愛媛県宇和島市からの良いたより♪

私のブログでは次の内容を紹介致します。
1.「神の王国の良いたより」、聖書教育
2.花々、風景写真
3.俳句、他

聖書の詩編:悪を憎む義なる者、廉直な者への祝福♪

2018-10-01 00:15:34 | 地震対策

  偉大な創造者エホバ神は愛の神なので悪を憎まれます(ヨハネ第一4:8.箴言6:16~19)。そのため、神エホバは悪ではなく、善を探し求めよ。・・・万軍の神エホバがあなた方と共にいるようになるためである」と、私たちに教えています(アモス5:14)。さらに、聖書の詩編には、神エホバを愛し悪を憎む義なる者、廉直な者への祝福が次のように記されています。

 エホバを愛する者たちよ悪を憎め

     神(エホバ)はご自分の

   忠節な者たちの魂(命)を

         守っておられ

     邪悪な者たちの手から

     救い出してくださる

 光りが義なる者のために

   歓びが心の廉直な者たちのために

     きらめいた」(詩編97:10,11)。

  上の聖句に記されている通り、神エホバは私たちに悪を憎め」と、教えています。その神エホバの教えを守り行なう忠節な者たちは、神エホバが邪悪な者たちの手から救い出し、魂(命)を守ってくださることが記されています。さらに、悪を憎み、善を探し求める義なる者、廉直な者たちに「光が・・・きらめいた」と記されています。光がきらめいた」とは、神エホバの言葉・真理の啓発があった、ことを意味しています。悪を憎み善を探し求める義なる者、廉直な者には神エホバの言葉・真理の啓発を受ける祝福に預かるのです。しかも歓びに溢れた人生となるのです。あなたも、そのような方々のお一人であれば幸いです。

                 WWW.JW.ORG

    台風の 過ぎし夜半の 静まりし 今日の一句

           展示されていた「苔玉盆栽」

       

コメント

イエスの行った奇跡:水の上を歩く♪

2018-07-25 23:54:00 | 地震対策

 私は幼い頃、人間も水の上を歩けたら、どんなに楽しいだろう、と思い描きました。皆様方はそのような思いをお持ちになったことは無いでしょうか。高学年になり、水と人間の質量の違いや物理的法則を学び、人間は水の上を歩くことができないことが分りました。しかし、聖書のマルコの福音書を読んだ時、イエスは水の上も歩かれたことが記されていて、驚きました。しかし、イエスご自身が全知全能のみ父エホバからすべての権威を委ねられていることを説明されていることから、イエスの行った奇跡の業を理解することができました(マタイ28:18)。マルコの福音書にイエスが水の上を歩いた時の様子が次のように記されています。

 「すでに夕方になっており、(弟子たちの乗った)舟は海(ガリラヤ湖)の真ん中にあったが、イエスは独りで陸におられた。それから、向かい風のために彼らがこぐのに難儀させられているのをご覧になると、夜の第四見張り時ごろであったが、イエスは海(ガリラヤ湖)の上を歩いて彼ら(小舟に乗っている弟子たち)のほうに来られた。しかし、彼らの傍を通り過ぎる気でおられた。イエスが海(ガリラヤ湖)の上を歩いておられるのを見かけると、彼らは、「これは幻影だ!」と考え、大きな叫び声を上げた彼ら(弟子たち)は皆イエスを見て騒ぎ立ったのである。しかし、イエスはすぐに彼らと話をし、「勇気を出しなさい、わたしです。恐れることはありません」と言われた。そして、舟に上がって彼らと共になられた。すると、風は和らいだのである。それで、彼らは胸中に非常な驚きを感じた」(マルコ6:47~51)。

 上の聖句に記されている通り、イエスはガリラヤ湖の上を歩いて、弟子たちの乗っている小舟まで行かれたことが記されています。イエスの弟子たちはイエスの水の上の歩く能力に「大きな叫び声を上げ」、「騒ぎ立った」ことが記されています。イエスの弟子たちにとっても、自分たちの師イエスが、そのような奇跡の業を行うことは考えもつかなかった出来事であったことが分ります。イエスは水の上を歩く奇跡の業を行う前に、大群衆に五つのパンと二匹の魚を割いて満ち足りるまで食べさせる奇跡を行われましたが、弟子たちはその意味を会得していなかったことが分ります(マルコ6:38~44、52)。イエスは神エホバが是認した愛する独り子なのです(マタイ3:16,17)

                 WWW.JW.ORG

      白色の ムクゲ揺れおり 午後の庭 今日の一句

                      鉢植えの「ハイビスカス」

 

コメント

地震対策:ブロック塀の見直し願い♪

2018-06-19 02:06:42 | 地震対策

 6月18日(月)午前8時前、大阪北部を震源とする震度6弱の地震があり、被災地、被災者の方々に心からお見舞いを申し上げます。

 被災地、被災者のニュースを見ていて、特に小学校のプール横のブロック塀が通学路に倒壊落下し、小学生が亡くなったこと、またご年配の方も同じく壁の倒壊によって亡くなったことが伝えられ、胸が痛みました。

 小学校のブロック塀は市の管理下にあり、市には建築や土建の技術職員もいるはずで、容易に耐震設計施行の有無が判断できたと思いますが、対策がされていなかったことに残念に思います。起きた痛ましい事故は誰にも取り返しができませんが、地震の頻発する日本において、早急な安全対策の実行により、幼い子供から高齢者までの命を守ることができます。

 ブロック塀の多い日本において、関係者には次のことを早急にお願いしたいと思います。

1.公的、私的な施設に関わらず、耐震設計施工の有無のチエック。

2.耐震設計施工がされていない場合、速やかに耐震設計施工を実施する。

3.ブロック塀を絶対必要条件としない場合は、万一倒れても人体に影響が少ない軽量なフェンスに交換する。この場合も耐震設計施行とする。

4.どうしても垣根を必要とされる方は、先人の知恵の生垣(植樹)を採用する。生垣は自然と調和し、人に優しい。

「参考」:アメリアのニューヨークに行き、住宅地を見た時、ほとんどがオープンスペースで隣地との境界や公道面に塀やフェンスはありませんでした。庭には芝生が植えてあり、適正な小さな樹木がありました。日本でも、住宅販売会社が、そのような宅地を開発し、地震時に被害が出ない配慮の事例があります。その方が美しい地域になります。

 ちなみに我が家は小さく低い生垣にしています。

 地震被害のニュースを見て取り急ぎの提案とさせて頂きます。

                   道辺の爽やかな「アガパンサス」

 

コメント (2)