HAYASHI-NO-KO

南アルプス 塩見岳東峰からの北望
(仙丈、甲斐駒、北岳、間ノ岳、農鳥岳 手前は仙塩尾根)

トウグミ(唐茱萸)

2022-01-22 | 木本 冬芽・葉痕
幹は太くはなれないようで、細身の枝が四方に伸び続けている。日当たり抜群の川沿いの空き地。ビワと一緒に勝手に育っている。トウグミ(唐茱萸) グミ科グミ属 Elaeagnus multiflora var. hortensisナツグミ(夏茱萸) Elaeagnus multiflora(=Elaeagnus multiflora var. oribiculata)トウグミは学名ではナツグミの変種、花柄 . . . 本文を読む
コメント

ヌルデ(白膠木)

2022-01-21 | 木本 冬芽・葉痕
今年はここで花を撮る。ヌルデ(白膠木) ウルシ科ヌルデ(←ウルシ)属Rhus javanica var. chinensis(Rhus javanica var roxburghii)(2022.01.19 林)☆ ▲ 夏の蕾  秋の果実 ▲--------------------------------------------------------------冬芽・葉痕 ヌルデの雌花 . . . 本文を読む
コメント

サンショウ(山椒)

2022-01-21 | 木本 冬芽・葉痕
風が冷たい一日だ。細い枝も揺れ揺れてピントが合いにくい。撮り直せば済むことだからまた出直そう。サンショウ(山椒) ミカン科サンショウ属 Zanthoxylum piperitum(2022.01.17 田町)☆ ▲ 花と未熟な果実 ▲-------------------------------------------------------------サンショウの冬芽・葉痕 秋の山椒 芽生え カ . . . 本文を読む
コメント

イヌビワ(犬枇杷)

2022-01-21 | 木本 冬芽・葉痕
どこかしら違っている…、と見えたのは多くの場所でイヌビワの冬芽を見るからだろう。イヌビワの頂芽は薄い芽鱗に包まれている。▲ 冬芽は芽鱗に守られている。芽鱗が落ちるとそこには芽鱗痕、イチジクと同じ…なのだ。▼▲ 芽鱗は三角、二枚合わさっているようで、下の画像では片側が落ちようとしている。▼イヌビワ(犬枇杷) クワ科イチジク属 Ficus erectaイチジクと似た果実をつ . . . 本文を読む
コメント

ドウダンツツジ(燈台躑躅、灯台躑躅、満天星躑躅) 

2022-01-20 | 木本 冬芽・葉痕
何も無い姿も良いものかも知れない。マッチ棒が並んでいる。ドウダンツツジ(燈台躑躅、灯台躑躅、満天星躑躅) ツツジ科ドウダンツツジ属 Enkianthus perulatus(2022.01.17 田町)☆▲ 赤い葉 ▲ ▲ 春の花盛り  ドウダンツツジの秋色は去年は見ていない。▲------------------------------------------------------------ . . . 本文を読む
コメント

ナツグミ(夏茱萸)

2022-01-20 | 木本 冬芽・葉痕
かなり大きく育った。残っている果実は無いけれど、萎びた葉だけが数枚。ナツグミ(夏茱萸) Elaeagnus multiflora(=Elaeagnus multiflora var. oribiculata)トウグミは学名ではナツグミの変種、花柄、萼筒も長く果実が大きいのだが両者が並んでいなければ比較は難しく、やはり葉表の「星状毛」が決め手だと思っている。(2022.01.15 玉津町森友)☆   . . . 本文を読む
コメント

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)

2022-01-20 | 木本 冬芽・葉痕
2022.01.15 画像追加 . . . 本文を読む
コメント (2)

アンズ(杏・杏子)

2022-01-20 | 木本 冬芽・葉痕
2022.01.15 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

カキ(柿)

2022-01-20 | 木本 冬芽・葉痕
2022.01.15 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

イチョウ(銀杏、公孫樹、鴨脚樹)

2022-01-20 | 木本 冬芽・葉痕
2022.01.15 画像追加 . . . 本文を読む
コメント