愛媛県宇和島市からの良いたより♪

私のブログでは次の内容を紹介致します。
1.「神の王国の良いたより」、聖書教育
2.花々、風景写真
3.俳句、他

ドクダミの花とトキワツユクサ

2015-05-31 16:55:07 | 四季折々の花々

 ドクダミは日陰の庭や路傍や

 荒れ地のいたるところで見かけます。

 ドクダミは白の可愛い花を咲かせています。

 ドクダミは若い葉や茎、根茎を食用にすることができます。

 花期の全草を陰干しし、便秘、尿道炎、高血圧症、動脈硬化の予防などに

 煎じて服用することが知られています。

 全草を健康茶や薬酒、入浴剤にも用います。

 今日はドクダミの花とトキワツユクサを紹介致します。

                   近くの路傍に咲いている「ドクダミ」

               近くの路傍に咲いている「トキワツユクサ」

コメント

ダビデ王の調べ:「エホバよ、わたしはあなたのもとに避難しました」(詩編31:1)

2015-05-31 16:34:34 | 神の言葉・聖書

 ダビデは神エホバへの信仰によって、勇敢にもフィリステア人の巨人ゴリアテを投石器で石を投げ一撃のもとに打倒した後、一変し、全イスラエルの前で公の注目を浴びる存在になりました。フィリステア人の討伐から帰ったダビデは、踊りと歓喜を持って迎えられました。その日、人々がダビデに歌ったのは、「サウルは千を、ダビデは万を」という歌でした(サムウェル第一18:5~7)。「イスラエルとユダは皆、ダビデを愛する者」となり、サウル王の息子ヨナタンもダビデとの間で、相互の愛と友情に関する生涯の契約を結びました。その契約の益は、ヨナタンの息子メピボセテと孫のミカにまで及びました(サムエル第一18:1~4,16;20:1~42;23:18.サムエル第二9:1~13)。ダビデの人気を見たサウル王はねたみを感じるようになります。ダビデはサウル王によって苦難を経験しますが、いつも純粋な心で、率直に、エホバに依り頼み、エホバを避難所としました。ダビデが霊感を受けて記した詩編31編の前半を紹介致します。

 エホバよ、

  わたしはあなたのもとに避難しました

      わたしが決して恥をかくことがありませんように。

    あなたの義のうちにわたしを逃れさせてください。 

  わたしに耳を傾けてください。

      速やかにわたしを救い出してください。

      わたしのために岩のとりでとなり、

        わたしを救うとりでの家となってください。

  あなたはわたしの大岩、わたしのとりでだからです。

      あなたはご自分のみ名のためにわたしを導き、

        わたしを案内してくださいます。 

  あなたは彼らがわたしのために隠した網から

      わたしを引きだしてくださいます。

      あなたはわたしの要塞だからです。

  わたしはあなたのみ手にわたしの霊を託します。

      道理の神エホバよ

         あなたはわたしを受け戻してくださいました。

  わたしは、何の価値もない、

      むなしい偶像に敬意を払う者たちを憎みます。

      しかし私自身は、エホバに依り頼むのです。

  わたしはあなたの愛ある親切を喜び

         歓び楽しみます。 

      あなたがわたしの苦悩をご覧になったからです。

      あなたはわたしの魂の苦悩を知って、

  わたしを敵の手に引き渡されませんでした

      あなたはわたしの足を広々とした

         場所に立たせてくださいました。

  エホバよ、わたしに恵みを示してください

      わたしは窮境に陥っているからです。

      わずらいのためにわたしの目は弱くなりました。

      わたしの魂(命または体全体)も、わたしの腹もです。

  わたしの命は悲嘆とともに終わりを迎え、

      わたしの年は溜め息のうちに終わりを迎えたからです。

      わたしのとがのゆえに、わたしの力はつまずき、

          わたしの骨も弱くなりました。

  わたしに敵意を示すすべての者から見て、

      わたしはそしりとなりました。

      隣人にとっては特にそうなり、

      知人にとっては恐るべきものとなりました。

        彼らは戸外でわたしを見ると、

          わたしから逃げ去って行きました。

  死んで心にもない者のように、わたしは忘れ去られました。

      わたしは損なわれた器のようになりました」

           ー 詩編 31:1~12 -

              WWW.JW.ORG

      ハマグリを 拾いし海辺 消え去りし 今日の一句 

                      庭に咲いている「カンゾウ」  

       

コメント

花センナとニンニクの花にモンシロチョウ

2015-05-30 22:16:42 | 四季折々の花々

 庭のセンナの木に花が満開になりました。

 比較的低木で、黄色の鮮やかな花を咲かせます。

 センナの木は胃腸薬になる木のようです。

 毎年5月の下旬には花が満開になります。

 今日は花センナと二ニンニクの花にモンシロチョウを紹介致します。

                     庭に咲いている「花センナ」

                 庭の「ニンニクの花にモンシロチョウ」

コメント (2)

ダビデ王の調べ:「エホバよ、わたしはあなたを高めます」(詩編30:1)

2015-05-30 21:59:48 | 神の言葉・聖書

 ダビデは少年時代から、神エホバに堅い信仰を抱き、勇敢な人でした。サウル王の軍隊がフィリステリア人とのにらみ合いの状態にあった時、ダビデはその中にいた兄たちに食料を届け、敵の巨人ゴリアテが神エホバをそしるを見聞きしていきり立ちました。その時、ダビデは「生ける神の戦列を嘲弄するとは、この割礼を受けていないフィリステア人は何者なのですか」と尋ねます(サムエル第一17:26)。そしてダビデはこう続けます。「ライオンの手や熊の手から私を救い出してくださったエホバが、このフィステアリア人の手から私を救い出してくださいます」(サムエル第一17:37)。ダビデはサウル王から許可を得て、敵の巨人ゴリアテに対し、わたしはあなたが嘲弄したイスラエルの戦列の神(エホバ)、万軍のエホバのみ名をもってあなたに向かって行く」と用意した石を持って近づきます。そして、近づいて来る巨人ゴリアテに向かって、やにわに、石投げ器を使って石を投げ、その石は巨人ゴリアテの額を一撃し、打倒しました(サムエル第一17:45~54)。ダビデは神エホバの霊感を受け、詩編30編を次のように書き記しています。ダビデの言葉を黙想し、ご自身の生活に適用される方々は幸いです。

 エホバよ、わたしはあなたを高めます

     あなたはわたしを引き上げてくださり、

     わたしの敵がわたしのことで歓ぶのを

            許されなかったからです。

  わたしの神エホバよ、わたしはあなたに助けを叫び求め、

     あなたはわたしをいやしていやしてくださいました。

  エホバよ、あなたはシェオル(人類共通の墓)から

      わたしの魂(命)を引き上げ

      わたしが坑に下ることのないよう、

      わたしを生き続けさせてくださいました。

  神の忠節な者たちよ、エホバに調べを奏でよ

      その聖なる記念に感謝をささげよ。

  その怒りの下にあるのは、つかの間であり、

      その善意の下にあるのは、生涯に及ぶからである。

      夕方には泣き悲しむことが宿っても、

          朝には歓呼の声がある。

  しかしわたしは、安らかな気持ちを抱いて言った、

      「わたしは決してよろめかされることはない」と。

  エホバよ、あなたはその善意を持って

      わたしの山を強く立ててくださいました。

      あなたはみ顔を覆い隠され、

           わたしはかき乱される者となりました。

  エホバよ、わたしはあなたを呼びつづけました。

      わたしはエホバに恵みを懇願しつづけました。

  わたしが坑に下るとき、わたしの血に何の益があるでしょうか。

      敵はあなたをたたえるでしょうか。

      塵はあなたをたたえるでしょうか。

      それはあなたの真実さを告げるでしょうか。

  エホバよ、聞いてください。わたしに恵みを示してください。

      エホバよ、あなたがわたしを助ける者であることを

              実証してください。

  あなたはわたしの悲しみを

      わたしのために踊りに変えてくださいました。

      あなたはわたしの粗布を解いて、

          歓びをわたしの帯としてくださいます。

  それは、わたしの栄光があなたに調べを奏で

      沈黙することのないためです。

      わたしの神エホバよ

      わたしは定めのない時に至るまで

           あなたをたたえます」。

             - 詩編30:1~12 -

               WWW.JW.ORG

       眼前の 飛行鮮やか 燕かな 今日の一句

                    姉妹の鉢植えの「シャクヤク」   

 

  

コメント

白の露草とピンクのシャクヤクの花

2015-05-29 12:23:40 | 四季折々の花々

 白の露草の花が

 近くの路傍に咲いていました。

 とても可憐な花弁です。

 通常青の花弁の露草はたくさん見かけますが

 白の露草は珍しいです。

 花期は6月~9月と紹介されていますが

 こちらでは既に咲いています。

 露草は通常、こちらではミカン畑や柿畑で繁茂しています。

 今日は白の露草とピンクのシャクヤクを紹介致します。

                   近くの路傍に咲いている「露草」

                    姉妹の鉢植えの「シャクヤク」

コメント