愛媛県宇和島市からの良いたより♪

私のブログでは次の内容を紹介致します。
1.「神の王国の良いたより」、聖書教育
2.花々、風景写真
3.俳句、他

心を安んじる:愛の神エホバは積極的に愛を実証している(その2)♪

2018-02-28 23:56:08 | 神の言葉・聖書

 あなたも、他の人から深い愛に基づく感情移入によって、心の内の苦痛、悲しみを感じ取って慰めを与えてくださる「真の友」がいらっしゃるのではないでしょうか(箴言17:17)。真の友がいれば、どんな時も心を安んじることができます。

 愛の神エホバは感情移入をなさいます。感情移入とは何でしょうか。ある忠実な高齢のクリスチャンは、「感情移入とは、わたしの心の内であなたの苦痛を感じることです」と、言いました。神エホバは、本当に私たちの苦痛のゆえに何かを感じ取られるのでしょうか。神エホバとの契約下にあったイスラエルの苦しみについて、こう書かれています。「彼らが苦難に遭っているとき、どの苦難も神(エホバ)に苦難を与えるものであった(イザヤ63:9)。神エホバはご自分の民の苦悩をただご覧になられたのではありません。神エホバは、民の苦難をご自分のことのようにお感じになられたのです。神エホバがどれほど強くお感じになられるかは、僕たちに対する次のような神エホバご自身の言葉に例示されています。「あなた方に触れる者はわたし(エホバ)の目の玉に触れているのである」(ゼカリヤ2:8)。目の玉に触れるなら、どれほど痛い事でしょうか。また目の玉に触れようとすると素早く目を守るために反応するのではないでしょうか。そうです、神エホバは自分のことのように素早くお感じになります。私たちが痛みを感じる時、神エホバも痛みを感じてくださるのです。

 平衡の取れた見方をするクリスチャンは、そうした神エホバの愛と好意の証拠を口実にして誇りや自己本位の気持ちを抱いたりはしません。また、使徒パウロはこのように書いています。「わたしは、自分に与えられた過分のご親切によって、あなた方の中のすべての人に言います自分のことを必要以上に考えてはなりません。むしろ、神(エホバ)が各々に信仰を分け与えてくださったところに応じ、健全な思いを抱けるような考え方をしなさい(ローマ12:3)。私たちは、天のお父さんエホバ神からの愛の温かさを存分に味わうと同時に、健全な思いを持ち、自分は神エホバの愛を自力で獲得したわけではない、神エホバの愛を受けて当然ではない、ということも忘れないようにしましょう。いつも謙遜な態度で、感謝し、神エホバに近づきたいものです(ルカ17:10.ヤコブ4:8)。

 私たち各人は、能力の及ぶ限りすべてのことを行なって、人間には価値がなく、愛される資格がない、という悪魔サタンの偽りすべてを退けてゆきましょう。あなたは、これまでの生活で経験した事柄から、自分自身は神エホバの計り知れない愛をもってしても乗り越えることの出来ないほど困難な障害があると感じられることがありますか。あるいは、自分の行う良い業は、万事を見通す神エホバの目をもってしても見逃されるほど微々たるものであるとか、自分の罪は余りに大きく神エホバの貴重なみ子イエスの贖いの死をもってしても覆うことはできない、などと感じておられますか。そうであるなら、あなたは、だれかに偽りを教えてこられたのです。そうしたうそをためらうことなく退けてください。霊感によるパウロの言葉に表明されている次の真理によって、今後も心を安んじてゆきましょう。「死も、生も、み使いも、政府も、今あるもの、来たるべきもの、力も、高さも、深さも、またほかのどんな創造物もわたしたちの主キリスト・イエスにおける神(エホバ)の愛からわたしたちを引き離しえないことを、わたしは確信しているのです」(ローマ8:38,39)。

 あなたも、神エホバの深い愛を知り、どんな困難に直面しても、心を安んじてくだされば幸いです。

                       WWW.JW.ORG

        室咲きの 花の鮮やか 並ぶ鉢 今日の一句

                      庭に咲く「ボケの花」

 

コメント

ピョンチャン五輪:カーリング日本女子選手の超爽快銅メダル考♪

2018-02-28 14:51:24 | 神の言葉・聖書

 ピョンチャン五輪の選手たちの競技を通して、若い選手にも関わらず、スポーツと共に歩む純粋な気持ちや互いに喜び、気遣う思いやりの気持ちが沢山伝わって来ました。その中でも、カーリングの日本女子選手たちの超爽快な活躍に見られた姿から、際立った優れた特質について聖書から考えてみたいと思います。

1.溢れる爽やかな笑顔多くの方々が称賛されていましたが、オリンピックという特別な舞台でも爽やかな笑顔が溢れていました。人は心の中にあるものが表情に表れます。爽やかな笑顔は愛に基づく喜びや心の余裕がある時に溢れます(ガラテア5:22.詩編119:32)。それは、他の人にも爽やかな喜びを与え、伝播する力を発揮します。

2.互いの信頼に基づく一致:育った環境もそれぞれ個性も異なる若い選手たちが、一致を保ち続けることができたのは、ご本人たちは気付いていないかも知れませんが愛という特質が際立っていることです。聖書には、「愛は完全な結合の絆」と記されています(コロサイ3:14)。愛があれば試練に直面しても「真の友」としての絆になり、「完全な結合」切り離すことは無く、喜びを生み出します。愛は喜び、平和、辛抱強さ、親切、善良、温和や自制心を生み出すので、一致を促進します(箴言17:17.ガラテア5:22,23)。この特質はチームプレーに欠かせません。ですから、互いの愛は信頼に基づく一致を生み出し、「三つよりの綱」となり、強靭な強さを発揮します(伝道の書4:12)。

3.互いに譲り合う謙遜さ:「そだねー!」という言葉に表われていた通り、互いに譲り合う、つまり尊敬し認め合う、あるいは容易に合意する心は謙遜な特質を際立たせていました。さらに、謙遜さは、他の人が自分より上であるという、気持ちと他の人の益を考える人たちの優れた特質です(フィリピ2:3,4)。また謙遜さは、従順という特質備わっていると表れます(フィリピ2:8)。謙遜な特質は1項に紹介した通りの爽やかさを他の人にもたらします(マタイ11:29)。謙遜な心の人たち素直な心を生み出し、素直な心は柔軟で強く、賢く行動し、問題を識別し、首尾よく対処するので物事を成功に導きます(ヨシュア1:7~9)。

 カーリングの女性選手たちは、集中力を高めた時の表情も美しい表情であり、その内面の磨かれた特質が、今回の銅メダルをもたらし、かつ、多くの爽やかさを私たちに与えてくださったことに感謝致します

 

              爽やかな「ヘルボルス」            

コメント

赤の山茶花とヒヨコ草の花

2018-02-28 00:15:18 | 四季折々の花々

 お訪ねした家の庭に真っ赤な山茶花が咲いていました。

 陽が沈みかけた時間でしたが、鮮やかな赤の

 引き立つ山茶花です。

 こちらでは、山茶花の花は峠を越したのですが、

 場所によっては、まだしっかりと咲いています。

 今日は赤の山茶花とヒヨコ草の花を紹介致します。

                       お訪ねした家の「山茶花」

                     庭に咲いている「ヒヨコ草の花」

 

コメント

心を安んじる:愛の神エホバは積極的に愛を実証している(その1)♪

2018-02-27 23:54:28 | 神の言葉・聖書

 皆様方の職場や周りにも、何であれ徳とされることや善良な振る舞いを積極的に実証され続ける方がいらっしゃるかも知れません。そのような方と共に仕事を遂行すれば、日々が快いに違いありません。愛の神エホバは積極的に愛を実証し、手本を示しておられます。

 私たちが「心を安んじる」第四は、愛の神エホバは私たちに対する愛を示すために、多くのことを行なっておられます。独り子イエスの贖いの死の犠牲は、人間は価値がなく、愛される資格がないという悪魔サタンの嘘に対する最も強力な返答であることに、疑問の余地はありません。イエスが苦しみの贖いの死の杭で経験した苦悶の死と、愛するみ子イエスが贖いの死を遂げるのを見て、神エホバが絶えたいっそうの大きな苦悶が、私たち人類に対するお二方の最高の愛の証拠であることを決して忘れてはなりません。残念なことですが、この神エホバとそのみ子イエスの示された最高の愛と言う賜物が、自分個人の益になることを、なかなか信じない人が大勢います。自分は無価値だと感じる人がいるのです。しかし、使徒パウロは、かっては、イエス・キリストの追随者たちを迫害していました。それでも、パウロはこう書いています。「神のみ子(イエス)・・・はわたしを愛し、わたしのためにご自身を渡してくださったのです」(ガラテア1:13;2:20)。

 愛の神エホバは、イエス・キリストの贖いの死の犠牲の益を活用するよう私たち一人一人を助けることにより、私たちに対する愛を示しておられます。イエスは、「わたしを遣わした方である父(エホバ)が引き寄せてくださらない限り、だれもわたしのもとに来ることはできません」と、言われました(ヨハネ6:44)。そうです、神エホバは自ら、み子イエスへ、またとこしえの命の希望へ、私たちを引き寄せてくださるのです。どのようにでしょうか。私たち一人一人にも及んでいる神の王国の良いたよりの真理を宣べ伝える業によって、またご自分の聖霊によってです。神エホバは、その聖霊を用いて、私たちが自分の限界や不完全さにも関わらず、霊的な真理を理解して適用できるように助けてくださいます。それゆえ、神エホバは、私たちに関してこのように言うことが出来るのです。「わたし(エホバ)は定めのない時に至る愛をもってあなたを愛した。それゆえ、わたし(エホバ)は愛ある親切をもってあなたを引き寄せたのである」(エレミヤ31:3)。

 神エホバの愛を極めて親密な形で体験できるのは、特権である祈りを通してでしょう。聖書は、「絶えず(神エホバに)祈りなさい」と、私たち各人に勧めています(テサロニケ第一5:17)。神エホバは、私たち一人一人の祈りに耳を傾けてくださいます。神エホバは、「祈りを聞かれる方」と、記されている通りです(詩編65:2)。この祈りを聞く仕事を他の誰にもゆだねておられません。ご自身のみ子イエスにさえも委ねておられないのです。考えてもみてください。宇宙と地球の偉大な創造者エホバ神が、祈りによって、はばかりのないことばでご自分に近づくよう、私たちに促しておられるのです。しかも、どんな態度で神エホバは耳を傾けてくださるのでしょうか。そのことについては次回にお伝え致します。引き続きお読みくださり「心を安んじる」ことができる神エホバの愛を感じてくだされば幸いです。

                     WWW.JW.ORG

      隣り町 寒林続く 登り坂 今日の一句

                      お隣の庭の「日本水仙」

 

コメント

ヘレボルス「レンテンローズ」と赤の椿

2018-02-27 00:08:13 | 四季折々の花々

 庭にヘレボルス「レンテンローズ」が咲いています。 

 ヘレボルスの花はどれも下を向いて咲きますので、

 写真を撮るために少し茎を立て起こして撮りました。

 ヘレボルスは冬の花々の少ない時期に魅力的な花です。

 今日はヘレボルス「レンテンローズ」と赤の椿を紹介致します。

                庭に咲いているヘレボルス「レンテンローズ」

                                                               道辺に咲いている「椿」

コメント