愛媛県宇和島市からの良いたより♪

私のブログでは次の内容を紹介致します。
1.「神の王国の良いたより」、聖書教育
2.花々、風景写真
3.俳句、他

黄色のバラとラベンダー

2015-01-05 13:47:28 | 四季折々の花々

 バラの花はいつ見ても優しい愛情を伝える花です。バラの花は世界中で愛され、愛に結び付けられている花です。バラは春から初夏と秋に咲きますが、こちらでは12月に入ってもきれいに咲いていました。寒さにも強い花のようです。

 今日は黄色のバラとラベンダーを紹介致します。

              庭植の可愛い「バラ」

              爽やかな「ラベンダー」

コメント (2)

出エジプト記の紹介:「雄牛は罪の捧げ物」

2015-01-05 13:46:35 | 神の言葉・聖書

 モーセは神エホバにアロンの子らに長い衣を着せ、アロンの手、またその子らの手に力を満たすように命じられました(出エジプト記29:8,9)。次いで神エホバは雄牛を民に罪科をもたらした大祭司アロンの罪の捧げ物について次のように指示されました。

 「今あなた(モーセ)は雄牛を会見の天幕の前に立たせるように。アロンとその子らは手をその雄牛の頭の上に置かねばならない。次いでその雄牛をエホバの前、会見の天幕の入口でほふるように。そして、雄牛の血の幾らかを取り、それを指で祭壇の角に付けるように。血の残りはみな祭壇の基部に注ぎ出す。また、腸を覆うすべての脂肪、および肝臓の付属物、二つの腎臓とそれに付いた脂肪を取り、それを祭壇の上で焼いて煙にするように。しかし、雄牛の肉およびその皮と糞とは宿営の外で火で焼く。これは罪の捧げ物である」(出エジプト記29:10~14)。

 上記の聖句に示されている、雄牛は罪の捧げ物でした。これは不完全な肉の弱さ・人間の弱さゆえに犯される、故意ではなくうっかりした罪のためのものっでした(民数記15:30,31)。また、上記の聖句の説明している内容からすると、民に罪科をもたらした大祭司アロンの罪の捧げ物でした(レビ記4:3)。しかし、動物の血では完全に人間の罪を消し去ることはできないことを律法は教えるものとなっています。そのため、イエス・キリストが人間の罪と死からの解放の贖いの死を遂げるために地上に遣わされました(マタイ20:28)。つまりイエスの完全な血が必要でした。

 エホバがモーセを通してイスラエル国民と類例のない国家的契約を結び、律法をお与えになった時の犠牲にされた雄牛の血」を取り民に振りかけました。これは律法契約でした(出エジプト記24:3~8)。その律法契約を通して古代イスラエル国民は神エホバの選民として取分けられていました。しかし、エホバの約束に従って地上に遣わされたイエス・キリストを国家として退けたので律法契約は破棄され、イエス・キリストを通したしい契約が発効されました。

        積雪に 山茶花の赤 鮮やかや 今日の一句

                鉢植えの「バラ」

 

コメント