愛媛県宇和島市からの良いたより♪

私のブログでは次の内容を紹介致します。
1.「神の王国の良いたより」、聖書教育
2.花々、風景写真
3.俳句、他

9月の俳句(その3)

2014-09-30 21:49:12 | 俳句

 早くも明日からは10月です。ここのところ昼間は秋らしい天候になっています。夜は庭では鈴虫やこうろぎやまつ虫がにぎやかに合唱しています。秋の夜の虫たちの合唱はとても心地よいものです。虫たちは昼間は活動を休み、夜になれば一斉に活動を開始し、私たちの秋の夜長を楽しませてくれます。

 今日は9月下旬に詠んだ俳句を紹介致します。

         若き日の 情熱今も 彼岸花

         女教師の 笑顔こぼれし 曼珠沙華

         歓声の リレー競争 いわし雲

         花形の リレー競争 曼珠沙華

         待ち伏せの カマキリ虫を 捕らえおり

                老婦人 孫と散歩に いわし雲

                虫時雨 心地よきなり 神の業

                伝道に 妻も励みし 紅芙蓉

                奉仕終え 帰りの道辺 紅芙蓉

                窓越しに 香り豊かや 金木犀

         存在を 知らせし香り 金木犀

         振り向けば 庭に見事な 金木犀

         風に揺れ コスモスの花 愛奏で

         秋刀魚焼き すり大根を 添えし妻

         焼きたての 秋刀魚美味しや 夕餉かな

                   ご近所の庭の「曼珠沙華」

                 清潔で優しい雰囲気の「コスモス」

                 道端に咲いていた「八重咲フヨウ」

コメント

紫苑菊にヒョウモン蝶とリコリスにアゲハ蝶

2014-09-30 21:00:04 | 四季折々の花々

 紫苑菊の花は、高さ約2mになります。この花は花びらの色から慎み深い雰囲気を感じる花です。一本の茎から先端の手前でたくさんの枝分かれがしてその先にたくさんの花を咲かせています。蜜も多いのか、蝶たちが吸蜜に訪れています。紫苑菊は私の手持ちの花図鑑には紹介されていません。

 今日は紫苑菊にヒョウモン蝶とリコリスにアゲハ蝶を紹介致します。

               庭に咲いている「紫苑菊にヒョウモン蝶」

                  近くの畑の「リコリスにアゲハ蝶」

コメント

出エジプト記の紹介:エホバは一本の木をモーセに指示し、「苦い水」は「甘くなった」

2014-09-30 11:18:14 | 神の言葉・聖書

 イスラエルの子らが紅海を二つに分けられ、海底の乾いた陸地を安全に渡り、救出された後、エホバに向かって賛美の歌を歌いました。女性たちはタンバリンを持って踊りながら、エホバへの賛美の歌を歌ったことがしるされていました(出エジプト記15:1~21)。紅海を渡ったイスラエルの民は、荒野に進み良い水が無く、モーセに不満を述べるようになりました。しかし、神エホバは苦い水を甘い水に変え、イスラエルの民を保護されたことを次のように記しています。

 「次にモーセはイスラエルを紅海から出発させた。彼らはシエルの荒野出て行き、荒野三日間行進したが、水を見つけることができなかった。やがてマラに来たが、マラの水は苦くて飲むことができなかった。そのために彼(モーセ)はそこの名をマラと呼んだのである。そして民はモーセに対してつぶやきはじめ、「わたしたちは何を飲んだらよいのか」と言った。そこで彼(モーセ)はエホバに向かって叫んだ。するとエホバは彼(モーセ)に一本の木を指示しされ、彼がそれを水の中に投げ入れると、その水は甘くなった

 その所で神(エホバ)は彼らのために規定を、また裁きのための事例を設け、またその所で彼らを試みられた。そうしてこう言われた。「あなたの神エホバの声に聴き従い、その目に正しいとされることを行い、そのおきてに確かに耳を向け、そのすべての規定を守るなら、わたしは、わたしがエジプト人に加えた疫病を一つもあなた方に加えない。わたしはエホバ、あなたをいやしている者だからである」。

 そののち彼らはエリムに来た。そこには十二の水の泉と七十本のヤシの木があった。それで彼らはそこの水のそばに宿営を張ることにした」(出エジプト記15:22~27)。

 紅海を出発したイスラエルの民は、荒野で水を見つけることができなかったことが記されています。モーセとエジプトを無事に脱出した300万を超える人々の水を十分に賄うことができませんでした。マラまで進行したものの、「マラの水は苦くて飲むことができなかった」ことが記されています。そのため民はモーセに対して「わたしたちは何の水を飲んだらよいのか」とつぶやきました。その時、モーセは自分の力に頼るのではなく、神エホバに向かって助けを叫び求めています。モーセはいつも神エホバに依り頼む模範を残しています。モーセの嘆願を聞き入れられた神エホバは直ぐに一本の木を指示し、モーセが指示された一本の木を苦い水の中に投げ入れると、その水は甘くなったのです。民の疲れをいやすために神エホバは「甘い水」に変えて与え、善良な特質を示されました。

 その後、神エホバはモーセを通して民にご自分の規定を与え、モーセが与えるその規定に聴き従い、すべての規定を守るなら祝福を与えることを明らかにされました。その時神エホバは「わたしはエホバ、あなたをいやしている者だからである」との述べて、エホバは必ずご自分の民をいやす者であることを銘記するように促しています。神エホバはご自分の語った言葉を守り行う者を、見捨てたりはしないことを明らかにされています。み言葉・聖書はエホバの語られた言葉は必ず守られていることが確証されていますので、大きな慰めと希望の力が与えられます。

          日に照りて 甘さ増しゆく 次郎柿 今日の一句

                   道端の「キバナコスモスに蝶」

コメント

キバナコスモスとピンクのバラの花

2014-09-29 23:40:30 | 四季折々の花々

 コスモスの花より少し先だってキバナコスモスは咲いています。花びらの色は黄色とオレンジ色のものがあります。オレンジ色の花びらは緑の葉にとても調和してし美しいです。花期は6月~9月です。用途は花壇です。花言葉は「幼い恋心」です。

 今日はキバナコスモスとピンクのバラの花を紹介致します。

              近くの道端に咲いている「キバナコスモス」 

 

                    ご近所の鉢植えの「バラ」  

コメント

出エジプト記の紹介:「モーセとイスラエルの子らはエホバに向かって歌い、次のように言った」(その2)

2014-09-29 08:13:08 | 神の言葉・聖書

 モーセとイスラエルの子らは、紅海の海底の乾いた陸地を進み、エホバに依って安全に救われた時、エホバに向かって歌を歌い、エホバに栄光と賛美を帰しました。次のようにエホバへの賛美の歌記されています。

   「エホバよ、神々の中にだれかあなたに

                 並ぶ者がいるでしょうか。

      神聖さにおいて強大なことを示される

          あなたに並ぶ者がいるでしょうか。

           賛美の歌をもって恐れかしこむべき方、

                  驚くべきことを行われる方。 

  あなたが右の手を差し伸べると、海は彼らを呑み込んでいった。

    あなたはご自分をご自分が取り戻した民を

                   愛ある親切をもって導かれた。

         あなた方をもって彼らをご自分の聖なる住まいに必ず導いて行かれる。

    もろもろの民は必ず聞いて動揺する。

         産みの苦しみがフィリステアに住む者たちを必ずとらえる。

    その時エドムの首長たちはまさしくかき乱される。

         モアブの君主たちは、おののきがこれをとらえる。

            カナンに住む者たちは皆まさに打ち沈む。

    非常な恐れとおじけとが彼らを襲う。

         あなた(エホバ)のみ腕の偉大さゆえに

                     彼らは石のように動かなくなる。

         エホバよ、あなたの民が通り過ぎるまで、

         あなたの生み出された民が通り過ぎるまでは。

    あなたは彼らを携えて行って

             ご自分の相続地の山に植えられる。

         エホバよ、ご自分が住むためにご自身で整えられた定めの場所に。

         エホバよ、あなたのみ手が定めた聖なる所の中に。

    エホバは定めなく、まさに永久に王として支配される。

    ファラオの馬がその戦車や騎兵と共に海の中に入ったとき、

         その時エホバは海の水彼らの上に引き戻させた。

         しかしイスラエルの子らは海の中の乾いた陸地を歩いた。

 そしてアロンの姉である女預言者ミリアムはその手にタンバリンを取り、またすべての女たちもタンバリンを取って踊りながら彼女と共に出て行った。そしてミリアムは男たちにこたえてこう歌いつづけた。

     「エホバに向かって歌え。神はまことに高められたから。

      馬とその乗り手を海の中に投げ込まれた」(出エジプト記15:11~21)。

 上記の聖句は、モーセとイスラエルの子らがまことの神エホバにまさしく信仰を置いた証しの歌となっています。またその喜ばしい信仰の歌に呼応して女たちはタンバリンを取って歌い、踊った様子が記されています。エホバへの賛美の歌の始まりが記されています。 

              振り向けば 庭に見事な 金木犀 今日の一句

                       滑床渓谷のホテル

 

              

コメント