頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

わかりきっていたはずだが

2021-07-30 17:54:17 | 日記
我々日本国内の関連分野研究者が口をそろえてずいぶん昔から警告してきたのにもかかわらず、IOCが「晴天に恵まれ最高のパフォーマンスを発揮でき、、、」みたいなコメントを出したり、海外の同業者がヨイショするような論文を書いたりしてるもんだからこういうことになる(怒)。 
---
試合中に暑さ訴え「死んだら誰が責任」
コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 不勉強をさらさないほうがいい | トップ | 益川先生の思い出 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本人)
2021-07-30 17:56:10
最近ヨーロッパの生気象学者(知人)が同じような結論の論文を出していたので、
「なんのために我々は今必死で熱中症対策をやっているのか」
「インバウンド観光客のほうが熱中症リスク深刻(東アジア人は暑熱への適応力大)」
と意見してみたが、オリンピック委員会も同じ認識なのか?
---
東京五輪の招致委はどう説明したか。IOCに提出した立候補ファイルでは大会日程について、
「晴れることが多く、かつ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候」

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事