かっぱ爺さんのひとり言

思いつくまま、楽しいこと、嬉しいこと、悲しいこと、辛いこと等々、気が向いたら書いていこうかなア・・・・と思っています。

徳川家康誕生の城を訪ねて

2019年02月12日 | Weblog

平成31年2月11日(建国記念の日)

愛知県小学生あんざんそろばんコンクールが岡崎市竜美丘会館で開催された。

一宮地区大会の選手選考で6名が選ばれた内2名が当塾から参加した。

選手を送り込んで、私は岡崎城へと社会見学に向かう。(会場は家内に任せて・・)

この時期観光客も少なく、のんびりお城巡り。

 

三河武士のやかた「家康館」も見学。お城と家康館共通券、JAF割引で510円→460円

刀剣ファンは喉から手がでる「兼元」の日本刀・・・通称「関の孫六」で有名

ただし、この刀は兼元三代目・四代目かもしれない。

二代目兼元が「兼元孫六」と名乗っているため、本物は「孫六兼元」と表示されているはずである。・・と素人判断。

 

11時からは、岡崎武将隊5名による演舞とパホーマンスの見物。 

 

岡崎と言えば八丁味噌・・・・と言う訳でカクキュー の工場見学へ。

試飲のお味噌汁をいただき、味噌煮込みうどんを購入。

近くのイオンモールで昼食

再び竜美丘会館へ

すでに大会は終了し成績発表の真最中

 

賞状・参加賞などいただいた生徒と家内を乗せ帰路に着いた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 長野県南部の新しい道の駅を... | トップ | ミステリーツアー参加 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事