む

セイヨウヒキヨモギ(西洋引蓬)

2024-05-31 | 春 黄色系
周りにはヘラバヒメジョオンやヘラオオバコが草丈を伸ばしシナダレスズメガヤも1㍍以上にも伸びてしな垂れている。その空き地に点々とこの黄色が咲いている。ヨモギなどに半寄生するから、ヒキヨモギの名前がつく。「宿主は帰化植物のコメツブツメクサ(マメ科)だけではなく日本に在来の植物 特にマメ科、イネ科植物」とある。           セイヨウヒキヨモギ(西洋引蓬)ハマウツボ(←ゴマノハグサ)科セ . . . 本文を読む