漢方相談 昌栄薬品

漢方薬・自然薬が体に効きます、自然の生薬で病気に負けない体を作る
漢方相談 ご来店お待ちしています

黄帝内経素問 三部九候論篇 第二十 第四節 訳

2012-09-28 09:25:23 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

黄帝内経素問 三部九候論篇 第二十

第四節

 帝曰。中部之候柰何。

 岐伯曰。亦有天。亦有地。亦有人。天以候肺、地以候胸中之氣、人以候心。

 帝曰。上部以何候之。

 岐伯曰。亦有天。亦有地。亦有人。天以候頭角之氣、地以候口歯之氣、人以候耳目之氣。三部者各有天、各有地、各有人。三而成天、三而成地、三而成人。三而三之、合則爲九。九分爲九野。九野爲九藏。故神藏五、形藏四、合爲九藏。五藏已敗、其色必夭、夭必死矣。

 

黄帝が申されました

 中部を候うという、どうするのじゃ

岐伯が答えて申し上げました

 中部には天が有り、地が有り、人が有ります。天の部で肺を候いまして、地の部で胸中の気を候います、そして人の部で心を候うのでございます。

黄帝が申されました

 上部は何を以て之を候うというのじゃ

岐伯が答えて申し上げました

 同様に上部には天が有り、地が有り、人が有ります。天の部で頭角(足少陽胆経)の気を候いまして、地の部で口歯(足陽明胃経)の気を候いまして、人の部で耳目(手少陽三焦経)の気を候うのでございます。

 三部には各々天があり、地があり、人が有るのでございます。上部・中部・下部の三に天が成り、同様に地が成り、同様に人が成ります、上中下の三に天地人の三の積は九となります。これを九分すると九野となります、九野は九蔵となり、その内訳は神臓(心肝脾肺腎)と形臓(頭(角)・耳目・口歯・胸中)を合わせたもので九蔵となるのでございます。

五臓が敗れますと、其の顔色は必ず死色となり、死色となると必ず死に至るのでございます。

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

250g 8,400円

500g 15,750円


コメント   この記事についてブログを書く
« こんな症状でお困りの方に!... | トップ | エクストレイル20GT・AT 4輪... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事