愛媛県宇和島市からの良いたより♪

私のブログでは次の内容を紹介致します。
1.「神の王国の良いたより」、聖書教育
2.花々、風景写真
3.俳句、他

甘夏柑とその花と春のバラ(その5)

2018-04-30 23:38:12 | 四季折々の花々

 近くの柑橘畑では、甘夏柑が未収穫のままとなり

 その花が咲いています。

 柑橘の花の香りは甘く、一面に甘い香りが漂っています。

 今日は甘夏柑とその花と春のバラ(その5)を紹介致します。

                   近くの畑の「甘夏柑とその花」

                   鉢植えの「春のバラ(その5)」

コメント

「神に近づきなさい。そうすれば、神はあなたに近づいてくださいます」♪

2018-04-30 23:27:33 | 神の言葉・聖書

 聖書を学ばれたことのないない方々にとって、偉大な創造者エホバ神が、親しく近づくように招いてくださっている、ことなど考えることはなかったかも知れません。父親が子供たちを優しく迎えるように、み父エホバ神は、私たちを「我が子よ」と呼びかけてくださっています(箴言2:1;3:1、11;4:20;5:1;6:1,20)。エホバ神は私たち男性も女性も神の像(かたち)に創造してくださった、愛と公正と知恵と力と命の源の神であり、私たちのお父さんなのです(創世記1:26,27)。

 今日は主題の聖句ヤコブ4章8節の意味を再び考えたいと思います。簡潔な言葉で私たちを招いてくださっています。神エホバの招きに応じることによってゴールを迎えるのではありません。私たちが神エホバへの忠実を保つ限り、私たちの歩みは決して終わりません。神エホバに近づいて行くことに終わりはないのです。いくら学んでも、神エホバについて学ぶべき事柄はさらにあるからです。聖書が神エホバについて述べている事柄のほんの一部について私たちは学んだに過ぎないのです。聖書も、神エホバについて知るべき事柄のすべてを説明しているわけではありません。例えば、私たちの生命の存在を可能にしている、物理的法則の重力、電磁力、強い核力、弱い核力など、神エホバの定められた法則には、学ぶべきことが実に多いのです。使途ヨハネが記している通り、イエスが地上での宣教期間中に行った事柄全部を記すとすれば、「世界そのものといえども、その書かれた巻き物(冊子本が考案されるまでは、み言葉の真理は巻物に記されていました)を治めることはできない」でしょう(ヨハネ21:25)。み子イエスについてそう言えるのであれば、み父エホバについてはなおさらのことです。

 とこしえの命を得ても、神エホバについて学ぶことに終わりはありません(伝道の書3:11)。将来の保証された祝福について考えてみてください(ペテロ第二3:13.啓示21:4)。義の宿る地上の楽園で、1、000年、1万年、1億年、幾十億年も生きた後、私たちは偉大な創造者エホバについて、今よりもはるかに多くの事柄を学び知っているでしょう。それでも、、神エホバについて学ぶべき事柄がまだ限りなくある、と感じるのです。学べば学ぶほど、是非もっと学びたいと思うことでしょう。私たちに備えられている脳は、科学的に調べると無限の能力が備えられている、と言われるのはそのためです。私たちにとって「神(エホバ)に近づくことは良いことです」と、霊感を受けて書き記した詩編作者と同じ気持ちを抱く理由が常にあるからです(詩編73:28)。とこしえの命は、現在では想像もつかないほど、豊かなもの、無上の歓びに富むものとなるでしょう(詩編37:11)。そして、偉大な創造者エホバに近づくことは、いつでも、その最も報いの多い部分となるでしょう(啓示22:1,2)。

 今、神エホバの比類のない愛にこたえ、心と魂(命)と思いと力をこめてお父さんエホバを愛してください(マルコ12:29,30)。聖書が備えられたことに深く感謝し、忠節で確固とした神エホバへの愛を抱くのです。大小を問わず、日毎に下す決定すべてに、普遍の指針となる神エホバの教えの原則を反映させましょう。つまり、命の糧と霊的な糧の全てを与え続けてくださる天の父エホバとの、いっそうの強固な関係に至る道を常に選ぶ、という原則です。そして何よりも、とこしえにわたって、あなたが神エホバにいっそう近づき、お父さんエホバもあなたにいっそう近づいてくださいますように

                WWW.JW.ORG

        心鼓舞 吹奏楽や 五月晴れ 今日の一句

                 王国会館の花壇の「クリサンセマム」

 

 

コメント

匂い梅花ウツギと春のバラ(その4)

2018-04-30 17:17:34 | 四季折々の花々

 暖かい夏日が続き、庭の匂い梅花ウツギの花が次々と咲いて来ます。

 梅花ウツギは新緑に映えて白花が美しいです。

 加えて梅酒の香りを放っています。

 花期は5月~6月と花図鑑には紹介されています。

 用途は鉢植え、庭木です。

 花言葉は「仮面」と紹介されています。

 今日は匂い梅花ウツギと春のバラ(その4)を紹介致します。

  

                  庭に咲いている「匂い梅花ウツギ」

                     鉢植えの春のバラ(その4)

コメント

「神に近づきなさい」:神エホバに見倣う♪

2018-04-30 01:00:17 | 神の言葉・聖書

 私は、聖書を学ぶまでは、「神エホバに見倣う」という、考え方を持っていませんでした。皆様方は如何でしょうか。聖書を学ぶにしたがって、愛の神である偉大な創造者エホバに見倣うように、教える真理が、愛に根差したものであることが分り、深い感謝の念に包まれました(ヨハネ第一4:8.伝道の書12:1)。み言葉・聖書は神エホバを見倣う者となるように教えていますので、それはどのような祝福に預かれるの、と言うことについてお伝え致します(エフェソス5:1)。

 上にも書きましたが、み言葉・聖書は、「愛される子供として、神(エホバ)を見倣う者となりなさい」と、命じています(エフェソス5:1)。決して忘れてはならないのは、力の用い方、公正の働かせ方、知恵に基づく行動の仕方、愛の示し方でお父さんエホバ神は完全な方ですが、不完全な私たちも、それらの点で確かに見倣えるということです全能者エホバ神に見倣うことが本当に可能である、と、どうして言えるのでしょうか(啓示1:8)。思い出すことができるでしょうか。神エホバの名の意味は、神エホバがご自分の目的を果たすために、何であれ、ご自分の選ぶものになる、ということを示しています。私たちはそうした神エホバの愛に基づく能力に畏敬の念を感じ、「そのおきてを守り行ないたい」と思うのは当然のことです(伝道の書12:13)。そうした神エホバの愛に基づく能力に深く感謝を表すことができます。

 私たちは男性も女性も同じく神の像(かたち)に創造され、加えて畏怖の念を起こさせるまで、くすしく創造されています(創世記1:26,27.詩編139:14)。従って、人間は地上のどんな生き物とも異なった能力が備えられています。私たちは、本能や遺伝的性質や環境要因だけに支配されているわけではありません。神エホバは、私たちに貴重な賜物を与えてくださいました。それは自由意志です。限界や不完全な点があるとはいえ、自分が何になるかを自由に選ぶことができるように創造してくださいました。あなたは、力を正しく用いる、愛と知恵に溢れる公正な人になりたいと思いますか。神エホバの霊の助けを得て、まさにそのような人になることが出来ます。そうなることによって、成し遂げられる良い事柄について考えてみましょう。

 天の父エホバを喜ばせ、その心を歓ばせることができます(箴言27:11)。さらに、あなたも至高者エホバに「じゅうぶん喜ばれる者」となることもできます。神エホバがあなたの限界を理解しておられるからです(詩編83:18.コロサイ1:9,10)。そして、み子イエスの残された模範の手本に見倣って、愛する父エホバの特質を培ってゆくなら、祝福として大きな特権を与えられます(ペテロ第一2:21)。神エホバから疎外された事物の体制の闇の世で、光を掲げる者となるのです(マタイ5:1,2,14)。神エホバの輝かしいご性格・愛、知恵、公正と力の一部を他の至る所で反映することに貢献できるのです。何と大きな誉れでしょう。宇宙の主権者の神エホバは最高の特権を与えてくださるのです。

 次回はヤコブ4章8節に記されている「神に近づきなさい。そうすれば、神はあなたに近づいてくださいます」の最終回をお伝え致します。最後までお読み下されば嬉しく存じます。

                  WWW.JW.ORG

        葉桜の 待つ校庭 子ら走る 今日の一句

                      美味しい「サクランボ」

コメント

シランと春のバラ(その3)

2018-04-28 22:21:30 | 四季折々の花々

 シランが道辺やあちこちのお家のお庭で咲いています。

 鮮やかな葉と花色のコントラストが美しい花です。

 花期は5月と紹介されています。

 用途は切り花、鉢植え、花壇です。

 花言葉は「華やかな恋」と紹介されています。

 今日はシランと春のバラ(その3)を紹介致します。

                    道辺に咲いている「シラン」

                       春のバラ(その3)

      

コメント