愛媛県宇和島市からの良いたより♪

私のブログでは次の内容を紹介致します。
1.「神の王国の良いたより」、聖書教育
2.花々、風景写真
3.俳句、他

現在社会は、なぜ愛を培わない人が多いのでしょうか?

2015-11-30 23:07:00 | 神の言葉・聖書

 ご承知の通り、現在社会は科学進歩も著しく、かつ多くの人々は高等教育を受け、生活物資は溢れています。科学技術や教育に多額な資金が投入されながら、多くの人々は不透明、混沌とする社会に直面し、幸福感に満たされない人々が増えているようです。

 日本では、昭和40年代半ばの日本列島改造論を経て、その後の第一次、第二次オイルショック後、利他的な考えが急速に弱くなり、自己主張・利己的な考えが広まり、人間の競争社会が主流になったと思います。社会が大きく変化した中で、聖書の真理をお伝えするべく、家から家にお訪ねし、お家の人の意見を聞く機会があります。私たちが幸福な生活をするために何が必要か、についてお尋ねしますと、考えながら「愛情とお金」と答えられる方がいらっしゃいます。また「お金が第一」と答えられる方や「愛など言っていたら食べてゆけない」と答えられる方もおられます。20歳代の方は「現在の若者は愛など考えていないので、自分たちが社会の中核、指導的立場になる40歳代後半には、日本は滅びを被る」と述べられました。この方自身は「愛が重要」と考えてはいるものも、「愛について真面目に同世代の中で語り、愛を培うことが生活習慣にない」とも言われました。あるご年配の男性は「愛がない言動は暴力」と、名言を述べ、しかしながら「今はどうしょうもない時代」とも述べられました。中高年の方の中にはまだ、心の中では「愛が大事」とお考えの方もいらっしゃいますが、イエスがこの事物の体制の終結の複合的しるしの中で「大半の者の愛が冷える」と預言された通りに、人々の間で愛が冷えた状態になっています(マタイ24:12)。社会の出来事や人間関係や家族生活を省みながら、まだまだ、人間として愛を学び培う必要があると感じたり、考えながら、なぜ愛を培わない人が多いのでしょうか。あなたはどのように考えられますか。

 愛を学び培う必要があると思いながら、愛を学び培うことをしないのは、イエスが預言されたこの事物の体制の終結の複合的記しの一つです。イエスは1914年以降は世界的な規模で「不法がますため、大半の者の愛が冷えるでしょう」と述べられました(マタイ24:12)。「不法がます」とは、神エホバの教えの律法を学び守り行なわない人が増加することを教えられています。これらの人たちは神エホバから出る愛を学びませんので、必然的に愛が冷えます。さらに聖書は「愛さない者たちは神(エホバ)を知るようになっていません。神は愛だからです」と記しています(ヨハネ第一4:8)。愛の冷えた人たちは神エホバの教えをいっそう学ばないので、ますます愛が冷えてしまう悪循環に陥ってしまいます。

 神エホバを求める人たちは、神エホバから出る教えの実・霊の実の「愛」を培います。を培い基盤にすると、は互いに喜び合い、平和を造り出します。愛は互いに辛抱強く接し、親切にし、善良に振る舞います。愛は真の信仰を培い、保証された希望に堅く立ち、互いを愛し合います。愛は温和な心を培い、自制をすることができるようになります(ガラテア5:22,23.ヨハネ13:34,35)。愛を学び培うことを怠る人たちは、「真実な事と共に歓び合う」高潔な気持ちを育てていませんので、霊の実を真剣に学び、育てようとしません(コリント第一13:6)。真実さを求める人たちは愛を学びますが、愛の冷えた人たちは朽ちる「肉の業」を行ないます(ガラテア5:19~21)。
 
 この終わりの日には対処しにくい危機の時代が来ることが予告されていましたが、人々は聖書の神エホバの教えを無視し、お金を愛する者、つまり金銭第一にする者、自分を愛する者、つまり自己中心で利他的な心を持たない者、ごう慢な者、快楽を愛する者となり、愛を培うことから離れているのです(テモテ第二3:1~5)。
 
 現在社会は「対処しにくい危機の時代」を反映し、多くの人たちは、金銭第一、つまり「経済第一、経済第一」と求め、子供の教育は少しでも他の人より良い学業を修め、良い職場に就くことを求め、愛を学びません。その結果、永続する満足のゆく生活を得るのではなく、逆の結果を刈り取っているのです(ガラテア6:7,8)。イエスは受けるより与える方が幸福と、教えられたことを守り行う必要があるのです(使徒20:35)
 イエスは、悪魔サタンがは最初からの人殺しで、自分の性向のままに語り、真実さがなく、偽りの父と教えられた通り、サタンには愛が全くありません(ヨハネ8:44)。この悪魔サタンは、イエスを通した神エホバの教えの光明を輝き渡らないように、愛の冷えた人々の目をふさぎますので、人間として最も重要な愛を培えないでいるのです(コリント第二4:4)。
 
 では、どうすれば、人間が「神の像(かたち)」に創造されていることを自覚し、愛を学び培うことができるでしょうか(創成期1:26,27)。それは、あなたのお近くにお住いのエホバの証人のクリスチャンの援助を受けて、み言葉・聖書を通して、神エホバの最高度の愛とは何かを学び、古い人格を脱ぎ捨て新しい人格を身に着けることです(ヨハネ第一4:8.エフェソス4:20~24)。そうすれば、神エホバがあなたを霊的に育ててくださいます(コリント第一3:6)。
 
                    WWW.JW.ORG
 
      闇に勝つ 真理を伝う 初冬かな 今日の一句 
 
                      初冬の庭に咲いている「バラ」
 
コメント

11月の俳句(その3)

2015-11-30 19:02:33 | 俳句

 早くも12月に移ろうとしています。

 今日30日(月)のこちらはとても暖かで穏やかな日に回復しました。

 皆様方のお住いの地方は如何でしょうか。

 今年の11月は比較的暖かい日が続き、庭ではミニトマトの花が咲き、

 スミレの花やオオイヌノフグリの花が春の到来を間違えたのか咲いています。

 バラの花もまだ次々と咲いて来ます。

 しかし、天候の変化も多くなり、冬がそこまで近づいていることも感じます。

 今日は11月下旬に詠んだ俳句を紹介致します。

      高く伸び 皇帝ダリア 陽を浴びる

      珍しき 菊の花あり 写真見る

      黄葉や 落ちて愛おし 雨の露

      信号に 皇帝ダリア 並び咲く

      見上げ見る 皇帝ダリア 風に揺れ

          蜂群れる 皇帝ダリア 悠々と

          古木あり 銀杏落ち葉の 抱かれし

          道の駅 みかん大量 売れ残り

          心込め トレニア活ける 障害者

             ー NHKのねむの木学園の映像を見て -

          取り残し 富有柿の実 熟しおり

      枝先の 柿の葉紅葉 夕暮れる

      落ちてなお 銀杏黄葉 絵になりし

      焚火あり 瓦職人 お茶囲む

      早朝に 北風の音 窓を打つ

      丸々の 柿を吊るしし 老婦人

          犬背伸び 初冬の晴れの 庭静か

          雀らの 餌場に集う 初冬かな

          初冬にも スミレ咲く庭 屈み見る

          見事なり 盆栽の菊 写真見る

          爽やかや オオイヌノフグリ 初冬かな

      並び咲く イチゴミルクの 絆かな

 

                     初冬の庭に咲ている「スミレ」

                  柿畑で陽を浴び咲いていた「皇帝ダリア」

                      取り残しの「美味しい富有柿」

                      枝先の「富有柿の葉の紅葉」

                      新潟の写真家の提供「菊の盆栽」

               初冬に爽やかに咲いている「オオイヌノフグリ」

                   庭に咲いている可愛い「イチゴミルク」

 

 

 

 

 

コメント

菊の盆栽と初冬のオオイヌノフグリ

2015-11-30 03:07:24 | 四季折々の花々

 新潟の写真家が菊の愛好家の世話する

 見事な菊の盆栽の写真を紹介されていました。

 盆栽の菊を見ますと、菊の生きる強さを感じます。

 土のない所も根を下に伸ばし、しっかりと育ち見応えのある花を咲かせています。

 今日は菊の盆栽と初冬のオオイヌノフグリの花を紹介致します。

                     新潟の写真家の提供の「菊の盆栽」

               裏庭に咲いている「初冬のオオイヌノフグリ」

              花図鑑では花期は2月~6月と紹介されています。

コメント (2)

偉大な創造者エホバ神はどのように愛を示してくださっていますか(ヨハネ第一3:1)

2015-11-30 02:08:40 | 神の言葉・聖書

 聖書を学ばれた方は、偉大な創造者エホバ神は愛の神であることをご存じであり、命の糧と霊的な備えに対して深い感謝の念を抱いておられます(ヨハネ第一4:8)。さらに神エホバこそ命の源の神であることもご存じであり、そのご意志を学び、ご意志を守り行っていらっしゃいます(啓示4:11.詩編36:9)。しかし、多くの方々は、聖書を通し偉大な創造者エホバ神について学ぶ機会がないため、偉大な創造者の概念がありません。さらに、仮説に基づく進化論の教育によって、多くの方々は命あるものすべてが神エホバによってて創造されたのではなく、偶然の産物の進化による、ことを教えられ、偉大な創造者エホバ神について、考えを及ぼす機会が奪われています。ですから、多くの方々は「偉大な創造者エホバ神はどのように愛を示してくださっているか」などと、考えたことはないかも知れません。しかし、全ての人が偉大な創造者エホバ神がどのように愛を示してくださっているか、について考えることはふさわしいことなのです。今日はそのことについて紹介致しますので、偉大な創造者エホバ神が示してくださっている愛について黙想してくだされば嬉しく存じます。

 使徒ヨハネが記した言葉を感謝のうちにじっくり考えてみるのは、大きな価値があります。使徒ヨハネは「父(エホバ)がわたしたちにどのようにを示して・・・くださったかを御覧なさい」と述べ、自分たちに対する神エホバの愛がどのようなものか、どれほど大きくて強いか、どのように示されているかを熟考するように勧めています(ヨハネ第一3:1)。み言葉に沿って偉大な創造者エホバ神の愛を理解するなら、神エホバを知り、神エホバへの愛が深まり、そうすれば神エホバとの関係も深まり、公正を行い、親切を愛し、慎みをもってあなたの神エホバと共に歩むことができるようになります(ミカ6:8)。

 聖書を学ぶと、アダムの罪と死を受け継いだ人類を深く愛してくださり、ご自分の独り子イエスを贖いとして与えてくださったことを知ります(ヨハネ3:16)。神エホバの愛は利他的で自己犠牲の伴う愛であったことがわかります。この神エホバとみ子イエスの最高度の愛によって、私たちがアダムから受け継いでいる罪と死からの解放の道が開かれているのです(ローマ5:12)。

 この神エホバがどのように私たちに愛を示しておられるかを理解するには、神エホバ神と私たちの基本的な関係を理解する必要があります。神エホバは私たち人間を「神の像(かたち)」に創造された方であり、わたしたちのお父さんであるということです(創世記1:26,27.詩編100:3~5)。わたし達の体を観察するなら畏怖の念を抱くまでにくすしく創造されていることに気付かれるに違いありません(詩編139:14~16)。深い愛と知恵が無ければ、わたし達のくすしい体は存在しません。神エホバが、どのように私たちを愛し、気遣っておられるかを知ると、神エホバにいっそう引き寄せられるに違いありません(ヤコブ4:8)。神エホバがどのようにを示されているか、四つの点を取り上げてみましょう。

1.神エホバは私たちの必要なものを与えてくださる使徒パウロは霊感を受け次のように書き記しています。「世界とその中のすべてのものを造られた神(エホバ)はすべての人に命と息とすべての物を与えておられるのです。私たちは神(エホバ)によってを持ち、動き、存在しています」(使徒17:24,25,28)。偉大な創造者エホバ神はの気持ちから、わたしたちのを支えるために「すべての物」を与えてくださっているのです。皆様方は、このパウロの意味する事柄をお考えになったことがあるでしょうか。

 科学者たちは、地球のような惑星は存在しないかと莫大な費用を投じて宇宙探査を続けてきましたが、まだ、地球のような惑星や生命の存在を発見することができません。地球のように複雑で微妙なバランスを保った環境の他の惑星は発見できないでいるのです。聖書が述べているように宇宙や地球は神エホバの創造物であり、この美しい惑星の地球は、人が住むために秩序正しく創造した、と神エホバは明らかにしておられます(創世記1章。イザヤ45:18)。この地球は人間にとって快適で美しく、安全な住まいとされていることは、神エホバが確かに人間を愛しておられる証拠です(ヨブ38:4,7.詩編8:3~5)。この地上には、生活を楽しめるように多種多様な食物が備えられています。

 人間が永続する満足な生活を送るためには、物質的なものだけでは不十分なことを神エホバはご存じであり、上にも述べましたが、私たち人間を「神の像(かたち)」に創造されました(創世記1:26,27)。人間が神エホバの愛と知恵や公正や力の特質を学びそれを調和よく反映できるように霊的な力を付与してくださったのです。この霊的な力進化論では全く説明のできないものです。イエスも「自分の霊的必要を自覚している人たちは幸いです」と教えています(マタイ5:3)。愛に富む神エホバは、物質的にも霊的にも、「わたしたちの楽しみのために豊かに与えてください」ます(テモテ第一6:17.詩編145:16)。

2.神エホバは真理を与えてくださる:神エホバは「真理の神」であられます(詩編31:5)。神エホバはわたしたちを愛してくださり、生活のあらゆる面で、特に崇拝の面で導きとなる真理の光を輝かせたいと思っておられます(詩編43:3)。神エホバは私たちが真理の道を歩めるようにみ言葉・聖書を備えてくださっています(詩編119:105)。真理はわたしたちを益することのみ教え、平安と義が満ちるようにしてくださっています(イザヤ48:17,18)。

 神エホバは、聖書の中ご自分のみ名エホバの固有名を約7,200回出るようにして、私たちが神エホバのお名前を親しく呼んで近づき、神が愛を抱き近づいてくださるのです(ヤコブ4:8)。神エホバの比類のない特質の愛や公正(義)や知恵や力も聖書を通して明らかにしてくださっています。目に見える宇宙や地球や地上の美しい多様な植物・花々は神エホバの愛や公正や知恵や力を明らかにしています(ローマ1:20)。

 また、聖書を調べるなら、私たち人間には能力の限界があり、神エホバから独立して物事を順調には進めることができないことも理解することができます(エレミヤ「10:23)。私たちが神エホバの教えの実・霊の実を学び適用しないなら、人間の考えの朽ちる「肉の業」によって腐敗を刈り取る絶対の法則の真理 幸福な者として歩むためには、どのような特質が必要かをイエスも分かり易く教えてくださっています(マタイ5:3~10)。私たちが人生に成功するには、み言葉聖書を学び適用しなければならないことを明確に教えて、神エホバは愛を示しておられます(詩編1:2,3)。

3.神エホバは助言と懲らしめを与えてくださるエホバは聖書の中で、神エホバの助言や警告を受け入れない場合にどのような悲惨な結果を招き、また助言を受け入れるなら命に至る事例をわたしたちの益のために記録しています(創世記4:11~13.エレミヤ45:2~5)。パウロはこのように書き記しています。「エホバは自分の愛する者を懲らしめられるからである」(ヘブライ12:6)。これは、人間の父親が愛する子供を懲らしめ、立派な大人に導くのと同じです。聖書には、ヨセフ、モーセやダビデの事例が記されています。神エホバは、彼らが試練に遭っても、ずっとその間共におられ大いにお用いになられました。そうした事柄について聖書を調べるなら、神エホバがご自分の僕(しもべ)たちに対する深い愛と気遣いをいっそう感じ取ることができるようになります(箴言3:11,12)。

 神エホバからの懲らしめは、その懲らしめを受け、それにこたえ応じて悔い改める人たちを、「神(エホバ)は豊かに許してくださ」います(イザヤ55;7)。ダビデは神エホバの許しについて、次のような感動の言葉を書き記しています。「神(エホバ)よ、あなたはすべてのとがを赦し、・・・あなたの愛ある親切と憐れみを冠として添え、日の出が日没から遠く離れているのと同じく、神(エホバ)はわたしたちの違反をわたしたちから遠く離してくださった」(詩編103:3,4,12)。私たちは神エホバからの助言や懲らしめ受け入れ、敏感に応じるなら、神エホバが豊かに許してくださる愛の神であることを味わい知ることができるでしょう。

4.神エホバはご自分の民を守ってくださる愛のある人間の父親も、有害な事や大きな危険から家族や子供を守ることを真剣に考えます。まして天の父エホバ神も同じです。神エホバについて聖書は次のように書き記しています神(エホバ)はご自分の忠節な者たちの魂(命)を守っておられ邪悪な者たちの手から彼らを救い出される」と保証しています(詩編97:10)。人間にとって目は非常に敏感に反応し、大切なものです。神エホバはご自分の民をのように感じて保護をしてくださるのです(ゼカリヤ2:8)。神エホバの民は、神エホバにとって極めて貴重な存在として保護を与えてくださるのです。愛の神エホバはそのようにして愛を表わしてくださっています。

 神エホバは聖書の真理を通して、富の欺きの力、不道徳で暴力的な娯楽、インターネットの誤用(不道徳な映像を見る)こと等々から識別力を働かせ、心を守ることができるようにし愛を表わしてくださっています。さらに悪魔サタンの策略によってむさぼり食われることがないように、真理を備えてくださり、その真理の完全にそろった武具として装備し、悪魔サタンに勝利できるようにしてくださっています(エフェソス6:10~18)。

 このように偉大な創造者エホバ神は、愛ある父親としてみ言葉を備え、聖霊の働きを通して愛を表わしてくださっています。まずわたしたちを愛してくださった神エホバの愛を知り、感謝を表す方々は幸いです(ヨハネ第一4:19)。

「参考資料」:ものみの塔聖書冊子協会発行:「ものみの塔」誌、2015年9月15日号、18~22ページ。

                    WWW.JW.ORG

      早朝に 北風の音 窓を打つ 今日の一句

                     初冬の庭に咲いている「バラ」

 

コメント

クチナシの実と白の山茶花

2015-11-28 18:33:27 | 四季折々の花々

 都会暮らしの方は、クチナシの実を見る機会はほとんどないかも知れません。

 この時期になるとクチナシの実は色づき、

 オレンジ色と紅色が調和よく混合したような美しい色を見せています。

 私の子供の頃は、木工の工作物にクチナシの実を刷り込んで

 艶出しに用いたものです。

 今日はクチナシの実と白の山茶花を紹介致します。

                     ご近所の垣根の「クチナシの実」

                        庭で次々に咲く「山茶花」

コメント