かっぱ爺さんのひとり言

思いつくまま、楽しいこと、嬉しいこと、悲しいこと、辛いこと等々、気が向いたら書いていこうかなア・・・・と思っています。

ユニバーサルスタジオ 遠足 ハプニングの連続

2017年03月21日 | Weblog
平成29年3月20日(春分の日)
晴天に恵まれUSJへ遠足に出かけた。



ハプニングその1
出発時間になっても1名が来ない。
当学園では、午前6時出発(時間になると出発します)と案内に記されており、約束通り出発した。
祝日とあって名神・京滋バイパス・近畿道・阪神高速すべて渋滞無しで順調に到着。
入場の長い列で待っていると、遅刻した生徒のお母さんからTEL「今着きました」
生徒がどこに並んでいるか分からないので、必死に探し友達を見つけ合流させ一安心。

ハプニングその2
入場門近くになって、「パスポートを落としたみたい?」とのこと、
「インフォメーションで聞いて対応して・・・」その後、バスの中に財布とともに忘れてあり見つかりまた一安心。

ハプニングその3
帰宅時の安全運転のため、休憩しようとバスに戻ると、「みんなとはぐれてしまった」と生徒一人がいるではないか!

「はぐれたら二度と会えないので一人で楽しんで・・・」と言ってあったが、戻ってきたらしい。
集合時間の3時間も前のことである。

ハプニングその4
帰宅時の集合時間午後7時になっても、小学生男子2名が帰ってこない。
他の生徒は10分から30分前までにはすでに乗車しているに・・・・
スケジュールはぎりぎりで行程を組んでいるので、少しの遅れも安全運転にはつながらない。
精神的にいらいらしながら待つこと5~6分、平然と帰ってくる。
「今何時ですか、約束ではバスはすでに出発し、君たちは置いてきぼりが本来の姿だ!」
遅れて申し訳ないと思ったら何より「遅れてごめんなさい」と言うべきだろう。
その言葉もなく正直唖然とする。
たった5~6分のことだが、約束は約束、守らなかった生徒には、厳重注意をした。
それが団体行動の最低限守るべきルールであると思う。
結局出発は10分以上遅れ、サービスエリアで夕食タイムがとれず、全員腹ペコで迷惑が掛かったが、
何事もなく予定時間に帰れたことが唯一の安心と胸をなでおろした。
コメント

パソコン検定 文書試験

2017年03月11日 | Weblog
平成29年3月11日(土)
小中学生では至難の業と言われている、一般社会人向け(全日本情報学習振興協会主催)
パソコン検定文書試験を行いました。
第1部9時30分試験開始
中学1年生1名
中学3年生8人が1級受験に挑みました。



1級レベルは「高度なビジネス文書の作成」となっており、制限時間20分で合格点は100点満点の70点以上が合格となります

写真は前回1級のテスト問題です。(参考に表示しました)



第2部10時30分試験開始
2級 中学1年生 1名
3級 中学2年生 7名
3級 小学6年生 2名が受験しました。



試験発表は約3週間後・・。
がんばった生徒さん、全員の合格を祈る。


コメント

安八百梅園梅まつり

2017年03月05日 | Weblog
平成29年3月5日(日)
午前中町内会の総会が開催され、新町会長等選挙が行われた。
会は平穏に終わりお土産にもらった助六寿司を昼食に・・・

その後みだしの梅まつり見物に出かける
本日はイベントが多く来場者も相当数で駐車場待ちは長い列が続いている
勝手知ったる他人の我が家如きで裏道から農道へ・・・待ち時間0で駐車

徒歩5分で安八ふれあいセンター「梅まつり会場」へ到着



タイミングよく(??)新成人をモデルに撮影会が開催されていた
スケベ根性でカメラマンの中へ割り込み撮影







1時間ほど梅の花見としゃれこんだ!
中にはまだつぼみ状態の梅も多く、今日の温かさで一斉に開花するのではないか














今週から来週あたりがもっとも見ごろかも
イベントの予定もなくゆっくり鑑賞できるのでは・・・・!!
コメント

みなさんと一緒に!日本の歌を♪♪

2017年03月04日 | Weblog
平成29年3月4日(土)
家内がもらった案内でみだしの会に参加した。



愛唱会・・・・60年前の萩原小学校卒業生で、
(歌手舟木一夫・・と言っても分からないだろうなア。
一世を風靡した時代もあった当萩原町出身の歌手である。
高校三年生♪を歌ったと言えばあゝと言う人もあろう)
学んだ同期の皆さんが、なつかしい唱歌・わらべ歌・童謡などを
一緒に歌い、すばらしい日本の文化を後世に受け継いでほしい・・・
との気持ちで立ち上げられた会が愛唱会です。
代表 金田 佐智子さんの総合司会で始まり
ピアノ伴奏 安藤 尚子さん
歌唱指導は 奥村 和美さん



軽快な歌唱指導と心に染みるピアノの伴奏でいやが上にも心が躍る
吾輩が小学生の頃校歌なんてなかった
その校歌を一番初めに歌うことになり、ちんぷんかんぷん~~~いや~~参った



その後は懐かしい歌・童謡などでとても楽しく歌うことができた。
小中学校で音楽の成績は0(全くダメ)だった
カラオケで演歌を歌うこと程度ならなんとかごまかせるが??!



あっと言う間の一時間、名残惜しい後ろ髪ひかれる思いで、小学校音楽室を後にする。
帰宅時、みんなで歌った童謡が自然に口ずさむのはなぜだろう!!


コメント