かっぱ爺さんのひとり言

思いつくまま、楽しいこと、嬉しいこと、悲しいこと、辛いこと等々、気が向いたら書いていこうかなア・・・・と思っています。

心やさしい女の子

2008年11月23日 | Weblog
11月22日(土)アピタ新守山店の屋上駐車場で開催された、
フリーマーケットに出展した。
晴天に恵まれ、大勢のお客様で忙しい一日だった。

中学1~2年生と思われる、可愛い女の子
「男の人だったら、どちらを選びますか?」
少女は手にミサンガを2個持っている。
一つはブルーとホワイトのコンビネーション
もう一つは、レッドとブルーのコンビネーション
私は彼氏へのプレゼントと早合点し、
「ボーイフレンドだったら、こちらがいい!落ち着きがあって」と青白コンビを薦めた。
「ボーフレンドでなく、お父さんへのプレゼントなの、明日はお父さんの誕生日だから・・。」
少女の他愛ないわずかなこの言葉から、彼女の心やさしい人柄・明るくて朗らかな家庭・そして、たくましい父親の姿が、頭の中に浮かび上がり、途端に目頭が熱くなってしまった。
「明日は、お父さんにすごく喜んでもらえると思うよ!。とてもやさしいお嬢さん、これからもお父さんを大切にネ。」
彼女は、にっこり笑って、ミサンガを大切にお財布に入れて、去って行った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

板取り祭り~郡上・紅葉ツーリング

2008年11月10日 | Weblog
11月8日(土)
午後1時ちびっこ3名(パソコン教室のベテラン生徒)が保護者に送られ本学園に到着。
早速サイドカーに乗車。
参加する本人よりお母さんの方が興奮している。「私も乗りたいなア。」
「お母さんはダメ!、お父さんが心配するから・・・?」・・・てな訳で、出発。
今日の目的地は「一宮地域文化広場」ここでは、プラネタリュームで宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を鑑賞。
その後アスレチック大会に参加(商品ゲット)さらに、パソコン体験に参加(ここでのハプニング・・・まったく素人といい指導を受けさせた・・・実は当教室で2級の腕前、指導員がしどろもどろ・・・黙って後ろで冷やかな目で見つめるかっぱ先生。
(相当悪だなあと思った。)
かっぱ先生だけに「かっぱ寿司」で頼んでおいた寿司桶6人前をもらい、本日の宿泊施設「一宮勤労福祉会館」へ
楽しい夕食・6人前の寿司桶もすっかり空っぽ!!・・もちろんかっぱ爺さん熱燗で一杯二杯おまけにビールもうご機嫌。
ちょこんと横になったら、高いびき・・・

11月9日(日)
子ども達楽しく遊んでいて、いつ寝たのか知らないけど、目が覚めたら午前7時30分。
ところがちびっこ達3人熟睡中・・・相当遅くまで遊んでいたんだな・・まあいいか!!
ちびっこをたたき起し、朝食を済ませ9時に出発「絶対一番乗り」・・・・と信じて、川島PAへ
ところがなんと、すでに8台が集合している。出発時間の10時になっても増える様子なし。ということは一番乗りと思ったかっぱ爺さんは「ビリ」だったのだ(恥ずかしい)
どなたかが言った「川島PAまではかっぱ先生が一番遠い人だからしょうがないね?」だって。(超悲しい…泣き)
JSC愛知支部長の挨拶の後本日の幹事ハッシーさんの先導で揃って出発。
天気=曇天、気温=低い、風=なし・・お世辞にもツーリング日和とは言えないが、意気揚々と走る。
美濃ICで高速下車、ここで一ちゃん兄ちゃん(元ケンブリ今は原チャリ一ちゃん)と合流。
一般道で「美濃和紙の里」へ。
すでに「岐阜の大富豪」ご夫妻と目に入れても痛くないお孫さんが笑顔でお出迎え。
しばしの休憩をとりここからは「岐阜の大富豪」先導でツーリング。

洞戸を通過、少し寄り道。実は天下の名水「高賀神水」を授かるため。
「岐阜の大富豪」曰く「実は東京ディズニーランドで販売しているペットボトルはここ高賀神水のお水である、全国の水を調査したところ、ここの水か一番腐食が遅く品質が変わらないとの理由で採用された、ありがたいお水です」と高貴なお話。流石地元の大富豪名士。
かっぱ爺ちゃんは20Lポリタンク2本分授かりました。
大○爺ちゃんとの無駄話
「大○さんこの水での焼酎の水割りは最高ヨ」
「水は手に入れたが、肝心な焼酎がないから?」
「爺ちゃん!焼酎なかったら、スタンドのガソリン抜いて水割り作ったら。アルコールには変わりないよ!!」
と突っ込み。(大○爺ちゃんは有名なガソリンスタンド経営者。)
こんなバカな話ができるのも、JSC愛知のいいところ・・・・・。

板取川温泉ではただいまお祭り真っ最中。おでん・串カツ・手打ち蕎麦・猪の肉を使った熱々の猪汁等々、試食を繰り返し、身体は温まりお腹も膨れ、結局お金を使うことなく楽しいひと時が過ごせました。
がめついかっぱ爺さん。おでんを販売していたおばちゃんに
「おでんいくら?」
「いまネタが全部そろってないので1パック300円を200円にしておきます」
「200円でいくつ入れてくれる」
「4つだよ!」
「もう1個おまけして5個にして!」
「いいよ!」
「じゃあ2パック買うから、もう1個おまけして6個づつにしてくれない」
「もういいからおまけしちゃう!!」
なんかやけくそのおばちゃん。でも結構楽しんでいたみたいだヨ。
・・・と言う訳で、通常4個300円のおでんを6個200円で2パック購入したかっぱ爺さんでした。
お味はしっかり煮込んであり、辛子との相性はバッチリ・・・
ちびっこも喜んで食べてくれました。あえて言うなら、ビールが飲みたかったなア!!。
(これ本心・・。)
さらに時間に余裕がなく温泉に入れなかったのが非常に心残り。

次は郡上八幡へ、途中市野兄ちゃんとは泣き別れ。気をつけて帰れヤ~。(祈る)
郡上八幡では狭い城への山道を一気に上り郡上八幡城へ、本日のタイトル通り、紅葉最前線、紅葉の合間から見る八幡城素晴らしい景観に疲れが癒される。
「岐阜の大富豪」のお骨折りで駐車場確保され、郡上市内をしばしの散策。
この駐車場で自由解散。再開を約束し個々に帰路へ。
我がかっぱ学園軍団は関SAで五平もちやら、豚まん、あんまんなどちびっことほおばり、午後4時30分帰宅しました。
今回下見から実施まで計画していただきましたハッシーさん、そして地元縄張り(余分か?)での先導いただきました「岐阜の大富豪」ご夫妻様本当にご苦労様でした。
心から感謝すると共に今回参加されました10家族+原チャリ1家族=11家族の皆さんお疲れ様そしてご苦労様でした。
次回忘年会でお逢いすること楽しみに結びの言葉とさせていただきます。
ありがとうございました。                      かっぱ先生


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

せせらぎ街道~明宝温泉ツーリング

2008年11月03日 | Weblog
11月3日(文化の日)
生徒2名と、せせらぎ街道紅葉ツーリング&明宝温泉「湯星館」へでかけた。
尾西IC~東海北陸自動車道へ。
長良川SAで小休止。郡上ICで高速を降り、472号で、道の駅明宝へ、
観光客・バイクも多く大賑わい。
更に北へ針路をとり、目的地明宝温泉「湯星館」へは11時30分到着。
早速入湯料(大人500円小学生250円)を払って入浴。
泉質はわからないが、無色透明な一見普通のお湯のようにみえた。
お湯の後は、昼食、飛騨牛コロッケ定食850円
ちびっこ二人は「からあげ定食」これまた「唐揚げ」の量が多いこと
お腹は当然満ポン。
もう一度お湯につかって、温泉を出発。
帰路は同じ道だが、途中「こけこっこ村」へ立ち寄る。
昔昔のその昔・・・放し飼いのニワトリ小屋で、好きな卵を拾い集め、それを
買って帰った記憶があり、立ち寄ったが、今では「鳥インフルエンザ」等の
関係でやってないとのこと。
あきらめ、産みたて新鮮卵2Lサイズ約16個で300円也を3袋購入。
一つは我が家用、後2つは本日の生徒へのお土産用。
最終「関SA]で休憩。午後4時無事帰宅。
せせらぎ街道、気温は13℃~16℃と少しツーリングには、涼しい旅だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加