愛媛県宇和島市からの良いたより♪

私のブログでは次の内容を紹介致します。
1.「神の王国の良いたより」、聖書教育
2.花々、風景写真
3.俳句、他

枇杷の花とみしょうかん柑

2015-01-02 15:32:50 | 四季折々の花々

 枇杷の花は、一見地味で気づかないことが多いかもしれません。よく見ると純白の小さな花を咲かせています。その花にこの寒い時期に昆虫が来て吸蜜をしています。こちらでは枇杷の花は12月の下旬から咲き始めます。枇杷の花は生け花にも用いられます。

 今日は枇杷の花とみしょう柑を紹介致します。

              一斉に咲き始めた「枇杷の花」

              美味しい「みしょう柑」

コメント (2)

出エジプト記の紹介:「彼らに油をそそぎ、その手に力を満たして、彼らを神聖な者とする」

2015-01-02 15:32:12 | 神の言葉・聖書

 神エホバは、祭司のターバンの上、つまり額の上に取り付ける輝く純金の平板を造り、「神聖さはエホバのもの」と彫り込むように指示されました(出エジプト記28:36~39)。次にエホバは大祭司アロンの子らにも長い衣を作り、従属の祭司の務めを行うように指示されました。エホバの祭司の務めを果たすために、アロンの子らに長い衣を着せ、油を注ぎ、その手に力を満たし、アロンの子らを神聖な者とするように命じられた内容が、次の通りに記されています。

 「また、あなたはアロンの子らのためにも長い衣を作る。彼らのために飾り帯も作るように。また、彼らのため、栄光と美のために、頭包みを作る。そしてこれらを、あなたの兄弟アロンおよびそれと共なるその子らに着せ、彼らに油をそそぎその手に力を満たして彼らを神聖なものとするように。こうして彼らはわたし(エホバ)に対して、祭司の務めを行うためである。また彼らのため、その裸の肉を覆うために、亜麻の股引を作るように。それは腰から股にまで達する。そして、聖なる場所で奉仕するためアロンとその子らが会見の幕屋に入る時、また祭壇に近づく際には、それを身に着けるように。彼らがとがを来らせて死ぬことのないためである。これは、彼とその子孫に対する定めのない時に至る法令である」(出エジプト記28:40~43)。

 神エホバはアロンの子らのためにも長い衣を作るように命じ、その長い衣を彼らに着せ、彼らに油を注ぎ、その手に力を満たし、彼らにを神聖な者とするように命じられました。それはそれは大祭司アロンの従属の祭司としてエホバに努めるためでした。加えて、彼らのために股引を作り会見の天幕に入る時裸の肉、つまり陰部を露わにし神エホバにとがを犯し死ぬことがないようにするためのものでした。神エホバは聖なる神であることを銘記させました。

      元旦に カーテン開けば 銀世界 今日の一句

               近くの畑の「橙の木」

コメント