愛の塩焼き

友人の薦めで勢いで開設してしまったよもやま日記。
早いもので12年目に突入。最近サボってるけど・・・

ゴールキーパー

2008年06月29日 21時20分58秒 | 子供たちのこと
 ここのところ次男のサッカーは大会が続いている。次男は4年生だが、5年生の部にも助っ人として駆り出されているので、毎週大会といった感じ。

 昨日は地元地区の俱楽部選手権の初戦。小生は仕事もあり今回は応援に行けなかったが、3-0で勝利をおさめてきたらしい。

 聞くと、次男は終始ゴールを任されたらしい。いつもは、キーパーをできる子何人かが交代でやるのだが……。どうやら昨日は、コーチから、「大会のときはお前に任せる」的な宣告を受けたらしい。本人はそれを否定しなかったというし、不満でもなさそうだ。

 われわれが小学生の頃のスポーツはもちろん野球。誰もがピッチャーをやりたがり、4番を打ちたがった。ライトのポジションや9番バッターは避けたかったのが本音。同じように彼らの年齢ではゴールキーパーは敬遠されがち。皆、やりたがらない。

 これまで試合を観戦し、キーパーがもう少ししっかりしていればと思ったこともあり、少し前から次男にキーパー練習をさせ、付き合っている。「ヨーロッパなどではキーパーはヒーローなんだよ」などとその気になるような言葉も投げかけたりもした。ま、ま、まさかその気になったのでは………
コメント

白バイ野郎ジョン&パンチ

2008年06月27日 00時07分04秒 | Weblog
 取引先の人とかる~く、一杯ひっかけて帰宅。取引先の人ではあるが仕事の話題はほとんどなく、気楽な話に終始。こういう飲み会はいいやね。好きです。

 で、会話のなかで突然、小生に中である思い出が覚醒した。それはアメリカのテレビドラマに話題が振られた瞬間、本当に瞬間に頭に思い浮かんだのである。

 高校生の頃、夢中になっていたドラマ「白バイ野郎ジョン&パンチ」がそれ。当時、CB無線が流行り、自分のバイクに無線を積み込み、「こちらメリーセブン3号」などとやっていたことが懐かしい。

 いま頭のなかはそのドラマを見たい気持ちが支配している。ネットで簡単に調べてみたが、ビデオやDVDはなく。まったくのお手上げ状態、

 だれか、録画している人はいませんか。いたらぜひ分けてください。
 あっ、ここは掲示板ではなかったか。
コメント

利き脳

2008年06月25日 22時51分59秒 | Weblog
 先日、飲み屋さんであるゲーム、お遊びに興じた。利き脳を検証するというテストだ。

 それによる小生は左脳で情報をインプットし、左脳で考え発言・アクションを起こすタイプらしい。左脳は論理的思考つまり言語を司り、右脳は直感やひらめき、つまり映像を司ると聞いたことがある。さしずめ小生は、論理的に物事を解釈し、あれこれ計算した上で発言・行動しているということなのか?。

 一般的には、右脳を利き脳とするのは男性に多く、左脳を利き脳とするのは女性に多いらしい。少し前、「話を聞かない男、地図の読めない女」という本が話題になったが、このあたりをベースにした書籍だったような記憶がある。

 小生は方向感覚には優れているほうだと思っている。一度通った道はほとんど記憶している。記憶の仕方は映像で覚える方。つまり、「この景色は見たことがある」という感覚で、全体を捉えているのだ。ここを右に曲がればどこそこへ出るというのを間隔で覚えている。そういう意味では、右脳をフル活用しているようにも思うのだが、テスト結果は……。道を覚える時に、左脳で考える人は、映像ではなく理屈で覚えようとするようだ。つまり、ここを右折すればどこに通じるという時に、店の名前や看板等、特定の目印を据えるのだ。この場合、時間が経過して、目印の店が無くなっていたり、新しいビルが建っていたりすると方向感覚が狂ってしまうらしい。小生の友人で覚えの悪い人は一様にこのように口をそろえている。彼らは左脳で情報をインプットしているに違いない。

 ちなみに、将棋は論理的に考えていては強くなれないと聞いたことがある。過去の棋譜を映像で記憶し、現在の局面にあてはまる場面を脳にしまった引き出しから引っ張り出し、次の一手を打つ人が強いのだそうだ。つまり右脳派。


 さて、この利き脳のテスト方法。腕組みをして、左腕が上になる人は、左脳で情報をインプットするタイプ。次に発言や行動の基となるアウトプットの際の利き脳は、腕組みではなく両手をあわせた時(ひょうきん族で神父さんの前でお祈りをするときのポーズです)に左右どちらの親指が上にあるかで判定する。左手の親指が上にくる人は左脳でアウトプットするタイプなのだそうだ。お試しあれ。

 しかし、小生の判定にはちょっと納得がいかない部分がある。そこでちょっと調べてみたら、判定の仕方が間違っているのではという情報を得た。
 下記のアドレスには利き脳について書かれているが、腕組みで左腕が上の人の利き脳は右脳だとある。こちらが正しいとすると多少納得がいく。

http://www.sugar.or.jp/brain/02.shtml
コメント

初体験でした

2008年06月24日 13時39分14秒 | Weblog
 今日は不祝儀が一件あり、参列してきた。数珠を片手にいつものスタイルで…。

 祭壇がいつもとちょっと雰囲気が違うよーな気がする。ほどなく登場したのは神主さん。そう、葬儀は神式だったのだ。数珠はすぐにポケットにしまいこみ、心得のない作法を覚えなければと、ちょっと焦り気味。

 玉串を供え、二礼、二拍手、一礼。ちなみに二拍手は音を立てずに行う。滞りなく済ませることができた。お寺の葬儀より、気が引き締まるというか、背筋が伸びるような思いがしたのは気のせいだろうか。

 享年80歳。故人の冥福を祈り、合掌。
コメント (2)

失敗、だったかな

2008年06月20日 21時23分04秒 | ゴルフ
 オークションで入手したゴルフクラブ。先週コースで試してみたがどうもしっくりこない。知人のKさんの「大丈夫」の言葉を信じて落札したが・・・。試したときに一緒にラウンドした別のKさんは、「振れないことはないだろうけど、やはりXシャフトというのはトルクとかも異なるから微妙に違うんだよね」とのこと。こちらの意見の方が正しいのかな。

 さて、それなりの金額を投じて入手したドライバー。これをどうかするか。オークションにさっさと出品しようか、それとも推薦してくれたKさんに責任をとってもらおうか。
 一応、Kさん所有の別のクラブと交換してもらうよう交渉はしているのだが・・・。
コメント

千葉ロッテ対阪神タイガースを観戦

2008年06月16日 19時57分43秒 | Weblog
 すごいなぁ。マリンスタジアムから携帯電話での投稿、きちんとできているじゃないの。まず、最初に写真がくるのね。今後の参考にしよう。

 試合はとても白熱した一戦だった。初回、千葉ロッテは6点先取、2回に1点追加して7点リード。昨日のメンバーは取引先の人が一緒で、まぁ、その人を接待するという形だった。その人が大のトラキチ。なにせ現役時代(なんの?)は、タイガース公認の応援団の副団長まで務めた人。

 ちなみに、応援団とは私設で、各地に組織されているそうだが、球団公認はただひとつだそうだ。その応援団の副団長だから、すごい人なのだ。きっと。なにせ、彼の結婚式には、掛布、岡田、真弓が揃い踏みしたそうだから・・・。

 そんな人の接待だったので、5回を過ぎたら「もう帰ろうか」と声をかけてみようかと思っていたが、今のタイガースは強い。あれよあれよと得点し、9回には追い付いてしまった。

 炎天下の中、3時間を超えて観戦していたので、内心、延長戦は堪えるなぁと思っていたが、9回裏、見事ロッテはサヨナラゲームを演出してくれた。あまりの暑さにビールが進む進む。帰宅後はなんだか二日酔い状態で、父の日は暮れていったのでした。

 しかし、良い試合を観戦させていただきました。同席したもう一人は、スポーツ界に顔が利くらしく、座席はタイガース関係者に手配してもらったので、観戦しやすいシートでした。
コメント

阪神ファンはすごい

2008年06月15日 15時33分36秒 | Weblog
携帯から本当に投稿できるのだろうか。しかも写真付き。

まぁ、とりあえずテストということで…

マリーンスタジアムにいるが、阪神ファンの数がマリーンズファンに負けていない。最近はどこの球場でもそうだ。阪神ファンは日本中で繁殖しているようだ
コメント

ドラマ一気観

2008年06月15日 10時24分01秒 | Weblog
 金曜日に深酒をしてので、昨日はやや二日酔い。せっかくの天気だったが、太陽を肌に浴びることなく過ごした。

 現在、テレビ番組の予約録画を二番組実行している。NHKの連続小説「瞳」と大河ドラマ「篤姫」。そしてこの春からカミさんが「ごくせん」を撮り始めた。用量のあるハードディスクを準備したつもりだが、見ると録画可能時間が残り4時間を切っていた。ここのところ忙しくて、見る時間がなかった。カミさんもそうらしい。

 そこで昨日はドラマ鑑賞の日とし、だる~い気持ちの中で5月中旬から貯まった分を一気に消化した。こんなに集中して見たのはドラマ「24」以来だ。本当は貯まった仕事をこなしたい日でもあったのだが・・・。

 今日は所属倶楽部の月例競技なのだが、欠席。これで4か月連続の欠席となった。この後、千葉マリンスタジアムで対阪神タイガース戦の観戦に向かう。このふたつのイベント、本来であれば月例競技優先だが、半分接待絡みなので、マリンスタジアムの選択となった。陽はさしているが雲が多いな。ビールののど越しに少し影響ありそうな感じだなぁ。
コメント

吉田拓郎と中島みゆき

2008年06月12日 23時06分41秒 | 好きなアーティスト
 中島みゆきの広島弁。そう「唇をかみしめて」を早速視聴したが、、、、

 やはり、ずっと拓郎で聞いていたので慣れるのには時間がかかりそう。みゆきが作った「永遠の嘘をついてくれ」や「ファイト」を拓郎がカバーしているが、こちらはまるで拓郎の曲であるかのようにすんなり受け入れることができた。それは、中島みゆきが歌っているのを聞かずに拓郎の歌を聞いたからだろうか。。。。

 どうやらそうでもないらしい。「永遠の嘘をついてくれ」は拓郎がみゆきに頼んでうまれた楽曲らしいので、そりゃ、はまるよね。では、「ファイト」は??? これも拓郎が歌っても何の違和感がない。もちろんみゆきが歌っても違和感はないが。

 けれど「唇をかみしめて」は・・・・。同じカバーするのでも、もっとみゆきに合った曲があったのではというのが、第一印象。

 繰り返し聴いていると慣れてくるのかな。

 今日は最近お気に入りのちゃんこ屋さんで一杯やってきた。いい心持ちであ~る。
コメント

中島みゆきが拓郎を歌う

2008年06月11日 20時29分44秒 | 好きなアーティスト
 先日、ニッポン放送でオンエアされた「吉田拓郎vs中島みゆき」。当日は聞き逃したが、例によってインターネットで録音をゲット。そこで得た情報では、両人は曲を提供しあっていたという事実。

 拓郎が中島みゆきの曲を歌っているのはつま恋で体験したので知っていたが、中島みゆきが拓郎の曲を歌っていたとは。。。。楽曲は「唇をかみしめて」と放送では言っていた。広島弁をあの中島みゆきが。ちょっと想像がつかない。

 そこで先日、中島みゆきファンの友人に電話をして、それを歌っているDVD、もしくはCDは持っていないかと問い合わせたところ、そんなのは発売されていないとの回答。彼は、私設の中島みゆきホームページを運営しており、みゆきファンの間ではちょっと有名だというから、情報に間違いはないだろう。

 みゆきの広島弁をききたかったなぁ。
 ・・・と思っていたところ。。。。昨日、銀座に用があったので、志の輔の落語DVDを購入するつもりで山野楽器に立ち寄った。すると店頭には中島みゆきコーナー。昨年のコンサートツアーを収録したDVDとCDが最近発売になったらしい。手に取ると、2枚組のDVDの2枚目の最初の曲が「唇をかみしめて」。志の輔より先に手にしていた。

 今日は、伝書鳩になったような気分で、なんだかとても疲れた一日だった。いまから中島みゆきでリラックスでもしてみようか。

 あっ、その前にお風呂、お風呂。
コメント