HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

サワフジバカマ(沢藤袴)

2021-10-20 | 秋 白色系

今年初めてアサギマダラを見たのだけれど
先客が行ったり来たりして蝶を追いかけている。
その場でじっとしていればしっかりとその場に留まるのに…。
蝶も居心地が悪いのか、その場からいなくなってしまったから結局は撮るのを諦めた。
フジバカマとサワヒヨドリとの交雑種から作られた園芸種。
フジバカマとして市販されているものの大半はこれだと言われている。
上部の葉まで深く3裂し、茎も赤みを帯びるものが多い。











(2021.10.02 須磨離宮公園)














(2021.10.07 林崎町)


















(2021.10.15 須磨離宮公園)

敢えて園芸種などと言うことも無かろう。
それでも中には『本物のフジバカマでは無い…』などと平然と口にされる方もいる。
本物が何なのかは知らないけれど
対比させられて偽物呼ばわりされるのは植えた人たちにはどう響くのか気にならないのだろうか。
交雑種からの園芸種、そう言えば済むことだ。








サワフジバカマ(沢藤袴)キク科ヒヨドリバナ属  Eupatorium x arakianum
フジバカマとサワヒヨドリとの交雑種から作られた園芸種
「フジバカマ」として市販されているものの大半はこれだと言われている。
上部の葉まで深く3裂し、茎も赤みを帯びるものが多い。
フジバカマ(藤袴) Eupatorium japonicum(=Eupatorium fortunei)
(2021.10.20 林崎町)


▲ 明石公園のアサギマダラ ▲
--------------------------------------------------------------
今年のフジバカマ ハゴロモフジバカマ 
鎌倉・長谷 光則寺 フジバカマ枯れ姿 ヒヨドリバナ サワヒヨドリ
摩耶天上寺のアサギマダラ 奈良・高取山のアサギマダラ


コメント   この記事についてブログを書く
« ルコウソウ(縷紅草) | トップ | ヒメクグ(姫莎草) »

コメントを投稿

秋 白色系」カテゴリの最新記事