愛媛県宇和島市からの良いたより♪

私のブログでは次の内容を紹介致します。
1.「神の王国の良いたより」、聖書教育
2.花々、風景写真
3.俳句、他

赤の山茶花と日本水仙

2015-01-20 21:39:57 | 四季折々の花々

 庭の山茶花の花は、昨年11月から次々と蕾を付け、次々に咲いて来ます。山茶花は椿に先だって咲き始め長い期間にわたって、冬の花々の少ない時期に楽しみを与えてくれます。山茶花の花は蜜が多いのか、ヒヨドリや目白たちが好みます。

 今日は赤の山茶花と日本水仙を紹介致します。

                次々と咲く「山茶花」

              清楚な雰囲気の「日本水仙」

コメント

出エジプト記の紹介:「安息日を守るのは、エホバがあなた方を神聖な者としていることを知るためである」

2015-01-20 21:22:17 | 神の言葉・聖書

 神エホバは、モーセに心の賢い者の心に知恵を置き、その者たちがエホバがモーセに命じたすべての物を造るようにする、ことを命じられました(出エジプト記31:1~11)。次に神エホバは、モーセに安息日を守るのは、神エホバがあなた方を神聖な者としていることを知るためである、と安息日の目的を明らかにし、その安息日を守るように指示された内容が次のように記されています。

 「エホバはモーセにさらに言われた、「あなたは、イスラエルの子らに話してこう言いなさい。「とりわけわたし(エホバ)の安息日を、あなた方は守るように。それはわたし(エホバ)とあなた方(イスラエルの子ら)との間の代々にわたるしるあしであり、わたしエホバがあなた方を神聖なものとしていることを、あなた方が知るためのものだからである。それであなた方は安息日を守らねばならない。それはあなた方にとって聖なるものなのである。それを汚す者は必ず死に処せられる。その日に仕事をする者がいれば、その魂(命)は民の中から絶たねばならない。六日の間仕事をしてよい。しかし七日目は全き休みの安息である。それ(安息日)はエホバに対して聖なるものである。安息日に仕事をする者はみな必ず死に処せられる。ゆえにイスラエルの子らは安息日を守り、代々にわたって安息を実行しなければならない。これは定めのない時に至る契約である。それはわたしとイスラエルの子らとの間の定めのない時に至るしるしである。エホバは六日のうちに天と地を造り、七日目に休んで休息に入ったからである」」。

 さて、シナイ山の上で彼(モーセ)と話すことを終えると神は証の書き板二枚をモーセにお与えになった。神(エホバ)の指によって書き記された石の書き板であった」(出エジプト記31:12~18)。

 神エホバは、モーセを通してイスラエルの子らは、安息日を固く守らなければならないことを告げられました。イスラエルの子らが安息日を守るのは、イスラエルの子らが、エホバがイスラエルの子らを神聖な者としていることを、知るためのであることを明らかにされました。加えて安息日は神エホバに対して聖なるものであることを強調されました。また、安息日を汚したり、安息日に仕事をする者がいれば、その者をイスラエルの民の中から絶つようにも指示されました。六日間は働き、七日目は労働を必ず休息し、エホバはイスラエルの子らを神聖な者としてくださっていることを知り、深い感謝を表す必要がありました。だれもエホバに対して聖なる安息日を汚したり、安息日に関する律法を破ることは許されませんでした。

 神エホバがシナイ山で、モーセを通して律法を与えられた後、モーセに証の石の書き板二枚をお与えになったことが記されています。この証の石の書き板二枚は、会見の聖なる天幕の至聖所に置かれた「証の箱」の中に納められていました。

      冬の日も カモメら海で くつろぎぬ 今日の一句

              宇和島湾でくつろぐ「カモメ」

コメント