愛の塩焼き

友人の薦めで勢いで開設してしまったよもやま日記。
早いもので12年目に突入。最近サボってるけど・・・

キケン

2018年10月04日 20時52分01秒 | 読書
 「キケン」 有川浩著


 そろそろ有川さんの新刊がないかな~、と有川コーナーへ。

 ない


 ん? これ読んでないぞ。

 それが本書だった。

 タイトルにはあまり惹かれない、、、、、

 カバーのあらすじを読んでも、惹かれない、、、、


 パス。  で、再び店内をウロウロ。。。。。



 手に取る本もなく、再び有川コーナーにて「キケン」をチョイス。


 速攻、読み終えた。

 なんてことないストーリーなんだけれど、引き込まれちゃったなぁ。。。。


 有川ワールドに脱帽ですわ(笑)




コメント (1)

影の守護者

2018年09月28日 21時40分43秒 | 読書
 「影の守護者 ~警視庁犯罪被害者支援課5」 堂場瞬一著


 警察小説は久しぶりに読んだ、、、気がする

 なので、速攻で読了



 堂場作品、本シリーズと追跡捜査係シリーズは完全にシンクロするようになっているな(笑)



 この週末も自宅で映画三昧になりそうな、、、、予感(笑)

 すでに昨夜から・・・・・




コメント (2)

夏の雷音

2018年07月10日 21時07分51秒 | 読書
 「夏の雷音」 堂場瞬一著




 ・・・・・ということで (←どういうことよ。笑)、久々に本を読了した。(笑)



 神田を舞台に、大学教授の謎解き・・・・・



 堂場さんはやっぱり警察小説の方がいいかなぁ~

 あっ、スポーツ小説も面白いんだよね。 




 さて、今夜27時からはいよいよ準決勝。

 まずは、フランス vs ベルギー。

 ベルギー vs クロアチアの決勝戦が見たいので、とりあえずベルギーを応援。


 とっとと寝るか、起きてるか、、、、、、、迷う





コメント (1)

極悪専用

2018年06月26日 20時12分46秒 | 読書
 「極悪専用」 大沢在昌著


 入居人は全員極悪人というマンションを舞台にした物語。

 その管理人と管理人助手を主人公とした短編連作集。



 登場人物は皆個性的でねー。 ハードボイルドではわ(笑)


 これ、テレビドラマ化したら面白いんちゃうかな。

 「西部警察」みたいな絵が撮れまっせ。。。。。


 10作あるから、ほぼ1クール分ありまっせ。





コメント (2)

時限捜査

2018年06月18日 23時13分52秒 | 読書
 「時限捜査」 堂場瞬一著


 「捜査」シリーズは、どれとどれを読んだのやら・・・・・・

 登場人物が重なるので、順序よく読んでないと話が、、、、ね、、、、



 まぁ、だいたい理解できたから、、、、、概ね順序通り読んでいるのだろう。



 本作は大阪を舞台にしたテロのストーリーでおました。



                   



 その大阪で大きな揺れがありました。

 被災された皆様にはお見舞い申し上げます。

 大きな余震の可能性も指摘されております。

 当該地区の皆様、十分気を付けてください。





コメント

バカ論

2018年06月07日 19時44分34秒 | 読書
 「バカ論」 ビートたけし著




 ちょっと箸休め的な感じで、手にしてみた。(笑)


 あっという間に読み終えた。 通勤1往復とちょっと。



 箸休め、、、、なんて書いたけれど、、、、

 たけしさんの著書は以前から興味を持っていたのよねぇ~




 サラッと読めるけれど、エッセンスも多い。


 サラッと語っちゃうのがたけしさんの凄いところなんだろうね 





コメント (4)

グレイ

2018年06月01日 21時19分45秒 | 読書
 「グレイ」 堂場瞬一著




 堂場作品っぽくないなぁ~

 なんかリズムが違うのよねぇ~


 説明が多すぎるのかな?




 平成も終わろうとしているときに昭和を舞台にしたところは面白い発想なのだけれど。。。。。

 懐かしく読ませてもらった。

 その時代を知らない人にはピンとこないだろうけど、、、、



 今週もなんだかあっという間だったねぇ~

 6月突入だし~




コメント

削り屋

2018年05月23日 22時21分34秒 | 読書
 「削り屋」 上野歩著




 先日読んだ「わたし、型屋の社長になります」につづき「お仕事小説」。

 面白かったので、同じ著者の同分野をAmazonで購入。


 こちらの方が先に世に出た作品のよう。。。。。



 歯学生が大学を中退して旋盤工として成長する物語。

 東日本大震災による職人の横のつながりにも 「物語」 を感じた。


 おもすろかったっす




コメント (2)

ピアノの森

2018年05月22日 21時42分05秒 | 読書
 「読書」のカテゴリーに入れるべきなのかなぁ~(笑)




 週刊モーニング連載中はファンだった。

 けれどコミックスは購入していない。


 この4月からNHKでアニメ化されて放映しているらしく、書店のコミックスコーナーでは幅を利かしている。


 大人買いしちまった


 全26巻。

 といっても、重いので会社帰りに5冊ずつだけどね・・・・・



 現在16巻まで読了

 今週中には終わりそうだね。。。。

 今日も寝る前に1冊くらいは。。。。。


 本作品は、連載終盤で休載が結構あったように記憶する。

 なので、ストーリーの連続性が???   だったような、、、、



 コミックスのまとめ読みであの時のストレスは解消されそうやね。

 ストレスなんてとっくに忘れてたか(笑)




コメント (6)

10年後の仕事図鑑

2018年05月21日 21時50分48秒 | 読書
 「10年後の仕事図鑑」 堀江貴文、落合陽一共著


 Twitterの利用をはじめホリエモンをフォローしたら毎日何本も届く本書の読了報告。しかも、写真付き。



 書店で平積みされていたので思わず手に取ってしまった。

 これって、洗脳(笑)

 それともサブリミナル効果の餌食(笑)


 タイトルから推すに未来予測本だけれど、決してそんなわけではない。

 「未来予測本」は、その時期が来てから読み返し、楽しんでいる。

 ちょっと意地悪? (笑)



 いまでも、1980年代に発行された「10年後の日本経済」(野村証券)、90年代に発行された「30年後の世界」(タイム)なんてのが書庫に眠っているはずだ。


 ただ、本書はそうした類とはちょっと異なったかな。

 そもそも著者は「未来など予測できない」と語っている。


 通勤電車1往復半でサラッと読めた。

 次男に廻してあげよっと




コメント (6)