愛の塩焼き

友人の薦めがあって勢いで開設してしまったよもやま日記。
早いもので11年目に突入。
予想外の出来事だ。

キャッチボール

2008年11月30日 21時06分56秒 | 子供たちのこと
 長男が、「キャッチャーやってよ」と申し入れてきた。全力投球をすると、もう次男では相手ができないらしい。

 どれどれ、受けてあげようじゃないの。

 確かに小学校の時とは違う球を投げる。いつの間にこんな……。

 手が痛い。自分が使っているグローブは小学生用なので素手で受けているようなものだ。30分ほどでギブアップ。
 それでも、自分は野球の経験があるので、投球フォームをアドバイスしておいた。

 バッティングもしたいと言うので、ゴルフ中継を見終わってから近くのバッティングセンターへ付き合う。

 なかなかやるじゃない。次男もそこそこバットに当てていた。しかし、二人ともなぜかサッカーシューズ。

 見ているとやりたくなったので1コインだけ挑戦。
 目がボールについていかない。最近、眼鏡を変えなければと思っていたところだが、それだけが原因ではなさそうだ。

 どうやら、そろそろ身体の衰えを自覚しなければなさそうだ。

 
コメント

皇帝ダリア

2008年11月29日 19時57分43秒 | 草・木・花
 週末に太陽が顔を見せたのは久しぶりのような気がする。そんな日に休日出勤とはついてない。(まぁ、家にいても運動はできないのだが……)

 カミさんが庭に皇帝ダリアという植物を昨年植えた。昨年は、花が咲いたのを見ていない。咲いてないのだと思う。

 今年は、夏くらいだったろうか、ドンドン大きくなり、これってどこまででかくなるのと心配していた。花が咲くのかどうか分からないし……

 しかもこの夏、強風で幹が折れかけて、自力で直立できない状態になってしまったようだし。現在、ロープで補助してある。
 ちょっと調べたら、本来添え木を準備して育てるのが良いらしい。

 先週くらいだったと思うが、チラホラと花がほころび始めた。シャッターチャンスを狙っていたが、天気が良くなかったので、本日に至った。

 午後の陽ざしの方が良い気もしたが、仕事は山のように貯まっていたので出社前にシャッターを押した。






 上の写真で分かるように、この花、かなり見上げる形になる。
 花が咲いているのは地上3メートルくらいはあるだろうか。そんなに広い庭ではないので、遠くから眺めることもできず、月を見るように見上げないと花を楽しむことができない。
 お二階さんは、ベランダに立つとちょうど目の前にみえるのではないだろうか。

 種が取れるのであれば、来年もぜひ見てみたいが、植える場所は変更したほうがよさそうだ。
コメント

センセイ

2008年11月27日 22時51分34秒 | Weblog
 最近、医者に縁がある(?)が、医師を「センセイ」と呼ぶことに多少抵抗がある(どうしても嫌だというわけではない)。これは昔から思っていた。

 ずいぶんと昔に読んだ本だが、ある医師の著書に、「看護婦(今は看護師か)と医師がチームを組んで医療の現場に従事するのであれば、パートナーである看護師が医師を先生と呼ぶのは不自然である。学生の間、もしくは研修の期間中、講師である医師を先生と呼ぶのは正しいが…」というような内容だったと思う。

 自分は、病院で医師に呼びかけが必要な時は「ドクター」と呼んでいる。「ドクターはどう思われますか」、「ドクターの専門は何ですか」といった具合。決して不自然ではないように思うのだが…。

 他にセンセイと呼ばれる職業は政治家、弁護士、そしてもちろん教師。師匠をセンセイと呼ぶ世界もあるようだ。また、文筆業を生業とする人たちもセンセイと呼ばれている。仕事柄こうした人たちとはよく接するが、自然に「センセイ」と呼んでいる。これはあまり気にならなかったが改めて考えてみるとやはりちょっとヘンだ。
 政治家を「センセイ」と呼ぶのには医師以上に抵抗がある。何でセンセイなのかよく分からない。

 「センセイ」と呼ぶに相応しいのは「教師」だけではなかろうかと思う。最近では、「センセイ」らしくない教師も増えているようだが…。

 今日、昼食事に漫画を読んでいたら、フッとこんなことが頭をよぎった次第。医療をテーマとしたコミックだった。
コメント (3)

南こうせつのお宝映像が無料で…

2008年11月26日 00時20分28秒 | 好きなアーティスト
 南こうせつが好きだ。吉田拓郎も好きだけど…。

 フォークギターを抱えた頃からだから、かれこれ35年近くになる。

 来年早々、都内でディナーショウのようなコンサートが予定されており、そのチケットの先行予約がこの前の土曜日だった。金曜日までは覚えており、「明日は忘れずに、そしてめげずに電話をとるぞ」と思っていたのに、午前中病院へ、帰宅後昼寝をしたらすっかり忘れてしまった。忘れたことに気がついたのが月曜日。なんとも情けないはなし……。

 先ほど、ブログをアップしたついでに、「先行予約以外に一般の受付があるかもしれない」という淡い期待をもって公式ホームページをのぞいてみた。もちろん、そんなものはなかった。だいたい、座席数が200くらいだったと思うのであるわけがない。
 それはよしとしよう。済んだことだし。

 ホームページを見ると、「フォーク音楽遺産~南こうせつとサマーピクニック」好評配信中という文字がドドンと飛び込んできた。

 サマーピクニックの映像が見れるの? リンク先を早速訪ねてみると「予告編を見る」「本編を見る」のボタンが。
 無料とあるし、どうせ数分間のプロモーションビデオかなと思ったらさにあらず。「本編を見る」ボタンを押してからビデオが終了したのはつい先ほど。およそ2時間。見ごたえのあるドキュメント番組だった。仕事をする予定だったのに、日付が変わってしまった。

 サマーピクニックの思いについて語るこうせつのインタビューの合間に流れるサマピの映像はお宝もんも結構あった。なごり雪をイルカと正やんと3人で唄っている映像だったり、松山千春と正やん、こうせつが22歳の別れを唄ったり…。こんな番組を無料で流すなんて、企画した人に感謝。
 有料でもいいからこの映像はぜひとも保管したい。どうにかして保存する方法はないものだろうか。後日パソコンに詳しい人に聞いてみよう。もちろん、有料で販売するようなことがあれば即座にゲットだね。
 
コメント

ジェフ市原 vs 横浜マリノス

2008年11月25日 21時23分37秒 | サッカー
 一昨日の日曜日、次男のサッカー倶楽部のコーチGさんがジェフ市原対横浜マリノスのチケットがあるのでとお誘いを受け、ご相伴にあずかった。フクダ電子アリーナへは初めての入場となる。

 サッカー倶楽部のコーチは、大会などでは、自チーム以外の試合の審判も務めなければならない。したがって、審判の資格を有している。当然、よく走る。Gさんは自分と同世代だが、その体力には驚かされる。会社のサッカー部に所属し現役でプレーしているというからすごい。

 そんなGさんだからなのか、招待を受けたシートはとても良い席で、プロの試合を存分に楽しむことができた。







 残念ながら応援していたジェフユナイテッドは0-3で完敗。良い場面が全くなかったが、マリノスサイドに立ってみると、3得点とも鮮やかなゴールだったので、まぁ満足(することにしよう)。

 実はいま、ジェフは来期J2へ降格ラインすれすれにいる。今回の負けはそれをほぼ確定するような結果となってしまった(まだ、望みがないではないが)。ジェフの前身は古河電工。数あるプロサッカーチームの中で、社会人チーム時代を含め、J2(2部)へ落ちたことのない唯一のチームがジェフだそうだ。名門じゃん。

 そうしたこともあってか、当日のホームの応援はとても熱が入っていたのだが……。

 来期、もしジェフがJ1に残っていたら、もっとフクダ電子アリーナに足を運んでみたい。


↓ ハーフタイムショー



コメント

ブロック注射 再び

2008年11月22日 20時07分56秒 | 自分のこと
 今日はセカンドオピニオンの再診。

 先週行ったブロック注射、全く効果がなかったことを報告。ドクターは首をかしげていたが、今日もブロック注射をしたいというので了承。薬を変えてみたいという。数時間経過したいまのところ効果は見られない。

 本院を訪ねた時には少し前のMRIの写真を持参したわけだが、直近の様子を調べてみたいというので本日予約。来週は仕事が忙しいので勘弁してもらい、再来週行うこととなった。

 そして、本日改めて痛み止めの薬を処方される。これまでのものとは違うものだ。


 午後。自宅近くの病院へ出向く。主治医というほどのものでもないが、待ち時間がないので、簡単(そうな)ものはすべてここにお願いしている。
 2~3日前から咽喉が痛い。これはまさしく風邪の前兆。いま、会社はとても休める状況ではないので発熱に見舞われることはできない。早めに薬を処方してもらいに行った。
 小生の風邪は、咽喉の痛み→せき→鼻水→発熱、というのが典型的なパターン。院長も心得ているので、現在症状はなくても、一通り処方してもらった。

 どうも病院付いている今日この頃。

 午後4時頃、空いていると思っていたのだが、待合室にいる患者が多いのにビックリ。出直そうかと思ったが、ほとんどの人がインフルエンザの予防接種だった。
そういえば我が家の皆も先週行ったと言っていた。ちなみにこの病院、インフルエンザの予防接種も行ってすぐにできる。もちろん予約なんて必要ない。我が家では結構重宝している病院である。
コメント

がんばった(らしい) Kさん

2008年11月21日 22時28分48秒 | Weblog
 昨日手術を行ったKさんから今日の昼過ぎに電話があった。

 術後しばらくはつらいだろうと思い面会は週明けにもと思っていたらいきなりの電話。着信の名前を見た時にはちょっと驚いた。声はきわめて元気。

 肝臓にできた腫瘍をふたつ切除すると聞いたが、どうやら内視鏡手術というのは我々が考えるより身体への負担は少なく済むようだ。

 いずれにしろ、成功、そして予後も良好なようでなによりだった。

 さ~て、次は自分の番か、な。
コメント

がんばれ、Kさん

2008年11月17日 19時47分04秒 | Weblog
 知人のKさんが今週手術を行う。

 当初、自分は「肝臓を半分摘出する」と聞いていた。もともと肝臓に疾患を抱えていたKさんだが、一緒にお酒は飲むし、元気だし、「そんなに悪くなったの」と心配していた。つい最近検査入院をしたのは知っていたが、その後、会っていなかった。

 手術は今週と聞いていたので本日電話をしてみたら、本人から、「誰がそんなに話を大袈裟にしているの」ですと。聞くと、肝臓に二つばかり小さい腫瘍があり、それを焼き切るだけだから、「入院も10日間くらいだよ」と言う。開腹もしないらしい。

 「な~んだ」と思ったが、簡単な手術ではないのだろうから油断大敵。

 逆に自分の股関節治療の経過を心配されたので一応報告。お互い早く治してゴルフをしましょうと電話を切った。

 Kさん、がんばってくださ~い。

 肝臓はKさんより自分の方が心配なのだが……
コメント

全国高校サッカー選手権大会

2008年11月16日 17時31分51秒 | サッカー
 今日は全国高校サッカー選手権、千葉県大会の決勝戦を観戦に行った。

 対戦カードは、八千代高校対市立船橋高校。子供たちが加入するサッカークラブは、土曜、日曜日の練習では八千代高校のグランドを使わせてもらっている。地元チームを応援しようというわけだ。

 地区大会とはいえ、決勝戦ともなると高校生でも技術レベルは高いので、子どもたちにも良い勉強になるはずだ。また、身近に全国レベルのチームが存在するということは彼らの励みになるにも違いない。

 試合の結果は、残念ながら0-3で八千代高校の敗退。後輩たちにがんばってもらおう。

 で、子どもたちはというと、「なんでそこでパスを出さないんだ」、「逆サイド空いてるのになぁ」、「そこで呼ばなけりゃ」…等々、いっぱしの解説ぶり。

 分かってるのかなぁ。

 いつもの君たちはもっと……
コメント

ブロック注射

2008年11月15日 18時37分19秒 | Weblog
 今日は紹介された病院へ。

 約束の午前10時前に病院に到着。初診受付を済ませて早速見立ててもらった。
 本院に勤務する整形外科のT氏の専門は腕や足とのことで、関節専門のI先生の診察となったが、T先生はその時間に自分の受け持つ診察がなかったので、ずっと付き添ってくれた。
 基礎診察はT先生にしていただいたので二人のドクターに診ていただいたという感じかな。

 T先生は「勉強のために」と診察に付き合ってくれたのだが、I先生は大学で講師も務めているとのことで、その解説が患者である自分にもすごく分かりやすく、T先生が付き添ってくれたのは大変助かった。

 持参したMRIのフィルム、そして今日撮影したレントゲンからは、やはり大きな異常は見られないとのこと。本日は、「ブロック注射」というのを行って様子を見ることとなった。

 注射はレントゲン室に入り行ったのだが、注射にしては大袈裟だなと思ったら、写真を連続して撮りながら針の位置を確認し、患部に薬をいれるのだという。なるほどと、納得はしたものの、なんか痛そ-。

 不安は取り除いた方がいいので「痛いのか」聞くと、そんなに痛まないと言う。「針はゆっくり進めるので、痛かったら言ってください」とも。やっぱり痛いんじゃないか。

 けれど、痛みは全くなかった。患部に到達し、薬を入れている時に少し重いような感じがしただけ。

 一週間後に再診する予定。この注射が効いて痛みが取れれば、患部が特定できる。改善が見られなければ原因は他にある、というのが今日の見立て。

 T先生とは、早く治して一緒にゴルフをしようと、別れた。


 帰宅後、ブロック注射って何だろうと思ったので、ネットで少し調べてみた。痛みを取る治療か、なるほどね。医学のことはもちろん門外漢なので、ドクターに任せるしかないと思っているが、ネットを活用すると詳しく調べることができるものだ。本日、ドクターから聞かされた以外の情報をかなり入手できた。自分の体のことなのだからこうした作業は大事だな。
コメント