かっぱ爺さんのひとり言

思いつくまま、楽しいこと、嬉しいこと、悲しいこと、辛いこと等々、気が向いたら書いていこうかなア・・・・と思っています。

チンドン祭

2013年05月27日 | Weblog




平成25年5月26日(日)

第47回全国選抜チンドン祭が萩原商店街で開催された。
地元(御膝元)の行事だけに中々出かけることができなかったが、
晴天に恵まれ、カメラ片手にぶらっと出かけた。

会場ではチンドンまんのコンクール・太閤連チームによる阿波踊り
大道芸のパホーマンスと会場のあちこちでにぎやかに開催されていた。
出店も50数軒出ていて賑やかだ。
1時間ほどの見物で帰ったが、寂れて日頃閑古鳥が鳴いている商店街、
この時ばかりとワゴンセール開催しているも、お客さんは屋台の出店ばかりが繁盛している。
この矛盾さに心が痛む・・・。と言って吾輩も何一つ購入するでもなく帰宅した一員である。




コメント

水彩会スケッチ旅行

2013年05月13日 | Weblog
平成25年5月10日~11日
一宮スポーツ文化センターで熱心に水彩画の勉強している「レモンの会」
御一行様のスケッチ旅行に出発した。
安曇野IC(旧豊科IC)で下り、そば処で昼食。
天ざる(写真)は1,300円だった。

北上し白馬村青鬼集落へ到着。
2時間ほどのスケッチを終え、ホテルへ到着。
本日のお宿は、日本観光連盟「白馬ロイヤルホテル」である。
スキーシーズンは満室だろうと思うが、今は客も少なく静かである。
ドライバーは別室で夕食をいただく。疲れを癒すため日本酒2合も・・・。
4月末日入院から、久しぶりの晩酌、料理も豪華で大満足だった。
天然温泉の露天風呂は、お肌つるつるできもちいい。
まだ、眠るのには少し早いが、明日の安全運転のため、お休みする。
コメント

退院の日にうれし涙 (;O;)

2013年05月09日 | Weblog
平成25年5月9日(木)
4月30日入院から今日で9日目
Drの許可が下りうれしい退院である。
会計を済ませ、病室8階へ戻り、お世話になった看護師さんに
心からお礼を述べる。
退院の手続きもすみ、家内の迎えもあり、帰ろうとしたとき

看護師さんから、「退院おめでとう!」・・・と写真の花を手渡ししてくれた。
花は一輪のガーベラであるが、看護師さん達の優しい心がいっぱい詰まっていて
どんな豪華な花束よりもうれしく、つい人目を気にせず涙してしまった。
年を取ると涙腺が緩んで困ったものだ。
でもやっぱりうれし~~~い ( ^^) _U~~
ありがとう!
たった9日間の入院生活だったけど、私にとっては
おそらく生涯忘れることのできない大切な思い出となるだろう。

一宮西病院は先生も名医ばかりと聞くが、看護師さんの優しさ、
親切さ、患者に対する心遣い等々、この地方では最も優れた
医療機関だと思う。

実は私の母も半年前、この病院の優しい先生に見守られ静かに天国に
旅立ちました。
私はまだ母の許へは、当分行く気はありませんので、お母さん呼ばないでくださいネ。


コメント (1)

滝Drから嬉しい知らせ

2013年05月08日 | Weblog
平成25年5月8日(水)
担当の滝Drから「いつ退院してもいいよ!」と話があった。
退院予定が知らされていなかっただけに、仰天の喜びである。
Drは、「今日でもいいよ!!でも、森さんの都合もあるから、よい日を決めてください。」とのこと。
「もう一日ゆっくりしたいので゛、病院において下さい。」
...と明日午前中の退院をお願いした。
担当の看護師さんも、「よかったね!おめでとう!長かった9日間、これからは御身大切に、安静し一日も早く全快されることを祈っております。」と暖かい言葉をいただきました。
午前11時からお風呂にむかう。
新しい病院だけに、綺麗なお風呂には、シャンプー-ボディーソープはあたりまえ、
お湯まで張ってあり、時間になると、看護師さんが「お風呂の準備できました。
ごゆっくりどうぞ!!」と声を掛けてくれる。まるで、殿様気分である。
頭の先から足の先までさっぱりし、個室に戻る。
もうすぐお昼ご飯、今日は何だろう?内蔵はいたって健康な私、唯一の楽しみは食事である。
家内にも連絡し、未使用品や日用品の引き上げに来てくれるよう連絡を取る。
明日の退院まであと24時間、最後の入院生活を有意義に、のんびりと過ごそう(☆。☆)

コメント

退院の見通し!か?

2013年05月07日 | Weblog
平成25年5月6日(月)振替休日
今日の夜勤は、いつも明るく、朗らかなO村Iさん。
「森さん明日バルーンカーテル抜いてあげるからネ!」と声を掛けてくれた。
「ちょっぴり恥ずかしいけど、重荷が下りた気分でうれしい」 (^_^)ノ

平成25年5月7日(火)
午前7時、大きく深呼吸する中、数秒で処置は終わった。
「今日まで辛かったね、よく頑張ったね!」
優しい言葉に、目頭が熱くなる。
ありがとう、あなたのさりげない一言が患者にとって、どれだけ力強く
励まされることか、嬉しいです、感謝します。
9時に夜勤が明けるとか、不規則な勤務、生活でお身体壊さないように
ゆっくり休んでください。

替わって今日の担当は、いつも優しく声をかけてくれ、些細な話でも
親身になって聞いてくれる、すてきなO田O乃さん。
少しお腹が出て見えるのは、気のせいかな?
あるいは、おめでた?違っていたらゴメンなさい;^_^)
男の子なら元気でたくましい、女の子なら可愛くて優しい
お子様を授かってほしいと心から願う
あと少し退院の日までお世話をかけますが、よろしくお願いします。

感謝-合掌   16時50分  
コメント

入院生活6日目

2013年05月05日 | Weblog
平成25年4月30日午後1時入院
翌日手術
手術室へ入室から約2時間後病室へ戻った
麻酔が切れかけた頃から痛み出し、座薬を処方、
10分程で痛みも取れ、よく眠れるようにと、睡眠薬を飲み眠る。
平成25年5月4日夜8時、80時間続いた点滴が終わった。
今日5月5日は、こどもの日
体調も良く、タブレットから更新した。
世の中はゴールデンウイークの真っ最中
のんびり療養生活を送っている自分は良いが
休みをものともせず24時間懸命に尽くしてくれる看護師さんに
感謝の気持ちで、つい心から手を合わせる。
さらに毎日新聞や洗濯物を届けてくれる家内にお礼を言いたい。
いつも亭主関白ぶって、威張ってばかりでごめんネ。
照れくさくて面と向かって言えない、旦那を許せよ!
もうすぐ看護師さんが、体側に来る。体温、脈拍、そして血圧、
普段から血圧が低いのに、若くて綺麗な看護師さんに手を握られると、
何故か血圧が上がってしまうのは、なぜだろう??
平成25年5月5日16時05分
コメント