かっぱ爺さんのひとり言

思いつくまま、楽しいこと、嬉しいこと、悲しいこと、辛いこと等々、気が向いたら書いていこうかなア・・・・と思っています。

110番通報

2009年01月21日 | Weblog
平成21年1月21日(水)
日中はスポーツクラブでトレーニング
午後5時からはパソコン教室
午後9時本日の授業が終わり、遅めの夕食、ニュースを見ながら
熱燗で一杯やっていると、突然の訪問者!!
「バイクが壊れたので、軒下を貸してほしい」とのこと
見るからにバイクに乗れる年齢ではない。
どう見ても中学生としか見えない。
正義感の強いかっぱ先生は、
「そりゃ大変だな!ところで君は中学生だろ!」
「誰が運転しているんだ?」
「先輩が運転しています」
「先輩何処にいる?」と言って彼ら近づく・・・・と
50ccと思われるバイクが2台、男の子2名と女の子が2名総勢4名
「先輩はどこにいる?」
「今いない!」
「今先輩が運転している・・・って言ったんじゃない?いい加減のこと言うんじゃないよ」
この突っ込みに、しどろもどろ・・・
「お前たち、無免許だろう!そのまま動くなよ!警察電話するから・・。」
110番している間に、あわててエンジンかけ逃走・・。壊れたバイクが走り出した。
実は最近当中学校のガラスが割られたり、バイクが盗まれたり・・と悪ガキがいることは、聞かされていた。
勉強に来ている中学生からの情報を得て、悪ガキの氏名も把握していた。
非常に残念なのは、この悪ガキの一人Aは当学園の元在校生であったこと。
ゆえに許すことが出来ない。
間もなくパトカーが到着、事情を話すと「たぶんそうだと思うが」とのことで
警察もすでにマークし承知している。
「雨の中、原チャリの二人乗りで大きな事故でも起こすと大変、赤色燈点灯で
巡回していただいただけでも、助かります」
「ご協力を感謝します」
「今後も安全治安のため大変ですが、頑張ってください」
わざわざ振り込む雨もものともせず、窓を開け敬礼し、巡回に出かけた警察官に
心から、御苦労さまですと見送った。
コメント